ソフトバンク 料金 見直し。 携帯料金が高いとき見直ポイント・節約法|各キャリア最安料金プランはいくら?

【ソフトバンクの料金プラン変更時の違約金(契約解除料)を解説】違約金(契約解除料)を発生させない方法も紹介!

ソフトバンク 料金 見直し

ソフトバンクのスマホ料金が思ったよりも高いと感じているあなた。 料金見直しでスマホ料金が簡単に安くなるポイントがあることを知っていますか? ただ、料金見直しといえば、 「料金プランをどう下げたらいいかわからない」 「ついているオプションが必要なのかわからない」 わからないことだらけで面倒ですよね。 確かに月額料金を見直すとなると大変です。 しかし、ポイントを抑えて料金見直しをすれば簡単に携帯料金を下げることができます。 なのでこの記事では ソフトバンクスタッフ歴10年の私が料金見直しの際に見るポイント をお伝えしていきます。 ポイントは以下の3つです。 月に何分ぐらい電話しているのか• 使っていないオプションが付いていないか• 月に何ギガ使っているのか この3つを解説していきます。 5分で携帯料金を1000円以上節約したい方は必見です。 まずは携帯料金の確認方法をお伝えしていきます。 確認方法を知っている方は「」へどうぞ。 ソフトバンクの料金確認方法 スマホ料金の確認方法は3つあります。 スマホかパソコンのインターネットで「My Softbank」から確認• LINEで確認• インフォメーションセンターもしくはソフトバンクショップへ行く では1つずつ解説していきましょう。 「My Softbank」から料金を確認する方法 「My Softbank」を使えば スマートフォン・パソコン・ガラケーから利用料金の確認が可能です。 自宅で簡単に料金確認ができることがメリットですね。 それぞれの端末からの「My Softbank」の使い方をお伝えします。 My Softbankにはからどうぞ <スマートフォンでの確認方法>• 現在ご利用中の料金を確認いただけます。 <パソコンでの確認方法>• 現在ご利用中の料金を確認いただけます。 <3Gケータイでの確認方法>• 端末の「Y! 」ボタンを押し、「設定・申込」を選択します。 「利用状況の確認」で、現在ご利用中の料金を確認いただけます。 LINEを使って利用料金を確認する方法 LINEがスマホにダウンロードされているならこの方法がおすすめです。 登録方法から使い方をお伝えしていきます。 まず、ソフトバンクの公式アカウントをLINEで検索• 出てきたソフトバンク公式LINEアカウントを友達追加します• 初回起動時はMy Softbankと連携する• Wi-Fiを切り、「My Softbankと連携する」をタップ• アカウント連携後、「ソフトバンクLINE公式アカウントへ」をタップで連携完了• 「利用料金確認」と入力すると以下のように簡単に利用料金が確認できます。 登録すれば確認したいときにLINEでメッセージを送るだけなのでこの方法が一番楽です。 インフォメーションセンターかソフトバンクショップで確認する 3つ目の方法はソフトバンクのインフォメーションセンターに電話をかけるか、実際にショップに行く方法です。 この方法は時間がかかる上に手間もあるのであまりおすすめできません。 ただ、ショップに行けばスタッフに料金見直しもしてもらえるというメリットもあります。 インフォメーションセンターの番号と手順をお伝えしておきます。 ソフトバンク携帯から157番にダイヤル• ガイダンスが流れたら4番を押す。 オペレーターに繋がったら「料金見直しをしたい」と伝える この後は実際に料金見直しで重要なポイントをお伝えしていきます。 料金見直しをすれば安くなるポイント3つ ここからは料金見直しをすべきポイント3つとどう変更すれば安くなるかをお伝えしていきます。 内容は以下の通りです。 通話料金が高い場合はかけ放題プランを見直そう• 使っていないオプションがあるならチャンス• 通信プランを変更して節約 1つでも該当すれば1台につき、1000円以上安くなります。 通話料金が高い場合はかけ放題プランを見直そう 通話料金を安くするために必要なことは 「月の通話時間を把握すること」です。 通話時間を把握すれば、適切な通話定額を選ぶことができます。 通話定額は2種類あり、うまく使えば安くなります。 例えば、以下の場合は通話定額で安くなるチャンスが。 使っていないオプションがあるならチャンス スマホを購入するときに 「最初の一か月は無料だからオプションをつけてほしい」と言われたことありますよね。 そのオプションがつけっぱなしになっているだけでスマホ料金は高くなります。 もしも4人家族で4台にオプションが付いているとかなりもったいないので見直しを。 以下のオプションがよくついているものになるので使っていないなら外してください。 Netflix ネットフリックス スタンダード 1500円 映画やアニメが見放題の映像系サービス• ヤフープレミアム 462円 ヤフーサービスでさまざまな特典を受けられる• とく放題 590円 様々な割引特典が利用できる会員制優待サービス• ブック放題 500円 雑誌や漫画が読み放題になるサービス• アニメ放題 500円 アニメが見放題になるサービス 2つ以上外すだけで1000円以上安くなるのでオプションも見直しましょう。 通信プランを変更して節約 突然ですが、今月何GB使っているかわかりますか? わからない方は「」から確認しましょう。 安くなるかもしれません。 ソフトバンクの通信プランは現在2つ。 LINEなどのSNSやyoutubeの動画サイトはデータを消費しません。 さらに、月のデータ量が2GBを下回ると自動的に1500円割引になります。 ミニフィットプランは以下のように料金が変わります。 見直す部分は2つあります。 ミニフィットプランの方で2. まとめ いかがでしたか?ソフトバンクの携帯料金を安くするために注目するポイントは3つ。 月に何分ぐらい電話しているのか• 使っていないオプションが付いていないか• 月に何ギガ使っているのか この3つがどうなっているか考えるのが節約する近道です。 料金プランの見直し、見積りが面倒なときはモバシティへ! スマホの料金が高いけど見直しが面倒な場合はショップに相談するのが早いです。 ただ、待ち時間などが気になりますよね。 そこでおすすめしたいのがWEB代理店。 例えば、だと待ち時間もないですし、 他社から乗換えで高額キャッシュバックも実施しています。 メールで現在の状況を説明すれば安くなるプランもすぐに教えてくれますし、他社に家族がいる場合はチャンス。 家族割を使えばソフトバンクの家族が増えるごとに全員の料金が500円ずつ下がります。 さらに乗り換えでキャッシュバックも貰えるので初期費用をかけずに乗り換えも可能です。 下記からお気軽にお問い合わせください。

次の

毎月のスマホ・携帯料金を安くしたい! 平均の月額よりも下げる方法をポイントごとに解説

ソフトバンク 料金 見直し

料金タイプ 説明 A. 従量課金型 電話をかけた時間に比例して課金されます。 格安スマホ(MVNO)系の料金プランはこのタイプが多いです。 1回の国内通話時間が5分以内無料型 1回の国内通話が5分以内であれば無料となります。 5分以上の通話には通話時間がかかります。 電話はするけど、短い電話で済む人に向いています。 基本料金は1よりも高く5よりも安い中間の料金になります。 1回の国内通話時間が10分以内無料型 1回の国内通話が10分以内であれば無料となります。 10分以上の通話には通話時間がかかります。 2よりも無料となる時間が長い上位互換といえる内容ですが、利用できる携帯会社はそれほど多くありません。 1カ月X分まで国内通話無料型 2、3とは少し異なり、1回ではなく 1カ月あたりの累計の国内通話の無料時間を設定している形です。 無料時間以上の通話は通話時間がかかります。 5分以上の長電話をすることもあるが、 1カ月の通話時間はそこまで長くない人に向いています。 国内通話かけ放題型 国内通話が24時間いつでも無料です。 (海外通話は当然課金されます) 長電話をする人に向いていますが、基本料金自体は最も高額になります。 BからDまでのタイプで 無料時間を超過した分は従量課金と同じ 30秒につき20円の通話料が発生する携帯会社が多いです。 かつてはソフトバンクのホワイトプランといった、時間帯とキャリアを縛る形( 9時~21時にソフトバンク回線への国内通話は無料)のようなものもありましたが、現在は新規の申し込みは受け付けていません。 携帯会社によって1~5のどのタイプのプランを提供しているかは変わりますが、とても安く見える1のタイプはMVNOの携帯会社の標準の基本プランだったり、キャンペーン適用を組み合わせて月額料金を安く見せたい時の3大キャリアが選択する基本プランがこのプランを選択している場合だったりすることが多い印象です (安く表現できるためです・・・)。 また、これらの 基本プランは 一定期間の定期契約(よくあるのは2年定期)を設けられていることが多いです。 俗に「2年縛り」などと呼ばれるものですが、これは「最低でも2年間はうちの会社で使い続けてくださいね。 その代わり安くて割引もありますよ!」ということで、以前から同じ携帯会社を利用している人の大半は定期契約になっているかと思います。 特に2019年9月までに契約している人の場合、 各携帯会社の公式ページ内のキャンペーンで謳われている料金プランもこの 定期契約適用の金額であるのがほとんどです。 定期契約をしないタイプの料金プランも選択できる会社もありますが、 定期契約無しの場合には基本料金自体が非常に高額だったり、割引などのキャンペーンが適用されなかったりするので、その結果ほとんどの人が定期契約を選択してしまいます。 ただ、最近のソフトバンク、ワイモバイル、UQモバイル、楽天モバイルの各種プランやドコモの5G系プランについては2年契約自体を無くしたりといった感じにはなってきています。 定期契約をしている状態で契約期間外(更新月以外)で他の携帯会社にMNPをしたり、解約をした場合には後ほど解説する「 契約解除料」というペナルティが発生します。 完全固定型課金 使用したデータ量に関わらず、料金は固定のフラットタイプのプランになります。 データをほとんど使わなかった場合でも、料金が安くなるといったことはありませんが、 使いきれなかったデータ容量を1~2カ月後まで持ち越せるといったことが一部の携帯会社のプランではできたりします。 最近ではデータ無制限プランも登場してきています。 使用したデータ量に応じた段階式課金 料金を複数の段階に分け、使用したデータ容量に応じて料金が変動します。 使ったデータ量が少なかった場合には、料金を安く抑えることができますが、使いきれなかったデータ容量の持ち越しはできなかったり、同じデータ容量でAの完全固定型課金の料金と比べると割高になる傾向があります。 親回線とシェア利用 家族など、 親回線のデータ容量を使うタイプのものです。 料金は比較的安価の固定金額ですが、使用可能なデータ容量は親回線のデータ容量までになるため、親回線のデータ容量がどこまで利用できるか次第で上限が変わってきます。 容量は家族で共同利用するため、家族の誰かが突出してデータ容量を使ってしまったりすると、他の家族が使用できるデータ容量は少なくなる点も注意が必要です。 データ容量に関連したことで一点注意しておくべきことがあります、Eメールと似たようなもので SMS(携帯電話番号宛てに70文字以内のメールを送受信する機能)がありますが、この SMS送信については、上記のデータ容量とは別勘定 (基本料金の方に紐付いている)で、 1通あたり3円のSMS送信料が必要になる携帯会社が多々あります。 SMSをたくさん送信していると地味に料金加算されていたりするので、状況に応じてEメールアドレス宛に送信するEメールを使うことをおススメします。 多くの人に当てはまると思いますが、契約の際、携帯会社のラインナップにある 機種を新たに購入する場合は、 その機種代金を支払う必要があります。 支払方法は、最初の1回で全額支払う一括払いかキャリア指定の回数(24回、36回、48回など)での分割払い(割賦払い)を選択していく必要があり、その 支払い回数分、月額料金に料金が加算されます。 逆に、 端末自体を自身で確保・持ち込み、SIMカードのみでの契約ができる場合には端末代を支払う必要は無くなります。 iPhoneを例に挙げると、端末代自体はAppleのSIMフリーの端末よりキャリアの同端末の方が価格は高いですが、3つ目のキャリア公式キャンペーンにある割引を適用すれば、Appleより安価になる場合もあります。 (条件は付きますが・・・) 3. キャリア公式キャンペーンとは これは携帯会社(キャリア)が展開しているキャンペーンになります。 一例を挙げるとなどがあります。 ほかにも 家族割や ブロードバンド回線とのセット契約での割引や MNP・新規契約など特定の契約形態での契約で利用できる割引など、テレビCMやキャリアの公式サイトで謳っているキャンペーンはこのケースに当てはまります。 キャンペーンの適用には、指定のプランを利用するとか、指定のオプションサービスに加入するなどの条件が組み込まれています。 組み合わせられる指定のプランは、キャリアが推進している、最近のプランを指定してくる傾向はあります。 一応条件は分かりづらいものありますが、公式サイトにも掲載しているので、明確と言えば明確です(分かりづらいですが・・・)。 され、現在は特にスマホに関しては厳しいルールを守る必要がある状況になっています。 値引きできなくなった対象として3大キャリアの事例でいえば、ドコモの端末代の割引サービスの 「月々サポート」、auの 「毎月割」、ソフトバンクの 「月月割」など多くの割引が該当し、2019年9月末で諸々新規受付が終了になりました。 ドコモの「ギガホ」やauの「ピタットプラン 4G LTE」やソフトバンクの「メリハリプラン」などの 新しいプランについては、 分離プランです。 分離プランにすると 毎月の通信料が下がる代わりに、端末代の大幅な値引きができないことで昔の水準と比べると 端末代が高くなります。 この 店舗独自キャンペーンの内容は店舗に判断をゆだねられているため、還元金額などの統一性がなく、この点が 店舗毎での差別化にも繋がっています。 (キャリア公式のキャンペーンは、どの店舗でも適用されます) 適用条件については、指定のプランを利用するとか、指定のオプションサービスに加入するなどの条件が同じように組み込まれていますが、店舗独自キャンペーンの分については条件面も店舗に判断をゆだねられているため 、 詳細の適用条件は店舗側に直接確認するしかありません。 基本的には見積もりや話をしている段階で判明してくるはずですが、店舗によっては条件の詳細が契約している途中で判明するといったこともあります。 店舗独自のキャンペーンで、競合店には知られたくない内容でもあるため、キャリアの公式サイト内に内容や条件が掲載されることもありません。 この場合の解約は サービス提供元に直接問合せし、解約の手続きを行う形になり、様々なオプションサービスに加入していると、各サービス提供元に問い合わせをする形になるので、すべて解約するにもかなりの手間になります。 また、 携帯・スマホを解約しても、外部サービスのオプションサービスの解約にはなっていないので、 解約忘れがあると、オプションサービス分だけは課金されたままになるので、この点も注意が必要になります。 公式のオプションか外部のオプションかどうしても分からない場合には、公式サイトを見るか、キャリアに直接問い合わせれば回答してもらえると思います。 2019年10月施行の改正電気通信事業法の影響で、主要な携帯会社のスマホ系プランについては契約解除料が上限1,000円のルールがあるため、このルールが適用したプランを契約した人の場合は、契約解除料が1,000円もしくは、0円(定期契約自体を廃止)になるプランもあります。

次の

【ソフトバンクの料金プラン変更時の違約金(契約解除料)を解説】違約金(契約解除料)を発生させない方法も紹介!

ソフトバンク 料金 見直し

なぜ高い?SoftBankのスマホ料金を節約する方法5つを紹介! 節約効果 手軽さ SoftBankの料金を節約する5つの方法を上の表にまとめました。 契約はSoftBankのまま、 手軽に安くできるのが「基本プラン見直し」「オプション確認」「割引活用」です。 他社へ切り替える手間があるものの 大幅な節約に期待できるのが「2年ごと乗り換え」「格安SIM」です。 SoftBankから変えたくないという人や、逆に安ければどこでも良いという人もいると思います。 それぞれの事情を踏まえて自分に合った節約方法を実践してくださいね! では一つ一つ詳しく解説していきましょう。 SoftBankの契約プランを見直す 節約効果 手軽さ SoftBankの 契約プランを見直すことは一番基本的な節約術です。 来店せずMySoftBank(SoftBankのマイページ)でも手続きできるので手軽ですが、 通話時間やデータ容量を大幅に下げない限りあまり節約に繋がりません。 基本料金は「通話プラン+データプラン+ウェブ使用料300円」この3つから成り立ちます。 この中で見直すポイントは• 1GB~50GBまである データプランの選択は適切か まず通話プランとデータプランが利用状況に適しているか確認しましょう。 でシュミレーションしたり、SoftBankショップで料金診断したりと、自分に合ったプランを見つけて節約しましょう! 2. 不要なオプションを確認・解約する 節約効果 手軽さ スマホを契約するときに色々なオプションへ加入させられたり、オプションに入らないと割引が適用されなかったりしますよね。 そのまま契約内容を変えないでいると、 使っていないオプションに毎月料金を支払っている場合があります。 あんしん保証パック• テザリング• スマートフォン・iPhone基本パック• とく放題• アニメ・ブック放題 契約のときに「2か月経てば不要なオプションは解約していいので!」と言われることがありますが、 意外と解約は忘れてしまいますよね。 見直すためには毎月の請求内訳を確認して、現在どのオプションに加入しているか確認してみてください! 3. SoftBankの割引プランを最大限活用する 節約効果 手軽さ SoftBankには スマホ料金を安くできる割引プランがあります。 学割放題や25歳以下割引も魅力的ですが割引期間が3か月と短いので、 ずっと割引されるプランがおすすめですよ! それが「」と「」です。 家の固定電話・ネットがSoftBank光ではない• 家族全員がSoftBankのスマホを使っていない このような場合は SoftBankに契約をまとめるだけで月額500円以上、家族が多ければそれ以上に節約することができます。 【おうち割 光セット】ネット回線をSoftBank光にする おうち割 光セットとはSoftBankスマホを持っている人が、家の ネット回線をSoftBank光にするだけでスマホ代が 月額500円~1,000円の割引が適用されるものです。 スマホ・タブレット・ケータイ・iPad・Wi-Fiルーターも対象なので、複数台持ってればさらにお得に! SoftBank光の月額料金は比較的安く、通信速度も最大1Gbpsと超高速なのでおすすめですよ。 スマホ・タブレットをSoftBankで契約しているなら見逃せない割引なのでチェックしておきましょう。 2年ごとにdocomoやauに乗り換える 節約効果 手軽さ 3大キャリアは乗り換え時に 「高額キャッシュバック」や「2年間月額料金割引」などのキャンペーンを行っていることがほとんどです。 それを利用するために 2年ごとにdocomoやauに乗り換える節約方法です。 キャリアや代理店によって様々なキャンペーンを行っているので、そのまま使い続けるより断然お得に使うことができます! しかも2年縛りがちょうど終わるタイミングなので 違約金もかかりません。 安く使えてキャッシュバックなどがありがたい一方、2年ごとの乗り換えは 手間がかかるというデメリットもあるので注意してくださいね。 2年乗り換えするデメリット• 来店して乗り換えの手続きをする手間がある• キャリアメールアドレスが2年ごとに変わる• セットの固定ネット回線も変更するならさらに面倒• 家族で使っているならもっと面倒 5. SoftBankから格安SIMに乗り換える 節約効果 手軽さ スマホ料金を手っ取り早く節約するのに 一番おすすめなのが格安SIMに乗り換えることです。 現在のプランにもよりますが、毎月のスマホ代が 1万円だったのが3千円になった!という人もいます。 少し前までは格安SIMなんて大丈夫?と不安がっている人も多かったと思いますが、最近では賢く節約する人がどんどん格安SIMに乗り換えていますよ! 実際、でも格安SIMの利用者が増えていることがわかります。 これまで興味がなかった人も、ぜひこの機会に格安SIMについて詳しく調べてみてくださいね! 格安SIMの全体像・各キャリアの特徴については「」も参考にしてくださいね。 一番のおすすめは格安SIM!でも格安SIMって大丈夫…? SoftBankのスマホ料金を大幅に節約するなら格安SIMが一番有効だと紹介しましたが、まだまだ 格安SIMに不安を持っている人はいると思います。 「 格安だから通信が遅いのでは…」「 困ったときは助けてくれるの?」と心配する方のために、よくある疑問について解説します。 通信速度• 手続き・サポート面• はじめての格安SIMの選び方 このあたりについて紹介するので参考にしてくださいね。 メリットやデメリットなど格安SIMについてもっと知りたい!という方は「」も読んでみてください! 通信速度は意外と遅くない 料金が安い分、 速度が遅くてストレスを感じるのでは…?といった速度の不安はどうしても出てきますよね。 でも、そんな心配はしなくて大丈夫です。 格安SIMだからといって遅い・重いということはないので安心してください。 多くの格安SIMがdocomo・au・SoftBankの回線を使用しているので3大キャリアと同じような速度で使えますよ。 ただ、回線が混み合う夕方以降や通信が混雑する場所では遅くなることがありますが、それはどのキャリアにも言えることです。 格安SIMの中でも速いものがいい!という方は速度面で満足度が高い UQモバイルや Y! mobileをチェックしてみてくださいね! はじめての格安SIMなら人気キャリアから選ぶのがおすすめ はじめて格安SIMに乗り換えるなら、やはり利用者が多くてテレビCMもやっているような 人気キャリアがおすすめです。 ネット上の情報も多いですし、実際に使用している人の口コミもたくさんあるので安心できます。 人気キャリアなら困ったことがあっても、実店舗に行かず周りに聞けば解決することもありますよ。 「」では人気の格安SIMの選び方などを紹介しているのでぜひ目を通してみてくださいね! SoftBankからの乗り換え先としておすすめな格安SIM・格安スマホ3選 SoftBankから乗り換えるのにおすすめしたい格安SIM・スマホを紹介します。 今まで通りの使い勝手のまま、料金だけ節約できて SoftBankユーザーが切り替えやすいものを選びました。 SoftBank回線が使える• 料金・速度どちらも高評価• 実店舗が多い このあたりを基準にしています。 SoftBankからの乗り換えでも比較的スムーズに、安心して手続きできる3社なのでぜひ参考にしてみてくださいね! 【Y! mobile ワイモバイル 】ソフトバンクのサブキャリアで使い心地も高評価 【運営のコメント】 「今までと同じソフトバンク回線が使える」「実店舗数No. 1」「価格・速度面に定評がある」としてSoftBankからのおすすめな乗り換え先はY! mobileを選びました!実は同じグループということでSoftBankからの乗り換えは「番号移行」と呼んでいます。 SoftBankの格安スマホに切り替えるようなイメージですね。 料金は格段に安くなり、何度でも使える10分間の無料通話もついているので節約にはかなりおすすめできます!実店舗数が多いので何か困ったことがあればすぐに駆け込めるのも安心ですね。 SoftBank同様にYahoo! プレミアムの会員特典が無料で使えるので、とにかくお得にスマホを使いたいならY! mobileを選べば間違いありません!• 基本の料金プランを見直す• 使っていないオプションはすぐに解約する• 割引プランを適用させる• 2年ごとにdocomoやauに乗り換える• 特に5の 格安スマホに乗り換える方法はかなり節約できるうえに通信速度はそんなに変わらないのでおすすめです! SoftBankの次の更新月がきたら格安スマホへの乗り換えも選択肢に入れてみてくださいね。

次の