楽韓 カイカイ。 楽韓Web

結婚式に行くと私の名前が無い… → 新婦が入籍を許されることは無かった。

楽韓 カイカイ

カテゴリー• 345• 6,070• 2,609• 553• 549• 119• 973• 749• 222• 274• 116• 120• 928• 1,714• 453• 216• 364• 1,344• 2,892• 221• 105• 167• 172• 1,406• 146• 134• 132• 103• 178• 848 去年の話だけど、高校時代のグループの子から結婚式の出席の打診があり、私だけ大学以降地元に居なかったので、今は疎遠だけどその当時はグループの中で一番の仲良しだったし、ついでに実家に帰省しようかと承諾して招待状も貰い期限内にちゃんと返信はがきも出席で出した。 その後高校時代のグループの子がみんな都合でこれないけど一人でも大丈夫かと電話があったので、実家に帰省するついでなので構わないよと返事もしたら20代独身女性が少ないので手間で悪いけど、振袖で来てくれる?と頼まれてそれも了承した。 当日朝早くから美容院で着付けして、結婚式場に行って受付しようとしたら私の名前が無かった。 受け付けは職場の人たちだとかで、びっくりして固まっている私を見かねてわざわざ新婦の親族に確認に行ってくれた。 新婦のお母さんは、高校時代お互いの家に遊びに行ったりして顔見知り。 私の姿を見て「東京から来てくれたのにごめんなさい。 」と平謝り。 新婦のお母さんが、最後に招待リストを見たときには私の名前があったそうなので、式場のミスだろうとプランナー呼びつけて、席を急遽作ってくれることに。 その間に新婦に会ってやってと言われたので控室に挨拶に行ったら「なに!あんた何しに来たの?その恰好何?よく着れる振袖あったねぇ。 おっかしいぃ」とけらけら新婦に笑われた。 確かに私はでぶ。 でも今は横幅広い人用のレンタル振袖もあるんですよ。 帯も長いのがある。 さすがにまた固まっていたら、新婦のお母さんが新婦を平手打ちした。 ぱっちーんと音が響いたら新婦が「なにすんのよ!こんなブスデブ呼びたくなかった。 人数合わせでしょうがなかったのに、あっちが人数減らしてよばなくてもよくなったから、東京からのこのこ振袖で来させて恥をかかすつもりだったのに、お母さんなに余計なことをしてんのよ!」と怒鳴り返して大ゲンカに。 ただただびっくりして振り向いたら新郎とその両親がいた。 大きな声が聞こえたから隣の控室から見に来たらしい。 新郎は私の高校時代の委員会の先輩で二年間遅くまで高校に残って一緒に活動した人。 その両親は私の両親と職場の同僚で仲良しで子供のころから知っている。 なにしろ田舎だから人間関係は狭い。 新郎両親と新婦母が激怒して、結婚式は行われたけど入籍はされなかったと後から聞いた。 私は揉めているのをしり目に式場の従業員に、出席はしないと伝えて帰ったので、みんな新郎両親が私の両親に謝りに来て聞いた話。 新婦母は、帰省の交通費と着付け代とレンタル代を同封して謝罪の手紙をくれた。 高校時代の友達が全員欠席だったのも、事前にいろいろやらかしたらしい。 確かにグループの中で一番の美人でスタイルのいい人だったんだがなんでそこまで変なことをしたのかまったくわからない。 みなさんありがとうございます。 慰めて頂いて画面の前で涙が滲みます。 高校時代から彼女は綺麗な子なので、もてて彼氏もいたし結構自慢もしていたけど、それを嫌味とか受け取ったことなく、ほんと綺麗でスタイルがいいからなぁとあがめてました。 その当時からブスデブな私は、引き立て役で下に見られていたかもしれません。 鈍感でちっとも気が付きませんでしたけど。 言い返すとかできたら恰好よかったんですが、ぼーと固まるだけのへたれでした。 ブスデブは本当の事なので、言い返す材料も無くののしられ放題でした。 新郎も私と同じく固まってました。 新郎は高校時代から彼女に片思いして社会人になって取引先で再会して、新郎から猛アタックして結婚して貰った状態だったと新郎両親が言っていたそうです。

次の

慰安婦スキャンダル

楽韓 カイカイ

既にいくつかのメディアで報道されているので遅きに失した感もあるが、韓国が日本を責め立てる上で最大の武器であった所謂「」について、大騒動が起きている。 ことの詳細については、多くの韓国ウォッチャーがいるのでそのブログ等(、)を確認していただくと、韓国メディアの報道等が数多く掲載されているので参照していただきたい。 私などよりもずっと精緻で詳細な情報を提供してくれている。 以前より韓国問題に興味を抱いている人なら、正義連(旧挺対協)がビジネスを行っているというのは常識だし、多くの韓国人もそのことを十分知っていたが、批判すれば自分が社会的に糾弾されるため誰も言わなかったものである。 ただ、今回中心のとされる人物が反旗を翻したことにより、多筋社会問題として持ち上がった。 韓国政府(特に文政権)は彼ら市民団体の虚構の上に乗っかり日本への対応を打ち立ててきたのだから、今後どのように対応するかは見ものである。 とは言え、韓国が日本を責める姿勢は寸分も変わらないことは断言できる。 これらの構図は、すべて日本が悪いという前提に組み上げられており、今回露呈したのはその一端ではあるが全体ではない。 どちらにしても、新たなフレームや新たな団体が出てきてこれまで通り日本が悪いというキャンペーンを張り続ける(今回のこともあって一時的には停滞するだろうが)。 それは彼らのに関わる問題だから、決して取り利下げることなどできやしない。 彼らの存在意義すら揺るがしてしまうのだから。 ただ、国際的なイメージにおいて日本が幾ばくか得をすることはあるだろう。 何せ、宣伝戦では日本は韓国や中国にはこれまで全く叶わない状態である。 向こうが、ありとあらゆる方法(嘘であろうが何でもよい)で日本が悪いと宣伝するが、日本側は政府等が公式情報を使って淡々と説明するだけなのだから、勢いが違う。 そして、あまり関心のない外国勢は中身の正当性ではなく感情論に左右される。 今回は、その感情論を振り巻いている韓国人がいつも通り適当であったという補強にはなるが、印象を容易に覆せるものではないだろう。 それでも、日本にできることは韓国人と同様に嘘でも何でも声高に叫びまくるのではなく、論理的かつ理性的そして地道に説明を尽くすしかない。 同じ穴のムジナになってはいけない。 こうした非対称戦は世界中の多くの場面で見られるが、その場合有利な状況で圧力をかけるのが通常だ。 日本と韓国の間であれば、金融制裁とかその他である。 昨年よりいくつかの制裁的な(正確に言えば、カ主導の輸出管理強化に過ぎないが)ものはあるが、まったくもって甘いものである。 日本の優しさは感謝などされる甘さとして付け込まれてきた。 私は、正々堂々と日本に不利な状況には立ち向かうべきだと思うが、多くの日本メディアが足を引っ張る事しかしないためにできずにいる。 ただ、日本人で問題の虚構に関心がなかった人たちにも、少しは韓国の出鱈目さが知れたということであろうか(他でも十分知れているので、影響は多くないが)。 問題に対する日韓合意を、韓国が一方的に破棄している(破棄したとは言わないが実質的には同じ)ことも、今後じわじわと詰め寄ってもよいだろう。 兎にも角にも、韓国の日本に対する難癖は、基本的に韓国国内の矛盾や権力闘争を押し付けている側面が非常に多い。 私は、随分前より日本人は韓国がもう一人前になったのだから、面倒を見てやるという感じの対応をする必要がないと書いてきた。 多くの日本否定韓国賞賛派の人は、結果的には韓国を低く見ることで自分の倫理的優勢性を主張しているに過ぎない。 ある程度数字の虚構があるのは承知しているが、一人当たりの()でも追い抜かれた(あるいは追い抜かれようとしている)ことは間違いない。 韓国には似たようなビジネス市民団体が山ほどある。 もちろん日本にもいくつか存在しているが、韓国ほどの聖域になっていないのがまだましと言えるかも。 さらに言えばこうした団体には多くの場合中国からも資金が流れているという話がある。 事の真偽を確かめるすべはないが、国際政治の世界は表でにこやかに握手しながらも裏で相手の足を引っ張るためにあらゆる手を尽くす。 できれば、ナイーブすぎる日本の平均的な世論の天秤がもう少し傾けば、韓国や中国の声を抑え込むこともできるようになり、それに便乗する政治家たちも大人しくすることができるだろう。 根拠のない嘘にまみれた活動はいつかは白日の下にさらされる。 日本という国が住所を変えることができないのだから、厄介な隣国たちの注文を受けるだけではなく、日本は手ごわいと思わせるように動いてほしいものである。 まあ、昔に比べれば随分変わったとは思うが、もっと変わってもよいのではないかと思う。

次の

結婚式に行くと私の名前が無い… → 新婦が入籍を許されることは無かった。

楽韓 カイカイ

更新順• 海外の反応• com• 海外の反応• 海外の反応• 海外の反応• 海外の反応• com• com• com• com•

次の