イナゴ 聖書。 イナゴの災い|十の災い・十災禍

疫病と蝗害…聖書的な災いが現実に:狂気的な数千億のイナゴの大発生による被害範囲がアフリカ、中東から中国までの20カ国以上に拡大。国連は6月までにイナゴの数が「現在の500倍に膨れあがる可能性」を警告

イナゴ 聖書

ソドムとゴモラの恐ろしい伝説を知っているだろうか? ソドムとゴモラなんて怪獣の名前みたいだけれど、実は旧約聖書の創世記に登場する街の名前。 怒った神は天からの硫黄と火によって、ソドムとゴモラを跡形もなく滅ぼしたとされている。 旧約聖書は紀元前何千年も前の話なので、ソドムとゴモラが実在したのかは明確にわかっていない。 一説にはソドムとゴモラは死海南部の海底に沈んでいるとか。 そんな旧約聖書にのみ登場する伝説の都市ソドムとゴモラは実在し、しかもこれらの街を滅ぼしたのは 3,700年前の隕石であった!! そんな衝撃的な研究結果が発表されたので紹介したい。 3,700年前の隕石が死海周辺の都市を滅ぼした コロラド州デンバーのアメリカン・オリエンタル・リサーチ・センターで行われたAmerican Schools of Oriental Researchの年次会合で考古学者らが驚くべき発表を行った。 最近、死海の北に位置する遺跡タル・エル・ハマム(tall el hammam)を調査したところ、 3,700年前に空で隕石が爆発し、近くの文明を壊滅させた痕跡が発見されたという。 大きな爆発でぶっ壊れた泥レンガを放射性炭素年代測定したところ、約3,700年前にとてつもない爆発が起こったことが示唆されたのだ。 元々ソドムとゴモラは死海周辺に存在していたと考えられていたわけだし、考古学者らは この隕石の爆発こそがソドムとゴモラを破滅させた神の怒りの正体なのではないかとみている。 遺跡のある場所は、死海の北、ヨルダンの西側に位置するMiddle Ghor(ミドル・ゴール)と呼ばれる25キロメートルほどの平野。 そこには少なくとも5つの遺跡があり、そこには紀元前に大規模は破壊を受けた痕跡を持つ集落が密集していた。 ヨルダン北の平野は、当時、肥沃な大地であったと推測されるが、隕石の爆発によって一瞬で不毛の土地になってしまったと考えられている。 研究者によると、この隕石爆発以降600~700年もの間、この地域は誰も住めない状態だったという。 さらのもうひとつの根拠が、遺跡から発見された ガラス化した陶器だ。 陶器がガラス化するには、 4,000度以上の高熱が必要。 これも地上近くで隕石が大爆発した際に発生する超高熱の影響と考えれば説明がつく。 遺跡から発見された硫酸カルシウムも隕石の影響か 枯れた土地に見える死海周辺の地域も、かつては木々が生い茂る肥沃な土地であり、そこには繁栄した都市がたくさんあったといわれている。 それらの大都市の遺跡は死海周辺に点在しているが、その遺跡の成分を調査すると 硫酸カルシウムが多く発見されるという。 隕石の衝突と、遺跡から発見された硫酸カルシウムは繋がりがあるかもしれない。 白亜紀に恐竜を絶滅させた巨大隕石が衝突した際には、 海は硫酸で満ちていたと予測されている。 この事実は日本の研究者が研究発表している。 研究チームは大阪大学の施設を使い、隕石に見立てた金属片をレーザーで秒速20キロメートルに加速してユカタン半島と同じ硫黄の多い成分でできた岩板にぶつけた。 衝突の衝撃で高温になった岩板から多くの成分が蒸発。 そのガスを調べたところ、大部分が硫酸だった。 硫酸ガスは地球を覆い、酸性雨となってあらゆる場所に降り注いだ。 衝突後1~3年は海の浅い部分が硫酸まみれになってプランクトンが死滅。 食物連鎖が崩れたことが大型生物の絶滅につながったとみている。 参照元:(日経新聞) 隕石衝突によって大きな硫酸の海ができ、硫酸ガスが地球を覆った。 それによって、多くの生命が絶滅したという。 もし紀元前のソドムとゴモラで隕石が落下してきたとしたら、そこには大量の硫酸が発生していたかもしれず、その影響で硫酸カルシウムが作られたのかもしれない。 隕石が都市を滅ぼすことはありえるのか? でも、隕石が大爆発して都市が滅びるなんて、そんなことが本当に起こるのか? 実は、起こる。 例えば最近で言うと、2013年にロシアのチェリャビンスク州に直径17メートルの隕石が落下し、上空15~50kmの間で大爆発!! 広い範囲に衝撃波が広がり、大きな被害を巻き起こした。 日本でもニュースで大きく取り上げられたので、憶えている人も多いだろう。 また、隕石が原因として考えらえる最も大規模な爆発が、 ツングースカ大爆発だ。 ツングースカ大爆発は1908年にロシアで発生した謎の大爆発のこと。 その理由がわからずに「 宇宙船が墜落して大爆発した」なんてトンデモナイ説も考えられたが、今では宇宙からの隕石が空中爆発したからだと証明されている。 この爆発では約2,150平方キロメートルもの広範囲にわたって、樹木がなぎ倒され、多大な被害は発生した。 爆発によってなぎ倒された木々。 もしこれが都市部の上空で起きていたとしたら? 考えたくもないが、本当に一瞬して大都市が壊滅していてもおかしくない大爆発であった。 爆発が起きたのが、誰も住んでいない広大な森の中であったのは、大きな幸運であったと言わざるを得ない。 (しかし多くの森の動物たちは死に絶えただろう…) このことからもわかるように、 ある日突然隕石が落ちてきて、大都市を消滅させる可能性はゼロではない。 もし紀元前の人々がそんな天変地異を目の当たりにしたとしたら、神の怒りと思うのも無理はないだろう。 ファラオを襲った十の災いの正体も隕石!? 神の怒りによって滅ぼされたソドムとゴモラの話は、旧約聖書の第一巻ともいえる「創世記」に登場している。 創世記の次、旧約聖書の第二巻は「 出エジプト記」だ。 出エジプト記は簡単に言ってしまえば、主人公のモーセがファラオの追手から逃れエジプトを脱出するストーリーとなっている。 この出エジプト記では、神の怒りによってエジプトに 十の災いがもたらされたと記されている。 エジプトを襲った十の災い、その正体もまた3,700年前の隕石の爆発の可能性がある。 まずは、十の災いの内容を紹介したい。 血の災い(ナイル川の水が血に染まり、魚が死に絶える)• カエルの災い(カエルが大量発生する)• ブヨの災い(ブヨが大量発生する)• アブの災い(アブが大量発生する)• 疫病の災い(家畜に疫病が蔓延する)• 腫れものの災い(体中に腫れものができちゃう)• 豹の災い(激しい稲妻や雹が人々を襲う)• イナゴの災い(イナゴの大群が作物を根こそぎ食い荒らす)• 暗闇の災い(エジプトが暗闇で覆われる)• 長子殺しの災い(すべての長子が死に絶える) もし旧約聖書の時代に、エジプトの北東に位置する死海周辺で隕石による超大規模な爆発が起きたとしたら? 先ほど紹介した白亜紀の隕石衝突についての記事を再度見てみよう。 硫酸ガスは地球を覆い、酸性雨となってあらゆる場所に降り注いだ。 衝突後1~3年は海の浅い部分が硫酸まみれになってプランクトンが死滅。 食物連鎖が崩れたことが大型生物の絶滅につながったとみている。 これほどの大規模でなかったとしても、隕石の爆発によって大量の硫酸ガスが発生し、エジプトにも酸性雨が降り注いだり、大規模な気候変動が起こった可能性がある。 これも大規模な気候変動の影響かもしれない。 恐ろしい天変地異を前に、家族でも最も大切な長子を生贄にささげたのかもしれない。 多少強引なところがあるけれど、旧約聖書の創世記に記されたソドムとゴモラの伝説と、出エジプト記に記されたエジプトの十の災いは、 隕石というキーワードで繋がっているのかもしれない。 もし旧約聖書が実際に起こったことをモデルとして書かれているとしたら…ノアの箱舟やバベルの塔なんて有名な伝説も、実際に起こった出来事だったりして!?.

次の

聖書に、こんな言葉ありますか?

イナゴ 聖書

紀元前15世紀頃、神の選民であるイスラエル民族 (ヘブライ民族)は、エジプトで奴隷として苦役を受けていました。 神との約束と苦役期間である400年が満たされたとき、民族を奴隷から解放し、エジプトから導き出す使命を持った人物モーセが現れます。 モーセはファラオに民族の解放を要求しますが、ファラオは認めませんせん。 それどころか、労役をますます過酷にしました。 エジプトに災いがもたらされるたびに、ファラオは災いを止めることと引き換えに、民族の解放をモーセに約束します。 しかし、モーセたちが災いをおさめると、ファラオは心を頑な (かたくな)にして、約束を守ることはありませんでした。 そして、10番目の「エジプトの長子を皆殺しする災い」により、ついにファラオは屈服し、イスラエル民族を奴隷から解放することを認めました。 このエジプトにもたらされた一連の災いを「十の災い(十災禍)」と呼んでいます。 モーセは3人兄弟(姉弟)の末っ子。 ミリアム(長女)- アロン(長男)- モーセ(次男)。 ちなみに、父はアムラム、母はヨケベド。 なお、第4の「アブの災い」以降は、エジプト人とイスラエル人が区別され、エジプト人だけに災いが下るようになります。 ナイル川の水が血に変わり、魚が死に絶え、水が飲めなくなった。 ナイル川から蛙が次々と這い上がり、エジプトの地面を埋め尽くした。 ブヨが大量発生し、人々や家畜が襲われた。 アブの大群が押し寄せ、エジプト人を襲った。 伝染病が発生し、エジプト人の家畜が次々と倒れた。 すすがエジプト人とその家畜に付き、膿の出る腫れ物になった。 稲妻と雷がとどろき、激しい雹が降り、畑の作物が枯れた。 イナゴが大量発生し、エジプト全土を覆い、作物を荒らした。 エジプト全土が3日間、真っ暗闇になった。 エジプト人のすべての長子が怪死した。 神の命令のとおりに、モーセの指示でアロンがその手に持っていた杖をエジプトの王ファラオの前に投げたとき、それが蛇(へび)になりました。 これを見たファラオは、王室の魔術師を召し寄せて、モーセたちに対抗することを命じます。 魔術師が杖を投げたところ、同じように蛇となりました。 ところが、アロンの蛇はファラオの魔術師の蛇を飲み込んでしまいました。 この魔術争いは、モーセとアロンがファラオに勝利したことになりますが、ファラオはかたくなになり、イスラエル民族の解放をますます拒むようになりました。 Old Testament 主はモーセとアロンに言われた。 「もし、ファラオがあなたたちに向かって、『奇跡を行ってみよ』と求めるならば、あなたはアロンに、『杖を取って、ファラオの前に投げよ』と言うと、杖は蛇になる。 」 モーセとアロンはファラオのもとに行き、主の命じられたとおりに行った。 アロンが自分の杖をファラオとその家臣たちの前に投げると、杖は蛇になった。 そこでファラオも賢者や呪術師を召し出した。 エジプトの魔術師もまた、秘術を用いて同じことを行った。 それぞれ自分の杖を投げると、蛇になったが、アロンの杖は彼らの杖をのみ込んだ。 しかし、ファラオの心はかたくなになり、彼らの言うことを聞かなかった。 主が仰せになったとおりである。

次の

十の災い(十災禍)

イナゴ 聖書

人類が宗教を持ってからの自然災害、疫病、戦争などは、ほとんどが人工的なものです。 最近起こったことで、分かりやすい事例を挙げましょう。 旧約聖書『出エジプト記』に、エジプト王ラムセスに対してユダヤの神ヤーべ(モーセが相談した)が行なった10個の大量殺戮のうちの5〜7番が以下です。 ・家畜の疫病(豚インフルなど) ・疫病(炎症)(新型コロナなど) ・火を降らす(オーストラリアの火事など) そして第8番目が ・サバクトビバッタ(イナゴ)の大発生です。 新型コロナウイルス騒ぎの後から、アフリカ東部(ケニア、ソマリア、エチオピア)でサバクトビバッタ(イナゴ)が大量発生しています(ケニアに到達したのは、1000億匹〜2000億匹とも言われる)。 このイナゴの大群が、今や中東を経由してインドまで到達しています。 1日に100万人分に相当する食料を食い尽くすと言われています。 FAO(食糧農業機関)は試算では、このままのペースで増殖すれば、6月までに群れのサイズは500倍になるとしています。 さて、基礎医学の『場の理論』講義で、このサバクトビバッタ(Desert locust, Schistocerca gregaria)の正体をお伝えしました。 干ばつ、飢餓などのストレスが与えられると、孤立した生息している普通のバッタ(grasshopper)が群生のイナゴ(locust)に変態するのです(J Insect Physiol, 59 11 , 1151-9 Nov 2013)。 この際に、セロトニンというストレスホルモンがその変態を起こすことをお伝えしてきました(Science, 323 5914 , 627-30 2009 Jan 30)(Sci Rep. 2017; 7: 6606)。 以前もお伝えしましたが、バクテリアを含め生命体は、高い密度で群生すると病原性が高まります。 バッタも同じく、ストレスがかかり群生するとセロトニンがアップし、イナゴに変態して獰猛になるのです。 今回のイナゴの大発生はどうでしょうか? 2019年10月にソマリア北部やエチオピアで洪水が発生し、12月にはサイクロンが直撃しています。 この時期は通常ならバッタの餌となる植物が枯れているころでしたが、大雨で植物は枯れずにストレスがかかるような環境ではなかったのです。 ?????? 今回はイナゴの大発生の原因となる主要な自然現象が認められません。 実際にアメリカ国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)では、昆虫を遺伝子編集するプログラムが進行しています(The Insect Allies programme)。 , ,.

次の