お手間を取らせてしまいすみません。 「お手間を取らせてしまい」のビジネスでの使い方・目上の人への敬語

敬語「お手数おかけします」の意味は?例文付きで解説!類語・英語も紹介

お手間を取らせてしまいすみません

「度々すみません」は面倒をかけたことへの謝罪の意味ですが、同じ相手に対して失礼が重なった場合に「度々」という言葉を用います。 「すみません」に関しては少々砕けた印象を与えるため、敬語を使うような相手に対しては「すみません」に変わる言葉を用いるようにしましょう。 同じ相手へ何度も迷惑をかけるのは避けなくてはいけない行動です。 しかし、不測の事態が生じた場合、こういった謝罪をする必要が出てくるでしょう。 ただでさえ相手に好印象を与えていないのですから、使い方を間違えないようにしなくてはいけません。 まして、電話やメールの場合は相手に会って直接詫びている状況ではないので、くれぐれも誤解のないように気を付けたいものです。 電話で「度々すみません」を使う場合です。 この場合の「度々すみません」の「すみません」は深く謝罪をするという意味だけではない場合もあります。 いちど電話をした相手に対し、「またお時間をとらせます。 すみません」というようにあまり深刻に考えずに使うことも可能です。 ですから、怒らせてしまったということではなく、たんに先の電話で言い足りなかった、あとから思い出したなどで再度電話をする時の使い方になります。 例文としては「度々すみません。 今ほどの電話で言い忘れたことがあります」や、「度々すみません。 先ほどはどうもありがとうございました。 予約が取れましたのでご連絡します」などです。 ただ、謝罪としての「度々すみません」ではないにしても、言い忘れたことは事前に対処ができたはずですから、事前によく考えてから電話することも必要でしょう。 続いてメールでの「度々すみません」の使い方です。 やはり電話の場合と同様に、同じ相手に再度メールをする時に使います。 メールの場合の「度々すみません」も、相手を怒らせたことへの謝罪だけの意味ではありません。 メールで「度々すみません」を使うのは、やはり訂正だけではなく、追加で情報が必要になった場合などがあります。 例文としては「度々すみません。 先ほどの案件について、可視化したものを添付いたします」や「度々すみません。 今ほど確認したところ、詳細が分かりました」などです。 メールで気を付けたいのは、言葉だけのやりとりなので、些細なことで誤解が生じてしまうことがあります。 まして「度々すみません」という状況なのですから、特に注意が必要です。

次の

「お手数をおかけしました」とは?ビジネスでの使い方や返事の仕方・類語・英語表現も紹介

お手間を取らせてしまいすみません

「お手数をおかけします」の読み方・意味 「お手数」の読み方は「おてすう」「おてかず」の2つある 「お手数」は、「 おてすう」「 おてかず」と読みます。 「手」は音読みだと「シュ」、訓読みだと「て」と読みます。 「数」は音読みだと「スウ」、訓読みだと「かず」と読みます。 本来の読み方は、両方とも訓読みをする「おてかず」です。 一方で「おてすう」は変則的な湯桶読みですが、「手数料」という言葉があるように今では「おてすう」も一般的に使われています。 どちらの読み方でも意味は同じなので、「おてすう」を使っても「おてかず」を使っても問題ありません。 「お手数をおかけします」の意味は「時間を割いていただき申し訳ありません」 「手数」は、 ・それに施すべき手段の数 ・その物事または他人のために特に力を尽くすこと を意味しています。 この場合の「手数」は、「ある物事を達成するために必要な労力、動作、手段の数」を意味します。 「ある物事」とは自分以外の第三者のために行う物事を指します。 「かける」は「時間・費用・労力などをそのために使うこと」を意味していて、「〜を強いる」というニュアンスになります。 一方で「お忙しい中、申し訳ありませんが、確認していただけるとありがたいです」と感謝の気持ちも含まれています。 したがって 「お手数をおかけします」は、申し訳ない気持ちと有り難い気持ちを足して2で割ったような感情の表現と言えます。 「お手数をおかけします」の使い方 「お手数をおかけします」は上司など目上の相手に使える 「お手数」の「お」は尊敬を表す接頭語、「おかけします」は「お〜する」という謙譲語になります。 「お手数をおかけします」は二重敬語ではありません。 正しい敬語表現であり、上司や取引先など目上の相手に使うことができます。 何か依頼をする時など、冒頭に「お手数おかけしますが」と付けることで相手に申し訳ない気持ちと感謝の気持ちを伝えることができます。 「お手数をおかけしますが」は、依頼やお願いをするときに使う 「お手数をおかけします」は「お手数をおかけして申し訳ないです」といったように謝罪をするときに使います。 「お手数をおかけしますが」という形にすると、相手に依頼・お願いをするという意味で使うことができます。 例えば「お手数をおかけしますg、ご検討いただけますようお願いします」と言えば、「手間をかけさせてしまい申し訳ないですが、ご検討してください」といった意味になります。 他にもメールの返信をお願いするときに、「お手数をおかけしますが、ご返信のほどお願いいたします」といったように使うことができます。 ・お手数をおかけしますが、先日の件について再度お知らせいただきますようお願いします。 ・お忙しい中お手数をおかけしますが、資料の送付をお願いできないかとメールを差し上げた次第です。 ・お手数をおかけしますが、ご返事いただければ幸いです。 ・お手数をおかけしますが、書類をご返送いただけませんでしょうか。 ・お手数をおかけしますが、ご確認いただき何かミスがありましたらご連絡いただきますでしょうか。 ・誠にお手数をおかけしますが、必要事項をご記入の上私までご返送をお願いします。 「お手数をおかけしますが」はクッション言葉 依頼やお願いをする場面以外でもただの「クッション言葉」として「お手数をおかけしますが」は使用します。 「クッション言葉」とは、相手に何かをお願いしたり、お断りをしたり、異議を唱える場合などに、言葉の前に添えて使用する言葉です。 他のクッション言葉としては「失礼ですが」「申し訳ありませんが」などがあります。 クッション言葉を使うことによって、相手への配慮や思いやりを示すことができるため、言いづらいことも伝えやすくなります。 また、クッション言葉を使うだけで丁寧な印象を与えられます。 ただ、あまりにも使い過ぎてしまうとしつこい印象になり、逆に相手に対して失礼に当たってしまうので注意しましょう。 例文 ・お手数をおかけしますが、ご連絡お待ちしております。 ・お手数をおかけしますが、こちらにお送りいただけませんか。 ・大変お手数をおかけしますが、明日お伺いしてもよろしいでしょうか。 ・お手数をおかけしますが、提出をお願いいたします。 「お手数をおかけします」の使用上の注意点 「お手数をかけさせます」は誤用 「お手数をかけさせます」と表現する人がいますが避けるべき表現です。 「お手数をかけ させます」の「させ」は、助動詞「させる」で相手方の許しを求めて行動する意をこめ、相手への敬意を表す言葉です。 「させていただく」「させてもらう」の形で使うのが正しく、「させますが」という形は誤用です。 「お手数をかけさせます」は無理矢理に敬語表現にしようとして、文法的にも不適切で響きもかなり回りくどい表現になっているため、誤用と言えます。 自分に対しては使用できない 「お手数をおかけします」は、相手に対して使用する言葉です。 よって自分に対しては使うことができません。 例えば、「お手数をおかけしますが、明日までに連絡いたします」といった使い方は間違いになります。 この場合は、「自分が相手のために手間をかけている」という意味合いになってしまうので、大変失礼な言い方になります。 自分に対して使う場合は「恐れ入りますが」「申し訳ありませんが」「お急ぎのところ大変恐縮ですが」などを使うようにしましょう。 「お手数をおかけいたします」は正しい 「いたします」は「する」の謙譲語「いたす」+丁寧語「ます」で成り立っています。 「お手数」の「お」は尊敬を表す接頭語(「お手数」の「お」は丁寧語という解釈も可能)、「お〜いたす」は謙譲表現になるため、非常に丁寧な表現になります。 依頼をするときに「お手数をおかけいたしますが〜」というと、相手に丁寧な印象を与えることができます。 ただ相手によっては、少々くどい印象を与えてしまうこともあるので状況に応じて使い分けできるようにしましょう。 また「お手数ではございますが」という表現もあります。 「ございます」は「ある」の丁寧語です。 この使い方も相手に好印象を与えることができるので、是非覚えておきましょう。 「お手数 "を" おかけしますが」の "を" は必要 「お手数をおかけしますが」の「を」を抜いた「お手数おかけしますが」でも決して間違いではありません。 しかし「お手数」は名詞なので、助詞の「を」がないと違和感を与えてしまいます。 例えば、「ご飯を食べる」の「を」を抜いて「ご飯食べる」と言うと、何か引っかかる感じがしますよね。 なので、 「お手数をおかけしますが」は「を」を入れた方が自然な言い方になります。 「お手数をおかけします」の言い換え・類語 ご面倒をおかけします 「面倒」は「手間がかかったり、解決が容易でないためわずらわしいこと」を意味しています。 「ご面倒」と言った場合は、自分が面倒な思いをするというよりも、相手に対して面倒なこと、といった意味になります。 「ご面倒をおかけして〜」といった形で、自分のせいで相手に時間をかけてしまったり、手間をかけさせてしまった際に、そのことについて詫びる気持ちで使用します。 「ご面倒」は目上の人に対して使うことのできる表現です。 「お手数」と「ご面倒」はほぼ同じ意味ですが、一般的には「お手数」を使うことが多いです。 例文 ・ご面倒をおかけしますが、ご教示いただければ幸いです。 ・ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。 ご迷惑おかけします 「迷惑」は「ある行為がもとで、他の人が不利益を受けたり、不快を感じたりすること」を意味しています。 「ご迷惑をおかけします」は「不利益を生じさせます」「不快感を与えてしまいます」といった意味合いになるので、主に謝罪をお詫びをするときに使用する表現になります。 また「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」という使い方は間違いです。 この場合は「不快感を与えてしまいますがお願いします」といったニュアンスになってしまうため、失礼に当たってしまいます。 例文 ・私が至らなかったせいで、ご迷惑をおかけしました。 誠に申し訳ございません。 ・今までご迷惑をおかけした分を取り返せるよう、頑張ります。 お手間を取らせてしまい 「手間」は「そのことをするのに費やされる時間や労力」を意味しています。 自分が時間や労力を費やす場合は「手間をかける」、相手が時間や労力を費やす場合は「手間を取らせる」となります。 「お手間」は「お忙しいところお手間を取らせてしまい申し訳ありませんが~」といったように謝罪するときと依頼をするときに使用することができます。 「お手間」と「お手数」の違いとしては、「お手数」は自分以外の誰かのために行う行為や労力、「お手間」は自分もしくは相手が行う行為や労力を表しています。 「お手間」は、行為や労力の対象に自分が含まれているので、間違わないようにしましょう。 例文 ・お忙しいところお手間を取らせてしまい申し訳ありませんでした。 今度とも何卒よろしくお願いいたします。 ・お手間を取らせてしまい恐縮ですが、訂正のほどお願いします。 お手を煩わせて 「煩う」は「あれこれと心をいためる・思い悩む」「苦労する」を意味しています。 「お手を煩わせて」は、依頼をするときに「相手に苦労や面倒をかけた」という気持ちを表す表現です。 「お手を煩わせて」は目上の人に対して使うことができます。 例えば、苦労や面倒をかけてしまったときに「お手を煩わせてしまい申し訳ございません」などと言うことで、申し訳なく思う気持ちを相手に伝えることができます。 例文 ・私の不手際によりお手を煩わせてしまい、誠に申し訳ありませんでした。 ・お手を煩わせてしまい申し訳ありませんが、こちらにサインをいただけますか。 「お手数をおかけします」の英語表現 I know it's a big ask, but... 「お手数をおかけしますが」の英語表現を見ていきましょう。 まず直訳的な英語表現は、 ・I'm sorry to trouble you, but... ・I'm sorry for the trouble. But... になります。 しかし、これらの表現は本当に迷惑をかけるとくの「謝罪」に近い響きがあり、日本語の「お手数おかけしますが」のような謙虚さを表す形式的な文言ではありません。 もう少しカジュアルに表現すると、 ・I know it's a big ask, but... などがあります。 ・Could you please...? して下さいますか) を使って依頼するか、 ・Thank you for your help. (手助けしてくれてありがとうございます) のようにお願いした後に感謝の気持ちを述べる方が英語ではより自然です。

次の

「手間・手間を取らせる」の意味と使い方、例文、敬語表現、類語を紹介

お手間を取らせてしまいすみません

深くお詫び申し上げますとは? 強い謝罪の意を表する深くお詫(わ)び申し上げますの、具体的な意味を解説します。 敬語表現として、どのようなニュアンスを含むのかなどについても理解しましょう。 相手への謝罪の言葉 深くお詫び申し上げますは「ごめんなさい」のような謝意を示す言葉の中で、最も敬意の強い表現です。 心苦しく思い悪かったと謝ることを指す動詞『詫びる』を、謙譲表現『お詫び申し上げる』に変化させ、丁寧語の『ます』をつけた構成です。 さらに『深く』を頭に付け足すことで、より強い謝意を示す言い回しとなっています。 謙譲+丁寧の敬語であるため、同じ種類の敬語を重ねた二重敬語にはあてはまらず、文法上も問題ない表現です。 深くお詫び申し上げますの使い方 心を込めて謝りたいという気持ちが強くても、正しく表現できなければ相手には伝わりません。 深くお詫び申し上げますの適切な使い方を解説します。 メールなどで社内・社外の人に使用可能 ビジネスシーンでは、自分や会社が大きな失敗を犯し、取引先やお客様に対して謝罪しなければならない状況に陥ることがあります。 自分のミスで所属する会社に不利益を与え、社内の謝るべき相手に頭を下げる必要が出てくることもあるでしょう。 深くお詫び申し上げますは、このような社外や社内に対し謝意を示すべき場面で使うことが可能です。 謙譲語と丁寧語を重ね合わせた強い敬語表現であるため、社内の上司など目上の人に対して使っても、失礼にはあたりません。 逆に、同僚や部下に対して使う言葉としては違和感がある表現だといえるでしょう。 申し訳ございませんでしたとあわせて使う? 深くお詫び申し上げますと言った後「申し訳ございませんでした」などと、謝罪の言葉を続ける必要はありません。 深くお詫び申し上げますという表現自体に強い謝意が込められているため、同じことに対して何度も謝る形になってしまうからです。 申し訳ないという気持ちを心底強く抱いていたとしても、謝罪の言葉を何度も続けるのは避けましょう。 その場しのぎだと捉えられたり、くどい印象を与えたりしかねません。 謝罪する上で大切なことは、謝意をどう表現するかということ以上に、『誰に』『何を』『どんな理由で』謝罪しているのかを明確に示すことです。 深く以外の言葉も加えられる お詫び申し上げますの前には、深く以外にも使える言葉がいくつかあります。 例えば『重ねて』は、謝罪する対象や理由が複数ある場合に使用できる表現です。 『重ね重ね』という言葉も、同じような意味合いで使用できます。 相手に敬意を示しつつかしこまったニュアンスが表現できる『謹んで』も、強い謝意を伝えたい場合に使える言葉です。 同じ読みの『慎んで』は、自分の行動を律するという意味であり、謝罪文にはふさわしくないでしょう。 メールなど書き言葉で表現する場合は謹んでを使うようにします。 『心から』『心より』という言葉も同様に使えます。 どちらも意味は同じですが、心よりのほうが謝罪表現にはふさわしいでしょう。 深くお詫び申し上げますの例文 実際にどのような使い方をすればよいのか、例文を見ながら確認しましょう。 ただ謝るだけでなく、シチュエーションごとに謝罪する相手や理由を明確にすることがポイントです。 深くお詫び申し上げますとともに~ 間違った内容をアナウンスしてしまった際に訂正をお願いする場合や、トラブルの再発防止を宣言したい場合など、謝罪した上で付け加えたいことがあるときは、下記のような例文が使えます。 ここに謹んで訂正させていただきます。 ・この度は予約システムの障害により一部の操作が不能となっておりましたこと、深くお詫び申し上げます。 現在は正常に動作しておりますゆえ、サービスに対する引き続きのご愛顧をよろしくお願いいたします。 深くお詫び申し上げますの類語 相手に謝意を伝える言葉は数多く存在します。 ビジネスで使える主な表現を、例文もあわせて紹介します。 すみません 『すみません』は『済まない』の丁寧語であり、「謝るだけでは済まないようなことをしてしまいました」という気持ちを伝える表現です。 『ごめんなさい』と比べ、より反省の度合いが強い言葉ではありますが、目上の人や取引先などに使うと相手に失礼な印象を与える可能性があるため、多用は控えるべきです。 下記例文のように、比較的軽い謝罪で済むようなミスを、距離感の近い上司に軽く謝るような場面でのみ使うようにしましょう。 失礼いたしました 『失礼いたしました』は、軽度な謝罪時に使用できる、へりくだった敬語表現です。 礼儀を欠いた振る舞いなどを表す『失礼』を謝罪する際に使います。 基本的には、上司・取引先・お客様などに対して使う表現です。 メールや電話などさまざまな場面で使用できます。 お詫びしたいこと自体に謝罪するわけではなく、あくまでも礼儀を欠いた行為に対する謝意を表す言葉です。 「ご挨拶が遅れてしまい、大変失礼いたしました」のように使います。 すみませんや申し訳ございませんなど、お詫びの言葉として使用される表現の言い換えとしては不適切です。 使い分けに注意しましょう。 陳謝いたします 『陳謝いたします』は、トラブルに至った経緯や謝罪する理由を必ず説明した上で、相手に謝意を示す際に使う言葉です。 単に謝罪の意だけを伝えることも可能なお詫び申し上げますなどと異なり、事情を述べることが前提となります。 以下の例文のように、目上の人や取引先などに対してよく使われる敬語表現です。

次の