ご冥福をお祈りします 使い方。 「ご冥福をお祈りします」の意味や使い方!正しいお悔やみの言葉を紹介!

ご冥福の意味と使い方 お悔やみ言葉の正しい選び方を解説

ご冥福をお祈りします 使い方

「ご冥福をお祈りします」の意味をきちんと理解せず、ただ何となくご遺族へお悔やみの気持ちを伝えるために使っていませんか。 しかし、お葬式に参列した際や弔電を送る際に意味を知らずに使うと、ご遺族へお悔やみの気持ちが伝わらないばかりか、間違いや失礼にあたる場合があります。 そういったことから、間違いのある使い方を避けるためにも、まずは「ご冥福をお祈りします」の言葉の意味をおさらいします。 「冥福」は冥途の幸福のこと 「ご冥福をお祈りします」の「冥福」は、冥途の幸福 のことをいい、冥途の幸福とは、冥土の旅を無事終えて、良い世界に転生できることをいいます。 「ご冥福をお祈りします」は、冥土での幸せをお祈りしますやあの世で幸せに過ごしてください、という故人に向けた言葉です。 「冥福」は宗教によって別の言葉に置き換えなければ間違い 「冥福」の言葉が故人の冥途の幸福を願う意味だとわかりました。 それならば「ご冥福をお祈りします」と言葉を使っても間違いにはならないと思えるかもしれません。 しかし、宗教や宗派によっては教義によって「冥福」が故人やご遺族に対して間違いや失礼にあたる場合があります。 その際はどのような言葉に置き換えればいいのでしょうか。 ここでは「ご冥福をお祈りします」が使えないケースの確認をするとともに、「冥福」の別な表現方法も知っておきましょう。 宗教や宗派によって「冥福」という言葉は使えない 「冥福」が仏教の教義での言葉なので、他の神道やキリスト教の葬儀で「ご冥福をお祈りします」を使うのは間違いです。 また、仏教の中でも浄土真宗は、亡くなった直後に幸せになっているという教義から、間違いですので、この言葉を使うことはありません。 亡くなった直後に幸せになっているのだから、わざわざ冥途の幸福を願うのは間違いであり失礼にあたります。 したがって、神道でのお悔やみの言葉は「拝礼させていただきます」としたり、キリスト教では「安らかな眠りにつかれますようお祈り申し上げます」とするのがいいでしょう。 仏教でも浄土真宗は「冥福」は間違いですので、「この度はご愁傷様でございます」と伝えるのが良いです。 「ご冥福をお祈りします」を間違いのないよう使う 浄土真宗を除く仏教であれば「ご冥福をお祈りします」を使っても間違いにはなりません。 しかし、故人に向けて「冥福」をお祈りするのが「ご冥福をお祈りします」という言葉ですから、ご遺族にお悔やみの気持ちを伝える言葉として使うのは正しくありません。 NHKでも「ご冥福をお祈りします」は間違いなので、使わないことになっているそうです。 それでは、どのようにすれば「ご冥福をお祈りします」が正しい使い方になるのか、確認しましょう。 故人に向けて「ご冥福をお祈りします」が正しい使い方 間違いにならないように「ご冥福をお祈りします」の言葉を使うには、ご遺族ではなく故人に対しての気持ちだと一言付け足す必要があります。 また、ご遺族に対しては労いの言葉をかけてから故人の冥福を祈るのが良いでしょう。 すなわち「ご愁傷様でございます。 故人のご冥福をお祈りいたします」のようにするのが、正しい伝え方です。 「ご冥福をお祈りします」の言葉は故人にかけるのが間違いではない使い方 「ご冥福をお祈りします」という言葉は、故人の宗教や宗派がわからないときに使うのは間違いの場合もあるので、避けたほうがいいでしょう。 また、使うとしても、ご遺族ではなく故人に向けて「ご冥福をお祈りします」と伝えるならば間違いになりません。 このように、宗教や宗派によって、また使い方によって「ご冥福をお祈りします」の言葉が失礼になったり違和感を感じることがありますので、事前に正しい言い回しやの知識を身につけて、心構えをしておいたいものです。

次の

「ご冥福」の意味や使い方を解説。宗教によっては使用できない?

ご冥福をお祈りします 使い方

「ご冥福(御冥福)」の意味とは? 「ご冥福」は「死後の幸福」という意味 「ご冥福」の読み方は「ごめいふく」です。 意味は仏教や道教で「死後の幸福」となります。 さらに「死後の幸福を祈って仏事を営むこと」という意味もあります。 言葉の成り立ちは、「ご冥福」の「ご」は漢字で「御」と書く接頭語です。 「冥福」という言葉を丁寧な表現にしています。 「御冥福」と書くのも間違いではありません。 「故人の幸せ」を願うために生まれた言葉 死後の世界には、多くの苦しみがあるとされています。 その中でも幸せになってほしいという故人への思いから「ご冥福」という言葉が生まれました。 死後の世界は、極楽と呼ばれる「浄土」と「地獄」の両方があります。 地獄は6つの世界からなる六道で、生死を繰り返しながら苦しみ続けます。 六道を抜けると浄土があり、仏や菩薩が住む清浄な世界が待っていると考えられています。 「ご冥福」の正しい使い方と例文 「ご冥福をお祈り申し上げます」は故人へのお悔やみの言葉 「ご冥福」は故人の冥界での幸せを祈るときによく使われます。 ポイントは、故人に送る言葉という点です。 亡くなった人は聞くことができないのに使うなんておかしいと思われるかもしれませんが、「冥福」という言葉が死後の幸福を指し、死後の幸福は故人と関わることですから正しい使い方になります。 例文:• 例文:• (遺族に対して)「ご愁傷様です。 故人のご冥福をお祈りいたします」 「お悔やみ申し上げます」などは遺族をいたわる言葉 「ご冥福」を使わないお悔やみの言葉は、宗教の壁を乗り越えて遺族をいたわる言葉として使われます。 「お悔やみ申し上げます」• 「心から哀悼の意を表します」• 「ご愁傷様です」• 「胸中お察しいたします」 「ご冥福」を使えない宗教や宗派 「ご冥福をお祈りします」は常套句なので葬儀等に出席した際つい使ってしまいそうになりますが、浄土真宗とキリスト教、神道では冥福を祈るという考え方がないために使われません。 そこで、各宗教・宗派の死後の世界観について見ていきましょう。 浄土真宗では冥福を祈らなくてもいい 浄土真宗とは、現世で迷うことなく生きていくことに焦点を当てている宗派で、人は亡くなれば極楽冥土に行くことが定められていますので、故人の冥福を祈る必要はないと考えられています。 そのため「冥福を祈る」というお悔やみ表現は使えません。 浄土真宗の葬儀でのお悔やみの言葉には、宗教色のない「お悔やみを申し上げます」や「哀悼の意を表します」が適当です。 キリスト教に冥界や浄土はない キリスト教は仏教とは異なる死生観があります。 キリスト教では、死者は神様がいる天国へ行き永遠の命が与えられると考えられています。 カトリック系の葬儀では故人が永遠の命が与えられることを神様にお祈りします。 プロテスタント系では故人が永遠の命が与えられることを前提に神様に感謝して、残された人たちを癒すために祈られます。 死後は故人が神のもとに行き幸せになることが保証されているので、キリスト教の葬儀では「冥福を祈る」というお悔やみ表現は使えません。 お悔やみの言葉を述べるなら「安らかな眠りを祈ります」のように故人が神のもとで安心していられることを祈る言葉が相応しくなります。 神道では故人は家の守り神になる 神道では故人は家の守り神になると説かれているため、故人の冥福が祈られることはありません。 「ご冥福」以外にも「供養」や「成仏」といった仏教用語も使われませんので注意しましょう。 お悔やみの言葉としては、仏式やキリスト教のものとは違う次のような常套句があります。 「御霊(みたま)のご平安を心よりお祈りいたします」• 「御霊様(みたまさま)安らかに静まりませと、お祈りします」 「ご冥福をお祈りします」への返事の仕方 「お心遣いありがとうございます」で相手の気持ちを受ける 「ご冥福をお祈りします」は故人に向けたお悔やみの言葉なので、残された家族や遺族は返答をしなくても構いません。 挨拶をされた方の気持ちを鑑みて返事をしたい場合は、「お心遣いありがとうございます」や「ご丁寧にありがとうございます」と返答します。 「恐れ入れいます」「恐縮いたします」も使える 「ありがとう」という言葉は、哀悼の意を捧げる葬儀ではふさわしくないと考え方もあります。 そこで、代わりとして次のように返答することもできます。 「恐れ入ります」• 「恐縮いたします」• 「痛み入ります」 なお、気持ちが落ち着かず返答することが難しい状態であれば、黙礼だけでも相手に対して失礼にはなりません。 まとめ 「ご冥福」とは「死後の世界の幸福」という意味で、故人が亡くなった後も幸せでいてほしいということを祈るためのお悔やみの言葉としてよく使われます。 ただし浄土真宗とキリスト教、神道では「ご冥福」はお悔やみの言葉として使えませんので気をつけましょう。 実際に「ご冥福」を使ったお悔みメール・例文については、以下の記事もご参考ください。

次の

「ご冥福をお祈りいたします」の意味|ご遺族のことを考えた言葉選び

ご冥福をお祈りします 使い方

参列マナー 作成日:2019年11月28日 更新日:2020年01月24日 「ご冥福をお祈りします」の意味とその使い方とは?言い換えの表現も解説• 「 ご冥福をお祈りします」は葬儀の場でよく口にする言葉ですが、意味を知らずに使っているという方もいるのではないでしょうか。 「ご冥福をお祈りします」は故人へのお悔やみを意味する言葉です。 しかし、宗派の違いで使えない場合もあるので、代わりの言葉を知っておく必要があります。 そこでこの記事では、「ご冥福をお祈りします」の意味や使い方、使えない場合の代わりの言葉についてご紹介します。 正しい使い方を知れば、いざというときにきちんと対応できます。 ぜひ参考にしてみてください。 【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 「ご冥福をお祈りします」の意味と正しい使い方とは? 「ご冥福をお祈りします」は、 お悔やみの言葉のひとつです。 「冥」は深くて暗いといった意味があり、死後の世界を指します。 「福」は幸せを表します。 つまり「ご冥福をお祈りします」は 「死後の幸せをお祈りします」という意味になります。 故人に対する言葉なので、 霊前や棺の前で言うのが正しい使い方です。 ご遺族に伝える場合、「故人のご冥福をお祈りします」といったように「故人の」を前に付けます。 そうすれば、ご遺族もこちらの気持ちを素直に受け取ってくれます。 正しく使わないと失礼にあたるので注意しましょう。 ご冥福をお祈りしますとメールで伝える際の文例とは? 通夜や葬儀に参列できないとき、近年は電報ではなくメールでお悔やみの言葉を送る方も多いでしょう。 書き慣れていないため、どう書いたらいいか悩んでいる方もいるかもしれません。 ここでは、送る相手の関係別に文例をご紹介します。 メール以外のメッセージツールで伝える際も参考にしてみてください。 友人への文例について お母様のご逝去を知り、悲しい思いでいっぱいです。 お伺いできず、申し訳ございません。 周りの人を支えようと、頑張りすぎていないか心配です。 自分を大切に。 お母様のご逝去の報に接し、大変驚いています。 ご飯はしっかり食べていますか。 参列できずに残念に思っております。 何か私にできることがあればすぐにご連絡ください。 ご冥福をお祈りします。 親戚への文例について おばちゃんのこと、急だったから驚いています。 謹んで哀悼の意を表します。 家族のみで通夜も葬儀もされると聞きました。 辛いかとは思いますが、今はじっと耐えてください。 訃報に驚きを隠せずにいます。 葬儀などでお忙しいところにメールしてしまい、申し訳ございません。 あまり無理をしないようにしてください。 私に手伝えることがあれば、何でもいってくださいね。 上司への文例について 急すぎて言葉もありません。 私に何か手伝えることがあればご指示ください。 ご返信は不要でございます。 ご実家が遠方とのことでお通夜とご葬儀に駆けつけることができず、心苦しく存じております。 家族を支えようと頑張りすぎていないか心配です。 気を落とされず、お身体を大切にしてください。 お母様のご冥福をお祈りします。 取引先の担当者への文例について このたびはお身内にご不幸があったと伺い、本当に驚いております。 謹んで哀悼の意を表します。 大変な時期だとは思いますが、無理されませんように。 時間ができましたらご連絡ください。 お父様の突然のご逝去を伺い、いまだ信じられない思いでございます。 お忙しいだろうと思い、メールにて連絡させていただきました。 ご返信は不要でございます。 ご冥福をお祈りしますとメールで伝える際に気を付ける点とは? 誰かが亡くなったとき、葬儀や手続きで忙しいご遺族を気遣い、メールで連絡する方も増えてきました。 メールで伝えるのが初めてという方はマナーで悩むかもしれませんが、いくつかのポイントさえ押さえれば問題ありません。 ここでは、お悔やみの気持ちをメールで送る際、気を付ける点について解説します。 短く簡潔にまとめる ご遺族にお悔やみの言葉を送る際は、 シンプルなメールを心がけましょう。 身内が亡くなった直後のご遺族は忙しく、メールをゆっくり読む時間はほとんどないと考えてよいでしょう。 長々とした文章は分かりにくく、内容を理解するのに手間を取らせてしまいます。 メールの 件名も一目見て分かりやすいものが望ましいでしょう。 堅苦しい 時候の挨拶は不要で、すぐに本題に入って構いません。 慌ただしいときには短く簡潔な言葉のほうが相手に気持ちが伝わりやすくなります。 忌み言葉の使用を避ける お悔やみのメールには 忌み言葉は使わないようにしましょう。 忌み言葉には不吉な言葉や重ね言葉、生死にかかわる言葉があります。 具体的な例を挙げると、不吉な言葉には 「消える」「苦しみ」、重ね言葉には 「再び」「ますます」、生死にかかわる言葉には 「死去」「死」といったものがあります。 メールを読んだご遺族が不快にならないよう、細心の注意を払いながらメールを作成しましょう。 相手を気遣う内容を含む 愛する家族があの世に行った悲しみを悼む暇もなく、ご遺族は葬儀の準備や手続きで忙しくなります。 ゆっくりと過ごす時間は確保できず、気分も落ち込んでいる場合が多いでしょう。 そのため、メールには 相手を気遣う内容を盛り込むことも大切です。 たとえば、相手の負担にならないよう 「返信不要」の旨を伝える言葉を入れると親切でしょう。 また、 「 身体を大切にしてください」「 手伝えることがあれば気軽に声をかけてほしい」といったような相手の身体を気遣う言葉や力になりたいという気持ちを伝えるのも喜ばれるかもしれません。 ご冥福をお祈りしますはいつまで使える言葉なのか? 「ご冥福をお祈りします」は通夜や葬儀の際にご遺族にかける言葉としてよく耳にしますが、いつまで使える言葉なのでしょうか。 実は、いつまで使っていいという明確な期限は決まっていません。 「冥福」には死後の幸せという意味があるため、故人が無事に死後の世界に行けて幸せになったとされる 四十九日の法要が済んだら使わないのが一般的です。 一方、四十九日後に行った死後の世界で幸せに暮らせるようにという解釈で、四十九日が過ぎても使う方もいます。 冥福の意味をどのようにとらえるかによって解釈は異なりますが、 亡くなってからある程度経ったら使わないことをおすすめします。 むしろご遺族の気持ちに寄り添う言葉をかけたほうがよいでしょう。 ご冥福をお祈りしますに代わるほかの言い方とは? 「ご冥福をお祈りします」に代わる別の言い方を知ることも大切です。 複数の言い方を覚えておけば、相手や宗派に合わせた適切な言葉が選べます。 さまざまなケースを考えながら、どのような言い回しがあるかチェックしましょう。 ご愁傷様です 「愁傷」は嘆き悲しむことを指し、「ご愁傷様です」は慰めや同情の気持ちを伝える意味で使われます。 文章でも対話でも使える便利な言葉である反面、 皮肉や冗談として使われることもあるため、通夜や葬儀の場で口にすることを躊躇される方もいるようです。 お悔やみ申し上げます 「お悔やみ」は亡くなったことに対する残念な気持ちを意味し、「お悔やみ申し上げます」は慰めの言葉として使われます。 ご遺族の気持ちを慰める言葉をかけたいなら「 このたびは心からお悔やみ申し上げます」と伝えましょう。 話し言葉でも書き言葉でも使用可能で、顔を合わせて伝えるときはもちろん、メールや手紙でも幅広く使えます。 哀悼の意を表します 「哀悼」には人の死を悲しみ悼むという意味があります。 「哀悼の意を表します」は書き言葉なので、 手紙やメール、弔電で使う言葉です。 通夜や葬儀でご遺族にかける言葉としては適していないので注意しましょう。 また「哀悼の意を表します」の前には 「謹んで」の一言をつけるのがていねいな使い方です。 相手に失礼にならないよう、覚えておきましょう。 胸中お察しいたします 「胸中お察しいたします」とは、相手の胸中、つまり気持ちを考えて気の毒に思うという意味の言葉です。 書き言葉でも話し言葉でも使えます。 「心中お察しいたします」も同様の意味ですが、こちらは 事故といった不幸で亡くなった場合に使われることが多いようです。 ただし、「相手の気持ちが分かる」という意味を持つこの言葉は、不快感を与えてしまう恐れがあります。 特に、 相手が上司や目上の方のときは配慮が必要です。 宗派ごとに適したお悔やみ言葉とは? ここまで紹介してきたお悔やみの言葉は使い方さえ間違えなければ失礼にはあたりません。 ただし、 「浄土真宗」「キリスト教」「神道」では「ご冥福をお祈りします」を使えないので注意しましょう。 ここでは、「ご冥福をお祈りします」を使ってはいけない理由と宗派ごとに適したお悔やみの言葉について見ていきます。 キリスト教の場合について 「冥界」は仏教の思想であり、キリスト教で「ご冥福をお祈りします」を使うのは不適切です。 また、キリスト教では死は悲しむものではなく 神様のもとに行ける祝福すべきことなので、お悔やみの言葉は存在しません。 キリスト教の通夜や葬儀に参列する際は、 感謝の言葉を伝えるといいでしょう。 具体的な例を挙げると、「 安らかなる眠りをお祈りいたします」「 魂の平安をお祈りします」といった言葉があります。 神道の場合について 神道は仏教とは別の宗教なので、仏教用語は使わないようにしましょう。 「ご冥福をお祈りします」の「冥福」は仏教の考え方なので、 神道の通夜や葬儀で使うとマナー違反になります。 神道の通夜や葬儀の際に使っても問題ない言葉には、「 このたびは、ご愁傷様でございました」「 御霊のご平安をお祈り申し上げます」といったものがあります。 仏教用語が入っていなければ、さほど気にする必要はないでしょう。 まとめ この記事では、 「ご冥福をお祈りします」の意味や使い方、別の言い方についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 ご遺族にかける言葉を選ぶ際には、いくつかの気を付けるべき点を押さえて、簡潔にまとめることを心がけましょう。 また、宗派の違いにも注意する必要があり、通夜や葬儀に参列する前には適切な言葉を頭に入れておくことをおすすめします。 通夜や葬儀についての悩みは、生前契約も可能な「」へご相談ください。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の