ナノ 荒野。 「ナノユニバース Anti Soaked」はどのくらい汗染みを防げるのか試してみた!【レビュー】

「ナノユニバース Anti Soaked」はどのくらい汗染みを防げるのか試してみた!【レビュー】

ナノ 荒野

製品発表・反応 [編集 ] ナノの原型ともいえる「10万ルピーカー」構想は、の会長であるが、「に10万ルピーで買える車を計画している」と発言したことから明らかになった。 10万ルピーカー構想を立てた理由としてラタン・タタは、「1家4人が1台のバイクで移動する日常風景を見て、手ごろな値段で、の中でも安全な移動手段を提供したい」と語っていた。 事実、インドやなどのでは、小型に3 - 4人乗りまでする、まがいの危険な運転が初頭でも日常的に行われている。 実際、二輪車は大体3万 - 4万ルピー程度であったのに対し、当時インドでもっとも安価なの「マルチ・800」は20万ルピーと5倍以上の差があるため、ラタン会長は、その間を埋める車があればもっと多くのがバイクから車に乗り換えられる、と考えた模様である。 2008年のインドでは、「」と呼ばれる世帯年収9万から20万ルピー(2008年5月のレートで、日本円で約25万から56万円)程度の世帯が急増していた。 そして10万ルピー(約28万円)という金額は彼ら新中間層の年収1年分程度であり、10万ルピーカー構想はまさにインド版「」・であった。 しかしながら、発表当時は10万ルピー程度では、せいぜい付き(簡易な)か、簡素な程度の値段であり、まともな乗用車としての機能を備えた10万ルピーカーなど実現は無理、と噂されていた。 この論調は専門家でも同様で、マルチ各車によってインドで最大のを占めていた会長・も、ラタン・タタの構想に対し、「10万ルピーの車は非現実的」と発言していた。 この「不可能」とする世評を覆すように、2008年1月、インド本国のでナノは発表された。 この際のでは、先の鈴木会長の「10万ルピーの車は非現実的」という発言が幾度となく使われた。 発表されたタタ・ナノについて直後にマスコミからコメントを求められた鈴木会長は、(少なくとも)外見は立派な車であり、相当に売れるであろう、と率直に評し、タタの動向を見守りながら対策を検討していく考えを示唆した。 発表から発売まで [編集 ] ラタン会長は、で、ナノのはようやくインド国内基準をクリアしたところだが、3 - 4年後にはナノを他国の基準に適合させてしたいと答えた。 だが、ナノの発表後、は大きく変化し、ナノが当初の期待に応えられるかは難しい状況に陥った。 世界的な価格の上昇は、ナノへの大きな不安要素となっている。 例えばの値上がりは他の車も同様だが、ナノは高級な機能と装備を省きなどの使用量が少ない分、鋼材が価格に占める割合が他の車よりも高い。 したがって、鋼材の値上がりが他の車より収益に響く構造となっている。 そのため「車体価格を上げればナノの魅力がなくなるし、価格を維持すれば利益が圧迫される」ジレンマに陥ったという。 また、の値上がりは、消費者の負担感として影響を与えることが懸念されている。 ナノは自動車としてはがよいが、オートバイ利用者の買い換えを主な購買層として想定しているため、燃費を比べられる相手はオートバイとなり、どうしても買い換えによって燃料費が増す。 生産拠点も問題となった。 当初はに新の建設を予定していたが、工場用地をめぐって当時の州政権が強引な土地収用でを中心とした地元による激しい抗議行動を受けたため建設を断念し 、代わって当時の首相の誘いを受けて同州のに建設することとなったが、発売開始時期は大幅に遅れることとなった。 しかし、サナンドの新工場も1年少々という異例のスピードで2010年6月に完成し、年産25万台体制を築けるようになった。 、タタ・モーターズは正式にナノの発売を発表した。 価格は当初の目標であった10万ルピーを若干上回る11万2735ルピー(約21万7000円)からとされた。 また、サナンド新工場が稼動するまでは本社工場で対応せざるを得ないため、初期ロット分の10万台は予約による抽選販売とされた。 、ナノの納車が開始された。 最初の3台の顧客にはラタン会長自らがキーを手渡した。 また、前半に予定しているサナンド工場の操業開始後も、工場での生産が続けられることが発表されている。 2010年7月現在、累計出荷台数は5万4129台となっている。 2012年10月、タタ自社長がインドなどに在籍の実績のあったに交替。 ナノ以降めぼしい新型車が投入されないなどの事情も考慮する必要があるが、 ナノの売れ行き不振も原因の一つとなり同年後半よりタタ自は経営不振に陥り、同氏が再建を託される形となった。 デザインはにあるタタチームが手掛けた。 ダウンのため仕様や装備を最小限に抑え、2008年時点で発表されている基本モデルの仕様は、以下の通り。 助手席側のがない。 はのみで、はない。 は1本のみで払拭面積を拡大するためのリンク機構などはない。 を止めるナットは3本。 がなく、ほぼCピラーの直立した4ドア。 ラジオなどの装備品やなどはオプション。 ただし、エアコンやオーディオなどについてはナノのデラックス版(20万ルピー以下)には搭載されるが、それも既製品や汎用品ではなく、機構を簡素化されたものが使われる。 総輪によるブレーキシステムであり、オプションであってもフロントの設定はない。 一部パーツのを省略、やもない。 のでは、「nano EUROPA」という名称で上記仕様を一部改善した車両が出品された。 2010年にに投入される。 他の部品もコストダウンのため、複合部分を一体加工しているものも多く(化)、や時の対応に課題があるといえる。 、欧州仕様のナノがヨーロッパにおける前面および側面をパスした。 10月、(CNG)とガソリンの両方が使用可能な「Nano CNG emax」を発表。 1月、上級モデルとされる「Nano Twist」を発表。 新たに電動、(ECU)などを搭載した。 4月、販売終了。 価格破壊的な10万ルピーの値付けではあったが、生産コストは常時、販売価格を上回ってしまい大赤字であったという。 車名を「 GenX Nano」に変更した。 Nano Twistに続き、電動パワーステアリングを標準装備したほか(XEを除く)、全グレードでリアハッチが設けられ5ドアとなったほか、ドアミラーが運転席側のみ装備された従来モデルに対し、助手席側にも装備された。 上位グレードの「XMA」「XTA」には「Easy Shift」と名付けられたが搭載される。 なおエンジンは従来モデルと変わらない623cc・直列2気筒のまま。 ただし、価格がニューデリー渡しで、最低グレードのXEで199,000ルピーから となり、事実上「10万ルピーカー」の看板は下ろした形となっている。 従来モデルの「Nano CNG emax」「Nano Twist」については2016年4月の販売終了までしばらく併売されたものの、「GenX Nano」も結果的に販売不振のため2018年末までに販売終了となった。 コンセプトカー [編集 ] 2月、タタ・モーターズはに2つのナノツイストを出展した。 1つはナノツイストアクティブと呼ばれるモデルで、内外装の小変更を行ってハッチバック化(テールゲートが開閉可能になった)したものである。 もう1つはカットモデルとして展示され、F-トロニックと呼ばれる製の5速 AMT が搭載されている。 出火事故 [編集 ] 2009年、インド国内で車両が3件報告されたことから、付近の [ 要曖昧さ回避]系に対策を施すこととなった。 その後も2010年8月までに3件の火災事故が発生し累計で6件となった。 同年5月時点では2009年秋以降の火災事故は「(他者による)燃料パイプの切断」などとしていたが、タタは相次ぐ火災事故を前に「原因を究明し必要な対策を講じる」との声明を発表、声明の中で「何千台ものナノが全く問題なく走っていることも知っておいてほしい」と付け加えた。 日本での展示 [編集 ] 2009年12月に開催された福岡モーターショーにおいて、日本国内で初めてナノが公開された。 日本市場へは投入しないという (初代モデルは日本の保安基準を満たしていないため登録不可、仮に日本へ輸入された場合、初代の時点で全幅が1,480mmを上回るためでの登録ができず、のとなる)。 EVコンセプト [編集 ] 2010年3月、ジュネーブ・モーターショーで、ナノを化したコンセプトカーを発表。 脚注 [編集 ]• 『日経ビジネス』2008年2月25日号• 2008年9月3日. 2009年7月19日閲覧。 NNA 2008年12月18日. 2009年7月19日閲覧。 2008年3月24日. 2009年7月19日閲覧。 just-auto. com 2009年7月17日. 2009年7月17日閲覧。 myPOPKORN 2009年7月17日. 2009年7月17日閲覧。 インド新聞 2009年7月19日. 2009年7月19日閲覧。 、2014年1月27日• Autocar 2009年7月14日. 2009年7月16日閲覧。 - TATA・2013年10月8日• - Response・2014年1月14日• - TATA・2014年1月13日• - TATA・2015年5月19日• - INDOWATCHER・2015年5月20日• Anjan Ravi 2014年2月5日. Indian Autos blog. 2014年2月6日閲覧。 Anjan Ravi 2014年2月6日. Indian Autos blog. 2014年2月6日閲覧。 九州企業特報 2009年12月14日. 2009年12月14日閲覧。 [] 関連項目 [編集 ]• 外部リンク [編集 ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した 書きかけの項目です。

次の

【ライフアフター】必見!プラスチック変換器とナノマテリアルの使い道!

ナノ 荒野

アジアの台頭・リーマンショック・大震災 問われています。 日本のモノづくりの真価と日本人の胆識 「今、まさに問われています」と中森氏は言う。 この国のモノづくりの真価と、それに関わるすべての日本人の胆識(決断力と実行力を伴った胆力と見識)がだ。 「もはや日本だけが技術的に飛び抜けているという時代ではありません。 そこへきて急激な円高とリーマンショック。 ダメ押しが今度の大震災です。 日本企業は疲弊し切っています」。 これをしかし氏は、日本のモノづくりが旧習から脱皮し、再度、そして真にグローバル・スタンダード(世界基準)たるポジショニングを果たすための、またとないチャンスだと見ているのだ。 その意味するところは…。 DLCの国際標準化をリードする ナノテックグループ 総長 中森秀樹氏 ドルショック、オイルショックの頃とは事情がまるで違う 「まったくたいへんな状況に陥ったものです。 リーマンショックの傷がようやく癒えてきたと思ったら、今度の大震災と原発事故でしょう。 被災地の皆さんのご苦労は言うまでもありませんが、全国の中小企業、モノづくり企業が直接的、間接的に被った被害も計り知れません。 それでなくても大手企業の(生産ラインの)海外シフトやローコストカントリーの台頭、それらとのシェア争いや価格競争などでホトホト疲れ切っていますから。 おまけにデフレでしかも消費が落ち込んでいるのに、政府は増税しようというんでしょ?もはや目先のリストラとか小手先の技術改良だけでは到底乗り切れません」 現に氏が率いるグループ各社(9社)も、不採算部門の再構築や中核企業への人的・資金的集約など、抜本的な再編に取り組まざるを得なくなったという。 なるほど、これまでも日本はドルショックや二次にわたるオイルショックなど幾多の危機に直面し、その都度、懸命な外交努力と大胆な金融政策を打ち出すことで、結果的には乗り切ってきた。 その経験から今回の危機も楽観視する向きがないではない。 しかしそれはトンデモない見当違いだ、と氏は声を大にして言うのだ。 「あの頃は日本が世界に冠たる技術立国であり、アジアで唯一の絶対的な先進工業国家だったから乗り切ることができたのです。 今とはまるで事情が違います。 高度成長の終わり頃から、技術がどんどんアジアに流出して裾野は大きく広がりました。 その結果何が起こったか。 見てください、今やITとか通信技術、液晶テレビだって日本製より韓国製のほうが高い評価を得ているじゃありませんか。 鉄鋼や自動車といった重工業も中国やインドがすぐそこまで迫ってきています。 確かにリード・オフ・マンとしての優位性が今も日本にはありますが、人口や資源の違いを考えると、従来型のモノづくりという意味では追い抜かれるのは時間の問題です」 ではどうするか。 「頭脳をフルに使って、もっと高度なレベルに産業そのものをシフトさせ、それによって新たな絶対的ポジションを確立するしかありません。 そのためには産学官が緊密に連携し、協力し合い、腹を括って、彼らより一歩も二歩も上を行く研究開発を、それこそ汗を絞って続けるしかないんです。 それがこれまで世界に先駆けてモノづくり荒野を切り開いてきた、リード・オフ・マンとしての優位性を生かすことだと思いますよ。 事実、日本人は優秀で勤勉です。 人間としての質が高いんです。 私も多くの研究者や経営者と会って話を聞きましたが、何だかんだ言いながらも皆さん、新しい研究開発を通して、何とかもう一度立て直そうと必死にもがいているんですね。 社員のため、家族のために」 焦眉の急!! 次の時代の〝コメ〟産学官の緊密な連携不可欠 もはや焦眉の急だ。 さすがにここまでくると、次の時代の〝コメ〟になり得る新たな武器を、日本は国を挙げて一刻も早く手にする必要がある、と氏は言うのだ。 「それもグローバル・スタンダードです。 それぞれの分野において指標や基準となる極めて完成度、汎用性の高い武器づくりです。 これは従来の延長線上の話ではなく、善くも悪くも旧習から脱皮するいわばエポック・メイキングです。 必ずできると思いますよ。 長くアジアはおろか世界のモノづくりをリードしてきた日本ですからね。 現に私どもグループのコア・コンピタンスであるDLC(後述)についても、研究に研究を重ねて発展させた末に、3年前から産学官連携でその方向に向けて強く推し進めています」 それが、NDF(一般社団法人ニューダイヤモンドフォーラム)と国立長岡技術科学大学が協同で研究し、NEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)が全面支援するという形でスタートした、「DLC膜の分類及び評価方法に関する標準化プロジェクト」である。 ここでそのプロジェクトの目的とこれまでの進捗状況について、簡単にでも述べておきたいが、その前に肝心のDLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)についても、少しばかり触れておかねばなるまい。 その名の通りカーボン=炭素である。 ただしそんじょそこらのカーボンではない。 これまたその名の通り、硬性、耐摩耗、耐食、耐熱、絶縁性、表面平滑性などにくわえて、化学的にも非常に安定しているなど、性質が極めてダイヤモンドにライクな(似た)カーボンなのである。 環境、医療の発展に資する 近代未来型カーボンバレー構想も で、これが何に使われるかというと、金型や機械部品など様々な機器の材料の表面を改質する、つまり前記したダイヤモンドの優れた機能を材料に付加するナノ(10億分の1メートル)レベルの薄膜コーティングである。 言うまでもないが、これがあるとないとでは機器の作業効率や耐久年数が、月とスッポンほど大きく違ってくるのだ。 ちなみにナノテック社が持ち前のプラズマ技術と真空工学を駆使して開発・実用化するまでは、そんなものは邪道だとして専門筋からもまったく相手にされなかったという。 それが現在では、町工場から大手機械メーカーまで、日本はもとより世界で最も一般的に利用されているハイパーコーティング物質であり、最先端技術とされているのだ。 それだけではない。 同社はすでに、環境対策と先進医療の発展に資する、「カーボンバレー構想」という近未来に向けたプランを打ち出している。 これまで主に工業分野に用いられてきたDLC技術だが、生体適合材としてさらに進化させたICF(真性カーボン膜)技術として広く社会に認知させるとともに、省エネ、介護、福祉といったソーシャルビジネスまで視野に入れた、新たな市場を形成しようという壮大な試みである。 とまれ話をプロジェクトに戻そう。 DLC標準化がモデルケースに 「今や官も本腰を入れざるを得ません。 日本のモノづくりが新たな絶対的ポジションを確立するための、今がチャンスです。 これはまさにモデルケースになると思いますよ」 プロジェクトの目的は次の三つだ。 一つは、現在ある意味で、てんでんばらばらにあるそれぞれのDLCを、基礎物性や応用特性によって〝分類〟する方法を定め、その定義と応用ごとに利用者の選択を可能にすることだ。 これができればDLCの更なる進化や用途開発を促すとともに、それぞれの知的財産権の獲得にも大きく貢献し得るという。 次の一つは、生産・開発の現場で利用可能なDLCの、〝簡易評価法〟の設計コンセプトを確立することである。 これが確立されれば、生産者が自ら分類による位置づけと評価を簡便に認識できるということだ。 そして最後の一つが、前の二つを基にした〝JIS(日本工業規格)〟案を策定し、これを確立させ、続いて我が国の主導的立場の下に〝ISO(国際標準化機構)〟規格を提案すること、としている。 すでに二つ目までの作業はほぼ完了しており、今年度はJIS、ISO規格に特化した工業部会をNDFとして立ち上げるなど、プロジェクトはいよいよ最終段階に入っているという。 ちなみにNDFとは、ダイヤモンド、DLC及びその関連材料に関わる産業人と研究者、専門官吏、有識者らが一堂に会した日本で唯一のプロフェッショナル集団である。 NEDOはご案内の通り、産業技術の国際競争力強化などを目的とした、経済産業省所管の独立行政法人だ。 要するにこの「標準化プロジェクト」は、メイド・イン・ジャパンのグローバル・スタンダード化に向けた文字通り国を挙げてのモデル事業、というわけである。 「これまで進んできたグローバリゼーションと今度の大震災、原発事故でよく分かったのではないでしょうか。 時代は明らかに変わったんです。 それなのに利権の温存や保身のために姑息な細工をしたり、大したこともない情報を一人抱え込んで悦に入ってたり、チマチマしたことばかりしていたらアッという間に取り残されてしまいますよ。 だからくどいようですが、みんなが知恵と汗を絞って、もっと高度なレベルに向けて、新たな生産活動を始めようということです」 蛇足ながら、真価はこれからとしても、この〝胆識〟だけはそっくりそのまま永田町にお持ちしたいものである。 中森秀樹氏(なかもりひでき) 1959年生まれ。 日本大学理学部卒業後、とあるメーカー企業にプラズマ技術の研究者として入社するも、研究開発部門の閉鎖に伴い、独立を決意して退職。 1989年、ナノテック設立とともに代表取締役社長に就任する。 DLCからICFへと事業を拡充するに連れ、M&Aによって積極的に業容業態も拡大。 現在は関連9社からなるナノテックグループの総合コラボレーション長(総長)を務める傍ら、NDFの副会長も務める。 2009年、他の模範となる技術や事績を有するとして、40代で黄綬褒章の栄典を授かる。 理学博士/工学博士。 ナノテック株式会社 〒277-0872 千葉県柏市十余二572-61ナノテクノプラザ TEL04-7135-6111.

次の

メタルサーガ ~荒野の方舟 ~ 指令室だより~ » 【メインストーリー第29話】ナノマシンの暴走

ナノ 荒野

「iPod nano」 「アイポッドナノ」と読みます。 手のひらにすっぽり収まるコンパクトなボディに、さまざまな機能を搭載した音楽プレーヤです。 美しいカラー液晶画面は、指で操作するタッチディスプレイです。 操作パネルや、曲リスト、CDジャケットの画像などが表示されます。 大きな画面を横向きにたおして、ビデオを再生することもできます。 容量は16GBのみで、6色のカラーバリエーションから選べます。 小型のタッチディスプレイを搭載。 FMラジオを聴くこともできる。 Bluetoothを内蔵。 Bluetoot方式のワイヤレスヘッドホンやスピーカーを使用できる。 カラフルな6色のカラーバリエーション。• 容量は16GB。• 価格は税込19,224円。 (アップルストア価格) 「iPod shuffle」 「アイポッドシャッフル」と読みます。 画面がついていない、革新的なプレーヤーです。 収録した音楽がランダムに再生される「シャッフル」は、BGMとして聞き流すのに最適です。 自分で決めた曲順に再生することもできます。 画面が無いかわりに、再生中の曲名・アーティスト名を読み上げてくれるボタンが搭載されています。 容量は2GBで、およそ500曲もの音楽を入れることができます。 最も手軽に買えるiPodです。 クリップ付きで身につけやすい。 再生中の曲名・アーティスト名などを音声で教えてくれるVoiceOver(ボイスオーバー)機能搭載。 全6色のカラーバリエーション。• 容量は2GB。 価格は税込6,264円。 (アップルストア価格) 「iPod touch」 「アイポッド タッチ」と読みます。 タッチセンサー式の大きな画面で、指で触って操作するのが特徴です。 画面が大きいために、本体は大きめに見えますが、薄さ約6ミリとスリムなボディが特徴です。 話題の携帯電話「iPhone」(アイフォーン)から、電話機能を省いたような製品です。 16GB、32GB、64GB、128GBの、4種類の容量があります。 それぞれ6色のカラーバリエーションから選択できます。 「App Store」(アップ・ストア)という、アプリケーション(ソフト)のダウンロードコーナーから、好きなアプリケーションを選んで追加できます。 楽しい無料ゲームもたくさん用意されています。 インターネットに接続することもできます。 「音楽プレーヤ」というよりも「小さなパソコン」と言ったほうがいいような、様々な機能を備えています。 Wi-Fi(無線LAN)搭載。 インターネットに接続できる環境なら、ネットサーフィン、音楽のダウンロード購入などができる。• すきなアプリケーション(ソフト)を追加できる。 アプリケーションは有料・無料あり。 容量が違っても、大きさ・重さは同じ。 価格(アップルストア価格)• 16GB:税込26,784円• 32GB:税込32,184円• 64GB:税込39,744円• FMラジオ搭載。 クリップ付きで身につけやすい。 Lightningコネクタ搭載。 iPod shuffle 2GB シルバー ピンク ゴールド ブルー スペースグレイ レッド 6,264円 画面が無い。 クリップ付きで身につけやすい。 ヘッドホン端子を使って充電・同期。 iPod touch 16GB シルバー ピンク ゴールド ブルー スペースグレイ レッド 26,784円 タッチセンサー式の操作パネル。 前面と背面にカメラを搭載。 Wi-Fi(無線LAN)でインターネットに接続できる。 様々なアプリケーションを追加できる。 外付けメモリ(ディスク)として使用できない。 Lightningコネクタ搭載。 iPod touchの128GBモデルも、Apple Store、Apple公式サイトでの限定販売です。 補足 1:iPodは進化しつづけている(古いモデルもある) iPodシリーズは、年々進化しています。 上で紹介したスペックは、最新の2010年9月に発売されたものです。 中古品や、在庫処分品などの旧モデルは、機能が違うのでご注意ください。 「iPod mini」や、スティック型の「iPod shuffle」などは、現在発売されていません。 2:「iPod classic」は販売終了に iPodには、大容量のモデル「iPod classic」(アイポッド クラシック」も発売されていました。 くるくる回して操作する「クリックホイール」を搭載したiPodの伝統モデルでしたが、2014年9月に、惜しまれながら販売終了になりました。 3:「iPhone」って何? iPhone(アイフォーン)は、iPodと同じ、アップル社が開発した携帯電話です。 iPod touchと携帯電話を合体させたような製品です。 GPSやカメラなど、iPod touchにはない機能も備えています。

次の