みぃldh コメント。 LDH、7日間連続有料配信ライブはFANTASTICSで幕開け コメント欄にひまわりが咲く(2020年7月3日)|BIGLOBEニュース

血清LDHの基準値は?高いとどんな病気?

みぃldh コメント

この発表は、5月26日に全国で緊急事態宣言が解除されて以降、LDHが独自に専門家で構成した「LDH新型コロナウイルス感染症対策専門家チーム」と感染防止対策などを慎重に検討した結果、決定したという。 LDHにとって、2020年は6年に一度の祭典「LDH PERFECT YEAR 2020」として、年間300万人以上のライブ動員を目標に、1 年を通じて多くのライブを開催する予定となっていたが、新型コロナウイルスの影響により、2月26日に急遽中止となったEXILEのドーム公演をはじめ、開催を発表していた年内の全168公演に及ぶライブを中止にすることとなった。 新型コロナ禍でライブをはじめとするさまざまな活動が制限される中で、LDHのライブを楽しみにしていたファンに、現在できる最善を尽くしてLDHのエンタテインメントを可能な限り届けたいと考え、LDHアーティスト、スタッフ一丸となり、日々試行錯誤を重ねてきたという。 次世代エンタテインメントの創造へ向けて、「いつでもどこでもLDHのエンタテインメントを楽しんでほしい」との思いで、1年以上前から準備を進めていた複数のデジタル施策を本格始動させ、LDHのエンタテインメントを再開する。 その一環として、株式会社サイバーエージェントと昨年10月に設立した合弁会社「CyberLDH」では、新たな動画配信サービス「CL」(ヨミ:シーエル、一部無料)を始動。 定額制動画配信サービス「CL」では、LDH所属アーティストのライブやコンサートの生配信をはじめ、LDH所属メンバーが出演する生放送番組やオリジナル番組など、豊富な動画コンテンツを配信。 また、日常を生配信しながらユーザーと多彩なコミュニケーションを図ることのできるライブキャスト配信機能(キャス配信)など、双方向コミュニケーション機能をあわせ持つ。 アーティストとファンが双方向に楽しめる機能開発を重視し、今後も順次新機能を導入予定だ。 同サービスは、6月15日正午から7月31日までプレオープン期間としてライブキャスト配信が視聴可能に。 8月1日より本サービスが開始となる。 なお、同サービス開始に伴い、LDHが独自展開していた動画配信サービス「LDH TV」と「LDH TERMINAL」のサービスは7月末をもって終了。 「CL」では両サービスが持つコンテンツや機能を集結させ、さらに進化したサービスを提供する。 同ライブでは、これまでもLDHのライブクリエイティブを手掛けてきた「TEAM GENESIS」(ヨミ:チームジェネシス)が、LDHのライブの特徴をオンラインならではの演出に変換して表現。 どこからでもライブでファンと繋がることができ、ほかにも、オンラインライブと連動したライブコマース(配信型eコマース)や、オンライン上でアーティストと視聴者がコミュニケーションを取ることが可能な双方向コミュニケーション機能により、会場でライブを体感するのとはまた違う新たなライブ体験を届ける。 『ソーシャルディスタンスライブ』は、政府から発表されているガイドラインに沿って、十分な感染拡大防止対策のもとで開催を検討。 現状、政府のガイドライン(段階的緩和措置)では8月1日からはドーム規模の会場に於いても、収容人員最大50%の動員が可能だ。 株式会社サイバーエージェント 代表取締役社長 藤田晋氏コメント このたび、LDH JAPANとサイバーエージェントはともに、新時代のエンターテインメントサービスを提供するCyberLDHを始動します。 テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA」では、これまで「LDH PERFECT YEAR 2020」とのコラボレーション企画をはじめ多くのLDHグループ所属アーティストが出演する番組を放送し、そのたびに大きな反響を得ておりました。 今回、新会社設立にあたってLDH JAPANとサイバーエージェントで共同で開発してきた新サービス「CL」では、クオリティーに対し一切の妥協を許さないLDHグループのステージをそのままにオンラインでお楽しみいただけるよう、技術開発、デザイン、UI,UXの設計等には一切の妥協なく、最高水準の品質のプロダクトを生み出すことを目的として作り上げてきたつもりです。 そして今、皆様にこれまでにない新しいデジタル時代ならではのエンターテイメント体験が提供できる体制が整って参りました。 LDH JAPANのエンターテイメントとサイバーエージェントの技術力が力を合わせた新会社に、ぜひご期待ください。 株式会社LDH JAPAN チーフ・クリエイティブ・オフィサー EXILE HIROコメント これまでLDHのエンタテインメントはライブを中心としたリアルなものでしたが、次世代へ向けてデジタル、バーチャルでエンタテインメント領域を広げていこうと1年以上前から様々な可能性へ取り組んできました。 今回発表したサイバーエージェントさんとの「CyberLDH」はその第一歩となる新たな動画配信サービス「CL」としてスタートします。 「CL」はサイバーエージェントさんのテクノロジーにより、LDHの自社メディアがパワーアップし、これまで以上にファンの皆さんと直接繋がることができ、喜んでいただけるものになると思っています。 さらに政府の方針に基づき、各地方自治体としっかりと連携し安全な体制を万全に整えて実施可能な地域からソーシャルディスタンスライブの開催を準備していきたいと考えています。 これからも「日本を元気に」をテーマに、日本のエンタテインメント業界が復活出来るよう、LDH一同最善を尽くして活動していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。 EXILEや三代目 J SOUL BROTHERS、GENERATIONSなど、各グループによる番組をはじめ、グループの垣根を超えた特別番組や生放送番組など、「CL」でしか見ることのできない番組が目白押し。 これまで「LDH TV」で配信してきた約1,000本のオリジナル番組もアーカイブコンテンツとして、いつでも視聴可能。 場所を選ばずに臨場感あふれるLDHのライブエンタテインメントを体感することができる。 また、コメント機能によりオンライン上でライブを盛り上げたり、ユーザー同士でのコミュニケーションも楽しむことができる。 ・ライブキャスト配信(キャス配信) LDH所属メンバーが自身のスマートフォンなどから生配信する簡易ライブ配信機能。 自宅やライブ裏など、場所を選ばずに手軽に配信することができ、ユーザーは生配信された動画をリアルタイムで視聴することができる。 また、コメント機能によりアーティストとユーザーで双方向コミュニケーションを楽しむことができる。 ・LDH動画コンテンツの配信 過去のライブ映像作品や映画作品、未発表の映像作品、DVD特典映像、ダンス映像、レギュラー番組など、LDH所属メンバーによる映像コンテンツの配信。 ・ユーザー参加型の双方向コミュニティ機能 番組観覧やユーザーによる投票企画、オンラインでのライブ打ち上げやトークイベントへの参加、生放送中のコメント機能やライブチャット機能など、インタラクティブなライブ配信を通じ、「一体感」「非日常感」の体験を提供。 ・ユーザー参加型企画 リアルのライブ会場でのフリスビーや金テープ演出に代わる視聴者プレゼント企画や、ライブ後のファンミーティング企画、オンライン打ち上げ企画など、視聴者参加型のオンライン企画を用意。 ・ライブコマース アーティストがステージ上で着用している衣装や使用しているグッズがリアルタイムでチェックでき、その場で手軽に購入することもできるライブ連動型のeコマース。

次の

LDH『LIVE×ONLINE』PayPerView配信の視聴権購入方法&見方【ABEMA】

みぃldh コメント

LDH社長森雅貴に変わった理由は? 現 株式会社LDH 代表取締役副社長の森雅貴が2017年1月1日をもって、株式会社LDH JAPAN 代表取締役CEOに就任にすることが決定。 — EXILE TRIBEエンタテインメント PERFECTYEAR2014 LDHの生みの親である、元EXILEリーダー・HIROさんは、2002年に芸能プロダクションを有限会社として設立しました。 その後、森雅貴 氏が経営していた芸能プロダクションと合併して、LDHを2003年に立ち上げました。 この時、HIROさんが社長であり、森氏は副社長でした。 どの様な経緯で、社長が変わったのでしょうか? LDH社長は森雅貴にいつ変わった? 2017年1月1日からLDHの社長は、現在の森雅貴社長です。 LDHは森雅貴社長になった2017年から、株式会社LDH JAPANとして社名を変更しています。 LDHは、エンターテインメントを世界にプロデュースする組織として、更なる成長とグローバル化に踏み切りました。 — EXILE TRIBEエンタテインメント PERFECTYEAR2014 そして、『LDH WORLD』として、アジアやアメリカ、ヨーロッパに進出したのです。 HIROさんは、会長としてLDHの最高執行責任者であり、その『LDH WORLD』のクリエイティブリーダーです。 ざっくり言うと、LDH全体のプロデューサーですね。 社長が変わると、会社の体制も変わる事はよくある事ですね。 では、森雅貴 氏の社長就任後の評判はどうなのでしょうか? 更に、副社長との関係も調べました。 まずは、森雅貴 社長の評判をご紹介します。 最近LDH社長変わってからほんとにおかしい。 HIROさんはパフォーマー出身で、演者の立場で様々なイベントなども開催してきたのだと思います。 追加公演が増えたり、グッズも多く買わせる手法を取り入れたり・・・ 森社長に代わってから、そうした変化を感じ、メンバーを心配するファンが多くいました。 LDH社長森雅貴と副社長森博貴との関係は? LDHの社長 森雅貴 氏は、実は双子です。 そして、その双子の兄弟がLDH副社長の 森博貴 氏です。 元々、LDHの前身で、HIROさんが設立した「エグザイルエンタテイメント有限会社」。 この会社と合併した会社が、森 兄弟の設立した「株式会社スリーポイント」でした。 その為、合併当初のLDHの社長がHIRO、副社長が森 雅貴氏(現社長)、専務が森 博貴氏(現副社長)です。 その名残のまま、17年間 会社を大きくし続けているのです。 今や、アパレル・飲食店・スクール・映画配給会社・モデル事務所・ジム経営など、事業内容は多岐に亘ります。 この辺りの、芸能プロダクション以外の業種への参入は、一体誰の発案なのか・・・ 森 兄弟の経営手腕が功を奏したのでしょうか? LDH副社長森博貴の評判は? もっとメンバー想いな社長や副社長や会長や幹部はLDHにはいないのかな? 絶対いないよね。 均等にしないのかな🤔?お金のことしか考えて無さそうな社長と副社長っぽいもんね 笑 儲かればそれでよし。 パワハラ騒動や、不貞行為の後 離婚など、ワイドショーのネタになっていたようです。 あまり表に出ないのは、そうした過去があるからなんでしょうか。 ファンの方たちのアーティストを心配する声が、一番信憑性の高いの評価でしょう。 LDH社長がHIROさんから、森雅貴 氏に変わった理由は、事業のグローバル化が大きかった様に思います。 副社長で双子の兄弟でもある森 博貴氏の情報や、ファンからの評判もまとめてみました。 会社の体制が変わった理由が、森社長になったからだと 皆さん 感じているようでした。 社長と副社長が双子の兄弟というのも驚きました。 兄弟経営でも、上手くいく部門に関しては、問題ないのだろうと思います。 しかし、これだけファンから不満が挙がっているので、第三者であるHIRO さんの存在が必要だと感じました。 2020年6月14日現在、LDHに所属する多くのアーティストのライブが、年末まで中止と発表されました。 E-girlsの解散も重なり、ファンの方たちの不満が噴出しそうですね。 今後の動向を見守るしか無さそうです。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。 All Rights Reserved. php 462 : eval 'd code on line 55.

次の

LDH『LIVE×ONLINE』PayPerView配信の視聴権購入方法&見方【ABEMA】

みぃldh コメント

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、政府からの要請に準じ2月26日より所属アーティストのライブ公演を自粛してきた同社は、小中高校への臨時休校や、スポーツイベントなどの延期・中止や無観客開催、さらには子供向け映画の公開延期など、全国各地で外出を自粛する動きが広がる現状を受けて、EXILEや三代目 J SOUL BRTOHERS、GENERATIONS、E-girlsなど、LDH所属アーティストの過去のライブ映像コンテンツを期間限定で無料公開することを決めた。 EXILE AKIRAは、「僕たちEXILEはもちろん、LDHに所属する全メンバーは、エンタテインメントを通じて一人でも多くの方に笑顔を届け、元気になっていただけるエンタテインメントの創造を一番に考えて活動しています。 期間限定ではありますが、僕たちのライブ映像を見て楽しんでいただき、不安を感じている皆さまの気持ちを少しでも明るくすることができたら嬉しいです」とコメントしている。 第一弾の配信は3月9日の18時より開始し、3月31日までの間に約40本のライブ映像を順次公開する予定だという。 LDH JAPAN公式YouTubeチャンネル: EXILE AKIRAコメント このたび、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、LDH所属アーティストのライブ映像コンテンツをYouTubeで無料公開させていただくことになりました。 僕たちEXILE TRIBEも、EXILEのドーム公演をはじめ、各グループのライブを新型コロナウイルス感染の拡大防止のため、自粛することになり、ライブを楽しみにお待ちいただいていた皆さまには、大変なご迷惑とご心配をおかけしてしまったのと同時に、僕たち自身も本当に残念な気持ちで一杯でした。 また、未だ収束が見えない新型コロナウイルスの影響で、小中高校の臨時休校要請や全国各地で相次ぐ外出の自粛要請など、日々不安を感じている皆さまも多いことかと思います。 そこで、さまざまなライブやイベントが中止や延期にせざるを得ない状況が続いている今、僕たちにできることや、皆さまに喜んでいただけることは何かと、LDHアーティスト、スタッフ一同で考え、これまでのライブ映像の無料公開を実施することになりました。 僕たちEXILEはもちろん、LDHに所属する全メンバーは、エンタテインメントを通じて一人でも多くの方に笑顔を届け、元気になっていただけるエンタテインメントの創造を一番に考えて活動しています。 期間限定ではありますが、僕たちのライブ映像を見て楽しんでいただき、不安を感じている皆さまの気持ちを少しでも明るくすることができたら嬉しいです。 一日も早く皆さまが健康で安全に過ごせる日が来ることを願いながら、これからも『日本を元気に』というテーマのもと、LDHらしいエンタテインメントをお届けしていきたいと思います。

次の