クロス レンジ 報復 の 時。 『クロスレンジ 報復の時(字幕版)』のレビュー (ケムさん)

クロスレンジ 報復の時

クロス レンジ 報復 の 時

北アイルランド。 ある夜、英国の特殊空挺部隊SASに所属するスタンリーは、アイルランド共和軍IRAのアジトに潜入し、ターゲットの男を射殺するも、誤って幼い少年をも撃ち殺してしまう。 時は過ぎ12年後。 心に闇を抱えたスタンリーは既に部隊を去り、老いた母とフランスの山奥でひっとりと暮らしていた。 一方、幼少期に弟を殺害されたニーヴは、スタンリーに報復するため、彼の居場所を調べフランスのアルプスへと向かう。 ケガを装いスタンリーに近づくことに成功したニーヴだったが、彼とその母から溢れる愛と、二人が寄り添い支え合いながら生きる姿を見て、次第に複雑な感情を抱き始める。 そんな時、執拗につきまとわれ敬遠していた男イーサンがニーヴの前に姿を現して…。 …閉じる北アイルランド。 ある夜、英国の特殊空挺部隊SASに所属するスタンリーは、アイルランド共和軍IRAのアジトに潜入し、ターゲットの男を射殺するも、誤って幼い少年をも撃ち殺してしまう。 時は過ぎ12年後。 心に闇を抱えたスタンリーは既に部隊を去り、老いた母とフランスの山奥でひっとりと暮らしていた。 一方、幼少期に弟を殺害されたニーヴは、スタンリーに報復するため、彼の居場所を調べフランスのアルプスへと向かう。 ケガを装いスタンリーに近づくことに成功したニーヴだったが、彼とその母から溢れる愛と、二人が寄り添い支え合いながら生きる姿を見て、次第に複雑な感情を抱き始める。 そんな時、執拗につきまとわれ敬遠していた男イーサンがニーヴの前に姿を現して…。

次の

クロスレンジ 報復の時 : 作品情報

クロス レンジ 報復 の 時

元特殊部隊で誤って子供撃ち殺してしまったトラウマを抱える主人公と、殺された子供の姉である女性を描く物語。 テーマがぼやけた映画、との印象を持ちました。 女性から見た復讐劇と主人公の反撃、或は女性の復讐心との葛藤などが描かれるのかと思いましたが、違ったようです。 素性を隠し、主人公に接近する女性。 その女性を歓待する主人公の母親。 そして歓待を受け入れる女性。 それらが淡々と描かれています。 女性の殺意や葛藤、戸惑い等を見ることは殆ど出来ず、鑑賞する側の戸惑いの方が募ります。 後半からの展開は少し驚きましたし、無残なラストに虚しさも覚えました。 しかし、映画全体としては、テーマを曖昧にした展開でしかありませんでした。 正直、時間を作って鑑賞する映画ではない、が私的評価です。

次の

『クロスレンジ 報復の時(字幕版)』のレビュー (ケムさん)

クロス レンジ 報復 の 時

あらすじ 北アイルランド。 ある夜、英国の特殊空挺部隊SASに所属するスタンリーは、アイルランド共和軍IRAのアジトに潜入し、ターゲットの男を射殺するも、誤って幼い少年をも撃ち殺してしまう。 時は過ぎ12年後。 心に闇を抱えたスタンリーは既に部隊を去り、老いた母とフランスの山奥でひっとりと暮らしていた。 一方、幼少期に弟を殺害されたニーヴは、スタンリーに報復するため、彼の居場所を調べフランスのアルプスへと向かう。 ケガを装いスタンリーに近づくことに成功したニーヴだったが、彼とその母から溢れる愛と、二人が寄り添い支え合いながら生きる姿を見て、次第に複雑な感情を抱き始める。 そんな時、執拗につきまとわれ敬遠していた男イーサンがニーヴの前に姿を現して…。 スタッフ・作品情報 視聴時間: 01:31:01 北アイルランド。 ある夜、英国の特殊空挺部隊SASに所属するスタンリーは、アイルランド共和軍IRAのアジトに潜入し、ターゲットの男を射殺するも、誤って幼い少年をも撃ち殺してしまう。 時は過ぎ12年後。 心に闇を抱えたスタンリーは既に部隊を去り、老いた母とフランスの山奥でひっとりと暮らしていた。 一方、幼少期に弟を殺害されたニーヴは、スタンリーに報復するため、彼の居場所を調べフランスのアルプスへと向かう。 ケガを装いスタンリーに近づくことに成功したニーヴだったが、彼とその母から溢れる愛と、二人が寄り添い支え合いながら生きる姿を見て、次第に複雑な感情を抱き始める。 そんな時、執拗につきまとわれ敬遠していた男イーサンがニーヴの前に姿を現して…。

次の