グランメゾン東京料理監修。 グランメゾン東京の料理が美味しそう!レシピや食べれるお店は?監修シェフから割り出してみた!

グランメゾン東京:木村拓哉“シェフ”の料理監修を三つ星「カンテサンス」岸田周三さんが担当

グランメゾン東京料理監修

もくじ• 尾花がパリでフランス料理店を営んでいたことから、撮影も本場パリの三ツ星レストラン「ランブロワジー」などで行われたことが、大きな話題となっています。 さらに、ドラマ内で調理風景やお料理が多く映し出されることから、グランメゾン東京に料理監修のシェフがつくことになりました。 今回料理監修を務めることになったのが、東京・品川にあるミシュラン三つ星のフレンチレストラン「カンテサンス」の岸田周三シェフです。 初めて料理監修を引き受けることになったことについて、岸田周三さんは以下のようにコメントを出されていました。 フランス料理、レストランをテーマにしたドラマということで、飲食業界にドラマを通じて活気が出てくれたらと思って協力させていただくことになりました。 「飲食業界に入ってみようかな、やってみようかな」という若い方たちが増えたらいいなという気持ちです。 今回はお客様の席じゃなく、キッチンの中の裏方の方が多く映されている番組なので「飲食店ではこういうことやっているんですよ」って皆さんに知っていただいて、「やってみようかな」と思う人が増えたら、と思って引き受けました。 ードラマ公式HPより引用 岸田シェフは1974年8月8日生まれで愛知県出身。 志摩観光ホテル「ラ・メール」や東京都渋谷区のレストラン「カーエム」での勤務を経て、本場パリに修行に行きます。 その後パリのミシュラン三つ星レストラン「アストランス」で独特の火の入れ方(キュイソン)を身につけられました。 最上質な肉に非常に時間をかけて火入れをしていく、オーダーメイド的な丁寧な調理方法が特徴です。 岸田シェフは調理において<プロデュイ 素材 ><キュイソン 火の入れ方 ><アセゾネ 味付け >の3つのプロセスを特に大事にされているようです。 2006年に開業し、翌年2007年にはたった1年という異例の速さで三つ星を獲得されたのだとか。 それ以来12年間に渡り、一度も星の数を落としたことが無いのだそうです。 パリのフレンチ激戦区でも、一度三つ星を獲得してもランクダウンしてしまうお店も無数にある厳しい世界なのに、東京で12年間も三つ星を守り続けているということがいかに凄いことか分かりますね。 ミシュランの星を守り続けていることについて、岸田周三さんは以下のようにコメントされています。 フランス料理の料理人にとって、ミシュランの星はとても大事な意味を持っています。 東京にミシュランが来るようになってから、和食やお寿司のお店も星を取られていると思いますが、フランス料理の料理人にとって、昔から憧れているシェフたちが獲得していたものを、我々も獲得できるチャンスがいただけるようになるというのは、すごいことが起こったなと思いました。 カンテサンスが星を獲ったのは もう12年前になります。 感情が高まったのを覚えています。 (星を守ることは)プレッシャーはあります。 星だけでなくお客様はたくさんの期待をして当店に来て下さいます。 毎日毎日プレッシャーもありますけど、それは期待の表れなので、それに応えたいなという気持ちで、それをモチベーションにスタッフとともに頑張っています。 ードラマ公式HPより引用 カンテサンスの場所はどこにある? レストラン「カンテサンス」は 東京・北品川にあります。 ドラマの料理監修って具体的にどんなことをするお仕事なの…?! と料理監修というお仕事に馴染みのない方は多いと思います。 料理監修とは、撮影で使われるお料理のレシピ作りはもちろん、素材選びや盛り付け方などあらゆることを決定し、撮影で再現できるように調理技術を指導していくお仕事です。 つまり木村拓哉さん扮する尾花のレストランで作られるお料理やメニューを、岸田周三シェフが考えているということですね。 三つ星レストラン「カンテサンス」で腕を振るう岸田周三シェフが監修するお料理を毎週映像で楽しめる…ということです。 本当に贅沢なドラマですね。 尾花は再起をかけるレストラン「グランメゾン東京」のメニューは、岸田周三シェフと木村拓哉さんの二人三脚で作られるということで、毎週お料理から目が離せなくなりそうですね。 カンテサンスはグランメゾン東京のロケ地になる? 「グランメゾン東京」の撮影が初めて行われた場所は、なんとフランス・パリの三ツ星レストラン「ランブロワジー」でした。 木村さん曰く、時間も費用も手間もかなり掛けられてドラマが作られているので、料理監修の岸田周三シェフの働くカンテサンスがドラマ内で登場するのか気になりますよね。 尾花の帰国後、東京で倫子と共に店を構えることになるのですが、東京のレストランロケ地は代官山の超高級フレンチレストランになるようなので、 現段階ではカンテサンスがロケ地として使われることは無いのでは?と予想します。 ただでさえ、常時予約が受け付けられないほどの人気店ですからね… もし撮影に使われるような情報が入りましたら、追記していきます。 1話でロケ地とはなりませんでしたが、レストラン「gaku」のミシュラン調査が入る際、丹後が「東京で三つ星を取ったのはカンテサンスしかない」と言っているセリフがありました! グランメゾン東京料理監修は岸田周三氏まとめ! 2019年10月スタートの日曜劇場「グランメゾン東京」にて料理監修を務める岸田周三シェフについて、 また岸田周三シェフのレストラン「カンテサンス」についてまとめました。 これを機に更に有名になって、予約が取れないお店になりそうですね。 この秋、岸田周三シェフの作るレシピと、木村拓哉さんの料理風景が毎週観られる「グランメゾン東京」から目が離せませんね。

次の

世界第1位獲得店のシェフ達が「グランメゾン東京」を強力サポート|株式会社KADOKAWAのプレスリリース

グランメゾン東京料理監修

10月20日(日)からスタートする木村拓哉主演の日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系)で、東京・品川の三つ星フレンチレストラン「カンテサンス」シェフの岸田周三氏が料理監修を務めることが決定した。 本作は、店も仲間も全て失ったフランス料理のシェフ・尾花夏樹(木村)が女性シェフ・早見倫子(鈴木京香)と出会い、もう一度シェフとして生き直し、周囲と衝突しながらも世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿が描かれるヒューマンストーリー。 ほかに、玉森裕太、尾上菊之助、及川光博、沢村一樹らが出演する。 料理監修に決定した岸田氏のレストラン「カンテサンス」は、2006年に開店し、翌年2007年に異例の早さでミシュランの三つ星を獲得。 以来12年連続でミシュランの三つ星を守り続けている。 岸田氏がドラマの料理監修を担当するのは本作が初めてとなる。 また、尾上菊之助演じる尾花のライバル、丹後学がシェフを務めるフレンチレストラン「gaku」の料理監修は、東京・飯田橋のレストラン「INUA(イヌア)」シェフのトーマス・フレベル氏が担当。 「世界のベストレストラン50」でナンバーワンに4度も輝き、アリを食材に使用するなど独創的なメニューで世界的に有名な、デンマークのレストラン「noma(ノーマ)」の遺伝子を受け継ぎ、2018年にオープンしたばかりの話題のレストランだ。 世界に名だたる一流レストランの協力を受け、目にも鮮やかな料理の数々でも視聴者を楽しませてくれそうだ。 (監修は)初めてです。 「飲食業界に入ってみようかな、やってみようかな」という若い方たちが増えたらいいなという気持ちです。 今回はお客様の席じゃなく、キッチンの中の裏方の方が多く映されている番組なので「飲食店ではこういうことやっているんですよ」って皆さんに知っていただいて、「やってみようかな」と思う人が増えたら、と思って引き受けました。 食事にこだわりのある方なので、今まで料理のことをいろいろやって来られたと思うので、スムーズにこの役に入っていくんじゃないかなと思っています。 東京にミシュランが来るようになってから、和食やお寿司のお店も星を取られていると思いますが、フランス料理の料理人にとって、昔から憧れているシェフたちが獲得していたものを、我々も獲得できるチャンスがいただけるようになるというのは、すごいことが起こったなと思いました。 (カンテサンスが星を獲ったのは)もう12年前になります。 感情が高まったのを覚えています。 星だけでなくお客様はたくさんの期待をして当店に来てくださいます。 毎日毎日プレッシャーもありますけど、それは期待の表れなので、それに応えたいなという気持ちで、それをモチベーションにスタッフと共に頑張っています。 料理は頑張ろうと思えばいくらでも頑張れますし、逆に時間が足りなくて手を抜こうと思えばいくらでも手を抜けるんです。 見た目は似たような形でも、そこにおいしさだったりクオリティーを求めれば求めるほど、いくら時間があっても足りないくらい、いろんな仕事をすることになります。 その時に何が大事になるかというと、プロ意識と誠実さが大事になるんじゃないかと思います。 僕は料理の世界に入って25年くらいたちますが、生活の一部になっているので何かに例えるのはなかなか難しいですが、僕には料理しかないので。 それを元に、フランス料理の世界にたくさんの方が来てくれたらありがたいなと思います。 私自身にとってもチームの仲間たちにとっても、毎日働いているINUAという小さな世界から外へ出てこのような場所(ポール・ボキューズ)で仕事をするのは非常に良い経験で、勉強になりました。 今日の撮影の雰囲気が良かったので、今後の撮影も楽しみにしています。 ドラマで扱われる料理はフレンチで私たちのレストランとは異なりますが、それでも8~9割は私たちの創造性を反映させてもらえるということでした。 それも参加を決めた大きな理由です。 やはり番組のために、料理や料理の出し方などを変えなければいけないこともありますが、私たちが良いと思うもの、INUAの核の部分は十分に出させていただけたので、良かったと思っています。 加えて、器やカトラリーを作ってくれている工芸家の方々、花を手掛けてくれている花屋さんなど、INUAに協力してくださっている方々の素晴らしさをこの番組を通して披露できるのも魅力でした。 ミシュランと言えば、誰もが知っています。 星をもらえるということは、私たちのレストラン、そして一緒に働いている仲間たちを世界の人に認めてもらえた証になりますし、料理とサービスが常に一定の水準に保たれている証にもなると思います。 誰が調査しているか明かされていませんが、そのような面でも、信頼できる評価の仕組みだと思います。 私たちが一皿一皿に込める思いやエネルギー、一人ひとりのお客様への心配り。 この業界の担い手たちが仕事にかける情熱や働きぶりを分かっていただければ思います。 フランス一の三つ星レストラン「ランブロワジー」で面接を受けていた早見倫子(鈴木京香)。 彼女は、料理人としての人生をかけてフランスに来ていた。 そんな中、ある一人の男と出会う。 聞けば、昔ランブロワジーで働いていたから好みが分かるというのだ。 その矢先に、男は、借金取りに追いかけられて、去っていく。 その男こそが、パリで二つ星を獲得し、三つ星に最も近いとされたフレンチ料理人。 しかし、3年前のある事件がきっかけで表舞台から消え去った日本人シェフ・尾花夏樹(木村拓哉)だった。 その後、面接に落ちた倫子は、落ち込んでいる中、再び尾花と出会う。 そこで、尾花が作った料理のあまりのおいしさと、自分の実力のなさに、倫子は思わず涙をこぼす。 その時、尾花は倫子に突然、一緒に店を作らないかと提案する。

次の

グランメゾン東京最終回 料理の解説!!

グランメゾン東京料理監修

楽天で購入 楽天とかで売ってます。 大きさ規格はG〇で 表示されていることが多いのですが数字が小さい ほどでかくて高いです。 この手長エビ、クルマエビ系のエビとは味が かなり違っており、甘くて身が柔らかいのが 特徴。 ぷりぷり感を楽しむというよりかはその身の 甘さを楽しむエビといえるでしょう。 炭火焼イタリアンなどで香ばしく焼き上げた のももちろん美味しいですが、エチュベなど の繊細な火入れを施すとしっとり柔らかく 仕上がるので絶品料理となります。 木村拓哉が劇中で作る『手長エビのエチュベ』の作り方の考察 こちら、番組みて、どうやって作っているのか を考察してみたいと思います。 また番組終了後、追記してみたいと思います。 さて、ではさっそく手順を見てみましょう。 手長エビのエチュベのソース『キャプシーヌのオイル』 今回の放送でランブロワジーのシェフが唯一 褒めたソースですね。 木村拓哉が『ココットでカッセしたニンニク とオリーブオイル』と言ってます。 カッセとはつぶしたという意味ですが ここでは粗みじん切りしてますね。 ココットは小さい小鍋のことです。 オリーブオイルとサフランを加え 弱火で香りを出していきます。 そこに刻んだキャプシーヌの花を加え 塩で調味。 キャプシーヌとはフランス語で日本名では キンレンカ、あるいはナスタチウムの名前 で知られている甘い香りの食用花。 日本でも通販などで入手可能です。 結構お高いので家庭栽培するのも 一つの手段ですね。 シンプルなソースなので、ちょっとした 火の通し具合で変わります。 ポイントは 決してニンニクを焦がさないこと。 薄狐色手前くらいになれば火から外し キャプシーヌを加えてからはあまり火を 入れないことですね。 余熱で十分だと 思います。 手長エビの調理 料理の本体となる手長エビの処理です。 まず手長エビを縦半分に割ります。 放送では映されてませんが、必ず頭の部分にあ る砂袋は取りましょう。 臭みが出るし触感がじゃりじゃりします。 ニンニクを皮ごと押しつぶしたものとタイム をオリーブオイルを入れた鍋に入れて火にか け、香りを出していきます。 フェンネル(ウイキョウ)を荒く刻み鍋にいれ 少し炒めます。 そこに塩で下味をつけた手長エビを殻側から入れ ます。 身から入れてしまうと急激な熱が加わり 身にストレスを与えるのでよくありません。 白ワインと水を加えて蓋をし、蒸し煮にしていきます。 この時、あくまで水蒸気で火を入れていくので 量は少しでよいです。 蒸気が出る温度を保ちながら、3~4分ほど。 エビに完全に火が入る一歩前でバットに上げます。 (残りは余熱で火を入れる) 一緒にいれたウイキョウをさらに盛り付け 手長えび、キャプシーヌオイルをながして 完成。 分量とかは正直不明ですが、作り方の 手順でいえば十分な情報が得られたとは 思います。 ウイキョウやニンニクにタイム、キャプシー ヌやサフランなど香りのものを複合的に 使い、味わい自体は手長エビの甘味を 活かすシンプルな構成。 前菜にふさわしい一品に仕上がってますね。 普通のエビでも作れるのか?という所に疑問 でてきそうですが、ブラックタイガーや車エビ とはちょっとラングスティーヌ違いすぎます。 ブラックタイガー系よりは甘えび系のエビの ほうが割と近い味になるのでは?と思います。 ボタンエビあたりで試してみてもいいかも しれませんね。 やったことないけど 笑.

次の