ワイ モバイル シュミレーション。 ワイモバイルの料金シミュレーションでどのくらい月額料金が安くなるか分かる

UQモバイルの月額料金を調べるには「料金シミュレーション」が最適!

ワイ モバイル シュミレーション

ワイモバイルはメリットが盛りだくさん ワイモバイルにはおすすめしたいメリットがいっぱい 毎日のようにTV CMが流れていて、近隣の家電量販店にいけば専用の売り場も見かけるようになったワイモバイル。 既に一般層にまで広く知れ渡っており、筆者の周りでも「ワイモバイルに乗り換えたよ!」という声を聞くことが多くなりました。 実際にワイモバイルはたくさんのメリットがあるおすすめの通信キャリアですが、具体的にどんなところがメリットなのか知らない人も多いのではないでしょうか? ここではワイモバイルの魅力について解説していきます。 格安SIM選びでは切っても切り離せない話題でしたが、ソフトバンクがサブブランドとして提供している ワイモバイルに速度の心配は無用です。 一般的な格安SIMの場合、お昼時や夕方などの混雑する時間帯では通信速度が伸び悩み、ゲームや動画視聴などをガマンしなければならないシチュエーションがありました。 しかし、ワイモバイルは ソフトバンクの高品質な回線を利用しているので通信速度が速く、電波の安定性も抜群です。 モバレコでは各キャリアの速度を比較した記事を日々更新していますが、なかでも ワイモバイルの通信速度は常に上位をキープしています。 ワイモバイルと他の通信キャリアの速度比較をもっと詳しく知りたい方はぜひこちらも合わせてチェックしてください。 通話定額がコミコミ! 驚きの月額料金 ワイモバイルの月額料金といえば、少し前までCMや広告で「 ワンキュッパ」を全面に押し出していたので、1,980円から利用できる格安な料金体系を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 現在「ワンキュッパ」は廃止されてしまいましたが、ワイモバイルでは新たに「新規割」という割引が登場しているので、引き続き1,980円で利用きますよ。 しかし、いくら安く利用できるとはいえ「別途で通話料やオプション料金がかかって 結局高いのでは?」と考える人もいるかもしれませんね。 この新規割の料金は、1,980円と大々的にアナウンスされています。 つまり、 通話料とデータ通信量まで、すべてコミコミで1,980円から利用可能なのです。 さらに、スマートフォン向けの料金プラン「スマホベーシックプラン」は、 10分以内の国内通話がかけ放題になる通話定額もコミコミになっています。 長電話をしない限りは通話料金がかからないのもワイモバイルが人気を集めている大きな理由です。 実際に、ワイモバイルに乗り換えるとどれだけお得になるのか、NTTドコモでスマートフォンを契約した場合の最安料金と比較してみました。 「新規割」は6ヶ月間、「データ増量無料キャンペーン2」は1年間の期限付きですが、キャンペーン終了後に同条件でワイモバイルを利用した場合の月額料金は「2,680円」。 それでもNTTドコモよりも安く、スマートフォンを利用することができる計算です。 さらに、ワイモバイルの国内通話はオプション契約無しでも10分かけ放題ができるのに対し、NTTドコモは月額700円の「5分通話無料オプション」を付けなければ国内通話のかけ放題 5分 を利用できません。 通話定額もワイモバイルの方が無料時間が2倍とかなりお得ですね。 わかりやすいから選びやすい、シンプルな料金プラン S・M・Lの三種類から、毎月使いたいデータ容量を選ぶだけ! ワイモバイルユーザーと話していて、よくおすすめポイントとして挙がるのが「 わかりやすい料金プラン」。 スマホの料金に詳しくない人でも安心してプランを選べるのも大きな魅力です。 どのプランを選んでも10分以内の国内通話かけ放題の通話定額がコミコミになっています。 データベーシックプランLなら無料でSIMが追加できる シェアプランなら、最大3枚までSIMを追加可能 格安SIMの登場により、2台目以降のスマホ・タブレットを安価に運用することが可能になりました。 しかし、ワイモバイルならわざわざ別の格安SIMを、2台目のスマホやタブレットのために契約する必要がありません。 ワイモバイルの「シェアプラン」なら、スマホベーシックプランS・M・Rまたは、データベーシックプランS・Lで契約中の回線を「親」として、 最大3枚までUSIMカードを追加することが可能。 しかも、データベーシックプランLはシェアプランの月額料金が無料です。 高速データ通信容量は親となる回線で契約しているS・M・Rそれぞれのデータ容量をシェアする仕組みになります。 子回線を増やす場合はそれに応じてプラン変更を行うのがオススメですが、複数の会社に渡って複数の回線を持つよりは確実に便利です。 家族全員で使ってお得! ワイモバイルの家族割引サービス さらに安いのに、もっと安くなる家族割は嬉しいサービス 家族全員でワイモバイルを選んだ場合、忘れずに申し込みしたいのが「 家族割引サービス」です。 家族割引サービスに加入をすると、 スマホもPocket Wi-Fiも毎月の月額料金が 500円割引になります。 さらに、ワイモバイルのケータイ・PHS向けの「ケータイプラン」の場合、月額料金はなんと 無料に! 家族割引サービスに加入できるのは、 主回線+9台とかなりの台数で家族割引を組むことが可能です。 しかも、 離れて暮らす家族とも家族割引サービスに申し込むことが可能なので、遠く離れた親・祖父母と家族割引サービスを組み、皆でお得に!なんて事も可能なのです。 ワイモバイルショップが全国各地にあるので困ったときも安心 日本全国に約4,000店舗のワイモバイルショップを展開 ケータイ・スマホを使っていて、困ったときに駆け込みたいのが「キャリアショップ」。 修理はもちろんのこと、今使っているプランが自分に合っているのかといった相談や、万が一の紛失・盗難のようなトラブルの際にもショップがあるのはかなり心強いはず。 格安SIMの多くは、ネットや家電量販店での販売が中心で、まだまだ実店舗・専門店のショップが足りていません。 また、ショップを展開している格安SIMであっても、ショップでできる手続きは商品・サービスの案内と契約手続きのみに限り、 修理やプラン変更といった手続きができないものがほとんどです。 その点、ワイモバイルは前身であるイーモバイル・ウィルコムで展開されていたショップを中心に、日本全国各地に約4,000店舗も展開しています。 もちろん、それぞれのショップでは契約から修理、プラン変更、各種手続きまでひと通り行うことができますので「安い通信キャリアにしたからサポートが悪い」ということもありません。 安さと安心、どちらも揃っているのがワイモバイルのメリット! ワイモバイルにはどんなデメリットがある? ここまでの紹介ではメリットばかりに見えるワイモバイルですが、デメリットといえる部分がまったくないわけではありません。 大手携帯電話会社と比較すれば安く、格安SIM各社に比べれば安心感があるワイモバイルですが、どのようなデメリットがあるのでしょうか。 データ通信容量に大容量プランがない! ソフトバンクでは50GBの大容量プランが登場したが、ワイモバイルは最大17GBまで 大手携帯電話会社がこぞって展開している「大容量データプラン」。 従来のデータプランと比較するとかなり安く、5GBや7GBのデータプランでは足りないというユーザーからの支持を集めたことで今や大人気プランになっています。 ソフトバンクでは毎月50GBまで使える超大容量プランが中心になっていますが、 ワイモバイルで最もデータ容量が多いのはスマホベーシックプランLの14GB。 1年間はデータ容量が無料で3GB追加されるため、17GBまで使えるとはいっても、さすがに50GBには遠く及びません。 「とにかく高速データ通信をたくさん使いたい」と考えている人にとっては、大容量プランがないのはちょっと物足りなく感じるかもしれません。 格安SIMより月額が高い! 他の格安SIMの最安プランと比較すると割高に感じるかも(上記は楽天モバイルの料金プラン) 「料金が安い」ことで注目を浴びているワイモバイルですが、さすがに格安SIM各社の料金プランと比較すると少し割高です。 人気の高い格安SIM各社と比較した場合、スマホ向け・音声通話可能なプランで比較するとその高さがよくわかります。 1GB 3GB 3GB もちろん、ワイモバイルの月額料金は「10分以外の国内通話かけ放題」という、お得な通話定額がコミコミになっていますし、他社の回線を借り受けてサービスを提供する格安SIM各社とは違い、SoftBankが提供する携帯電話のサービスの中で、安価なプランを提供するブランドとして存在していますから、通信速度も高速・安定しているというメリットがあります。 しかし、「まったく通話しない」「LINEやメール、SNSが使えればいいから速度は求めない」という場合は、少しでも安い格安SIMの方がお得になります。 ワイモバイルのお得なキャンペーンもチェック!! メリットとデメリットを知って、「ワイモバイルいいじゃん!」と前向きになっている人もいるのではないでしょうか。 デメリットをカバーできるほど、メリットが多いワイモバイルですが、これを もっともっとお得にするキャンペーンが存在していることもぜひ、覚えておきましょう! タイムセールキャンペーン タイムセール期間中に、指定のWEBページからワイモバイルのUSIM 単体を他社からののりかえ(ソフトバンクからの番号移行は除く)で契約し、対象プランに加入した場合、 3,000円相当のPayPayボーナスを付与するキャンペーンです。 5のつく日・ゾロ目の日キャンペーン ワイモバイルでは、毎月5のつく日(5日・15日・25日)、ゾロ目の日(11日・22日)のお申込みで、新規・のりかえは8,555円、機種変更では2,555円相当のPayPayボーナスを、契約プランに応じて受け取ることができます。 PayPayボーナスは、月額料金の支払いにも充当することができますので、かなりお得な使い道があるポイントであることは間違いありません。 せっかくであれば、このお得なタイミングを狙って申し込みをしましょう。 下取りプログラム 下取りサービスは知っておきたい、活用したいキャンペーン! ワイモバイルのお得なキャンペーンの中でも、ぜひ知っておきたいのが「 下取り」です。 下取りに出した場合、機種によって設定額・期間は違いますが、PayPayボータスとして特典を受けることが可能になっています。 また、下取りに出す際、ワイモバイルの契約と同時に元々使っている機種を下取りに出す必要はありません。 下取り希望の旨を伝えておけば、後日購入した店舗へデータ移行を済ませたスマホを持ち込んで下取りの受付をしてもらうことも可能ですし、郵送下取りキットを自宅で受け取り、ポストへ投函するだけで下取り申し込みをする事も可能です。 下取り価格は定期的に変更されますので、ワイモバイルの契約前に一度確認してみるといいでしょう。 まとめ:メリットがデメリットを上回るワイモバイルはおすすめの通信キャリア ワイモバイルは、大手携帯電話会社の最低料金より安くスマホを持つことができ、さらにちょっとした通話もまるっと無料になる通話プランがセットになったシンプルな料金体系が、とにかくお得なポイントといえます。 格安SIMで通話料が発生するのが嫌だから…と、LINEなどの通話を使うとか、IP電話サービス・アプリを使って通話料の節約をする手間がないのはかなり使い勝手のいい、ワイモバイルのメリットでしょう。 また、全国各地に多数存在するワイモバイルショップのおかげで、何かあってもショップを利用できる!というのは、格安SIM各社にはないワイモバイルの魅力です。 今よりケータイ・スマホ代を安くしたい。 だけど、安さをとって速度や安心を犠牲にしたくない。 そんな人にはワイモバイルがオススメです!.

次の

簡単料金シミュレーション|業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

ワイ モバイル シュミレーション

【UQモバイルについて】• くりこし上限は、プランSの場合最大3GB、プランMの場合最大9GB、プランLの場合最大14GBとなります。 また、国際電話や海外での発着信についても対象外となります。 詳しくはUQホームページをご確認ください。 その他、以下の場合には本通話オプションによる定額通話の適用を行わないことがあります。 ・本通話オプションに加入した携帯電話について、お客さまの保有する通信設備などに接続して利用したり、ソフトウエアなどによる自動発信を行った場合(いずれも当社があらかじめ承諾した場合を除きます。 ・通信の媒介、転送機能の利用、または他社が提供するサービスへの接続などを通じて、通信による直接収入を得る目的で利用した場合• ・通話以外の用途で利用した場合• また、別に定める一部の電気通信事業者への通話や、月間744時間を超える通話は有料となる場合があります。 定額通話の対象外となる国内通話は、他社が料金設定している場合を除き20円/30秒の通話料がかかります。 一部対象外の通話があります。 一部対象外の通話があります。 エリアなどにより最大通信速度は異なります。 ネットワーク混雑回避のために、直近3日間に6GB以上のご利用があったお客さまの通信速度を、翌日にかけて制限させていただきます。 【UQモバイル端末の割賦契約について】 端末代金を24回、または36回の分割払いでお支払いただくことで、端末購入時の一時的な負担を軽減することができます。 【WiMAXについて】•

次の

簡単料金シミュレーション|業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

ワイ モバイル シュミレーション

ワイモバイル(Y! mobile)「料金シミュレーション」の使い方 …といっても、 画面の指示にしたがっていくだけなので、まったく難しくありません。 「料金シミュレーション」へアクセス まずは、「料金シミュレーション」のページへアクセスします。 ワイモバイル(Y! mobile)のトップページの下部にあるバナーからもアクセスできます。 「通信サービスのタイプ」を選択 「料金シミュレーション」のページへアクセスしたら、まず「通信サービスのタイプ」を選びます。 ここでは「スマートフォン」をタップします。 選択肢のボタンをタップすると、下に次の項目が表示されます。 以降はこれを繰り返していくだけです。 「機種名」を選択 使いたいスマホの機種を選択します。 一覧にない場合は適当に選んでしまってOK。 ここでは試しに「Nexus 5X」をタップします。 契約の種類を選択 これを読んでいる方はほとんど「他社から乗り換え(MNP)」でしょうから、それをタップします。 さらに、現在契約しているキャリアを選択します。 「支払方法」を選択 自分に合ったものを選択。 ここでは「24回払い」を選びました。 「料金プラン」を選択 ワイモバイル(Y! mobile)のスマホの料金プランはシンプルで、月々の通信容量の違いがあるだけです。 「スマホプランS」は1GB、「スマホプランM」は3GB、「スマホプランL」は7GBとなります。 *ただし、下の画面にあるように、現在は「データ通信容量2倍」のキャンペーンを実施しているため、それぞれ2倍の容量を使用できます。 ここでは「スマホプランM」を選択してみます。 「シミュレーション結果」を確認 STEP5まで選択すると、月々の支払額がわかります。 「もう少し安くならないかな?」と思う人は、「料金プラン」を選択し直して再計算してみてもよいでしょう。 自宅などではWi-Fiを使うようにすれば、通信容量はそれほど必要ないかもしれません。 料金だけを見ると、他の格安スマホ会社のほうが安く見えてしまう場合もありますが、 ワイモバイル(Y! mobile)の他のメリットも判断材料にするとよいでしょう。 関連 いずれにしても、現在、大手通信キャリアを契約している人は断然おトクになることが、これでわかると思います。

次の