ガイジ。 「ガイジ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

【悲報】「ガイジ」、大学生層に使用率増加

ガイジ

ガイジとは、身体及び発達、精、知的障児(しょう がいじ)の略である。 概要 「(ちしょう)」や「」「不具」「かたわ」と同様に、身体や知的障そのものをにする、あるいは見るに堪えない振る舞いをする人を障者に喩えて非難する意図で使われるのひとつである。 圏では若年層を中心に使用されていたが、攻撃的な調のため的に使われることはまずなく、全的に普及しているとは言えない言葉であった。 ところが、ある志望のの一言で的に普及することになる。 ll0 Ch Ro! ガイジかな、あれ。 足だんだんやるし。 ゆすり自分の足殴るとか。 あ、おいてく。 志望でありながら、よりによってその言葉を使ってしまうというギャップが大ウケし、この発言が「 ガイジかな?」という形に短縮され、もなぜかされ続けている。 この経緯から、としての「ガイジ」とは、本来の意より抽化された、の発言に由来した的な意味合いが強い。 の上ではや()などを中心に気軽に使用されるようになってきているが、元々はれっきとした用で、(で書くと「 児」となることからも容易に想像はつくが)その他の「」などの彙と較しても 非常に強い侮蔑のを含んでいるため、間違っても 絶対に人前で使用してはいけない。 不用意にこの言葉を使えば品性を疑われるどころか、下手をすれば関係を崩壊させかねないため、くれぐれも他人に対して使用することは極避けられたい 圏で「」を連呼するが卑しく思われるのと同様。 もともとは知的障を持つへのであったが、最近では 身体障者、、者を含む意味合いにもなっている。 が、そもそも本物の障者ではなく 知性の低い人、 狂った言動をする人をす罵倒としての使用が圧倒的に多い。 「」という、この受け答えとは関係なくしていたに、「ガイジかな?」が転用されている。 使われているのは文体だけで、に「ガイジかな?」が使われることはほぼない。 ゲェジ ガイジを訛らせてゲェジと表記するのは、によく見られる使われ方である。 知らないからは用として認識されにくく、相手に気づかれないように罵倒したいときに使っているも有るようだ。 関連項目• 個人的にはの先性の疾患という感覚でいるから。 自分はの言っているようにでも用いられている知的障者・、もしくは具体的な症名であるやD・患者とかが抵抗感がく受け止めれてるし自分から説明する時はその単で説明しているわ。 ただのはの中でも診断時のが較的高く、特有の症状を持つ場合に付けられる症名だから、知的障には当てはまらない場合が多いし、は後的にかかる物だから全に別物だし。 知的障者よりはそれぞれ(高機患者)・患者と言った方が定義的には正確だと思う。 (元ので扱いされてる人は恐らく知的障に分類される的患者) 症名を使った方が、下手に言い換えるよりは誤解も生みにくいし余計な感情が入らないから、頭が不とかとかって言われるよりもかにだと私的には思う。 省略しています。

次の

汚いガイジムーブ|しおしお|note

ガイジ

「ガイジ」とは「知的障害児」を略した蔑称です。 英語圏でいえば「fuck」や「shit」のようなもので、人前で使うのを憚るべき単語でありながら、ネットではよく蔓延しています。 元々、主に関西圏の 小中学生が使っていた極めてローカルな単語で、一度は死語として葬られていました。 しかし現在は蘇ったうえに全国区まで広がっています。 まるでゾンビ映画のバッドエンドみたいですね。 なぜゾンビ言葉が腐臭を撒き散らしながら軽々しく飛び交う現状になったのでしょうか。 もしかしたら、少しでも上品な所では使われていないかもしれませんが。 死語からの復活 「ガイジ」は本来死語でした。 とはいえ、一般的な死語と違い流行ではなく成長によって捨てられる単語です。 かろうじて中学生までで、大人になってまで言うのはごく少数でした。 筆者の記憶でも最後に聞いたのは中学2年の時でした。 ある女子生徒が息を吐くように言い出し、先生に叱られるより早く隣の生徒が「お前最悪やな!」と言っていたのを憶えています。 人によっては、聞こえた瞬間学級会になったケースもあるようです。 雲行きが変わったのが2011年、Twitter内での「ガイジかな、あれ」から始まる書き込みでした。 単なる1ツイートなら流されて終わりでしたが、折悪しくも2ちゃんねる(現5ちゃんねる)の「なんでも実況ジュピター板(通称なんJ)」に見つかってしまいます。 蔑称の創出とプロデュースに余念のない「なんJ民」(最近では「電子障害者手帳」まで言い出しました)のことです。 「ガイジ」は瞬く間に大ブレイクしました。 スレッドタイトル(スレタイ)検索でも、例のツイートを境目に「ガイジ」でのヒットが千倍以上も膨れ上がったそうです。 それでもなお、2ちゃんでひっそり流行っているレベルに過ぎず、大多数の人は知らずに過ごしていました。 爆発的な広がりの決定打となったのは、2014年のマイナーYoutuber発掘ブームです。 詳細は割愛しますが、この中で発掘されたある一人のYoutuberが、ズレたセンスと過剰な自信などから茶化す分には面白い動画としてブレイクしました。 彼を罵倒する言葉に「ガイジ」が出るや否や、使いやすく強烈な侮蔑語として2ちゃんの外でも認知されるのでした。 現在のネットではいい大人も気軽に言うようになり、全国区で世代を問わずカジュアルに使われています。 死語だったのが、高い汎用性を持った共通語として蘇りました。 とはいえ完全に市民権を得たわけではなく、 「使うやつは人間性を疑う」という声も根強いです。 もとが強烈な侮蔑語なので当然ですね。 必要悪? Twitterユーザーも一枚岩ではないので、当然「ガイジ」発言への反発もあります。 」という書き込みに、賛同と批判と中傷が殺到しました。 必要悪説の大筋はこうです。 「昔は池沼・チテ・キチガイなど、キツい侮蔑語はいくらでもあった。 」 必要悪説についてはある程度理解はできますが、実質の発信源であるなんJでは「ガイジ」に立脚して「ガイガイ音頭」「ガガイのガイ」「ガイの者」と新たな造語が発明されています。 結局蔑称とは作ったり使ったりする人の品位に左右されるもので、「ガイジ」があろうがなかろうが関係ないとも言えそうです。 幼いコミュニティ限定の言葉 ここで少し思い出してほしいのですが、「ガイジ」とは「知的障害児」の略であって、「知的障害者」ではありません。 つまり、小学校という児童コミュニティで通じる言葉だったわけです。 言い換えれば、少しだけ対象年齢を上げた「幼児語」といったところでしょうか。 日常的にその言葉を発する人も、それに抵抗や嫌悪感のある人も、本来は小学生用(ギリ中学生も入るか)の侮蔑語であることを思い出してもらいたいのです。 幼いコミュニティで通じる言葉だったからこそ、成長に従って使われなくなっていった過去があります。 児童コミュニティで使われる言語をいい大人になっても使うのは、幼い語彙に縋るピーターパンの言葉遣いだと断罪していいでしょう。 実際、「便利で代替の利く言葉が思いつかない」という声も目立ちます。 まとめ 「ガイジ」は元々小学校コミュニティ専用の言葉で、遅くとも中学を出るまでには捨てられるタイプの死語でした。 しかし、なんJをきっかけに紆余曲折を経てネット上で乱発されるようになります。 既存あるいは新たな侮蔑語の表出を防ぐ必要悪だと唱える声はありますが、「ガイジ」から派生が作られている現状では詭弁の域を出ないでしょう。 そもそもなぜ「ガイジ」がよくない単語なのでしょうか。 差別云々よりも、語彙や品格の乏しさを曝け出してしまうほうが問題ではないかと個人的には思うのです。 あるいは、強烈な侮蔑語であるがゆえに「あまり強い言葉を使うなよ……。 弱く見えるぞ。 」がそのまま当てはまるからだとも思います。 結局のところ、品位の問題ではないでしょうか。 参考ではないが余力があれば見てほしいサイト ガイジとは[単語記事] — ニコニコ大百科 「ガイジ・池沼・アスペ・陰キャ」の意味・初出・元ネタは?|文脈をつなぐ 「傷ついて泣いてるからガイジという言葉を使わないで」に「差別は絶対にダメ」「言葉狩り」など様々な反響? Togetter.

次の

ガイジってどういう意味? 語源や使い方(例文付き)も紹介!

ガイジ

1,374• 1,602• 464• 912• 436• 244• 1,101• 487• 253• 538• 336• 1,771• 222• 751• 796• 828• 405• 195• 102• 188• 117• 432• 107.

次の