くくり 罠 自作。 【朗報】 新!! 弁当箱型 くくり罠 の作り方【完全版】

【罠の種類や作り方。お手製罠でコスト削減!】

くくり 罠 自作

皆さんこんにちは! 茨城県でヨガのインストラクターの傍ら、新米猟師をしているNozomiです! 前回は私が罠師を選んだ理由、罠師のメリット・デメリットを私の経験を踏まえて綴らせて頂きましたね。 今回は、罠の種類や作り方について掘り下げてお伝えさせて頂こうと思います。 狩猟によって罠を使う場合、法律によって使って良い罠の種類は限られており、主に以下の4つの法定猟具として区分されます。 1 くくり罠 くくり罠は私が使っている罠で、とてもポピュラーな猟具です。 罠を踏むとバネが作動し、ワイヤーで獲物の足を捉えます。 とてもシンプルで設置しやすく、大量に設置するのに最適です! シンプルな分、コストも安く、自分で作ることも比較的容易にできます。 私もくくり罠を自作し狩猟に挑みました! ただし、けもの道 獣の通り道 を的確に見つけ出し、その中でも獲物が踏むポイントを推測し罠を設置しなければならないので、経験を積み、獲物の習性について、そして罠を仕掛ける土地についての勉強がとても大切です。 けもの道があっても、そのけもの道は今年のものとは限りませんし、よく使うけもの道、そうではないけもの道もあります。 今年獲物が使っているけもの道を見つけ出し、そこを通っている獲物の大きさ、足幅を推測し、獲物にばれないように罠を仕掛けるのは至難の技です……! 私の経験から、罠師1年目から獲物をぼんぼん捕まえるのは不可能に近いのではないかと思っています。 2 箱罠 箱罠とは名前の通り箱型をした罠の事で、その箱の中に閉じ込め獲物を捕獲します。 箱の中に動物が入り込むと、扉が閉まり、獲物が閉じ込められ捕らえるという仕組みです。 獲物を箱の中に呼び寄せる為に、捕りたい獲物別に好物を箱罠の中にいれておいておびき寄せます。 扉が閉まる為のからくりですが、箱の中の踏み板を獲物が踏んだら扉が閉まるタイプのものが一般的。 ほかにもおびき寄せる為の餌を吊るしておいて、餌が引っ張られたら閉まるタイプのものや、獲物が箱の中を通り抜けるときに扉が閉まるタイプのものなどさまざまなタイプのものがあるようです。 罠の大きさやタイミングや大きさによっては一気に複数の獲物を捉える事ができます! ただ、獲物も馬鹿ではありません。 既製品を購入すると大きさにもよりますが大型のもので1つ約60,000円~。 本業はヨガのインストラクター。 東京に10年以上住んだ後、一念発起して茨城へ移住。 ヨガレッスンの傍ら、おばあちゃんの畑のお手伝いをしている。 2020年にはワーキングウエア(作業服)・防寒着・安全靴・長靴、レインスーツの専門店チェーン <ワークマン>公式アンバサダーにも就任。

次の

自作くくり罠失敗の原因が判明したかも

くくり 罠 自作

注文した押しバネ 左側:従来と同じ太さでより長いバネ 右側:優来より3㎜太く、力の強いバネ 今回注文したのは上の二つの押しバネ。 さんで発注しました。 左側のバネは今まで使っていたバネと同じ太さ。 ただしこちらの方が200㎜長いため、直径20㎝のくくり罠に適したバネの「効きしろ」を得ることができます (以下S-1)。 右側のバネはより太く、力も強いバネです。 長さも300㎜長いため、これも同様に十分な「効きしろ」を確保できます (以下S-3)。 一つ懸念することがあるとすれば、 従来よりも全長が長くなっている分、圧縮長も長くなるので、 圧縮した際に仕掛け部の塩ビ管30㎝に収まらないことになります。 そこが見た目的にも、動作的にもどう作用するのかは不明です。 まぁやってみて不具合があればまた対策を考えるとします。 付け替えてみた 早速押しバネを付け替えて試運転してみました。 付け替える際に、バネが長くなった分、ワイヤーも長さを伸ばす必要があることが判明し、ワイヤーも足りる長さで付け替えました。 バネを圧縮しきった感じでは、 「かなりギチギチ」 従来よりも罠自体のパワーは確実に上がっていますね。 懸念していたバネの余った部分は… こんな感じです。 10㎝程塩ビ管から出てしまいましたが、 枠に乗せた感じでは作動部分に干渉することもなさそうなので、このままいきます。 作動させてみた ではではいざ作動させてみます。 まずはS-1の方から。 「ッッジャ!!!」 S-1 いい!いい感じ! 作動スピード、跳ね上がり力、締め付け力、どれも確実に上がっています。 跳ね上がり位置も写真のように高くなっています。 バネの効きしろを長く持たせているので、その分締め付け具合も強くなっています。 旧型 ちなみに旧型の跳ね上がり位置はこちらです。 角度的に分かりづらいので申し訳ないのですが、 柄のシール部分を目安にしてもらえれば分かってもらえるかと。 5㎝跳ね上がり位置が高くなっていました。 続いてS-3の作動をさせてみます。 「ッッジャッッ!!!」 こちらも作動・締め上げスピードは格段に速くなりました。 S-3 跳ね上げ位置はというと、S-3の方がさらに高くなっています。 S-1よりもさらに3㎝ほど高い位置です。 バネはより太く力が強い。 そして効きしろを長く持たせているのでより強くなっています。 当然、締め上げ力もこちらの方が強いです。 改良結果 バネを付け替えてみて、やはりこの改良は正解だったと思います。 S-1よりもS-3の方が安心感がありますね。 価格的にはS-1の方が若干安価ですが、 少し高くてもS-3を使っていきます。 あとは実際に仕掛けてみてその結果から判断するしかないので、 それについては追って書こうと思います。

次の

くくり罠を設置する獣道を選定する4つのポイント

くくり 罠 自作

ファーレ旭式くくり罠の特徴 くくり罠は自作される方も多いですが、ファーレ旭式のくくり罠の製作は専用の機械が必要で、誰でも簡単には作ることができない構造になっています。 また、独自の製造ノウハウにより、他のくくり罠よりもコストパフォーマンスに優れています(10%税込みで¥6,110。 商品の構成 ファーレ旭式のくくり罠は、 「A.踏み板セット」と 「B.スプリングセット」の2つで構成されます。 A.踏み板(落とし板)セット カットした塩ビ管と、木製の踏み板にガイドレール(くくりワイヤーの輪を巻くための金属の輪)が付属したものがセットになっています。 獲物が踏み板を踏み落とすと、ワイヤロープがスプリングの力で締まる構造です。 ファーレ旭式踏み板の特徴 その1:荷重の調整が可能 地面の中に設置する塩ビ管には爪楊枝が6本まで刺せるようになっています。 この爪楊枝の上に踏み板を乗せるのですが、刺す爪楊枝の本数に応じて踏み込み荷重の調整ができます。 爪楊枝の本数が少なければ、踏込荷重が軽くても踏み板が落ちて罠が作動します。 逆に、本数が多ければ、踏込荷重が重めでないと踏み抜けなくなります。 大体、4本で70kgほどの体重の獣に対応します。 過信はできませんが、本数の調節によって、猟犬が誤って踏み板に乗っても落ちないような細工もできます。 ファーレ旭式踏み板の特徴 その2:豊富なサイズ展開 罠の大きさは、• ニーズや規制状況に合わせてお選びいただけます。 径が大きいほうが踏み抜く確率は増えますが、径が小さいほうがピンポイントで狙えるため使いやすいという声もあります。 都道府県によってルールが異なるので、詳しくは各自治体にお問合せください。 ファーレ旭式踏み板の特徴 その3:設置が簡単 上の動画の収録時間はノーカットで一分弱。 わずかな時間で設置完了です。 実際には、これに加えて穴を掘ったりする時間がかかりますが、初心者でも簡単に設置することができます。 罠の設置に時間がかからないということは、人の痕跡が残りにくくなるということなので、当然捕獲率もアップします。 ファーレ旭式踏み板の特徴 その4:安全装置付き 安全装置が付いていないくくり罠を設置する際、予期しない罠の発動によって怪我をする場合があります。 特に、顔面に罠がはじけてきた場合は重篤な事態につながりやすく、失明してしまうケースもあります。 長年くくり罠を使っている方にとってはお馴染みの話かもしれません。 ファーレ旭式は安全装置(T字の押さえ金具)が付いているので、誤動作を防ぐことができますし、スプリングに力がかかった状態でも安心して持ち運びできます。 B.スプリングセット 獲物の足をくくるための「括りワイヤーロープ」と、罠の原動力となる「スプリング(ばね)」、支点となる木などと接続する「延長ワイヤロープ」で構成されます。 括りワイヤーロープ 獲物の足を捕える部分です。 締め付け防止金具および抜け防止金具がついています。 ワイヤーは油抜き直径4mmのもので、経験上柔らかさと強度のバランスが最適と考えられる規格のものを使用しています。 また、クマ類・イノシシ・ニホンジカを捕らえる場合は、ワイヤーロープの直径が4mm未満のものは使用が禁止されています。 スプリング(ばね) 耐久性のあるステンレスを使用しています。 罠をセットする際は、スプリングを全部塩ビ管の中に押し込み、ネジでロックします。 くくり罠に最適と思われるスプリングを厳選し、使用しています。 延長ワイヤーロープ くくり罠の支点となる部分です。 仕掛ける場所近くの丈夫な木などに固定します。 長さは約1. 先端にはシャックル(U字形の連結金具)が付属していますので、支柱となる木等に取り付ける際に便利です。 延長ワイヤーロープは、ワイヤーの捻れや絡まり防止に使うサルカン(よりもどし)で接続されています(下の写真の金色のパーツです)。 よりもどしが装着されていないくくり罠は使用が禁止されています。 捕獲率が高い理由 動画にも収録されているとおり、跳ね上げ式の足くくり罠です。 足首の上の方を捉えるため捕獲率が高いという特徴があります。 日々研究・改善を行い、この仕様にたどり着きました。 罠で獲物を捕らえたことを確認したら、速やかに処理を行いましょう。 止めを刺すために猟友会を呼びに行って、戻ってきたら足だけ残して逃げていた、というケースもあります。 商品の購入について 自作罠から既製罠まで、様々なくくり罠を試した達人が選ぶのはファーレ旭式。 評判も非常によく、リピーターも多くいらっしゃいます。 ご購入は以下のページからどうぞ。 補修パーツも取り揃えています。 すべてのパーツは供給可能ですので、壊れても安心です。。 は紛失しない限り長く使えますが、それ以外の部分は特にイノシシがかかると部品の損傷が激しいので、修理して再使用か新たに準備することをお勧めします。 ご不明な点は、電話やメール、お問合せフォームからどうぞ: 皆様にお役立ちの農林情報を配信いたします。 関連する記事• 2018. 11 アウトドアで必須の道具である、ナイフ。 食材を切るのはもちろん、草や枝を払う、薪を作る、狩猟では獲物の止め刺しや解体など、様々なシーンで活躍します。 世[…]• 2018. 26 コール猟とは、鳥獣の鳴き声を特殊な笛で真似て、おびき寄せて射止める猟法のことです。 鹿のコール猟が有名ですが、他にもカラスや鴨などを寄せる笛も販売されて[…]• 2020. 15 鳥(ハト、カラス、ムクドリ等)によって人間が受ける被害のことを、「鳥害」といいます。 鳥の種類によって鳥害の内容に違いはありますが、近年では都市部におけ[…].

次の