勉強 に なり ます 敬語。 「~になります」の正しい敬語について

「勉強になりました」の例文・類語・失礼なのか・他の言い方

勉強 に なり ます 敬語

日常生活でもビジネスシーンでも、よく、「勉強になりました」という言葉を使う機会があるでしょう。 では、このよく耳にするワードである「勉強になりました」という言葉はどんな使い方をするのでしょうか。 その使い方がイマイチわからないという方のために、以下に「勉強になりました」を使った例文をいくつかご紹介させて頂きます。 「勉強になりました」というワードの使い方を詳しくお知りになりたい方は、要チェックです。 大変 まず、最初に「大変勉強になりました」という言葉を使った例文をご紹介させて頂きます。 ・クライアント様から貴重なご意見を賜り、大変勉強になりました。 ・今日はセミナーで講師の皆様からいろいろなお話を伺うことができて、大変勉強になりました。 ・さまざまなことをこの学校で学ばせて頂き大変勉強になりました。 ここで習得いたしました学習内容を今後の糧としていきます。 「勉強になりました」の類語・同義語 為になりました 「勉強になりました」の同義語、類義語である「為になりました」の意味は、「勉強になりました」とほとんど同義で「役に立ちました」とか「利益になりました」という意味をあらわしています。 教訓になりました 「勉強になりました」の同義語、類義語である「教訓になりました」の意味は、「自分にとって得るものがありました」とか「自分にとってためになりました」などの意味をあらわしています。 利益になりました 「勉強になりました」の同義語、類義語である「利益になりました」の意味は、「自分にとって有益である」とか「自分にとって良い結果をもたらす」などのポジティブな意味をあらわしています。 利となりました 「勉強になりました」の同義語、類義語である「利となりました」の意味は、上記でご紹介させて頂きました「利益となりました」とほとんど同義で「自分にとって得るものがある」「とか「自分にとってためになる」などの意味をあらわしています。 知識に接するという使い方の同義語と類義語 「勉強になりました」という言葉には上記でもすでにご紹介しておりますように3種類の使い方があります。 その3種類のうちの2つ目の「知識に接する」という使い方の場合の同義語と類義語をご紹介させて頂きます。 上記でもすでにご紹介致しましたように、「勉強になりました」という言葉にはたくさんの類義語、同義語がありますので、それを使用すれば「勉強になりました」という言葉を別の言葉に言い換えることができます。 例えば、「こちらこそ、大変勉強になりました」を「こちらこそ、大変学ぶことができました」と言い換えることができます。 ほかにも、「勉強になりました」の同義語と類義語には「為になりました」「教訓になりました」「利益になりました」「利となりました」「学習できました」「参考になりました」などがありますので、こちらに言い換えてもよいでしょう。 ただし、すでに説明しておりますように「参考になりました」は目上の人に使う場合、失礼に当たる場合がありますので注意が必要ですし、「勉強になりました」も目上の人に感謝を伝える場合「学ばせて頂きました」とより丁寧な謙譲表現にした方が良い場合がありますので気をつけましょう。 「勉強になりました」の意味を理解し正しく使おう! いかがでしたか。 「糧になりました」とか「参考になりました」という意味をもつ「勉強になりました」という言葉の意味や類義語、「勉強になりました」と「参考になりました」の違いや「勉強になりました」の敬語表現についてご紹介させて頂きました。 さらに、「勉強になりました」という言葉を使った文面のメールをもらった時の返信方法など、「勉強になりました」の使い方についてかなり詳しくなったのではないでしょうか。 「勉強になりました」という感謝の意を伝える言葉は、伝える相手が目上の場合、より丁寧な謙譲表現である「学ばせて頂きました」に言い換えましょう。 そうすれば、相手に対して失礼にならないように感謝の意を伝えることができるでしょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

好感度アップ!正しい敬語で丁寧な自己紹介をしよう

勉強 に なり ます 敬語

覚えることと見極めることが重要だ! この二つができるようになれば、敬語はまず大丈夫でしょう。 敬語には3つの種類があります。 1 尊敬語• 2 謙譲語• 3 丁寧語 の3つです。 それぞれ、 尊敬語とは、「動作の 主体へ敬意が向けられる敬語」 例)「おはす」、「たまふ」など 謙譲語とは、「動作の 客体へ敬意が向けられる敬語」 例)「申す」、「奉る」など 丁寧語とは、「 読み手(読者)または聞き手へ敬意が向けられる敬語」 例)「侍る」、「候ふ」 このような役割を持っています。 「~へ敬意が向けられる」とはどういうことでしょうか。 敬語は、それぞれ 「~から~への敬意」 というように、 敬意を払う、払われる、の関係性があります。 尊敬語と謙譲語ではその関係性は、 というようになります。 例を見てみましょう。 ・尊敬語の「のたまふ」 例)「源氏が惟光にのたまふ」 (訳:光源氏が惟光におっしゃる) この「のたまふ」は、動作の主体である光源氏に敬意が向けられています。 ・謙譲語の「申す」 例)「惟光が源氏に申す」 (訳:惟光が源氏に申し上げる) この「申す」は、動作の客体である光源氏に敬意が向けられています。 尊敬語と謙譲語は、実際の登場人物達に、敬意が向けられていますね。 敬語の対象や、発言者を特定していく! ポイントは二つ。 2-1. 敬語の種類を見極める まず敬語についての問題を解くには、敬語の種類を見極めることが必要です。 使われている敬語が 「どの種類の敬語なのか?」を理解することで、 発言者や動作の対象者を知ることができるのです。 「おはす」「召す」などの基本的な敬語を覚えることは大前提ですが、• 「たまふ」のような 尊敬語にも謙譲語にもなる敬語• 「奏す」、「啓す」など 特定の人物に使われる敬語(「奏す」は天皇、上皇にのみ使われる謙譲語、「啓す」は皇后、皇太子にのみに使われる謙譲語) など特殊な敬語にも注意しなければなりません。 特殊な敬語にも注意せよ! 2-2. 文脈を理解する 尊敬語、謙譲語、丁寧語のうちどれなのかが分かれば、 次は実際に敬意の対象が誰に向いているのか、の判断をします。 発言の主体や客体などをもとに判断をします。 先程挙げた「奏す」、「啓す」など特別な敬語なら判断はすぐできるのですが、普通はそうはいきません。 問題文の話の内容、つまり 文脈を理解してないと判断はできないわけです。 例文 「消息たびたび聞こえて、迎えに奉れ給へど、見返りだになし。 」 (源氏物語 夕霧の巻) 以上の文章は、「手紙をたびたび差し上げて、迎えに参上させなさるが、お返事さえない」 という訳になります。 これでは主語、目的語が分からないので、 「誰が」「誰に」に向けて手紙を差し上げたり、迎えに参上させているのかを理解する必要があります。 この物語は、大将殿(夫)が別の女性に心を移したことに衝撃を受けた、三条殿(妻)が子供たちを連れて、実家に帰るというストーリーです。 もしその物語の流れを理解していなかったら、 「誰が」「誰に」を補うことはできません。 なぜなら、「大将殿(夫)」、「三条殿(妻)」のどちらの動作にも尊敬語が使われており、 敬語の種類だけでは動作の主体や対象者などが分からないのです。 そのため、物語のストーリー=文脈を理解する必要があるのです。 現役東大生があなただけの 勉強計画を作成 STRUX大学受験マガジンでは、限定10名の勉強計画作成会を行なっています。 現役東大生が「あなたの現状」と「第1志望校」にあわせて勉強計画を作成します。 [ イベント特典 ]• 合格までにやるべき参考書がわかる• 第1志望校合格に必要な勉強時間がわかる• 1ヶ月で1900個の英単語を覚える方法がわかる 戦略03 敬語の問題が解けるようになる!勉強法 敬語の問題を解けるようになるには、敬語の知識をつけるのはもちろんですが、文脈を理解する力も必要なので、他の知識のインプットや問題演習が必要です。 この章では、 Step1. 古典単語・古典文法知識(敬語以外も含む)のインプット Step2. 読解問題の演習 にわけて解説をしていきます。 敬語の知識を入れるのにおススメなのはこの二つの教材。 助動詞の勉強法でも紹介した参考書。 構成としては、1単元ごとに• 5章が敬語のパートになっています。 青と白のレイアウトで、非常に見やすいです。 こちらも解説+問題で、知識を定着させやすい構成です。 自分に合いそうな方を選びましょう。 具体的なやり方 基本的に二つの教材どちらともやり方は変わりません。 1 解説の部分を読む。 2 問題を解く。 3 間違えた問題を確認。 4 解説で扱っている例文、及び間違えた問題の文を音読。 (特に例文は暗記するぐらいまで繰り返し読むこと) 至ってやることはシンプルです。 特にしっかりやってほしいのが 4。 解説を読んで、すぐに問題を解けば正答率は当然高くなります。 その正答率を見て、「よーしもう大丈夫!」となってしまうと キケン。 古典文法は、繰り返し見て覚えるのが鉄則。 その章で扱った内容をしっかり定着させましょう。 また古典文法は早めに習得したいもの。 どちらも問題量が多いわけではないので、1ヶ月で1周、2ヶ月目で間違った問題を中心に2,3周目ができるといいでしょう。 その通りだ。 そして文脈の把握を練習するには、実際の読解問題を解くのが一番だ。 Step2では、そのための読解問題の勉強法解説をしていくぞ! 3-2. Step2-読解問題の演習 敬語は文章の内容を理解することによる判断も非常に重要なので、 読解問題の演習が重要です。 なので、• 演習問題を利用した敬語知識のアウトプット• 読解問題を通して敬語を読み解くのに慣れること この2つの演習が必要になります。 解説が詳しく載っている問題集です。 Step1で身に着けた敬語の知識をアウトプットして、定着させましょう。 具体的なやり方 1 問題を解く。 2 間違えた問題の解説を読む。 3 間違えた問題の音読。 こちらは助詞と同じくこの参考書がおすすめです。 解き終わったら、などの辞書的な文法解説書を使って、知識を補強しましょう。 文章の内容を理解する演習は、実際に読解問題を解いていくのが一番。 ここでは、そのためのおススメの教材を紹介します。 シンプルなマーク問題集。 敬語が絡む、もしくは使われている問題が数多く、収録されているのでおススメ。 記述や選択式などいろいろな問題が収録されている。 まずは基礎編を行い、その後、「古文上達 読解と演習56」をやるのがおすすめです。 具体的なやり方 1 問題を解く。 (書き込まずにコピーをとること) 2 答え合わせをする。 何が原因で間違ったのかを分析。 3 敬語については、「誰から誰への敬意」なのかを全て確認。 4 全文音読。 注意点としては、 古文は一度解くと、どうしても頭に訳が残ってしまうということ。 なので知識がない状態で演習を行ってしまうと、読解の機会としても使えませんし、問題を解く意味がなくなってしまいます。

次の

「勉強になりました」の例文・類語・失礼なのか・他の言い方

勉強 に なり ます 敬語

社会人にとって、正しい敬語のマナーは絶対に身につけておきたいもの。 (1)「了解です」 物事を了承するときに使ってしまいがちな「了解です」。 実はこのフレーズ、目上の方が目下に対して使うもの。 上司に使う言葉として適切ではありません! 「承知しました」「かしこまりました」に言い換えたほうがベターですね。 (2)「なるほどですね」 「なるほど」と「あなたの言う通りですね」の二つの意味合いを勝手にくっつけた言葉として使ってしまっていませんか? そもそも文法的に考えると、「なるほど」は副詞であるため、直接「です」をつけることができませんね。 それだけでなく、「なるほど」は相手の言った内容を評価し、自分が納得したときに使う言葉。 もちろん上司を評価することは失礼ですね。 「確かにおっしゃる通りです、勉強になります。 」など、言い方を工夫するといいでしょう。 (3)「ご一緒します」 たとえば食事に誘ってくれたときに返す言葉として、使ってしまいがちな「ご一緒します」。 しかしこの言葉、適切な敬語ではありません! 上司に対する敬意を込めて「ご一緒させていただきます」や「お供させていただきます」など、謙譲語を使ったほうが自然ですね。 本来、上司に対して使う言葉ではありません。 上司、部下と立場関係なく使える「お疲れさまです」を選びましょう。 (5)「お久しぶりです」 「お久しぶりです」は、自分の立場に近い関係にある人に使うあいさつの言葉。 友人や親しい先輩などであれば、問題ありません。 目上の方に対しては、「お久しぶりです」よりも丁寧な「ご無沙汰しております」のほうがベターですね。 (6)「私には役不足です」 たとえば上司からなにかチャンスをもらったとき、「その役を務めるには自分の力が不足している」ことを伝えたいのであれば、「力不足」が正解です。 「私には役不足です」と言ってしまうと、逆の意味になってしまうので要注意ですよ! (7)「お暇なときにでも」 社会人にとって、暇な時間なんてありませんよね。 受け取り方によっては不快にさせてしまう場合もあるので、使用を控えましょう。 代わりに、「お手すきの際に」という言葉を使いましょう。 (8)「大変参考になりました」 「参考」という言葉は、「自分の考えを決める際の足しにする」といった意味。 目上の方に対して使う言葉として実は適切ではありません。 上司からのアドバイスには「大変勉強になりました」のほうがいいでしょう! 正しい言葉遣いは、上司とより良い関係を築くために必要不可欠。 上司だけでなくお客様や取引先、同僚に対してもTPOに合った言葉を選んでいきましょう。 文/西谷依里子 画像/PIXTA(ピクスタ)(Zi-Ae.

次の