頑張る 類語。 「頑張る」の言い換え「類語」まとめ!

「頑張ります」は敬語?目上への正しい使い方を類語と例文で説明

頑張る 類語

「頑張ってください」は敬語だが、ビジネスでは目上に使わない 「頑張ってください」は文法的には正しい敬語ですが、ビジネスシーンで目上の人に対しては使用すべきではありません。 理由は下記です。 一般的に上司や取引先に対して激励するのは失礼にあたりますので、いくら敬語でも「頑張ってください」は使わない方がよいでしょう。 ビジネスでの激励や労いは基本的に立場が強い人が弱い人に対して行うということを覚えておきましょう。 目上の人に対して何かを命令文を使うのは避けた方がいいでしょう。 「〜ください」という言い方は丁寧さに欠けてしまいます。 「頑張ってください」は日常的にも多用されますし子どももよく言う表現で、ビジネスシーンでは相手に稚拙で雑な印象を与えてしまう可能性があります。 しかし、「頑張ってください」は「頑張ってね」「頑張れよ」などよりかは明らかに丁寧な表現なので、親しい関係の相手に対しては使用しても問題ないでしょう。 状況や関係値によって、適切に使い分けしましょう。 「頑張れ!」は目上の人が使う場合も注意が必要 一方で、上司だからと言って「頑張れ!」と部下に多用するのは現代社会ではリスクが伴います。 「頑張れ!」ということで、精神的な苦痛を感じる従業員も少なくありません。 激励されることでモチベーションが上がる人もいれば、憂鬱な気持ちになってしまう人もいます。 上司の立場の人は、部下がどのようなタイプの性格なのか、しっかりと見極めて「頑張れ!」という言葉を使いたいものです。 「頑張ってください」の漢字と語源 「頑張る」は実は当て字で語源は「我(が)に張る」 「頑張る」は実は 当て字だと知っていましたか? 「頑張る」の語源は「我(が)に張る」で、「自分の考えを貼り通す」という意味でした。 そこから転じて、「忍耐して努力する」という意味が生まれました。 「頑張って下さい」と「ください」を漢字にするのは誤り 「頑張って下さい」のように「ください」を漢字表記されている文章をよく見かけますが、こちらは厳密には誤りです。 「下さい」は本動詞のときに使い、「ください」は 補助動詞のときに使います。 「ください」は「〜してください」と他の動詞を補助する役割をします。 例えば、「返事を下さい」=「返事をしてください」となります。 「頑張ってください」の敬語の言い換え 中高大で先輩に「頑張ってください」と言うのはOK 「頑張ってください」は社会人が上司に対して使うのは避けられるべきですが、小学生、中学生、高校生、大学生が部活動やサークルで先輩に「頑張ってください」と使うのは許容です。 「社会人になっても頑張ってください」「大学にいっても頑張ってください」などと言うのは自然で、不快な思いをする先輩はほぼいないと思われます。 ビジネスメールでは「ご成功/ご活躍/ご健闘をお祈り申し上げます」 ビジネスメールは口語よりも堅く丁寧な敬語表現が求められます。 ビジネスシーンにおける「頑張ってください」の敬語の言い換えは、下記の表現が一般的です。 ・ご成功をお祈りしております ・ご活躍をお祈り申し上げます ・ご発展をお祈りしております ・ご健闘をお祈り申し上げます ・ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます ・ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます なかでも「健闘」は「がんばってたたかう」という意味なので、「頑張る」に最も意味が近いです。 「健勝」は「健康であること」を指しますので、年賀状など形式的な文章の結びの言葉としてよく使われます。 また、「ご活躍」は個人に対して使いますが、企業や集団に対しては「ご発展」を使います。 例文 ・新しい職場での一層のご活躍をお祈り申し上げます。 ・新天地でのご健闘をお祈り申し上げます。 ・貴社が更なるご発展を遂げられますよう、祈念申し上げます。 ・新規事業のご成功をお祈りしております。 ・昨年は大変お世話になりました。 「頑張ってください」の不適切な言い換え お励みください/お励みくださいませ 「お励みください」「お励みくださいませ」も「頑張ってください」と同じ理由で使用を避けるべき言い回しです。 「お〜ください」で正しい尊敬表現ですが、「励む」は「努力する」「精を出す」という意味で「頑張る」の同義語です。 目上の人に努力を要請することには違和感を覚える人が多いので、「お励みください」も使用しない方がよいでしょう。 期待しています 「期待しています」というフレーズも目上の立場の人に対して使用すべきではありません。 「期待する」の意味は「成果を信じて待つ」です。 部下は上司の成果を確認する立場にありません。 よって、「期待しています」は目上が目下に対して使う表現ということになります。 ビジネスシーンでは、「期待に応える」「ご期待に沿う」などの表現も存在します。 「頑張ってください」の外国語 「頑張ってください」の英語は「Good luck」「Go for it」 「頑張ってください」の英語は、 ・Good luck. ・Go for it. ・Hang in there. ・Do your best. ・Do the best you can. ・I'm crossing my fingers for you. ・I believe in you. ・You got this. ・You can do it. ・Work hard. ・Never give up. Keep moving. ・Keep it up. ・My best wishes. などがあります。 中国語の「頑張れ」は「加油」が有名ですが、これはスポーツ観戦のときなどに使う言い回しです。 ビジネスでは「坚持(堅持)」という表現を使うことが多いです。 日本語と同様で、中国語でも目上の人に対して「加油(頑張れ)」は使いません。 「頑張ってください」の韓国語は「힘내세요(ヒムネセヨ)」 「頑張ってください」の韓国語は「힘내세요(ヒムネセヨ)」となります。 若者は英語「fighting」からとって「파이팅(パイティング)」をよく使います。 日本語では「ファイト」ですよね。

次の

「業務に励む」でOK?ビジネスの場面で「頑張る」「努力する」意思を表す場合に適切&スマートな表現を校正者がサクッと解説!

頑張る 類語

目標を達成するあるいは、特定の原因または人への改革運動に従事するために、連続的に、活発に、または目立つように、力を発揮する; の主唱者である の意• 頑ばる• 苦難または逆境を通して生き続ける の意• 耐忍ぶ• 生きのびる• 堪忍ぶ• 持堪える• 生きのこる• 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の

「頑張る」のビジネスシーンでの正しい使い方【尊敬語・謙譲語・丁寧語】

頑張る 類語

「頑張る」、この言葉は多くの人が日常的に多用する言葉のひとつと言えます。 しかし、頑張るの語源を知っている人は、そう多くはないのではないでしょうか? 探ってみるとちょっと意外な事実がわかります。 頑張るの語源は「眼張る」または「我張る」 「頑張る」という言葉は、江戸時代から使われていた言葉で、漢字は当て字です。 頑張るの語源には2通りあり、ひとつは、「眼張る(めばる)」が転じて「頑張る」に変化したとされる説。 「がんばる」は江戸時代中期ごろの文献に現れ、それらは「見張りをする・目をつける」の意味が多いそう。 もうひとつは、広辞苑に掲載されている「我張る・我に張る」との語源。 文字どおり、自分の考えなどを押しとおす意味を表します。 一般的には、「眼張る」の説が有力とされているようですが、実際のところはなんとも言えないようです。 また、現在の「困難にめげずに精一杯努力してやり抜く」という意味の「頑張る」が使われ始めたのは、昭和11年頃、スポーツの世界で「前畑ガンバレ」などと使われたのが最初だったようです。 頑張るの類義語を覚えておくと非常に便利 頑張るは、ビジネスシーンでも日常生活のなかでも、頻出する言葉であると言えます。 ただし、いつでもどんな場面でも「頑張る」を使えばいいわけではありません。 むしろ敬遠される場面も少なくないのです。 「頑張れ」はプレッシャーを与えてしまうリスクも 日常生活でつい気軽に「頑張れ」や「頑張って」と声をかけてしまうことは、誰しも経験があるでしょう。 しかし、むやみに「頑張れ」と声をかけることがプレッシャーになってしまうリスクも否定できません。 そんなとき、頑張れの類義語を知っておくと非常に便利。 類義語を使えば、余計なプレッシャーを与えずとも「頑張ってほしい」という意思を伝えることもできるはずです。 頑張るの類義語は数十通り 頑張るの類義語は、非常に多く存在します。 ここでは、「困難にめげずに精一杯努力してやり抜く」という一般的な意味に通じる類義語を多数ご紹介します。 乗り越える/耐え忍ぶ/生き抜く/持ちこたえる/ガマン/踏ん張る/くじけない/屈しない/あきらめない/へこたれない/負けない/くじけない/七転八倒/ネバーギブアップの/不撓不屈の/粘る/逃げない/精を出す/励む/勤しむ/奮闘する/馬車馬のように/しゃかりきに/精力的に/汗水を流す/必死に/一生懸命/努力する/注力する/尽力する/奔走する/精進する/力を尽くす/アクセル全開で/粉骨砕身/意欲的に/奮起する/身を砕く/ベストを尽くす/意気込む/辛抱する/奮い立つ/精魂を傾ける/躍起になる/邁進する 主な類義語を並べていますが、頑張ると同等の意味を持つ言葉は探せばきっとまだまだあるはずです。 自身のお気に入りの言葉を探してみるのも、いいかもしれません。 「頑張る」「努力」の意味を表す四字熟語 つづいて、ビジネスシーンや就職の面接でも非常に役立つ、「頑張る」「努力する」の意味を表す四字熟語をご紹介します。 「頑張ります」とだけ言うよりも、より努力しようとする姿勢が伝わりやすくなるだけでなく、知的な印象を与えることもできるのではないでしょうか。 ぜひ、日常生活のなかに四字熟語をとり入れてみてください。 面接でも自己紹介でも使えるのが四字熟語 さまざまなシーンで使いやすい四字熟語をお伝えします。 一生懸命…一所懸命…物事を命がけで真剣に行うこと 完全燃焼…全力投球…最後まで力の限りを尽くしてことに当たるたとえ 粉骨砕身…骨を粉にして身を砕くような努力をすること 不惜身命…あえて自らの身命をもかえりみないこと。 元は仏教用語で仏道を修めるために命もためらわずに捧げるという意味 不眠不休…一生懸命努力をすること。 眠らず休まずに物事を行いつづけること 悪戦苦闘…死に物狂いの苦しい戦い。 困難の状況でも苦しみながら努力すること 獅子奮迅…物事を対処するのに、その勢いがはだはだ激しいこと 一心不乱…ひとつのことに集中して、心が乱れないこと 勤倹力行…勤勉倹約し、何事にも精一杯努力すること 奮励努力…気力を奮い起こして励み、努力を重ねること このような四字熟語が、ビジネスシーンや面接でパッと出てくれば、きっと良い印象を与えられるはずです。 頑張るの語源・類義語・四字熟語は社会人にとって役立つ知識 頑張るの語源は、実は現在よく使われる意味とは異なり、「眼張る」や「我張る」だと言われています。 現在でも、眼張るや我張るの意味も持ちますが、あまり多用はされていませんよね。 また、頑張るの類義語や同等の意味を表す四字熟語を知っておくことも、日常生活およびビジネスシーンで非常に役立ちます。 ぜひ、使いやすい類義語や四字熟語を挨拶や会話、さらにはメールや手紙のなかでも活用してみてください。

次の