花 の ヒョウ 五郎。 ONEPIECE 934「花のヒョウ五郎」

ワンピース 第934話「花のヒョウ五郎」あらすじネタバレ考察

花 の ヒョウ 五郎

934話の感想です。 扉絵リクトは「ウソップが鼻の先にとまったと話しているところ」です。 ここ最近、ほのぼのとした扉絵が多い気がしますね。 本編は激動の状態ですが。 オロチに物言いしたということで狂四郎にバッサリ斬られた小紫。 さらにナミの攻撃でオロチ城はてんやわんやとなりました。 一方、記憶を失ったビッグマムはチョッパー達と共にルフィが捕らわれている兎丼へ向かおうとして・・・• 常識外のおリンさん 場所はワノ国の近海、ビッグマム海賊団は船で今後の動きについてペロスペローを中心に考えています。 キングが制空権を取っているため、同じことをしてもはじき返される確率が高い上に、マムもいないため行動が制限されているようです。 とはいえ、マムのビブルカードは無事なため少なくとも生存は確認できます。 そういや、ビブルカードで生存確認できるんだよね。 しかし敵地で能力者が生きているということは捕まったと考えるのが濃厚。 命は後に取られると考えるのが普通でしょう。 マムが死んで船長交代などと冗談吹いていると、スムーが一喝。 「必ず帰って来る!!ママを常識で計るな愚か者共!!」 まあ、たしかに常識では通じないことになっていますけど・・・。 一方、編笠村では飛徹が細長いものでお玉と連絡を取り合ってました。 というのも、これから兎丼に向かうことを報告されたようです。 敵拠点のひとつに向かうので飛徹はとにかく反対しますが、けっきょく一方的に切られてしまいます。 これは酷い・・・。 そして切った側のお玉たちは、すでに九里の荒野をワニに乗って爆走しています。 ちなみにこのワニはマム 髪型もワノ国ver が二回殴って手懐けたんだとか・・・こえーよ!!! ワニの背中で、地図を使い兎丼の場所を確認する一同。 どうやらワノ国は大きな川で六つの地域に区切られているようです。 土地ごとに気候も違うとか、小さな大陸みたいな地だな。 マムがちょいちょい腹が減るアピールをする中、モモの助は気合充分に素振りをしています。 そして素振り中の掛け声に 「」と発します。 さてこれに疑問を抱いたのはお菊。 どこで覚えたのかと聞くと、ゾロが心を奮い立たせるときのまじないだと教えたそうです。 それを聞くと、なぜかお菊はこの言葉を禁止します。 モモの助同様に読者も首をひねるその理由は、この言葉は九里の古い方言でも同じものがあり、あまりいい意味でないからだとか。 花魁の死は都を騒がす 場面は変わって、花の都の北東に位置する鈴後という地域にある墓場。 雪が降り積もるこの場所で、ナミ、ロビン、ブルック、しのぶと合流したカン十郎がボロ小屋に入って暖を取っていました。 なんとか逃げ切れた彼女らの話題はもっぱら先ほどの小紫が斬られた事件について。 20年前は 「花のヒョウ五郎」という人物がヤクザの分としていたため、狂四郎という人物はここ最近なようです。 ちなみにおトコはに届けたそうですがどうなることやら・・・。 予想以上に情報を抜き取っていたロビンに、ポーフを見つけていたブルックとそれぞれ情報交換しますが、おトコの安否の確認のために女性組がへ向かうことになります。 また花の都では、民衆が大騒ぎ!小紫が狂四郎に殺されたことがすでにニュースとなっているたのです。 その民衆と同じくらい・・・いやそれ以上の涙を流すのびす町まで逃げたサンジ。 本人曰く、美女の死は世界の損失だとか。 ある意味、名言だけど! ロビンたちの安否もわからないので、ワノ国版の電伝虫「スマートタニシ」を使おうと進言するウソップ。 さっき飛徹とお玉が使っていたのはこれですね。 さらにルフィの状況を訊くサンジ達。 ローは新聞を確認しますが、ここでちょっとしなニュースが。 それはキッドが脱獄したというもの。 ローはホーキンスとの海賊同盟の件も踏まえて疑問に思う中・・・ 「————ところで「」の場所はわかるか」 「「上の空だろ さっきからてめェ!!!」」 サンジ、お前レイドスーツをまた使う気やないかい!! 任侠に涙する男 今回はバンバン場面が変わって、お次は兎丼の囚人採掘場。 キッドの脱獄の件でルフィがアルパカマン アルパカのSMILE に唾を吐きかけられていました。 アルパカの能力って何の役に立つんだ・・・? ルフィは少なくともこの件には関わっていないようですが、あちらは持たずで嫌がらせをしてきます。 そんな中、囚人たちが何かを止めるような声が。 ルフィが声の出どころを見ると、ヒョウじいがたくさんの足を持つギフターズ サソリのSMILEかな? にボコボコにされていました。 彼はヒョウじいがあまり働けないことをわかっているため、きびダンゴの引換券を大量に持っていることを疑問に思ったようです。 それについて質問しますが、そんなことはどこ吹く風、ヒョウじいは無視して地面に転がるきびダンゴを口に運びます。 これに怒った男はさらに連続で蹴りを打ちこみ、きびダンゴを吐かせるのと同時にこの券をくれた共犯者の名前を問います。 しかしむりくりダンゴを飲み込んだヒョウじいが口にしたのは、死んでも言わないという確固たる意思表示。 彼は嬉しかったのです。 そして任侠には任侠で応えるのがその男の誇り。 「久しぶりに・・・腹も心も満たされ候!!———ここは侍の国!!!昔はあんな男達が・・・いっぱいいたんだ!!!お前らがみんな殺しちまった!!!」 大粒の涙を流しつつ、侍のあり方を話すこの男こそ20年前にヤクザの分として名の知れた 「花のヒョウ五郎」! もはや勝てずとも最後は意地の抵抗をするヒョウじいもといヒョウ五郎ですが、ここで黙ってみているわけがないのはルフィ。 周りの制止も聞かずに、でヒョウ五郎の元へ向かいます。 ジャンピングして男の顔面を狙うルフィ。 何者かの悲鳴が響く一方、外では囚人採掘場にひとりの大物が訪問してきました。 その人物、大看板のクイーン! 情報が多いのなんのって 次回以降に大きく絡んできそうな伏線が多かった今回の話。 ちょっと多いので順番にやっていきましょう。 まずはマムを除いて全員無事だったビッグマム海賊団。 彼らの会話で出てきたマムとカイドウが元仲間という情報は驚きです。 やはりロックスの海賊団で一緒だったということか?これが本格的に触れられるのはだいぶ後になりそうですね。 というか、マムの子ども達はみんな知っているのかな? 彼らの状況について船が転覆しなかったのが偶然だというのには消化不良ですが、その後のペロスペローとダイフクによる船長談義は面白かったですね。 ダイフクがを推しているのが良かったけど、個人的にペロスペローの方が向いている気がします。 実際、は現場指揮官くらいが性に合っていると思うの。 まあ、彼らも本気で言ってはいないでしょうが。 お次は飛徹の件。 私は前から彼を赤鞘九人男の一人だと思っていましたが、未だに言及されていない状態です。 まあ、今回のお玉やお菊の会話やモモの助を様付けで呼ぶので別におかしくはないのですが、ここまで何もないと違うのかとも思ってしまいます。 うーん、もどかしい感じ。 次にモモの助の「」という掛け声。 九里の昔の方言で明確な意味はわかりませんでしたが、お菊的にはモモの助にふさわしくない言葉なようです。 九里はおでんがまとめ上げる前は世紀末のような状況だったらしいので、とんでもない意味がありそうです。 しかしこれを教えたのがゾロというのに違和感があります。 こうなると過去に剣を教えたコウシロウやミホークのワノ国の関連を思いつきますが、無理ある伏線の導入だとかそういうことじゃないんです。 だから何だというんだということなんです。 だって現状はちょっと悪い意味の言葉を覚えただけじゃないですか、これ。 これが時代を超えて合言葉やメッセージになるようなエピソードに深みを持たせる役割としても微妙じゃないですかねぇ。 今度はブルックの見つけたポーフの件。 リオ・ポーフではなかったみたいですが、世界観の情報を知るのには気になるものです。 そして気になったのはこれを保管している部屋も。 しのぶはがある部屋だと思ったみたいですが、真相は不明です。 そもそももまだ言及されていませんものね。 飛徹が美女コレクターとわかったくらいでしょうか。 美女関連といえば、ナミ達がに行くようなのでマジでサンジ達と合流する可能性が出てきた気がします。 でもサンジが見るのはしのぶの裸な気がするわ。 ラストはキッドの脱獄について。 ただし海楼石の錠をつけたままなので戦力を整えるのが難しそうな気もします。 まあ、彼の性格的に退くことはないと思うので何かしら行動は起こすでしょう。 それよりも脱獄についてですが、これを手引きしたのはおそらくキラーでしょう。 アプーすら声も出している中、彼だけ音沙汰ないのでどこかに潜んで救出するチャンスをうかがっていたのではないでしょうか。 だいたいキッドなんて獄中でも元気でしたし、時間かけても問題なさそうだったしな 笑 あとは大穴で姿の見せていないアプーや同じ獄中のとかもありそうです。 ただやっぱり思ってしまうのは、尾田先生の描きたいものをとにかく詰め込んでいる感があるのでちょっと無駄に多いような気がします。 相撲の時くらいの絵的な面があればともかく、単純な情報を出すのは退屈な感じは否めません。 今回のチェストの掛け声なんて特に思ってしまった・・・。 それよりも今回のメインとなるヒョウじいの件の方が個人的には面白かったです。 正直、彼の涙と表情だけで今のワノ国が昔と大きく変わったのがよくわかります。 そしてそこにはびこるのは任侠を忘れた者達・・・彼の言葉を借りるとしたら強者 バカ ですね。 こいつらにすら屈して敗北した彼の心境はいかほどか。 ヤクザという名目上、おでんとの関係はどうかわからないですが、もし敵対していたとしても互いにリスペクトはありそうですよね。 個人的に短いながらも のときと合わせて考えるとちょっとグッと来てしまいます。 というか、伏線や設定過多でちょっと薄れがちですが、本当に心熱くなる演出でした。 精神的に弱い時に読むと涙出てくるな、これは。 正直、設定よりももう少しエピソードを重視して欲しいなと思いつつ、また次回! katakunad.

次の

ワンピースのヒョウ五郎(ヒョウじい)の正体とは?今と昔の強さや武装色の覇気について紹介|ワンピースネタバレ漫画考察

花 の ヒョウ 五郎

キングによって滝の上から船ごと叩き落とされたビッグマム海賊団は、なんとママがいないこと以外にはほぼ被害がなかった模様。 ママは滝の上で落水し、息子たちは船ごと滝の下へ。 上空をキングが警戒しているであろうことから、ふたたび滝を登り直すことも、ママを救助に向かうことも叶わなかった。 なるほど、滝の上で海に落ちたから、ママはサニー号と似た場所に漂着したというわけだ。 ママの常人離れした生命力を信じつつも、所詮はみな種違いの異父兄弟たち。 もとから一枚岩という感じではなかったが、ママという唯一極太の絆の存続が危ういとなれば、その結束は意外ともろいのかもしれない。 早くも「跡目争い」が始まりつつある。 ペロスが長子継承を謳うのはともかく、ダイフクが(おそらく)自分の地位確立のために自分ではなくカタクリを推しているのが、なんとも醜い。 その頃と今とでは行政も物流も、娯楽・嗜好など市民生活もまるで違うので、ふたりを単純に比較することはできない。 ただ、社会構造から作り替えたオロチの政権に取り入るには、縁故でもなければ、相当な実績か貢ぎ物が必要だったはずで、無名の狂死郎がいったいどのような実績をもってオロチに召し抱えられるに至ったのか、そこにはただならぬ執念を感じざるを得ない。 ルフィが助けてきびだんごの食券をあげた爺さんだった。 義を貫き、弱気を助け、強者に屈せず。 強く優しく気っぷのいいルフィの男気に感じ入ったヒョウ爺最大級の賛辞だ。 昔はそんな男たちが大勢いた。 お前らがみんな殺しちまった。 見たところ、ヒョウ爺は腕っぷしではなく、かつて、その男っぷりで人望を集めていた大人物だろう。 光月家を追い落としオロチがワノ国で好き放題し始めたときには、同士とともに激しく抵抗したに違いない。 しかし彼らの「任侠」は、カイドウ率いる軍団の「暴力」に敗北したのだ。 その「暴力」にはやはり勝てないながらも、今、ルフィの心意気に「任侠」で応える胆が決まったのだ。 再度助けに来たルフィに、 「おい、ダメだ、よせ…、これ以上…」 「泣かすなよ…」いいセリフだわ。 もはや自分のこともルフィの処遇も心配などしていない。 ただただ、ルフィの気持ちが、こういう男にまた出会えたことが嬉しくてたまらない。 なんだか某世紀末救世主マンガの世界みたいだ。 心意気や信念が駆逐され暴力だけが支配する世界だものな。 したたかにカイドウの傘下に収まったアプーやホーキンスとは異なり、はっきり敵対したからこそキッドは半殺しにされたのだろうし、キラーほか海賊団の仲間たちはいったいどうなったのか? どこかに幽閉されているにせよ、敗走して雲隠れしているにせよ、キッドは仲間のもとへ向かうだろうな。 ともあれ、このシリーズは登場人物も、勢力も多分化しすぎなので、しばらく積極的に動かなくていいわ。 たぶんママが記憶失くしたのもそういう都合があるんだと思うな…。 スナッチ スナッチ「snatch」とは、引ったくる、ぶん取るの意。 またはスラングでヴァギナのことを指すらしい。 …確かにゆくゆくはワノ国を束ねる男が軽々しく使うに値しない下品な言葉のようだが、菊が気にしているのは、似た響きのワノ国の方言だという。 ゾロとモモの助は一緒にワノ国まで来たはずなので、航海中もトレーニングを欠かさない(というか酒呑んで寝るかトレーニングしかしてない)ゾロに学ぶところがあったのだと思う。 だが、ゾロはまじないなどを頼りにする鍛え方はしていないので、誰かから伝え聞いた与太話をモモの助に伝えたとかじゃないだろうか。 「〜〜なんて方法があるらしいぞ。 おれには必要ないがな」とかなんとか… しかし、この掛け声がワノ国九里の方言に似ているのが偶然ではないとしたら、ゾロはこの掛け声をいつ誰から教わったのか。 ゾロはワノ国に着き、浪人として市井に溶け込むや、程なく辻斬りの容疑をかけられ、奉行所から逃走。 以後はモモの助たちと合流していない。 ゾロのかつての師匠:コウシロウはワノ国の出身だったはずなので、ひょっとするとその辺りに由来するのかもしれない。 幼いゾロにとっては「外国の言葉」だったろうしな。 しかしコウシロウは見た感じ人格者で、汚い言葉で勢いをつけるような剣を弟子に教えたとは考えにくい。 この言葉をゾロが知った経緯は、ちょっと捻ってありそうだが、そこにくいなが関わっていたら面白いなぁ。 失礼しました。

次の

ワンピース第934話ネタバレ!「花のヒョウ五郎」最新話考察!!

花 の ヒョウ 五郎

2019-02-18 21:00 ぺロスペロー海賊団! ビッグマム海賊団はビッグマムを除いて全員が無事だったようです。 全員で今後の方針を話し合っている様子。 ビブルカードが無事であることからママは生きていると主張するぺロスペローは「ママとはいえ カイドウに捕らわれていたらただでは済まないはずだ。 もしママに何かあった際には、 長男である自分が指揮を執り 〝ぺロスペロー海賊団〟だな」と発言します。 これに対し 「時期船長はカタクリだろ!?年功序列で決まるかよ!」とダイフクが反発し 内輪揉めに発展しそうになりますが、スムージーの 「ママが無事に戻ってくることを前提に話を進めよう」との発言によりこの場は収まりました。 ビッグマム御一行 チョッパー、お菊、お玉、モモの助は、ビッグマムと共に手懐けた「ワニサメ」に乗って『兎丼』へ向かっています。 ビッグマムの魂の入った帽子「ナポレオン」が何も話さないことをチョッパーは訝しんでいる様子。 移動中も素振りを続けるモモの助。 素振りの掛け声はゾロが教えてくれたとのこと。 これを聞いたお菊は 『九里』の古い方言と似ているからと使うことを禁じます。 モモの助が使うような言葉ではないとのことですが、どのような意味なのでしょうか。 お玉は飛徹と連絡を取り状況を伝えます。 激怒した飛徹に 「絶対許さん!すぐに戻ってこい!」と言われますが、 お玉は戻るつもりはないようです。 ワノ国の全体図 ここで初めてワノ国の全体図が公開されました。 九里 希美 林檎 花の都 兎丼 白米 花のヒョウ五郎 オロチ城から無事逃げた ナミたちは『花の都』東の雪降る場所で「カン十郎」と合流します。 合流後の会話によると、カン十郎は「狂死郎」という侍を知らないとのこと。 20年前には 「花のヒョウ五郎」という人物が、 20年前に荒くれ者どもを束ねていた大親分であったという。 その他にも、ナミやロビンが自分たちの得た情報を共有したようです。 決戦の日に向けた動きや、ポーネグリフについての情報が主なよう。 瓦版の内容 『花の都』で配布された瓦版には、 小紫が亡くなったことが取り上げられていました。 涙する民たち。 『えびす町』では、サンジも号泣しています。 また、瓦版には 「キッド」が脱獄したとも書かれていました。 ルフィと老人 ルフィは、 以前助けた老人がサソリとゾウの看守に殴られているところに出くわします。 どうやら 大して働けないはずの老人が、 大量の団子引換券を持っていたため、渡した相手を聞き出そうと殴られていたようです。 どうしても口を割らない老人を見て、ルフィは手錠をされたまま立ち向かいます。 そしてこの時、老人の口から、 自分の正体が「花のヒョウ五郎」であること告げられました。 クイーンの到着 「疫災のクイーン」がルフィのいる『兎丼採掘場』に到着。 戦車のような乗り物に乗って登場しました。 共にいる部下たちは「QUEEN!QUEEN!!!」と大歓声を上げています。 クイーンの座る椅子の背には〝角のマーク〟が描かれています。 クイーンの能力にまつわるものでしょうか。 「中が騒がしいな」と部下に聞いているクイーン。 まさかルフィ…? 今後の展開 ルフィvsクイーンとなるのか、 クイーン到着時には脱獄しているのか。 どちらにしても、ルフィサイドで大きな展開がありそうです。 クイーンの能力については 『ムシムシの実 モデル〝サソリ〟』かと思っていましたが、サソリのギフターズが出てきたという事は違うのかな? 大看板は全員〝古代種〟の能力者なのかもしれません。

次の