病院 マスク 不足。 「1週間に1枚」マスク不足深刻 京都の病院、他の感染症リスク懸念|社会|地域のニュース|京都新聞

病院・開業医もマスク足りない 消毒液・手袋も枯渇気味、入荷もなし|社会|地域のニュース|京都新聞

病院 マスク 不足

布マスク2枚。 2020年4月1日の新型コロナウイルス感染症対策本部において、全国の世帯ごとにその配布を行うことが安倍総理から発表され世間の耳目を集めました。 巷では、マスクよりも現金を給付すべきではないのか、そもそも布マスクに予防効果はあるのかなど、さまざまな声が上がっています。 本記事は、そんな状況で 参考にしたいマスクのデータをご紹介します。 マスクの生産量、布マスクと不織布マスクの違い、各国のマスク不足/生産状況などまずはファクトを押さえ、コロナ禍におけるマスク不足問題について考えましょう。 マスクはなぜ足りなくなった? マスク生産量から考える まずはマスクの生産量の推移を見てみましょう。 しかし、花粉の大量発生やPM2. 5への危機意識の高まり、16年から続いたインフルエンザの流行などにより年々供給は増し、2018年度(2018年4月~2019年3月)には 55億3,800万枚が生産されました。 2019年度のデータはまだ出ていませんが、月間4. 5億枚の通常需要に対し、平均6億枚の供給と 例年の1. 3倍以上の供給を行っているようです。 政府より 4月には7億枚に増産するとの発表もなされました。 なお、国内生産と輸入の割合は2012年以降おおむね「8:2」であり、平時は生産の多くを輸入に頼っています。 つまり、例年の1. 3倍を超える 生産量を支えているのは国内メーカーということですね。 日本政府が設けた「マスク生産設備導入支援事業費補助金」を受けてマスクの生産・増産に乗り出した企業は2020年4月3日時点で以下の10社。 これらだけで導入後1カ月で4,561万7,500枚以上の増産に取り組んでいます。 しかし、依然として小売店はマスク不足のまま。 (東京)によると、ドラッグストアにおける来店客100万人当たりのマスクの売上高は、1月下旬の約1億9,000万円から3月上旬には約1,600万円と10分の1以下に縮小しました。 止まらない需要に供給が追いつかないのです。 優先度の高い医療機関へのマスクの供給がまず急務であり、4月1日の発表でも3月中に配布した1,500万枚と同数を新たに4月6日以降配布する予定が発表されました。 それでも多くの医療機関がマスク不足にあえいでおり、1日1枚、1週間に1枚など使用制限が設けられた病院も多く存在します。 布マスクと不織布マスクはどう違う? どう使うのが正解? 今回配布されるのは 「布」マスクだということも物議を醸しました。 今回配布される布マスクはガーゼなどを重ねて作られており、洗って再利用したりはぎれや手ぬぐいを用いて自作したりすることが可能です。 しかし、多くの指摘があるように縫い目をすり抜けるウイルスを防ぐ効果は期待できません。 一方、一回使い切りの不織布マスクはというと、こちらも繊維の隙間が布マスクよりは密になっているもののウイルスよりは大きいため、十分な予防効果は期待できないという説もあるそうです。 しかし、不織布マスクとほぼ同じ効果を持つと言われる医療用のサージカルマスクと布マスクの感染予防効果を比較したところ、常にサージカルマスクが優位だったというもあり、比較すれば不織布マスクのほうがウイルス予防効果は高いといえるでしょう。 とはいえ重要なのは、 いずれのマスクも予防効果は絶対ではないということです。 すなわち「予防」ではなく、せきやくしゃみによりまき散らしてしまう飛沫を少しでも減らし 「感染拡大を自ら防ぐ」という意図でマスクを使うのが基本的には正解です。 台湾、韓国、アメリカ、EU、中国……各国のマスク生産/不足状況 最後に海外の国々のマスク生産や不足事情についてみてみましょう。 台湾 現在のところ、新型コロナウイルス対策で最も成功している国といわれる台湾。 4月3日の報道によるとマスクの製造量は1月の約7倍に当たる 1日1,300万枚となっており、友好国に1,000万枚の無償提供を行うと蔡英文首相により発表されています。 また4月2日、やにおける神対応で知られるデジタル担当大臣氏により、医療用マスクの消毒法の解説動画が日本語吹き替えおよびテロップ付きで公開され話題になりました。 💁 同僚の が翻訳と吹き替えを担当してくれました。 日本の皆さんのお役に立てれば幸いです。 また、本消毒法は 3~5 回が限界です。 — Audrey Tang 唐鳳 audreyt 韓国 3月頭まで感染者数が大幅に増加したものの、現在はピークアウトを向かえたといわれている韓国。 3月30日の韓国・ニュース1の発表によれば 3月第4週(23~9日)の生産・輸入量は1億1060万枚で、感染者数の増加がピークを迎えた直後の第1週(2~8日)より3,751枚増加したといいます。 政府・業界関係者は出生年によってマスクを買える日を指定した 「マスク5部制」が品薄解消に大きく寄与したと分析しています。 アメリカ 2020年4月5日現在感染者数が31万人を突破し(全世界1位)、増加を続けているアメリカ合衆国。 2月時点で保険福祉省のアレックス・アザー長官により、 医療用マスク3,000万枚、N95マスクなどのレスピレーターが1,200万枚しか備蓄されていないという発表がなされていました。 3億2,000万人を超えるアメリカの人口には到底満たず、4月3日にはトランプ大統領により N95マスクの輸出禁止が発表されました。 EU 4月5日現在感染者数世界2位のスペイン、3位のイタリア、4位のドイツ、5位のフランスを抱えるEU。 各国とも深刻なマスク不足の状況にあります。 不織布マスク等繊維製品の輸出量において2位に位置するドイツやフランスが 一時マスクの輸出制限を表明し、他国から批判を浴びるなどコロナ禍を引き金としてEUの連帯に亀裂が生じる危険性も示唆されています。 中国 世界一のマスク輸出大国中国。 2月29日時点でマスクの総生産量は 1日あたり1億1,600万枚に達したと報道されています。 日本にも大連市から北九州市へ20万枚、ネット通販最大手アリババから100万枚、通信機器大手ファーウェイから50万枚など大量のマスクが提供されています。 ただし、その品質は すべてが完璧というわけではなく、オランダが中国から輸入したN95マスク130万枚のうち46%が不合格として処分された事実もあります。 終わりに マスクにまつわるさまざまなデータ・ファクトをみてきました。 誰しもがここまでの拡大は予想しえなかった。 徐々にピークアウトした国もみられだしてはいるものの、日本も含め収束の目途が立たない国も数多く、マスク不足という眼前の霧も晴れる予測は立ちません。 そして、マスクがあれば「感染しない」というわけではないのもまた事実。 当たり前の結論ではありますが、マスク以上に効果の高いとされる 手洗いや不要不急の外出自粛の徹底に力を入れるのが個人にできるベストな選択といえるでしょう。 データを活用することやデータに基づいた迅速な意思決定・アクションが、 時間を節約し効率化する、クリエイティビティの求められる業務にフォーカスするための力になるからです。 あなたも「Data Empowerment」を実現してみませんか? Data Empowermentは、働くひとのパフォーマンスを最大化するもの」とわれわれは考えています。 データを活用することやデータに基づいた迅速な意思決定・アクションが、 時間を節約し効率化する、クリエイティビティの求められる業務にフォーカスするための力になるからです。 あなたも「Data Empowerment」を実現してみませんか?.

次の

「1週間に1枚」マスク不足深刻 京都の病院、他の感染症リスク懸念|社会|地域のニュース|京都新聞

病院 マスク 不足

来院者のモラルに欠けた行動に、多くの人が衝撃を受けました。 マスクを求め迷惑行為が多発 2020年1月に中国の武漢で発生した新型コロナウイルス感染症。 日本でも感染者が次第に増えていき、感染を防ごうと薬局やスーパーなどではマスクや除菌アルコールスプレーの売り切れが続出しています。 投稿者さんは『医療現場からのお願い』と称し、病院で起きている迷惑行為を明かしました。 その中には、言葉を失うほどのモラルのないひどい行為も挙げられています。 ・看護師やスタッフなどにマスクの販売を求めて来院する。 ・入院病棟にまで入って、マスクを求めてくる。 ・病院内に設置してある除菌アルコールスプレーを持ち帰る。 ・設置してあるアルコールスプレーを、携帯用スプレー容器に移し替えて持って帰る。 投稿者さんは「どれだけ詰め寄られてもマスクを売ることはできません」とコメント。 入院患者やスタッフの分でさえマスクは不足しているといいます。 また、アルコールスプレーを持ち帰る行為については「非常に迷惑している」と、現場でも足りていない状況での非常識な行動に頭を抱えていました。 病院にはインフルエンザなどで来院している人もいるため、感染を拡大させないためにも不必要な来院は避けるべきでしょう。 医療現場からのお願いです。 ・酷すぎる。 医療現場こそ必要なものなのに。 ・私の働く病院でもアルコール消毒のボトルが盗まれました。 ・これはもう窃盗にあたるのでは…。 モラルはどこにいったの。 ・そんな人がいるのか…。 ありえない。 怒りどころか呆れる行動。 病院では人の命もかかっており、よりマスクや除菌アルコールスプレーが必要でしょう。 店ではマスクなどの売り切れが続出し混乱状態にありますが、節度ある行動が求められています。

次の

病院のマスク不足に救いの手 「商社以外」のルートで入手、高騰分を補填する支援も〈AERA〉(AERA dot.)

病院 マスク 不足

N95など医療用の高性能マスクは、まだまだ入手しにくい状況が続いている。 SOSを出す病院も現れるなか、窮地を救おうとプロジェクトが動き出している。 AERA 2020年5月25日号では、その実情を伝える。 * * * そもそもN95とは米国立労働安全衛生研究所(NIOSH)の規格で、直径0. 3マイクロメートルの微粒子を95%以上捕集する能力がある。 また、微粒子捕集効果の高いKN95という中国の規格もあり、米国疾病対策センター(CDC)はN95が不足した場合の代用品になるという見解を示している。 一方、一般的なサージカルマスクは「手術用」として患者の体液や血液の飛沫を遮断する能力があり、米国には食品医薬品局(FDA)の規格、欧州にはEU加盟国へ輸出する際のCEという規格がある。 日本にはサージカルマスク、医療用マスクともに規格がなく、N95タイプは防塵機能に優れた産業用のDS2という規格が最も近いとされている。 密着性が高く長時間の装着には不向きなN95タイプは用途が限られており、普段から感染症対策が求められる医療現場で実情に応じて購入、備蓄されていただけで、政府も需要統計などのデータを持っていない。 ところが今や町の診療所に至るまで、新型コロナ感染対策のためこうした高機能マスクやゴーグル、防護服が必要になった。 需要の爆発に供給が追いつかない。 厚生労働省マスク等物資対策班の担当者は言う。 「日本での規格が定められておらず、使いたい人が買って使いたい場所で使うという形だったので、平時の年間需要も100万に届かない数十万枚のレベルかなというぐらいしかわかりません。 今の需要は平時の数倍にはなるのかなというのが大まかな見積もりです」 同対策班は4月下旬までにN95、KN95タイプ約10万枚を東京都など7都府県を中心に発送し、さらに追加で約150万枚を各都道府県に発送予定だが、個別の医療現場までは到底行き渡っておらず、全国から悲鳴が聞こえてくる。 長野県安曇野市の県立こども病院は4月25日、地域紙の「市民タイムス」を通じて、個人宅や企業にN95タイプのマスクがあれば提供してほしいと呼び掛けた。 工事現場や農家で使う防塵仕様のマスクでも可とする切羽詰まったSOSだった。 備蓄が1千枚程度になり、1カ月ほどで使い切ってしまう可能性があったものの、購入のメドが立たなかったという。 同病院の担当者は言う。 「感染症の指定病院ではないので、ディーラーを通じて年に何回か仕入れる程度で済んでいたのですが、今回は注文が集中したのか買うことができませんでした。 新聞のおかげで皆さまから約2千枚の提供を受けることができて、当座の危機は脱しました。 しかし、今後のことも考えると不安は残りますね」 沖縄県では医療従事者が異業種の勉強会のメンバーと協力して「ゆいマスクプロジェクト」を立ち上げた。 「普通なら1日何度も交換する使い捨てマスクを、3日間使い回している」という医療現場の声がきっかけだった。 このプロジェクトの特徴は、現物を無償提供するのではなく、まとめて大量に仕入れたマスクや防護ガウンなどの医療資材を、仕入れ値や、急激に高騰した場合は相場観に応じた額で医療機関に買い取ってもらうことだ。 高騰分を補填したり、通常と異なる仕入れルートによるリスクを軽減したりすることが、医療機関への支援になる。 同プロジェクトの発起人で理学療法士の玉城潤さんは言う。 「高機能マスクで言えば、単価100円ちょっとだったものが800円台になったり、千円近くになったりします。 通常、マスクやガウンなどの医療用資材は専門商社が工場から仕入れ、全国各地の仲卸を通じて医療機関が買い付けるルートでした。 ところがこの枠組みが崩れてルートが複雑化し、場合によっては半日で相場が変わってしまうので、病院が個別に対応できなくなっているのです」 同プロジェクトでは、日本の商社が通常仕入れないルートに着目し、現場のドクターと連携しながら品質検査をして確保した資材を順次医療現場に届けている。 1千万円を調達し、マスク2万5千枚とガウン3万枚の支援を行うことを目標にクラウドファンディングを呼びかけたところ、15日までに6割近くが集まった。 5月下旬に締め切り、集まった資金は医療資材に姿を変える。 「6月になれば、地方自治体や国の施策が追いついてきて、プロジェクトは必要なくなると思っています。 そうなれば、最終的に残った資金は、医師会や歯科医師会、医療資材が必要な子供たちや施設、国際的な医療支援機関に振り分けて全額届け、プロジェクトは終了します」(玉城さん) PCR検査の圧倒的な立ち遅れを始め、後手後手に回ってきた国の施策が感染のスピードに追いつけるかどうかは予断を許さない。 そればかりか、街にあふれるようになった一般的なサージカルマスクも、いつまた品薄になって高騰化してもおかしくないという。 都内のブローカーは言う。 「4月に1箱4千円ぐらいだった50枚入りが、大型連休明けには半額ぐらいでいろんな店に並ぶようになった。 でも原料の不織布自体は新型コロナ流行前の20倍ぐらいに上がっているし、これから冬になる南半球で感染が拡大すればマスクの需要も上がるでしょう。

次の