前世 の 記憶 が ある 人 日本。 生まれ変わりとは?死後の期間・回数と前世の記憶は?実話・実例6個

前世の記憶を語る勝五郎の転生事件。江戸時代にあった生まれ変わりの実話

前世 の 記憶 が ある 人 日本

今、わたしは高校生です。 私は生まれてくる前の記憶があります。 そこで、この記憶の真偽と同じ記憶がある方など いらしたら回答お願いします。 その覚えてることを書きます。 ・死ぬときは視界が真っ暗になる。 しばらくしたら自分が覚えていなかった記憶まで全部が押し寄せてくる。 ・死んでからは魂となり上の世界ですごす。 (死後の世界というのでしょうか?) ・そこから下の世界が見ることができる。 ・その世界ではテレパシーで話す。 だから自然と同じ考えのもの同士があつまる。 ・自分の生まれたい家族を選べる。 おじさんがいて、その人にどこがいいかいくつか紹介されて決める。 そのときに、性別、どういう人生を送るか、どんな試練を自分に課すかなどを自分できめる。 (決めたことは覚えてますが、内容は覚えていません。 ) ・自分で決めて生まれてくるのがほとんどですが、たまにそのおじさんに無理やりいかせられたり 落ちたり?で意思とは関係なく生まれる方もいました。 今思い出せるのはこんなもんです。 前世の記憶らしきものもあるのですが本物か夢か自分でも判断がつきません。 覚えているのは、女だったこと。 欧米らへんの国にいた。 死後の世界か何かそういう類のものを研究していた。 演奏家だったこと。 前世のことはあまり覚えてないです…。 それにずっと覚えていたわけでなく、突然思い出したんです。 でも、本当かどうか…。 私はうそは書いていません。 そこは信じてください。 何かありましたらお願いします。 補足こんなこと冗談で人に聞いたりしません。 冗談やうそだと思うならそう思っていてください。 それと、おじさんは選択肢を与えるだけで決めるのは自分です。 不快にさせてしまったらすみません。 ご回答ありがとうございます。 質問者様が嘘をいっているとは、決して思いません。 実話です。 次に、女性の生い立ちを詳しく調べました。 すると、彼女が2歳位の頃ほんの数ヶ月間、隣りに住んでいたおばあさんにかわいがられ遊んでもらっていたことが判明しました。 このことは彼女はまったく覚えていず、両親も忘れていました。 調査の結論は、2歳の頃おばあさんから聞いた昔話を、自分の記憶と勘違いしていた、でした。 私は、妹が生まれた日(当時三歳)を覚えています。 が、私の記憶では確かに「いた」はずの叔母が、両親はいなかったと言います。 たぶん他の日と混ざっているのでしょう。 ですから質問者様も、幼い頃に何か話をきいたり、絵本やテレビを見たりした、それらの記憶がごちゃ混ぜになって、脳が無意識に一つのストーリーを組み立てたのだと思います。 不思議でも異常でもありませんよ。 催眠療法について。 アメリカ等で、幼い頃の虐待を思い出させてトラウマを治療するなど、一時流行っていました。 が、とんでもない結果が現れています。 施術者が「この患者は虐待を受けたに違いない」との先入観で暗示を(無意識に「虐待を受けた」との方向へ)与えたため、「なかった」はずの虐待を「思い出した」人が増えたのです。 たとえば、父親に日常的にレイプされ何度も中絶した、と思い出した女性。 病院での検査で妊娠の経験はなしと判明しました。 また、父親が友人の少女を殺したのを「目撃した」と思い出した女性。 その事件は後に、父親ではない真犯人が逮捕されました。 そんな例が大量にあり、家族の断絶や、親が子を訴える事もあります。 そして、偽りの記憶を植え付けられてしまった人が今後どうなるのか・・、考えただけでも恐ろしいです。 記憶は「作られ」「変化する」ものです。 前世など気にせず、今を大切に生きて下さい。 ブライアン・ワイスというアメリカの精神科医が前世療法についての本を書いています。 すごくお勧めです。 (「前世療法」、「魂の療法」、「魂の伴侶」)日本でも最近、池川明という産婦人科医の先生がが3歳ぐらいまでの子供に生まれる前のことを尋ねていて、みんな何かしら上の世界にいたこと、自分で生まれてくる家を選んできたことなどを話すけれど大きくなると忘れてしまうそうです。 私の知っている人も覚えてると言ってました。 高校生で突然思い出すってすごいですね。 気になるなら日本でもヒプノセラピーといって前世療法をやっている人やお医者さんがいるので一度うけてみてはどうですか? みんな何回も生まれ変わっているので、そのときの体験が今世でも影響を与えることはよくあるようです。 ほかにも前世が見えるようになるCDもうっています。 越智啓子先生の「森の瞑想」CDや「ゆほびか」2010年4月号付録とかです。 何かもっと大事なことを思い出すかも知れませんよ。 こんにちは(^^) はじめましてm(_)m 私は今、神界のお役目をしています。 たくさんの方があなたの記憶を賛同する書き込みをされていたので、 jyuwaaaaaaaaaさんの記憶は、正しいのですか? と神様に教えてください。 と伺いましたm(_)m 神様が、あなたへの伝言を下さいましたのでお伝えさせていただきますm(_)m 神様からjyuwaaaaaaaaaさんへの伝言ですm(_)m 死んだ後の記憶、合っているのは一つだけ。 あなたは、あらゆる記憶を幻覚と空想とごちゃ混ぜにしている。 あなた達の中で一つも間違わずに覚えているのは、インドの四名のみ。 まず、日本で前世記憶を語る人は、ほとんど幻想です。 あなた達が手にする本は、ほとんど偽者です。 あなたの記憶で唯一合っているのは、 「性別、どういう人生を送るか、どんな試練を自分に課すか等を自分で決める。 」 と言うことだけです。 親は、神が選び、あなた達には選ぶ権利は与えられていない。 ) スウェデンボルグの『霊界』(『霊界への旅』だったかもしれません)・『霊界日記』で、同じ様な内容が記されています。 ただ、スウェデンボルグの場合は記憶ではなく 幽体離脱をして指導霊に 導かれ霊界を見て来ています。 何故、突然思い出したのかは やはり意味があるのでしょうね。 偶然ではなく、必然です。 今世での学びに必要なのでしょう。 今世、この世は自分探しの旅、そして自分磨きの旅だそうです。 高校生でいらっしゃるのですね。 まだまだ これから先は長いです。 ゆっくり ゆっくり進まれて下さい。 jyuwaaaaaaaaaさんの記憶は本物ですよ。 御清栄をお祈り申し上げます。 普通一般の人には理解してもらいにくいと思いますが。 私も、前世記憶、胎内記憶、幼児記憶が断片的に残っています。 最近になって突然思い出したものもあります。 ついでに他にも色々感じるようになってきまして…。 いろんなことが興味深いこの頃です。 前世記憶に関しては不要(または支障がある)なので、覚えたまま大人になる人は少ないと思いますが、仮に覚えていたとしても当時と状況がだいぶ変わっていますし…。 過去の自分に囚われることはない、と。 「自分で」この状況を獲得している、ことに関しては、やはり感覚なり記憶なりがある人の方が(状況が理不尽だとしても)納得しやすいと思います。 いろんなメッセージを受け取って、自分なりに消化して、この世界を必死に生きていけばいいと思います。 そういう意味では(鬱陶しいですが)毎日が戦いだと思っています。 質問者さんも頑張って今回の「生」を生き切って下さい。 (変な回答ですが私は大真面目ですよ。 ) あなたの記憶は本物だと感じます。

次の

前世の記憶がある人の特徴や思い出し方

前世 の 記憶 が ある 人 日本

自殺未遂がきっかけとなり、突如としてが大きな話題となっているが、次々と新たな事実が判明し、さらに波紋を呼んでいる。 ・前世の記憶が鮮明に蘇った その人物は、日本人男性のハンドルネーム「マグロジュース」さん。 自殺しようと試みたが失敗し、何かの拍子で記憶が蘇ったようである。 1000年前は僧侶をしており、そこそこ名の知れた人物だったようで、2018年の現在においてもその名が残っているという。 彼は「記憶を頼りに自分の居た寺と当時の奥さんのお墓に行きました」とも語っている。 歴史的な核心に関わる事は、いくつかあります。 主に自分の身辺に関わる事なんですが、冗談抜きで実際に検証してほしい。 言いたい…言いたいんだけど…さらけ出すの怖すぎます。 心の整理ができてません。 急にこんな事になっちゃったので。 どうすれば…。 — マグロジュース magurojuice ・1000年前に安倍晴明とも知人 そのマグロジュースさんによると、当時は陰陽師の安倍晴明とも知人で、彼について以下のように自身のブログで語っている。 「彼は下手に出る人ですがじわじわ煽ってくるタイプのおじさんです。 心の中ではコイツ面倒くさって思われてましたねきっと。 でも優しいですよ、クライアントにはとても手厚い人ですので最後まで見放しません」 ・あの藤原道長とも面識あり また、平安時代の公卿として知られている藤原道長とも面識があったようで、彼については以下のように話している。 「和歌とかオシャレのセンス全然無いです、多分人に選んでもらってますね。 ださいなーと思ってましたごめんなさい。 体裁の為に嗜んでいるので創作したり、オシャレをするという概念が無いっぽいですね、芸術家の感性ゼロです。 仕事マンです」 ・著名な人物の生まれ変わり インターネット上で「前世と現世の自分は似ていますか?」と質問された彼は、「はい、似てます。 見た目は、肖像画が数枚残ってます。 今の顔とほぼ変わりません」と返答。 やはりなかなかの著名な人物の生まれ変わりのようだ。 平安時代にお坊さんをやっていた記憶があるという話についてTwitterでの質問と回答 ブログに回答を掲載しました、ツイート埋め込みがよく分からなくて自分のツイートが入ってしまいました、すみません。 やり方分かったらあとで修正しときます。 — マグロジュース magurojuice ・証明することが難しい現象 彼の話していることを「嘘松だ」「作り話だ」「妄想だ」というのは簡単だ。 しかしながら、証明することが難しい現象ではあるが、ひとつひとつ記憶と過去のデータを照らし合わせていくことにより「前世から記憶を引き継いでいないと説明できない何か」が導き出される可能性もある。 ・前世の記憶を紐解く ことが調査により判明している。 オカルト的な現象として一蹴せず、多角的に物事を考えて「前世の記憶」を紐解いてみると、新たな何かを知ることができるかもしれない。 【関連】.

次の

生まれ変わり実例!輪廻天生前の前世はあるのか?

前世 の 記憶 が ある 人 日本

スピリチュアルが浸透している今だからこそ、前世や来世、現世との関係を疑問に思い興味を持つようになった人も少なくありません。 訪れたことがない国でも、旅行のパンフレットやSNSなどで目に触れる機会はとても多くなりました。 そんな写真などからの情報により、何となく懐かしさを覚えることがあります。 実際訪れると、心が落ち着く感覚になる場合もあります。 このような感覚は、前世でいた場所の可能性があります。 私たちは、少なからず苦手意識を持つことがあります。 特別なきっかけがあったわけではなく、前世からの因縁があり苦手意識を持っていることもあります。 生まれ変わりがあるか、ないのか?という問いかけには多くの専門家が口を揃えて言いますが生まれ変わりは実際にあるといいます。 もちろん、ひとつの考え方に過ぎないので信じるか信じないかは、受け取る側次第だという事です。 ズバリ、カルマの法則です。 カルマとは、今世での課題のこといいますが、宿題や使命などという言葉で表現される人もいます。 イメージは、階段のようなものがあり誰もが頂上を目指すのが魂の世界の話です。 魂の成長に合わせて階層が異なり、人間界のような学年のようなものですが、他の学年を見ることも知ることもないので、比べることがないからそれはそれで幸せを感じています。 その階層には、さまざまな試練がありそれをクリアするとステージアップします。 試練を乗り越え、さまざまな経験を積むことで魂が磨かれます。 ゲームでいうとレベルアップのようなもので、レベルを上げるために人間界で魂を磨くのです。 魂の成長においては飛び級があります。 レベルは必ず一段ずつあがるものではなく、優秀な人はどんどん上昇します。 私たちは、魂を成長させ磨くために、生まれ変わるのです。 つまり、カルマを解消するために人は生まれ変わるという法則があります。 死後どのくらいのサイクルで人は生まれ変わるのか?という疑問に、子供の周期は短いという説があり約4年5か月というサイクルがあるといわれています。 しかし、もう一方では100年単位で生まれ変わると言われており、平均300年~500年という説もあります。 高次元の人ほどあの世にいる期間が長く、あの世の指導霊からそろそろ、人間界へ行きなさいと言われて人間界にくるケースもあります。 人間界には時間の概念であって、時間で人々が動き約束をし、判断をします。 ところが、あの世の時間の流れ方は違い、月日の経過の仕方も異なるようです。 人間界で300年という月日はあの世では数か月と言われています。 つまり、生まれ変わりの年月は人それぞれで、回数や生まれ変わるまでの期間はその人の魂の磨かれ方によりさまざまです。 ダーウィンの進化論の法則にもあるように、人間は人間にしか生まれ変わりません。 動物の死後と人間の死後は別の場所に向かい、同じ世界に行くことはないからです。 ですが、二度と会えなくなるわけではありません。 生まれ変わった時代で、必要があるときに必ず巡り合うことができます。 人間が生まれ変わるのは、魂を磨くために生まれ変わります。 何度もいいますが動物は動物として生まれ、人間は人間として生まれ変わります。 動物を愛するのは自由ですが、動物を子ども扱いして育てる方もいます。 大事に育てるのは悪いことはでありませんが、どんなに大事に育てても、来世で可愛がっていた動物が人間になることはありません。 人は人として生まれ変わり、犬や猫に生まれ変わるということはありません。 フランスのとある修道院で生まれ過ごしていた女の子がいます。 閉鎖された空間の中で男性との接触はなく、限られた女性とだけのコミュニティで過ごした前世を持つ女性の話です。 もちろん、前世では男性と付き合うどころか修道院の外へ出ることを許されずに過ごしていたことで、生まれ変わったら子どもが欲しいと願っていたそうです。 彼女は、現世で前世の願いを叶えましたが、男性との接触は不慣れなもので、無意識に自分の気持ちを抑え込むことが癖になっていることが原因のひとつで、旦那さんとは離婚しましたが、離婚後は子供の父親と母親としてベストな関係でいるようです。 さらに、離婚後は女性としての楽しみを覚え、子どもがいないときは、女性としての喜びを実感しているという話があります。 パトリックにはケビンという兄がいたが、パトリックが産まれる12年前に神経芽細胞腫で亡くなっています。 ケビンの癌は足を引きずるように歩き始めたことが原因で病気が分かったそうです。 その後、骨折で苦しみ、頭蓋骨にあった小さなコブの検査も行われました。 化学療法を行ったものの、2歳で死亡し、左目は失明していました。 パトリックは生まれた時から体に3つの特徴があり、それは亡くなった兄の傷と全く一緒。 パトリックは歩き始めるとすぐに、足を引きずるようになり、病院に行ったが何も問題は見つからなかったそうです。 それから、月日が経ちパトリックが4歳半になると、「前の家に戻りたい」と母親に言い出すようになりました。 パトリックはその家のことを詳細に覚えており、亡くなった兄の手術についても話すようになったそうです。 しかし、引っ越したのはパトリックが生まれる前のことで、ケビンの手術のことをパトリックに話した人は誰もいなかったので、パトリックはケビンの生まれ変わりのようです。 インドのアルナ・ミアナに住む6歳の少年、タラニジ・シングは、2歳の頃から、自分の事をアルナ・ミアナから離れた村に住む「サトゥナム・シング」だと話していたそうです。 彼の記憶は実に鮮明で、前世の父親の名前や、当時自分は16歳で、スクーターにはねられて、1992年9月10日に亡くなった事も覚えていたそうです。 タラニジの話があまりにも不思議なので、彼の父親が調査を行ったところ、「サトゥナム・シング」という男子学生が実際に存在していたことが判明しました。 それは当時の彼の教師からの情報ですが、事故原因も、財布に残されたルピーの金額も全て一致しており、二つの家族が初対面した時、タラニジはサトゥナムの写真に直ぐに反応したそうです。 さらに、法医学者ヴィクラム・ラージュ・チャウハンはタラニジの話を新聞で知り、強い興味を示しました。 筆跡鑑定を行ったところ、タラニジとサトゥナムの筆跡は完全に一致したことでも有名な生まれ変わりの話です。 現世でいう、児童養護施設のようなところで多くの子どもたちの成長のために懸命に働いていた女性がいました。 身寄りのない子どもたちの世話をしながら、自分の子どもを養育し肝っ玉母ちゃんのように子供たちに愛され充実した日々を送っていたようですが、子どもたちをサポートするばかりで夫婦の関係は冷え切っていた女性が、現世では夫婦の時間を大事にするために生まれ変わった人がいます。 現世では、子どもに恵まれず子作りはしたもののご縁がなく、悩んでいたそうです。 前世を視てもらう機会があり、子どもに恵まれないことを相談したところ、前世で多くの子どもを育ててきたこと、現世では夫との時間を大事にするために生まれ変わった事を知ったという話があります。

次の