トラットリア デル チェーロ。 Trattoria Del Cielo トラットリア デル チェーロ

『ランチで訪問。 経験豊富なシェフによるイタリア郷土料理が楽しめます。』by ryu

トラットリア デル チェーロ

福岡の薬院・六ツ角の交差点。 大通りに面した建物の2階にあるイタリア郷土料理店「トラットリア デル チェーロ」。 どこか懐かしく、帰ってきたかのような深みのある木の温もりが感じられる店内。 シェフがイタリアに行った時、最初に入った大好きなミラノのレストランのエッセンスが入っているという。 シェフの坂井裕伸(さかい ひろのぶ)氏は、福岡の老舗イタリアン「サーラカリーナ」に10年、銀座「エノテーカピンキオーリ」2年半、二子玉川 「インコントロ」や福岡で、レストランの立ち上げシェフを務め、創作を中心に据えて作っていた時代を経てきた。 その後、イタリアへ渡る。 約二年間に及ぶ滞在中に、北から南へ各地をまわり、食を通じて現地の人々に触れ、文化を知り、自分が表現すべきイタリアの料理にたどり着いた。 伝統料理を、一人でも多くの人たちに伝えたいとの思いから、2004年2月に自身のお店をオープンさせた。 イタリア各地で出会った、自分達の故郷のものを大事にしている人たちの想いを込めた料理たち。 手作りへのこだわりは、身体にいいもの、命の糧となる食事を提供しようというシェフの想いから。 特に出汁は、素材の下ごしらえから始まり2〜3日かけて手間を惜しむことなく自然の美味しさを生み出すことに徹底している。 グランドメニューはコースからアラカルトまで豊富に揃う。 仕入れはシェフ自らが毎朝行い、その日の最良の素材がメニューにとらわれることなく揃う。 その日の旬の素材をメインに料理をするため、メニューをベースに季節を感じられるものを提供してくれる。 たくさんのレパートリーの中から出てくる料理のお楽しみ感は、まさに母の手料理を思わせる。 イタリアの各州それぞれの個性と郷土愛が溢れる料理たち。 地方ごとに根付いている文化と、奥深い伝統料理に出会える貴重なイタリア郷土料理店だ。 writer Chie.

次の

薬院のイタリアン「トラットリア デル・チェーロ」でランチ♪

トラットリア デル チェーロ

今回一番驚いたのが初めて食べた蚤之口。 シェフによると「羽太の一種でとても稀少な美味い魚です。 アコウととても良くにた外観で50cm程の丸々太った体躯を堂々と横たえている。 紛れも無く蚤之口にしても、かなりの上物。 アコウ 雉羽太 に比べ、体の斑点が暗赤色で胴体も暗色。 この暗赤色の斑が蚤に食われた痕の様に見えると言って蚤之口と呼ばれる魚です。 この一尾は脂の乗りも凄く良く、丸々太っている。 迷わず塩焼きです。 蚤之口の旨さ、ストレートに堪能あれ!」とのこと。 これが色々な羽太の種類を食べさせてもらった中でも文句なしのナンバー1。 メインはリクエストして仕入れていただいた今シーズン2度目の野兎。 もちろん美味ながら、今回は蚤之口のインパクトに軍配。 それにしてもシェフのジビエや魚の目利きには驚くばかり。 2011年のスタートを飾るのは、初めての雉鳩。 シェフによると「福岡では、あまり出回らない野性鳩が来ました。 小振りの鳩で、ヤマウズラくらいの体躯。 鳩にしては、カラフルな羽の色でしょう。 肌理細やかで食感の良い身質で、香りも良く頭は美味!!!」とのこと。 少し長めの熟成状態も程よく、とても好みの味わい。 年末で輸入ジビエは終了しましたが、今年も春までは国産ジビエを楽しめそうです。 ラストを飾るのは、シーズン前の7月に予約を入れて頂いた「野兎」。 シェフのブログによると「毎年、なかなか入荷してこない野兎。 いつもあきらめかけてた2月頃に獲れたとの連絡が入ってくる。 今年はジビエ好きのお客様からの命令で、シ-ズン前の7月に予約をいれていました。 獲れたとの連絡が入って来たのが、なんとクリスマス直前!どうする、これからクリスマスの特別ディナーの準備で猫の手も借りたいくらいの状況である。 勿論クリスマス期間は特別ディナー一色・・・ しかしすぐに処理をしなければならないタイプのジビエである。 悩むところにも、電話の声は淡々と、COOL に、「どうします、要りますか?」。 これを逃すとと次の機会が今季くるかどうかもわからないので、「ウィ・ムッシュー頂きます」と答えてしまった。 おかげ様で、ちょっくら夜なべしました。 赤ワインとハーブと野菜に漬け込んで熟成マリネ中です。 そろそろ引き上げて調理します。 キッチンに立ち込める野兎ならでは野獣臭は、 このところ、いつも漂っていたトリュフの心地良い香りを一蹴してくれました。 」とのこと。 シェフ渾身の盛り合わせに仕上げていただき、年一度のお楽しみを堪能。 ちなみに「命令」ではなく、「懇願」ですので(汗)。 前回が最終と思っていた白トリュフが奇跡の再入荷。 日数が経つほどに香りが落ちるだけに、もちろん入荷日に合わせての予約。 メインは雉。 シェフによると「雉は日本の国鳥でもあります。 世界で国鳥を食する(狩猟する)国は日本だけだといわれますが、国鳥を手厚く保護する他国と違って、国鳥に選ばれた理由の一つに「狩猟対象として最適であり、肉が美味」というものがあるのです。 良質のタンパク質を多く含む上品でコクのある肉質は、昔から高貴な階級に食愛されてきた野鳥です。 ガラで作った旨味たっぷりのスープと共に、白トリュフを添えて・・・。 」とのこと。 白身好きとしては、やや淡白ながら繊細で上品な肉質が好み。 抜群の芳香の白トリュフと濃厚なスープとの相性が絶品。 有難いことに 今年も白トリュフをたっぷり堪能することができ大感謝!次回は今年ラスト。

次の

トラットリア・デル・チェーロの天気

トラットリア デル チェーロ

周辺スポットから探す• おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報• 【ぐるなびグループ】お取り寄せグルメを探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の