履歴書 添え状 縦書き。 【履歴書作成ガイド】添え状の書き方とサンプル

添え状の手書きでの書き方・縦書きでの書き方・例文|履歴書

履歴書 添え状 縦書き

ポイント 住所• 東京都、北海道など、都道府県名からきちんと書く。 「丁目」や「番地」は省略しない。 宛先の住所や企業名は表面に、自身の住所や氏名は裏面に記載する。 株式会社は(株)ではなく「株式会社」と書く。 送付先となる部署や担当者名は、封筒の中央に記載する。 その他• 「応募書類在中」の文言は封筒の左側に赤字で書く。 テープでの封は不可。 ノリで封をして「〆印」もしくは「割印」をする。 〆印:封をした箇所に〆と書く。 割印:封をした箇所に印鑑を押す。 郵送する日付は左上に記入する。 和封筒・洋封筒の書き方の違いを解説 和封筒・洋封筒について 就職・転職活動に使用する封筒は和封筒が一般的。 洋封筒を使うケースはほとんどありません。 市販されている履歴書の大半がこの和封筒です。 【和封筒】 【洋封筒】 封筒選びの ポイント 封筒選びのポイントは「白色」かつ「履歴書を折らずに封入できるもの」を選ぶこと。 履歴書を三つ折りにしなければならない封筒は、人事担当者がファイリングしたり、コピーを取ったりするときに手間がかかってしまいます。 A4サイズの郵便封筒のように履歴書を折らずに入れられるものがおすすめです。 封筒の色は白色でも茶色でも構いませんが、心配な方は白色を選択するといいでしょう。 和封筒・洋封筒の書き方の違い 和封筒 宛先となる住所は表面の右側に、企業名や部署名、担当者名は中央にくるように書きます。 「応募書類在中」「エントリーシート在中」の記載は左側に赤字で記入しましょう。 また、裏面の左半分には送付する日付や自身の住所、氏名、郵便番号を記載します。 左半分の右側に住所、中央に氏名を書き、住所の上に郵便番号を記します。 日付は左上に記載してください。 洋封筒 洋封筒を使用する場面は基本的にありませんが、企業によっては洋封筒を指定されるケースもあるようです。 和封筒と違って横書きとなることが多いため、ここでは横書きの書き方を取り上げます。 表面の上側に宛先となる住所を書き、中央に企業名や部署名、担当者名を記入します。 「応募書類在中」「エントリーシート在中」は右下に赤字で記載。 切手は右上に貼ります。 ただし、郵便番号を書くときは注意が必要です。 封筒を縦長の方向に直し、そのままの方向で「123-4567」といった風に見えるよう記載します。 裏面では、中央の下側に郵便番号、住所、氏名を、住所の左上に日付を書きます。 宛先に合った書き方を知っておこう 履歴書を郵送するときは、送付先によって最適な敬称を使うのがポイントです。 ポイント• 切手はまっすぐに貼る。 適切な敬称を使う。 履歴書に折り目がつかないようにする。 汚れた応募書類は使わない。 応募期限がある場合は期日までに届くようにする。 特に、応募期限がある場合は「料金不足で応募書類が戻ってきた」なんてことにならないよう、郵便局の窓口から郵送するのがおすすめです。 また、履歴書に折り目がつかないようにするにはクリアファイルを使うのがいいでしょう。 書類をはさんでから封筒に入れるだけでも全然違います。 せっかく記入したものですから、きれいな状態で企業に届くようにしたいものです。 人事担当者の声 「字が汚い」「書き方が雑」といった書類からは、どうしても熱意が感じられません。 それだけで印象はかなり悪くなってしまいますね。 【金融系】 「頭語と結語の使い方が間違っている」「御中を書き忘れている」といった応募書類は決して珍しくありません。 【流通系】 送付状はなくても減点しませんが、あるとやはりプラス評価になりますね。 【通信系】 「明らかに汚れた封筒が使われている」「書類が不足している」といった場合は、「配慮に欠けている」「注意力散漫」といった印象を与えてしまうので、特に気をつけたほうがいいと思います。 【メーカー系】 3. 封筒の中に入れる書類 封筒に入れるのは、次の3枚の書類です。 送付状(添え状・カバーレター)• 履歴書• 職務経歴書 書類が汚れたり、濡れたりするといけませんので、必ず新品のクリアファイルに入れましょう。 また、書類の裏表と上下の位置にも気をつけてください。 送付状は必ずしも必須の書類ではありませんが、だからこそ添付することで「気配りができる」「礼儀正しい」といった印象を与えることができます。 「カバーレター」「送り状」「添え状」と呼ばれることもありますが、意味は一緒です。 送付状を作成する際には、次の7点をおさえておきましょう。 送付した年月日 書類を送付した日時を記載します。 右上に書くのがビジネスでは基本です。 宛先 書類の宛先を記載します。 個人宛は「〇〇様」、企業や部署宛は「〇〇御中」ときちんと使い分けましょう。 書類作成者の氏名・連絡先 あなたのお名前と連絡先を記載します。 電話番号は携帯電話で問題ありません。 頭語と時候の挨拶 いきなり要件を伝えるのではなく、冒頭に必ず頭語と時候の挨拶を記しましょう。 結語 頭語で始まった文章は必ず、結語で終わります。 様々なルールはありますが、基本的には「拝啓・敬具」のセットを用いていれば、問題ありません。 同封した書類と枚数の記載 どのような書類を何枚同封したのか、明記します。 「以上」の記載 文章の最後には必ず、「以上」と記載しましょう。 関連記事 履歴書を郵送で送付する際に迷いがちな送付状(添え状)について解説します。 また、紹介状などの書類がある場合は職務経歴書の下に入れて必ず同封しましょう。 関連記事 書き上げた履歴書をどのように封筒に入れたらいいのか、解説します。 郵送時にかかる料金の目安 切手の料金は大きさ・重量で決まる 郵便物に貼る切手の額は、郵送料金に対して過不足がないようにしましょう。 尚、郵送料金は「郵便物の大きさ」と「郵便物の重さ」で決まります。 ここでは、履歴書を郵送するシーンで参考になる例をいくつかご紹介しましょう。 A4サイズの履歴書を折らずに郵送 A4サイズの履歴書をそのまま入れるのに丁度良い封筒は「角形2号」です。 この封筒のサイズは「定形外郵便物」の扱いとなり、重さが50g増えるごとに郵送料金がアップします。 たとえば、50g以内なら120円切手、50g以上100g以内なら140円切手を貼りましょう。 B5サイズの履歴書を折らずに郵送 B5サイズであれば「角形3号」の封筒がピッタリです。 こちらも、角型2号と同じく「定形外郵便物」の扱いになりますので、重さにあわせて120円切手または140円切手をご用意ください。 基本的に、履歴書は折らずに封筒に入れることが良いとされています。 ただ、履歴書を3つ折り・4つ折りにして入れる封筒を企業側から指定されることもあるでしょう。 その際は下記を参考にしてください。 最後にチェック!郵送前に確認すること きちんと見直して不備のない応募書類を送付しよう 封筒を書き終えたら、郵便で送る前に最終チェック。 以下のポイントを参考に、応募書類を見直してみましょう。 ポイント• 記載した文言に誤字や脱字はないか。 適切な箇所に住所や宛先が書かれているか。 「応募書類在中」「エントリーシート在中」は赤字で記載されているか。 履歴書の必須項目が空欄になっていないか。 指定のサイズの写真が貼られているか。 丁寧に記入した履歴書や封筒も、不備があっては台無しです。 就活、転職活動を成功させるためにも、ミスのない応募書類・封筒を作成するようにしましょう。 関連記事 締切日の関係で速達を利用する時の注意点について解説します。 企業に履歴書を郵送する際、気をつけておきたい切手や封筒のルールについて解説します。 履歴書を郵送する際、封筒にどう書けばよいのかイチから解説していきます。 手渡し、持参する場合の参考記事 面接で企業を訪れる際、どのように履歴書を持参すればよいのか解説します。 企業から「メールで履歴書を送ってほしい」と言われた時のメールのマナーについて解説します。

次の

添え状の手書きでの書き方・縦書きでの書き方・例文|履歴書

履歴書 添え状 縦書き

Technique 添え状の書き方とサンプル【履歴書作成ガイド】 履歴書や職務経歴書などの書類を 企業へ郵送する場合には、あいさつ文である「添え状(送付状、送り状)」をつけるのがビジネスマナー です。 応募書類だけを入れて送りつけるのは、受け手である採用担当者の多くがマナー違反だと感じて心証が良くありません。 ビジネス文書としてフォーマット通りとするのが一般的ですから、気負わず用意しましょう。 ここでは添え状の書き方の基本ルールやマナー、サンプルをご紹介します。 また、ダウンロードして使える「添え状フォーマット」を用意しているので、ぜひ活用してください。 添え状の書き方 基本ルール 添え状(送付状、送り状)フォーマット(サンプル) サイズはA4で用意する 添え状はビジネス文書ですから、 A4サイズが基本 です。 1枚に必要事項をまとめます。 Wordで横書き、フォントは明朝体やゴシック体を使用するのが一般的です。 装飾もせず、ビジネス文書としてシンプルな書面としましょう。 ダウンロードできる添え状のフォーマットを用意していますので、ぜひ活用してください。 日付は西暦、和暦どちらでもかまいませんが他の書類と統一します。 省略せず、全て正式名称で記載します。 「住所」「氏名」は必ず、連絡先として「携帯番号」「メールアドレス」の記載があればより丁寧です。 ただし、記載しなくても問題ありません。 頭語と結語は組み合わせが決まっています。 さまざまな組み合わせがありますが「謹啓」「謹白」ではやや堅く、「前略」「草々」はビジネスシーンにふさわしくありません。 「拝啓」「敬具」と記載しましょう。 時候の挨拶とせずシンプルに 「貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます」「貴社ますますご清栄のことと存じ、お慶び申し上げます」 といった定型文で問題ありません。 最後は「以上」と記入 します。 志望動機や自己PRは書かなくてOK 添え状は「履歴書や職務経歴書といった応募書類を送りますので、よろしくお願い致します。 」という挨拶状です。 そのため、ビジネスマナーを守っていれば良く、 志望動機や自己PRを書いてアピールする必要はありません。 添え状の中のアピール文は読んでもらえない場合が多く、 要件を礼儀正しく伝えれば良い と考えましょう。 どうしても書きたい!という方は簡潔に記載 します。 長文だとマナーを知らないとして逆効果になりかねません ので、気を付けましょう。 企業へ持参する場合は、添え状は不要 履歴書を応募企業へ持参する場合には、添え状は必要ありません。 対面で渡せない場合に、あいさつ文や同封の書面について伝える役割を持つのが、添え状だからです。 面接官に直接手渡しする場合も同様に不要です。 ただし、添え状があったからといってマイナス評価にはなることもありません。 ここもあわせてチェック!.

次の

縦書きするべき?履歴書の送付状を手書きするときの書き方・用紙の選び方

履歴書 添え状 縦書き

縦書きするべき?履歴書の送付状を手書きするときの書き方・用紙の選び方 2018年02月21日更新 送付状を手書きする場合は、パソコン作成の場合とは書き方が変わります。 そのため、履歴書の送付状を手書きするときの書き方や用紙の選び方を知ることが重要です。 縦書き パソコンで送付状を作成する場合は横書きが多いですが、手書きする場合は縦書きが基本です。 手書きの場合は、目上の相手には縦書きがマナーだからです。 そのため、送付状を手書きにするときは縦書きにしましょう。 用紙の選び方 A4サイズの白色の便箋を使いましょう。 無地だと書きにくいので、罫線が入っているタイプでも問題ありません。 ペンの選び方 黒いボールペンか万年筆で書きましょう。 「」も参考にしてください。 書き方 横書きの場合と送付状の書き方が変わります。 項目の書く位置が変わることに注意しましょう。 また、丁寧に綺麗な字で書いてください。 汚い字では逆効果です。 以下の画像は送付状の見本です。 見やすいようにパソコン入力していますが、以下の文章を手書きしてください。 本文 送付状は頭語と結語が必要です。 「拝啓(頭語)」「敬具(結語)」の利用が定番です。 時候の挨拶は特に入れなくても大丈夫です。 以下のような文章が定番です。 貴社におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 この度、貴社の採用に応募させて頂きたく、応募書類一式を送付致します。 ご検討いただき、面接の機会をいただけましたら幸いでございます。 ご査収の程、何卒よろしくお願い申し上げます。 横書きの場合と違って、記し書ができません。 そのため、本文中に「応募書類一式」「履歴書一枚、職務経歴書二枚」というように添付書類の種類と枚数を記載しましょう。 日付 履歴書を郵送する日付を上寄せで書きます。 履歴書の記入日や封筒裏の日付もあわせてください。 「」も参考にしてください。 また、西暦と和暦ですが、履歴書や封筒などが和暦ならば和暦に統一しましょう。 「」も参考にしてください。 送り主 送り主である自分の名前を下寄せで書きます。 手書きだと送り主の情報が少なくなってしまうのがデメリットです。 宛先 宛先の情報を分かる範囲で、左寄せで書きます。 会社名• 部署名• 役職名• 担当者名 宛先によって「様」と「御中」を間違えないように注意しましょう。 「」も参考にしてください。 パソコン作成でOK 送付状はパソコン作成するのが一般的です。 手書きのほうが有利になるケースもありますが、採用に影響するほどの効果はありません。 そのため、書類選考対策は完璧で、送付状を手書きする余裕もある人のみ手書きを検討すればよいでしょう。 「」も参考にしてください。 まとめ 送付状を手書きにするときは縦書きにするのがマナーです。 また、A4サイズの白色の便箋を利用し、丁寧に書くことを心がけましょう。 手書きの送付状で差をつけたいという人は、参考にしてください。 関連ページ• 転職サービスランキング1位 4. 9 32歳までにおすすめの転職サービス! 転職サービスランキング2位 4. 8 NO1転職サイト!転職者の8割が利用! 転職サービスランキング3位 4. 7 年収600万円以上なら登録必須!.

次の