山本ゆり 白菜。 帰宅後10分で晩ごはん! 人気料理ブロガー山本ゆりさんの「メイン・副菜」絶品レシピ

「syunkonカフェごはん」山本ゆりさん考案!野菜たっぷり葉酸レシピ

山本ゆり 白菜

ゆりさん、 手間とおいしさのギャップがすごい って書いてたんですけど、いや。 嘘じゃない。 ほんと。 正直あまり期待してなかったんですよ。 だって、大根に味染みさせるって 結構な時間が必要じゃないですか。 だし、ほんと簡単すぎるしね。 で・す・が! これはやばいやつですよ。 たった12分チンしただけなのに・・・・ 大根には上品に味が染みているし、柔らかくて しっかり煮込まれた感じになってる! これ、大根だけでもおいしく食べられます。 そしてその上に乗せるとろみ肉あん。 これがまたほんのり甘くて上品なお味。 マジおすすめです!.

次の

山本ゆりさんの野菜レシピ【白菜の醤油漬け】を作ってみました♪

山本ゆり 白菜

ブログPV月間600万、Twitterフォロワー数30万人超!シリーズ累計510万部を突破し、日本一売れている料理本『syunkonカフェごはん』の著者・山本ゆりさんが新刊を発売。 今回は、新刊の中から3レシピをご紹介しますのでぜひチェックしてくださいね! *** これまで6年間にわたり雑誌『ESSE』と『レシピブログmagazine』で紹介した山本ゆりさんのレシピから一押しレシピを厳選した新刊『syunkonカフェ どこにでもある素材でだれでもできるレシピを1冊にまとめた「作る気になる」本』。 工程も少なく、料理が苦手…、つくる時間や気力がない…、買い物に行く暇がない…という方におすすめしたいのがまさにこちらの一冊です!今回は本書に収録しされている142点の中から簡単でボリューム満点の間違いないレシピをご紹介します。 *** 煮るだけで絶品!鶏肉とキャベツのモツ鍋風 「煮るだけです。 めちゃくちゃ簡単なのに、ニンニクとみそが隠し味のコクのあるスープがほんとに絶品。 スープを倍量にして豆腐やキノコを入れると、お鍋としても楽しめます。 キャベツは食べやすい大きさに切る。 2、鍋にA、1の鶏肉、ニンニクを入れて中火にかける。 肉に火がとおったらキャベツを加え、しんなりしたら火を止め、あればゴマをふる。 玉ねぎは生のまま入れるとラクで、歯ごたえも残っておいしい。 焦げつかないようにたまに見て、煮汁が減ってなくなりそうなら水を適当にたしてください。 シメジはほぐす。 Aは合わせてよくふやかしておく。 2、ボウルにひき肉と塩を入れてよく練り、1のタマネギ、A、コショウを加えて混ぜ、6等分して平丸形にまとめる。 3、フライパンにサラダ油を中火で熱し、2を並べる。 両面をこんがり焼いたら取り出す(中は生でOK)。 4、3のフライパンの油を軽くふき取って1のシメジを炒め、小麦粉をふりからめる。 Bを加えて弱めの中火にし、煮立ったら3を戻し、フタをして5分煮、フタを取って煮汁をかけながら煮詰める。 仕上げにあればパセリ、粗びきコショウをふる。 生クリーム不要!豚バラと白菜のクリーム煮 「クリーム煮といっても生クリームはいらず、煮込みもせず、炒めて粉をからめて牛乳入れたら終わりのスピード料理。 白菜の軸は薄めにそぎ切るか細かく切ると、葉と同時に炒めてもちょうどよく火がとおります。 白菜はざく切りにする。 2、フライパンにバターを中火で溶かし、1の豚肉を入れ、色が変わったら白菜を加えて炒める。 しんなりしたら小麦粉をふり入れて全体にからめる。 牛乳を加えてとろみがつくまで混ぜ、Aで味をととのえる。 器に盛り、あれば粗挽き黒コショウをふる。

次の

山本ゆりさんの電子レンジレシピがすごい!料理が苦手でも簡単&時短

山本ゆり 白菜

電子レンジは、料理によってはフライパンや鍋と同じか、それ以上の働きをしてくれることがあります。 ツイッターで日々すさまじい勢いでレシピがリツイートされている、料理コラムニストの山本ゆりさんに、電子レンジでつくるほっこりとろとろの親子丼と中華丼を紹介してもらいました。 電子レンジでつくれる!理想のとろとろ親子丼 電子レンジなのに!? とろっとろの親子丼「鶏肉とタマネギを加熱したあと一度冷ますと、味がしみてさらにおいしくなります」という親子丼は、鍋でつくるよりも断然簡単。 加熱時間さえ守れば、理想のとろとろ具合に仕上がります。 下で紹介しているレシピの加熱時間は600Wを基準にしているので、500Wの場合は1. 2倍、700Wの場合は0. 8倍を目安に加熱してください。 【材料(1人分)】 ・温かいご飯 どんぶり1杯分 ・鶏モモ肉 80g ・タマネギ 1/8個(25g) ・A[水大さじ4 めんつゆ(2倍濃縮)大さじ2と1/2 砂糖小さじ1] ・溶き卵 2個分 【つくり方】 (1)鶏肉は2cm角に切る。 タマネギはごく薄切りにする。 (2)耐熱容器に、(1)の鶏肉、タマネギとAを入れる。 ラップをせずに電子レンジ(600W)で3分30秒ほど加熱する。 (3)溶き卵を表面に流し、再びラップをせずに電子レンジ(600W)で1分10~20秒加熱し、そのまま余熱で火をとおす。 卵を流し入れて再加熱。 余熱でも固まるので、半熟の1歩手前で取り出すとちょうどいいかたさに。 (4)器にご飯を盛り、(3)をのせる。 [1人分708kcal] あの人気レシピをアレンジ! 白菜と豚バラの中華丼 「白菜はしっかり味しみ、お肉はやわらかく仕上がります。 あんかけ焼きそばにしても!」と、紹介してくれた白菜と豚バラの中華丼は、とろとろ豚白菜のアレンジレシピ。 最後にたらすラー油がぴりっとしておいしい。 【材料(2人分)】 ・温かいご飯 茶碗2杯分 ・豚バラ薄切り肉 100g ・白菜 1/8個(250g) ・ウズラ卵(水煮) 4個 ・めんつゆ(2倍濃縮) 大さじ1 ・A[顆粒鶏ガラスープ小さじ2片栗粉、しょうゆ、ゴマ油各小さじ1] ・水 大さじ3 ・ラー油(好みで) 適量 【つくり方】 (1)豚肉は食べやすい長さに切る。 白菜は小さめのざく切りにする。 ウズラ卵はポリ袋に入れめんつゆに15分漬ける。 ウズラ卵はレンジ調理できないので、めんつゆで下味をつけたものを最後に加える。 (2)耐熱容器にAを混ぜ合わせてから水を入れ、ダマがなくなるまでよく混ぜてから(1)の白菜を加え、その上に(1)の豚肉を広げてのせる。 ふんわりとラップをし、電子レンジ(600W)で9分ほど加熱し、よく混ぜる。 調味料はダマのないようよく混ぜ、食材を重ねる。 容器からはみ出る分量でも加熱すると、半分程度に。 (3)(2)に(1)のウズラ卵を加えて、ご飯を盛った器にのせ、ラー油をたらす。 できるだけ口の広い容器に入れ、粗熱をとってからレンジから取り出すなどご注意ください <レシピ/山本ゆり 撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>.

次の