ゆうゆうメルカリ。 ゆうゆうメルカリ便で使う箱はどこで買えるのか紹介します!

ゆうゆうメルカリ便発送手順(ローソン)

ゆうゆうメルカリ

出典: 「ゆうゆうメルカリ便」は、日本郵便が提供する配送「ゆうパケット」、「ゆうパック」、メルカリ限定の「ゆうパケットプラス」を利用できる配送サービス。 『メルカリ』が日本郵便の通常送料との差額を負担してくれることで、とてもお得な料金で発送できる仕組みになっています。 出品者が送料を負担しないと利用できない 「ゆうゆうメルカリ便」は 着払いに対応していないため、出品者が送料を負担した場合のみ利用できます。 送料は商品の販売利益から自動で差し引かれる仕組みです。 販売価格にかかわらず利用できますが、送料が販売利益を上回る場合は販売利益は0円です。 例えば、販売利益1,000円の商品に対して送料1,200円の配送方法を選んだ場合などです。 送料の方が高く、販売利益がマイナスになったとしても追加料金を払う必要はありません。 しかし、著しく送料の方が上回る場合は、警告や制限の対象になりえるので注意しましょう。 発送する商品によっては、「ゆうゆうメルカリ便」の方が送料が安いです。 そこで、どういった商品を発送するときに「ゆうゆうメルカリ便」を使うべきなのかをご紹介。 「らくらくメルカリ便」と上手く使い分けて、より便利にかつ送料を安く抑えましょう。 ゆうゆうメルカリ便が勝っている点 「ゆうゆうメルカリ便」の配送方法の1つである「ゆうパケット」の送料は、全国一律175円 税込み で同じA4サイズ相当の「らくらくメルカリ便」の 「ネコポス 送料195円 」よりも20円安く、対応サイズにおいても「ゆうパケット」の方がより厚さのある荷物を送れます。 また「ゆうパック」はどのサイズも重量が一律25kgまで対応している点で、「らくらくメルカリ便」の「宅急便」よりも優れています。 「宅急便」はサイズごとに重量が2kg以内、5kg以内と決められているので、サイズが適正でも重たい荷物は送れません。 また、 発送してから届くまでの時間が早いので、時間をかけずに取引が完了しやすいです。 そのほか、「ゆうゆうメルカリ便」にはない集荷サービスと日時指定があります。 コンビニや郵便局に行く手間を省きたい方や、日時を指定して発送したい方は「らくらくメルカリ便」が向いています。 出典: 「ゆうパケット」「ゆうパック」の 梱包方法は自由です。 家にあるダンボールや紙袋、エアキャップ(プチプチ)などを使って発送しましょう。 「ゆうパケットプラス」のみ専用の箱が必要で、ローソンや「メルカリストア」で購入可能です。 「ゆうパケット」「ゆうパック」のサイズに適した梱包用のダンボールが販売されていますが、わざわざ使う必要はありません。 ただサイズ感が分からない場合は、確認用に購入してみるのもいいでしょう。 また、全国50か所の郵便局で「つつメルすぽっと」というメルカリ用の梱包コーナーの実証実験が実施されています。 無償で梱包資材が提供されており、郵便局内で梱包から発送まで行うことが可能です。 こちらのより確認してみてください。 ゆうプリタッチが設置されていない場合 1. 取引画面にある「配送用2次元コードの生成」項目へ 2. サイズと品名を記入し、「郵便局用2次元コードを表示する」を選択 3. QRコードが発行されたら、郵便局へ 4. 発送する荷物を持って、受付窓口でQRコードを提示 5. 窓口担当者がQRコードをスキャナーで読み込む 6. 窓口担当者から送り状を受け取り、荷物に貼り付ける 7. 送り状を貼った荷物を窓口担当者に渡す 8. お客様控え、後期郵便物等取扱票をもたって、手続き完了 最短で届けてもらう方法 購入者のことを考えると、少しでも早く届けたい……という方もいることでしょう。 そこで最短で届けてもらうためのポイントを紹介。 QRコードを発行するときに記入した品名の書き方次第で、配送スピードが変わる場合もあります。 品名は細かく記載 品名(洋服・アクセサリー・食品)は細かく記入した方が、トラブルなく最短で配送されます。 とくに気をつけてほしいのがお酒や化粧品を発送するときです。 アルコール度数が24%を超える場合は航空輸送ができないので、最初は航空輸送の予定だったのに陸送に変更されるケースも。 振替輸送になった場合、荷物の到着日数が2~4日ほど遅れます。 ですので、酒や化粧品を発送するときは 「酒(アルコール13%)」のような感じで度数も記載しておくと親切です。 発送手続きする時間に注意 発送手続きをする時間によって、発送が翌日になる場合もあります。 最短で届けるためにも、ローソン・特定郵便局・集配郵便局の当日発送に対応する時間帯を知っておきましょう。 ローソンで手続きする場合 午前と午後に1回づつ、集配郵便局が荷物を集荷します。 午前中の集荷に間に合わせるなら10頃までに、午後の集荷であれば15時頃までに手続きすれば、当日に発送されるでしょう。 特定郵便局で手続きする場合 ローソンと同様に午前中なら10時頃までに、午後なら15時頃までに手続きすれば、当日発送に間に合うでしょう。 集配郵便局で手続きする場合 正午頃までに手続きを済ませれば1回目の輸送に、17時頃までに手続きを済ませれば、2回目の輸送に間に合います。 遅くとも17時頃までに手続きすれば、当日発送されるでしょう。 ゆうゆうメルカリ便の注意事項 「ゆうゆうメルカリ便」を利用する際に、注意すべき点が2つあります。 その中でも1つめに紹介する注意事項はとても重要です。 未定のままだと匿名配送できない 商品の出品時に「未定」を選択し、 購入されてから配送方法を「ゆうゆうメルカリ便」に変更した場合、匿名配送できないので注意が必要です。 出品時に「未定」を選択した場合でも、商品が購入されるまでに配送方法を「ゆうゆうメルカリ便」に設定しておけば、匿名配送できます。 QRコードが発行されない場合 QRコードの発行時、エラーが発生する場合があります。 その場合、購入者側の住所情報の入力ミスである可能性が高いです。 購入者側に連絡をし、住所がきちんと記入されているか確認してもらいましょう。 ミスしやすいのが市区町村やマンション名の欄に番地を、番地の欄にマンション名を入力しているパターン。 それと数字や記号を全角入力しているパターンです。 どちらのパターンもエラーが発生するので、気をつけましょう。 ゆうゆうメルカリ便、らくらくメルカリ便を上手に使い分け 送料を少しでも安く抑えたいときは「ゆうゆうメルカリ便」、集荷サービスや時間指定をしたいときは「らくらくメルカリ便」と使い分けることも可能です。 ただ、商品が購入された後に配送方法を変更した場合、匿名配送ができなくなるので気をつけてください。 こちらの記事もおすすめ.

次の

ゆうゆうメルカリ便で使う箱はどこで買えるのか紹介します!

ゆうゆうメルカリ

もくじ• はじめに ローソンからゆうゆうメルカリ便で荷物を送る手順を画像付きで記載したいと思います。 1回しか使ったことがないのですが、最初は何かと戸惑うことが多かったので、困る人が少なくなるように記事にしたいと思いました。 戸惑ったことを下にピックアップして書きたいと思います。 元払いだとしても、コンビニ(ローソン)のレジで支払う料金は無い。 (メルカリの売り上げから自動的に差し引かれる仕組み)• レジで荷物に貼る伝票が発行されるが、 その場で自分で貼らなければならない。 (レジの人は決して貼ってくれない) ご存じのことと思いますが、ゆうゆうメルカリ便は郵便局のサービスです。 料金は下記のようになっています。 今回僕が贈る荷物は60サイズ以上あったので、ゆうパック扱いとなりました。 送付手順 スマホで準備 まずはスマホで送付伝票発行の準備をします。 メルカリで出品した商品が売れると、トップ画面右上に通知が出ますので、通知アイコンをタップします。 [やることリスト]が表示されるので、発送したい商品をリストからタップします。 配送方法がゆうゆうメルカリ便になっていない場合は、「配送方法を変更する」ボタンから変更してください。 下へスクロールします。 サイズを選択するため、「サイズ」ボタンをタップします。 サイズを選択して(僕の荷物は60-100サイズでした)、「完了」ボタンをタップします。 [品名]が入力されていない場合は、品名を入力します。 下にスクロールすると、コンビニ用か郵便局用のコードなのか選択する個所がありますので、ここではローソンではっそうするので、「 コンビニ用2次元コードを表示する」をタップします。 QRコードが表示されればスマホでの準備は完了です。 Loppiでの操作• ローソンのLoppiにて、トップ画面から「 メルカリなど発送したい」をタッチします。 スマホのQRコードをLoppiに読み込ませるように指示画面が出るので、LoppiのQRコードリーダーにスマホに準備したQRコードをかざします。 お知らせが表示された場合は、「閉じる」をタッチします。 送付先と送付元(自分の住所)が表示されるので、確認して右下の「発行する」ボタンをタッチします。 レシートが発行されたことが画面に表示されます。 Loppiの下(本体)にレシートが発行されるので、これを取って 荷物と一緒にレジに持っていきます。 以上でLoppiでの操作は完了です。 レジで伝票を発行して荷物に貼る• 店員さんに先ほどのレシートを見せると、コンビニのプリンタで 発送伝票を発行してくれます。 繰り返しですが、伝票袋を荷物に貼るのは自分でやります。 以上で、ローソンでゆうゆうメルカリ便を使用して荷物を送る手順は完了です。 メルカリから購入者に 発送完了通知を行 うことを忘れずに! 最後に 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 ローソンでのゆうゆうメルカリ便を使用した荷物の発送手順でした。 メルカリのことですが、自分でものを簡単に売ることができる時代になったのですね。 皆さまの生活がより豊かになることを祈って、本記事が参考になれば幸いです。

次の

「ゆうゆうメルカリ便」と「らくらくメルカリ便」の違いまとめ!配送方法をサイズ・料金など

ゆうゆうメルカリ

「ゆうゆうメルカリ便」には次のメリットがあるようですね。 郵便局・コンビニ受け取りOK• 宛名書き不要• 配送状況の確認• 匿名配送 発送料金は発送物の厚さによって変化していきます。 大抵の本は「厚み3 cm未満」であることが多いので、一番上の「ゆうパケット」で、全国一律175円(税込)で送れるでしょう。 種類 サイズ 料金 ゆうパケット A4サイズ・厚さ3cm以内 全国一律175円 税込 ゆうパケットプラス 厚さ7cm以内・重さ2kg以内 全国一律375円 税込 ゆうパック 60サイズ〜100サイズ・重さ〜25kg 60サイズ:700円 80サイズ:800円 100サイズ:1,000円 そして、この「ゆうゆうメルカリ便」に対応しているのは• コンビニ(ローソンのみ)• 郵便局 です。 僕は中でもコンビニの発送方法が気に入っているので、今回もコンビニで発送するメリットをお伝えします。 ゆうゆうメルカリ便の使い方 それでは、使い方を紹介しましょう。 発送方法を選ぶ メルカリで本が売れたら発送方法を選びましょう。 発送方法を「ゆうゆうメルカリ便」にすればいいですね。 もし、匿名で送りたい方は、出品の段階で「ゆうゆうメルカリ便」を指定しておくといいでしょう。 出品の段階でゆうゆうメルカリ便を指定していないと、匿名では送れないのでご注意ください。 QRコードを発行 次はサイズを選びます。 3センチ以内の本であれば、料金が安い「ゆうパケット」で送れますね。 全国一律175円です。 サイズを選んだら「二次元コードの生成」でQRコードを出せる状態にしておきましょう。 ローソンに行く コンビニ発送に対応しているのは、今のところローソンのみなので、ローソンを探しましょう。 なお、本の発送に使う封筒は自前で用意する必要がありますね。 ローソンに行く前に本を封筒に入れて封をしておきましょう。 ロッピーを探す ローソンの店内に入ったら、まずはロッピー(Loppi)を探します。 ロッピーとは、店内にある赤い機械のことで、オンラインチケットの発券などができる便利な機械。 こちらのマシーンで「ゆうゆうメルカリ便」のレシートを発券します。 まずは「バーコードをスキャン」と進んで、リーダーにアプリで表示した「QRコード」をかざしてみましょう。 すると、長めのレシートが出てくるはず。 レジに行く レシートを持ってレジに行きましょう。 すると、店員さんがレシートを読み取って、発送準備をしてくれます。 まず配送用紙を入れる袋は手渡されるので、それを封筒の上に貼り付けますね。 袋の裏にテープが付いているので、自分でのりで貼り付ける必要はありません。 まず、渡された用紙を自分で切り取り、A・B・Cの3枚の塊に分けましょう。 そして、それら3枚を透明の袋の中に全て入れるんです。 その状態で店員さんに渡せば「ゆうゆうメルカリ便」の発送は完了。 ゆうゆうメルカリ便で本を送るメリット 僕が感じているのは次のメリットです。 配送料が安い 配送料が安いですよね。 センチ以内の本ならば全国が一律175円で送れます。 これまで使っていたクリックポストは値上げが続き、現在は全国198円となっていますから、クリックポストを比較してももう23円安いことになります。 印刷する必要なし クリックポストでは、封筒に貼る宛名部分を印刷する必要がありました。 僕はプリンターを持っていなかったので、コンビニのプリンターで10円モノクロ印刷をする費用が発生。 そして、印刷した紙を指定されたサイズに切る手間も発生していました。 ところが、ゆうゆうメルカリ便では、用紙を自分で印刷しなくていいですし、紙も切り取り線が入っていて手で切りやすいときています。 金と時間を節約できてますね のりも必要なし そして、宛先の紙を貼るための「のり」も不要です。 ゆうゆうメルカリ便では、用紙を入れるための袋自体にテープが付いていますから。 それを封筒に貼るだけでいいのです。 ポストに入れなくていい クリックポストは店舗に行かなくていい分、ポストを探す手間が発生していました。 以外にもポストがないエリアがあり、血まなこになってポストを探す時もありました。 しかし、ゆうゆうメルカリ便ならローソンで全てが完結。 ポストを探す必要すらありません。 24時間発送できる そして、コンビニのローソンでゆうゆうメルカリ便を使えば24時間発送可能。 郵便局が閉まっている、土曜日、日曜日でも発送対応できます。 匿名の発送もOK 予め出品の段階で余裕メルカリ便を指定しておけば、匿名で商品を発送できます。 お互いの情報を晒さずに取引できるのですね。 この時勢、ありがたいことです。 トラッキング機能つき そして送った後も安心です。 なんとトラッキング番号が付いているので、今自分の荷物がどこにあるのか知れるのです。 しかも、メルカリのアプリ上(取引画面)で。 相手も嬉しいですし、送った方の自分としても、相手の受け取りを客観的に判断できるのでトラブルを防止にもつながるでしょう。 配送料を払う手間が省ける ゆうゆうメルカリ便の発送料は売上から自動的に引いてくれます。 クレジットカードで別途配送料を払う必要もありませんし、メルペイの残高が減ることもありません。 という感じで、3センチ以内の書籍ならば、圧倒的にゆうゆうメルカリ便が最強です。 クリックポストでこれまで本を送ってきたのが、アホらしくなるぐらい便利ですね。 本をメルカリで発送したい方は「ゆうゆうメルカリ便」を使ってみてください。

次の