アメリカの国旗 星の数。 世界の国旗、基本のシンボル

アメリカ国旗、星の数は50、最初は?

アメリカの国旗 星の数

Contents• アメリカの国旗の星の数は? 星のついた国旗は数あれど、アメリカの国旗にはたくさんの星がついています。 左上の青い部分に白い星が散りばめられていますよね。 あれっていくつあるんでしょう。 星の数が 6つ並んだ5行( 30個)、その間に星の数が 5つ並んだ4行( 20個)があり合計 50個ですね。 「 現在は」とつけた意味には、過去にアメリカの国旗の星の数が違ったからです。 アメリカの国旗の星の数の意味は? なぜアメリカの星の数は過去には違う数だったのか、それには、その星の意味が関わっています。 アメリカの国旗の星が意味しているのは、現在の「 州」の数です。 星の数が現在の 50個となったのは、 ハワイが州に昇格した1959年の翌年の 1960年7月4日に 27番目の国旗デザインとして認められました。 それ以来、ずっと50個の星のままです。 赤と 白のシマシマ カントンと呼ばれる左上部の 青地部分の中に 白い星 になったのは、 1777年の6月14日です。 この当時は、 イギリスとイギリス領の 13植民地との独立戦争時でした。 赤と白のシマシマの数と同じ、星も13個で、その時に独立した13の入植地を表していました。 ちなみに、このデザイン(青地の中の星)を最初に誰が作ったか、 ベッツィー・ロスvsフランシス・ホプキンソンで議論があることもあるみたいです。 その後、 1795年に 2州が加わり15州となった時、赤と白のシマシマも15本、星の数も15個としましたが、 1818年に 20州となった際に、赤と白のシマシマがどんどん増えていくのは「 デザイン的に微妙じゃない?」ということから、赤と白は13本で、 星の数を増やしていくスタイルに戻りました。 そして、州の数が増えるごとに星の数も増え、 1912年に 48個となりました。 48州は、 アラスカ州と ハワイ州を除いた、アメリカ本土にある州です。 この48州の事を、 on May 3, 2019 at 1:37pm PDT と呼ばれる真っ青な下地に星があしらわれた旗でした。 真っ青に星!! これがデザインの元に??と思いたいところですが、あくまで議論のうちの一つなので、実際のところはわかりません。 ただ、デザインを依頼する案には、すでに「どの星のパターンを使用するか」と言うものがあったというので、星のアイデアは初期からあったようですね。 他にも面白いのは、 ジョージ・ワシントンは、 フリーメイソンのメンバーで、フリーメイソンでは星は「 自由や平等」の思想のシンボルです。 だから「星」なのか!!??といろいろ想像が膨らみますよね。 ただ、世界中をみても国旗に星を使用している国はたくさんあります。 昔は、航海中など、空に見える星は、船の行き先を確認するための「 目指すもの、所」というイメージもありました。 それが「 団結」を意味するような意味で使われているのではないかとする人もいます。 ワシントンD. のあるコロンビア特別区• プエルトリコ ですね。 ワシントンD. ってアメリカ本土にあるのに 州には属せず「 コロンビア特別区」と呼ばれているんですね。 国名のコロンビアもあるしまぎらわしいですね。 プエルトリコは、アメリカの 自治的・未編入領域となっており、グアムと同じような感じです。 ただし、プエルトリコは、自治政府による内政は認められるが国防や外交は米国が行うコモンウェルスという格付けが与えられています。 (ややこしい!!!) プエルトリコは、過去にも何回かの住民選挙で、州に昇格する賛成票を多数獲得していますが、アメリカの連邦議会で可決されるにはなかなか難しいようです。 他にも揶揄や冗談などで、 カナダや 日本などの事を、アメリカの51番目の州だしねなんて使われることもありました。 ちなみに、星の数が51個になったら、星が9個並んだ3行(27個)、星が8個並んだ3行(24個)になるデザインがあったりします。

次の

アメリカ国旗の意味と由来|星条旗の歴史や星が象徴することとは?

アメリカの国旗 星の数

ベッツィー・ロス(1752-1836)という女性です。 ロスは、星の形を尖りが6つで難しい六芒星から、尖りが5つで簡単な五芒星に変えたことでも知られています。 彼女がフィラデルフィアで旗職人をしていたのは間違いないのですが、この話を実証する記録的な証拠はありません。 100年近く経った1870年、ロスの孫が叔母から聞いた話として、歴史協会に連絡しています。 あったかも知れないし、なかったかも知れない、という感じでしょうか。 ここまでコロコロ国旗のデザインが変わるのは、アメリカが一番だそうですよ! もう州が増えることは、なかなか無さそうですが、ここで トリビアです。 ちょ〜っと難しい質問かも?! 独立記念日、7月4日です。 1月1日とかじゃないんですね。 旗が使われていた期間と増えた州を一覧表にまとめてみました。 国旗が変わる歴史的瞬間、見てみたいです! ところでこの星の部分を「 カントン」と言います。 星条旗を縦に掲げる場合、ある大切なルールがあります。 それは、どんなルールでしょうか? ヒント: 日の丸は縦にしてもあまり見た目が変わりませんね。 では星条旗の場合は? 正解は!• 旗を地面、床、水に触れるように掲げてはいけません。 夜間は点灯している場合のみ、掲げることができます。 雨が降っている時は、掲げてはいけません。 旗は良い状態のものだけ掲げます。 汚れたり、破れたり、色あせた旗は新しいものに変えます。 古い旗は敬意を払って処分します。 儀礼を尽くした態度で燃やします。 (意図を誤解されないよう慎重に。 ) これを不快に感じる場合は、米国在郷軍人会に連絡すれば、旗の日に行われる処分式で処理されます。 旗の日は6月14日です。 衣類、寝具、クッション、ハンカチ、コスチューム、消耗品の紙ナプキン、箱などに使用することは推奨されていません。 衣類やコスチュームでは、星条旗をあしらった物がよくありますが(特に独立記念日の辺り)…本当は余り良くないようですね。 基本は、• 星条旗、星の数は50個• アメリカにある州の数を表している• 線の数は赤の横線が7本、白の横線が6本• イギリスから独立した当時の植民地を表している でした。 星条旗の星と横線には、 歴史が詰まっているという感じでしたね。 アメリカ人は国旗が大好きで、よく国旗がデザインされた服を着たり、旗を飾ったりしています。 そういう様子は、日本人からすると、 実に羨ましいなと思います。

次の

アメリカ国旗、星の数は50、最初は?

アメリカの国旗 星の数

アメリカの国旗のデザインは、あなたもご存知ですよね? さすがにアメリカの国旗を見たことがないという方はいないでしょう。 アメリカは経済的にも発展していますし、政治的にも世界を引っ張っているリーダー的な印象がありますよね。 私個人としては野球の国というイメージが強いですが、それ以外にも多くの特徴がありますよね。 アメリカンドリームという言葉もあるように、成功を収めれば大儲けできる国、軍事的には世界最強の国、歴史を振り返れば日本との関わりも深いですよね。 あなたもアメリカと言われてイメージすることは多いですよね。 しかし、連想できることが多すぎて逆にアメリカを端的に表せ、と言われたら困ってしまいますよね。 アメリカを一言で表すとどんな国なのでしょうか? 国のことを知ろうと思ったら、まずは国旗を調べるのが一番です。 国旗はその国家を象徴するデザインとなっているのですから、国旗の意味を調べればその国の象徴的な部分は分かります。 ということでアメリカの国旗の意味や由来から、アメリカの文化や国民性を見ていきましょう。 アメリカの国旗の意味は州の数 アメリカの国旗は誰でも一度は目にしたことがあるでしょう。 アメリカの国旗のデザインは赤と白の横縞で、左上には四角い青地に白い星が描かれていますよね。 俗に 星条旗と呼ばれている国旗です。 条という字は「すじ」という意味があるので、 星条旗とはすなわち星と筋の旗という意味。 アメリカの国旗をそのまま表していますね。 この星条旗の意味は、• 横縞のラインの数• 星の数 に注目するとよくわかります。 それぞれ見ていってみましょう。 アメリカの国旗の横縞の意味 まず赤と白の横縞に注目しましょう。 アメリカの国旗には赤のラインが7本、白のラインが6本で、 合計13本のラインが入っていますね。 この13という数字、不吉なイメージですがアメリカという国旗を通してみれば重要な数字なのです。 これは アメリカが独立した当時の州の数を表しています。 アメリカが独立したときは13州でした。 当時のアメリカの州の数は13州、では現在はどうなの?というと、今度は星の数に着目しましょう。 アメリカの国旗の星の意味 アメリカの国旗の星の数を数えてみてください、なんて言っても数が多くて面倒ですよね 笑 この星の数は50個あり、これは現在のアメリカの州の数を表しています。 アメリカ独立当時と比べて4倍弱も増えているんですね。 つまり、 アメリカの国旗は現在と過去の州の数を表しているんです。 しかし、どうして州の数を表すのに星や横縞を使っているのでしょうか。 アメリカの国旗の由来はイギリスからの独立 さて、アメリカの国旗に横縞や星を使っているのはどういう由来からなのでしょう。 アメリカの初代大統領のワシントン氏は星条旗についてこう言っています。 「星は天を、赤は母国のイギリスを、赤地を横切る白線はイギリスからの独立を表す」と。 成程、アメリカの国旗はイギリスを意識しているんですね。 確かに色合いなどをみればイギリスの国旗に近いものを感じます。 このアメリカの国旗、星の数は現在の州の数を意味していると一度述べましたが、つまり州の数が変わるごとに国旗の星の数が変わるということです。 現在のアメリカの国旗は27代目で、過去に26回もデザインが変わっているのです。 その最初の国旗には星がなく、左上にはイギリスの国旗が入っていました。 アメリカとイギリスは相当関わりが深いことが分かりますよね。 ではそんなアメリカとイギリスが、歴史の上でどのようにかかわっていたのかを見ていきましょう。 アメリカの歴史は植民地からの独立の歴史 アメリカ大陸の発見といえばコロンブスですよね。 世界史が苦手な私でも知っています。 ヨーロッパの国々にとっては未開の地だったため、ヨーロッパ諸国はこぞってアメリカを植民地にしようと進出します。 中でも アメリカを植民地にすることに積極的だったのがイギリスとフランス。 イギリスはアメリカに 13州の植民地を持っていました。 アメリカといえば最強の軍事国家のイメージですが、最初は植民地だったのですね。 この当時、イギリスは他にも植民地を持っていたのですが、それらとアメリカの13の植民地とは大きな違いがあります。 アメリカの13州はイギリスの他の植民地とは違い、 原住民の土地ではなくアメリカに移住した同国の人たちの土地なのです。 イギリスは各地で戦争を行っていて多額の税を必要としていたので、アメリカの13州にも課税をしました。 しかし、アメリカの税金は安く、本国の人たちは「もっと払わせろ!」という声が強くなり、アメリカに事前に連絡せずに増税します。 報告、連絡、相談もしないで勝手に決定すれば、現代の日本人だって怒りますよね。 ホウ、レン、ソウは社会の基本です。 そんな感じで徐々に本国と植民地で対立が生まれ、イギリス兵による虐殺などもあり、 1775年にアメリカの13州とイギリス本国は戦うことになりました。 この戦いはヨーロッパ諸国が植民地側の味方をしたこともあり、イギリスは敗けます。 この戦いが終わったのは 1783年、実に8年間も戦っていたのですが、 アメリカが独立宣言をしたのは1776年。 戦争開始の時でも終結の時でもない半端な時期に独立宣言をしていたのですね。 この時点でアメリカ合衆国は発足され、アメリカが戦争に勝った 1783年に国として正式に認められ、アメリカ合衆国が誕生しました。 イギリスから独立したアメリカは、どんな文化を形成していったのでしょうか。 アメリカの文化はイギリスとは違う ここではアメリカの文化を• 食文化• スポーツ に分けてみてみましょう。 言語 アメリカの言語といえば英語ですよね。 しかし、 実際にアメリカで英語を使っている人は80%ほどなのです。 つまりアメリカ人の 10人に2人は英語以外の言語で生活しています。 都市によっては過半数がスペイン語を話すところもあるらしく、アメリカ=英語というイメージは間違いというわけではありませんが、思っているほど英語を使われていません。 食文化 アメリカ人の食文化は日本人とは大きく異なります。 まず 量が多いです。 引くくらい多いです。 一日のカロリー摂取量で言えば日本人は2500kcal程、アメリカ人は4000kcal程摂取します。 単純に料理の量だけ見てもアメリカ人のものは非常に多いのですが、それに加えてアメリカ人はバターやマヨネーズといった 高カロリーな調味料をガンガン使います。 よくアメリカ人が「日本の料理は健康的だ」なんて言いますが、このアメリカの料理と比べて不健康な料理ってあるんですかね 笑 肉料理が非常に多いという特徴もあるのですが、アメリカは食肉の生産数が非常に多いせいもあるのでしょう。 ……アメリカ人は肉を食うからたくさん生産しているのか、たくさん生産しているから肉を食うのかは分かりませんけれど。 なんとなく肉を生産していなくてもたくさん輸入して食べていそうな気がします。 そして私の中では アメリカといえばコーヒーというイメージがあります。 紅茶はイギリス、コーヒーはアメリカ、というイメージなのです。 先程述べたイギリスとの対立の際、紅茶をボイコットしていたという歴史的な背景から、 イギリスのものでないコーヒーが浸透したのでしょう。 スポーツ また、アメリカ文化として外せないのがスポーツ。 アメリカではアメリカンフットボール、野球、バスケットボール……など、多くのスポーツが人気です。 日本でスポーツといえば野球かサッカーくらいですよね。 アメリカの学生はスポーツの掛け持ちが普通であるくらい色々なスポーツが発展している国です。 身体能力も日本と比べれば段違いで優秀ですしね。 私が贔屓にしている野球チームにも外国人の大砲がほしいです。 さて、そんな生活を送るアメリカ人はどんな性格なのでしょうか。 アメリカの国民性はフレンドリー アメリカ人は フレンドリーで、結構グイグイきます。 初対面の人にも気軽に話しかけ、言いたいことがあればその場で言うという明るく素直な性質があるのです。 また、謙遜などの遠回しな言い方をせず、 ダイレクトに伝えてきます。 これはアメリカという国のマナーの認識が一つの要因で、 アメリカでは積極的に話すことが良いマナーとなっています。 日本では少し遠慮するくらいで話すのがマナーがいいとされているので、アメリカ人とのコミュニケーションは慣れるまでは疲れそうですね。 積極的に話すという点では、アメリカ人は 自分の能力や経歴を自分からアピールします。 日本では自分からそういったことをアピールすると自慢話としてあまりいい印象ではないですが、アメリカではそういったアピールから相手のことを理解していくのです。 また、自力で独立を勝ち取ったアメリカ人は愛国心が非常に強いです。 家の前には星条旗を飾り、学校では国歌を歌います。 学校で国家を歌うことは普通だと感じるかもしれませんが、実は他の英語圏では学校で国家を歌いません。 愛国心が強く、自分のことを積極的にアピールするという特徴から、 アメリカ人は自分のことが大好きな人たちという印象ですよね。 多分概ね間違ってないです。 アメリカの国旗の意味や由来とは?20回以上デザインが変わった星条旗 今回の記事はお役に立っていただけましたでしょうか。 アメリカの国旗は有名ですし、誰しも一度は見たことがありますよね。 星や横縞の数は州の数を表していることまでは知っている方もいたかもしれません。 しかし、なぜ星や横縞なのか?なぜ国旗で州の数を表そうとしたのか?ということを考えると、 アメリカの独立までの歴史が関わっているのです。 元々は植民地であったアメリカがここまで大国に発展しているのはすごいですよね。 同じ英語圏とはいっても、アメリカはイギリスから独立したという経緯から、イギリスとアメリカでは文化や性格は全然違います。 それぞれの違いを見ていくのも面白いですよね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の