ダンまち フレイヤ。 ダンメモ 水着

ダンまち考察【ゼウス・ファミリア】の実力は?

ダンまち フレイヤ

概要 迷宮都市オラリオに存在するが主神を務めるファミリア。 現在のオラリオ最強のファミリアで、オラリア最強の冒険者とされる(レベル7)を団長に等を始めとするレベル6の幹部達などを有する非常に層の厚いファミリア。 フレイヤに美貌に心酔し忠誠を誓う冒険者たちにより構成されている(因みに『魅了』された訳ではない)。 とはいえ団員達も妄信しているわけではなくフレイヤのワガママに諫言をしたり彼女の身勝手な行動の結果、キレたが殴るのを止めなかったりしている。 一方、団員達それぞれはフレイヤへの忠誠心から従っている反面、団員同士や他の冒険者達との関係に関しては良好と言い難い。 徹底的な個人主義及び実力主義的な傾向が目立ち(四つ子兄弟で、連携して戦うですら、それが当てはまっている)、他のファミリアと共闘しなければならない非常事態となっても、周囲の事などお構いなしな行動や戦い方をしている程。 この為、実力だけでなく団結力や統率力にも長けている【】とは、対照的とも言える。 また、団員は内部での闘争による実力向上に余念がない反面、怪我人が後を耐えない状態の為に、治療担当のヒーラーは頭を悩めて団長であるオッタルに苦情を入れている。 現在、オッタルを除く団員達は、フレイヤが個人的に執着している冒険者・の事を激しく敵視している。 には元団長のやアレンの妹で元構成員の等がいる等繋がりがある。 フレイヤを過剰なまでに敵視する率いる【】が、を使って自軍を強化して戦争を挑もうとしていた直前に、ベル・クラネルを捕獲して虜にしようとしている情報が入った結果、フレイヤの逆鱗に触れてしまう事になり、損害もペナルティも全く厭わない形で【フレイヤ・ファミリア】が総動員した【イシュタル・ファミリア】の拠点となっている歓楽街への電撃侵攻が実行される。 【イシュタル・ファミリア】が自軍の強化に失敗した事もあって、戦いは【フレイア・ファミリア】側の圧倒的優位で進み、最終的にはフレイヤ自らの手でイシュタルが倒されて天界に強制送還された結果、戦いは【フレイヤ・ファミリア】の勝利で終わっている。 この結果、外伝作となる『』では、【イシュタル・ファミリア】の暗躍によって多数の団員を失う被害を被っていた【ロキ・ファミリア】が、一矢報いる為の反撃が出来なくなってしまい、更には【イシュタル・ファミリア】と結託していた闇派閥への糸口も掴めなくなった為、元々犬猿になっていたフレイヤとロキのファミリアとしての関係が悪化するに至っている。 メンバー• ファミリアの主神。 神々の中で最も美しいといわれる女神。 7 ファミリアの団長を務めるオラリア最強の冒険者。 6 副団長。 小柄な体格をした猫人。 二つ名は「女神の戦車(ヴァナ・フレイア)」。 6 幹部。 黒い剣で武装した。 典型的なで、会話をする際はをこじらせたような口調になる。 6 幹部。 強力な魔法を得意とする。 ハイエルフではないが、昔は王として戦場を指揮していた。 5 幹部。 小人族の4人兄弟。 連携による戦闘力はレベル6以上。 二つ名は「炎金の四戦士(ブリンガル)」。 四つ子の兄弟で苦労人の長男アルフリッグがドヴァリン、ベーリング、グレールの毒舌な弟たちを纏めている。 フレイヤの侍女を務める女性団員。 の料理の味見係なども務める。 【ファミリア】におけるの一人。 6 元団長のドワーフ。 の女店主。 半ば引退しているがファミリアにはまだ籍を置いている。 というか手放してもらえないらしい。 かつてファミリアに籍をおいていた猫人、アレンの妹だが現在はファミリアから距離を取っている。 二つ名は「戦車の片割れ(ヴァナ・アルフィ)」。 団員ではないがフレイヤやフレイヤ・ファミリアと強い結びつきがある人物。 それがどのようなものかは不明。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

ダンまち フレイヤ

『ダンまちファミリアクロニクル~フレイヤ編~』(著:大森藤ノ)が 今秋「マンガUP!」と「ガンガンONLINE」で連載開始です! 「あの……フレイヤ様が置き手紙を残して、出て行かれました……」 報告にきた団員の言葉に一斉に振り向くフレイヤ・ファミリアの面々。 そしてイラストは前回の「 ファミリアクロニクル episodeリュー」に引き続きニリツ先生が担当です! そこで今回は物語の中心となるフレイヤ・ファミリアのメンバーを、ニリツ先生のラフデザインと共にいち早くお届け! アレン・フローメル:二つ名は【女神の戦車(ヴァナ・フレイア)】。 ステイタスはLv. 猫人(キャットピープル)の冒険者で『都市最速』の称号を持つフレイヤ・ファミリアの副団長。 アルフリッグ・ガリバー:二つ名【炎金の四戦士 ブリンガル 】。 ステイタスはLv. 四つ子の小人族(パルゥム)の長男で、二つ名は四人合わせた呼び名。 その連携は迷宮都市随一を誇る。 ヘグニ・ラグナール:二つ名は【黒妖の魔剣(ダインスレイヴ)】。 ステイタスはLv. 黒妖精 ダークエルフ の冒険者でヘディンと合わせて『白黒の騎士』と呼ばれる第一級冒険者。 ヘディン・セルランド:二つ名は【白妖の魔杖(ヒルドスレイヴ)】。 ステイタスはLv. 白妖精 ホワイトエルフ の冒険者でヘグニと同様強力な『魔法』と凄まじい戦技を振るう『魔法剣士』。 皆さまいかがでしたでしょうか? 今後も新情報が入りましたら、随時お知らせしてまいりますので、最強の眷族と女神の歴史の欠片(クロニクル)、どうぞお楽しみに!!.

次の

ダンまち2 第10話の感想 「フレイヤはベル君に向けて何と言ったの?」

ダンまち フレイヤ

美の女神であり、神々の中でも随一の美貌を持っている。 これまでに多くの男性を魅了し、その効果はモンスターや神でも虜にしてしまうほど。 そんな女神がなぜベルをかまうのか? フレイヤがベルを見つけたのは 偶然視界に入っただけ。 一目見た瞬間に、かつて見たことが無いほど透き通った綺麗な魂の色を持っていることに気づき、ベルを気に入ったようです。 それから、ベルを自分のものとして相応しくさせるために、 現在は試練を与えて成長させようという目的で動いている。 当初のベルの評価は 「とても頼りなくて、少しのことで泣いてしまう、強くはない子」。 ロキ曰く、これまでにもフレイヤは気になった子供がいたら、周囲に迷惑がかかろうが関係なく問題を起こすとのこと。 実際にフレイヤがベルに対して起こした問題とは、 怪物際(モンスターフィリア)の時。 ロキと話している時に、ベルが走っていく姿を見かけて思いついた。 ガネーシャ・ファミリアがダンジョンから捕まえてきたモンスターを解放し、シルバーバックに対しては魅了してヘスティアを追いかけるように仕向けています。 この時のフレイヤは、ベルを殺す気だったような印象がありますね。 「しばらくは、あの子の成長を見守るつもりだったのに」と言っていました。 ダンまちのフレイヤさんに 「何が美の神だ、枯れろ性悪ババァ」とか言ったら殺されんのかな — ぐみさき。 ベルを冒険(成長)させるため、オッタルに指示をして普通のミノタウロスより強く仕上げた。 それをベルと戦わせるように仕向け、助けに行こうとしたアイズの邪魔をしています。 このベルの戦いを見て、フレイヤは更にベルに対する気持ちが強くなったように見える。 「美しい。 美しい光景」と興奮しながら顔を赤らめていましたね。 普段は冷静にしているが、ベルに関してだけは 異常な執着を見せている。 現状ではベル以外に興味はほとんどないのでしょうね。 その執着心は、 たとえベルが死んだとしても地位を捨ててでも天界に戻って魂を捕まえると言っています。 いずれは直接ベルを奪いに来るかもしれませんねw その時は、ベルがオッタルを倒す日でしょう! ただ、普通に考えればフレイヤは欲しいと思えば 「魅了」を使えば直ぐに自分のもの出来そうに思いますよね。 なぜフレイヤはベルを魅了せずに見守っているのでしょう? 実際、ベルのスキル 「憧憬一途」がある限りは魅了は効かないのですけど。 このスキルについては知らないはずなので、何か他に理由があるのかもですね。 綺麗な魂のままで成長させるため、ヘスティアに預けている感じなのでしょう。 そのため、 他の異性がベルと仲良くしていると嫉妬するようになっている。 この嫉妬により、あるファミリアがフレイヤにより壊滅されることに。 外伝のソード・オラトリアでは、ベルにアイズが特訓した時。 ベルにこれ以上関わらないようにと、ファミリアの団員を使って警告している。 フレイヤからすれば、自分の与える試練で成長させたいという気持ちが強かったのでしょう。 アイズからすれば、何のことか分からないですよね。 アニメ2期の1話でのダンスの時に、ベルとアイズがダンスをしていた時。 二人を見ながら 「ここにミノタウロスの群れを連れて来られないかしら」と表情を変えずに言っています。 明らかにアイズに対して嫉妬しているのが分かったので面白かったw その後、イシュタルがベルに手を出そうとする。 イシュタルは、フレイヤを陥れたいと考えており、 フレイヤが目を付けているというベルを標的にした。 なので、イシュタルはベルに対して好意が有るわけではなく、フレイヤから大事なものを奪うため、ベルを魅了します。 このことで、フレイヤは 自分のモノに手を出したということで怒る。 自身のファミリアの団員を連れて、歓楽街に行きイシュタルファミリアを壊滅させています。 これまでもイシュタルはフレイヤにちょっかいを出していたようですが、今回は許せなかったのでしょうw 「これに懲りたらもう悪戯はしないことね、イシュタル。 もう遅いかもしれないけれど。 本拠地は 「戦いの野(フォールクヴァング)」。 エンブレムは 戦乙女の側面像。 団員は、オラリオ最高の レベル7の冒険者のオッタル(猪人)が団長として在籍している。 いつも冷静で表情はほとんど変わらず、武人肌な性格で二つ名は 「猛者(おうじゃ)」。 フレイヤを侮辱する相手には容赦せず激しく激昂するようです。 その強さは、ロキ・ファミリアの中核メンバーが全力で挑んで、ようやく互角の戦いとのこと。 フレイヤの寵愛を受けるベルに対して嫉妬せず、フレイヤの意志を尊重して尽くしています。 アレンは 副団長で、ステイタスはレベル6の猫人の男性。 豊穣の女主人で働いている アーニャとは兄妹ですが、現在は絶縁とのこと。 オラリオにいる全冒険者の中で最も脚が速いことで有名。 ミアは、現在「豊穣の女主人」の主人で、ステイタスはレベル6。 元団長で、現在は半引退状態ですがフレイヤ・ファミリアに籍は残っている。 現役時代はオッタルと並ぶ実力を持つドワーフで、二つ名は 「小巨人(デミ・ユミル)」。 ドワーフは慎重が低い印象がありますが、ミアは例外のようですね。 最後に 【ダンまち -クロス・イストリア-】 ダンまち X. ベルを偶然見かけて一目惚れのような感じで気に入った。 そこから、色々と ちょっかい(試練)を与えてベルを成長させようとする。 異常なほど執着しているが、これまで表立った行動はせずにいましたが、イシュタルの時は怒ってしまい動きましたねw ということは、アポロンがもし戦争遊戯に勝っていたら、フレイヤが動いたかもしれませんね! ファミリアに関しては、ロキ・ファミリアよりも強い戦力を持っている。 レベル7のオッタルの強さはオラリオ最強で、レベル6が数人で挑んでもようやく互角とのこと。 ソード・オラトリアを見てロキ・ファミリアも相当強いと思いましたが、フレイヤ・ファミリアはもっと強いということで 戦闘を見てみたいですねw フレイヤがアニメでもっと登場して欲しいなと思います!.

次の