燃料 電池 バス。 水素で200キロ走る燃料電池バス、東京都心で運行開始へ (1/2)

トヨタ自動車、量販型燃料電池バス「SORA」を発売

燃料 電池 バス

tags: , , トヨタの燃料電池バス「SORA」は、すでに都バスで走り始めていますが、その数はまだまだ限られたものです。 そうしたなかトヨタが試乗会を開催。 実際に乗ってみることで見えてくる特徴や課題とは、どのようなものだったのでしょうか。 水素で走るバス、本格普及に向けて トヨタ自動車が2018年3月7日に販売を開始した、FC(燃料電池)バス「SORA(ソラ)」。 最大の特徴は、ほかのバスのようにディーゼルエンジンなどの内燃機関を搭載せず、燃料電池の発電による電気自動車であることです。 どんなところが一般的なバスと異なるのでしょうか。 乗り味を含めてレポートします。 トヨタのFCバス「SORA」。 動力の発生は基本的にFCV「MIRAI」と同じ仕組み(大音安弘撮影)。 まず燃料電池について簡単に説明すると、高圧タンクから供給される水素と大気中から取り込んだ酸素を「FCスタック」内で化学反応させることで発電を行うもの。 原理は、水の電気分解、水に電気を流すと水素と酸素が発生する反応を逆に利用しているのです。 このため、発電時には水しか発生しないクリーンな発電を実現できます。 この電気を使い、モーターで走行するのが、このFC(燃料電池)バスなのです。 ご存知の通り、トヨタが2014年12月に発売した世界初の量産FCV(燃料電池車)「MIRAI(ミライ)」と仕組みは同じです。 水素と酸素で発電し、水を排出する(大音安弘撮影)。 バスのサイズは、大型の路線バスと同等。 ただ外観は通常の路線バスのイメージとは異なる、未来感のあるデザインに仕上げられ、高い全高が特徴的です。 実は、この一見して高くなっている部分にFCバスの心臓部が収められており、車体前側の頭上には、高圧水素タンクが10本、車体後部の頭上には、FCスタックを搭載。 ディーゼルエンジンバスの場合、後部座席下はエンジンルームとなりますが、ここにモーターなど駆動システムがあります。

次の

【バス】都バス仕様トヨタの燃料電池バスに乗ってきた

燃料 電池 バス

ベビーカー利用者や車いす利用者と、一般利用者の居住性を両立してあることで、利便性が上がっています。 バスの停車時には周辺の歩行者など動く動体を自動で検知し、運転手に対して音と画像で知らせる「視界支援カメラシステム」が搭載されているので、安全性も向上しています。 それに加えて、急加速の抑制と緩やかな発進を制御する「加速制御機能」を採用したため、バスの車内で立っている状態でも負担が少なくなっています。 なので走行時にCO2など、環境負荷の高い物質を排出せず、かつ騒音や振動の少ないバスになっています。 それに加えて、大容量の外部給電システムを搭載しているので、高出力で大容量の電源供給能力が備わっています。 これは当然ながら、災害時の電源としても利用することができ、およそ一般家庭の5日分の電力供給が可能になっています。 スポンサーリンク トヨタの量産型燃料電池バス『SORA』を採用しているところ 東京オリンピックまでに100台を普及させるとして、2018年に発売された燃料電池バスのSORAですが、ここではそんな燃料電池バスSORAを採用しているところをご紹介します。 都営バス 東京都は特に水素社会実現という旗振りもしているため、いち早く燃料電池バスを導入しています。 都05-2系統(東京駅丸の内南口~東京ビッグサイト)ではすでに運行されていて、2020年までには100車両以上導入するとしています。 京急バス 京急グループの京急バスは、2018年に燃料電池バスSORAの導入を決め、2019年3月からは運行を開始しています。 民間事業者で燃料電池バスを導入した例としては国内で初めてで、京浜急行バス大森営業所に導入がされています。 静岡県や埼玉県などでも試験運行 まだ導入までは至っていないものの、静岡県や埼玉県などでも試験運行が実施されています。 また静岡県などでは2020年までの運行を目指すとして、県内のバス会社・エネルギー会社や知事なども試乗したとのことです。 まとめ 価格は1台あたり1億円もする燃料電池バスSORAですが、補助制度の活用もあるため、今後一層普及する可能性はありますね。 車を買い換える時はだいたい ネットなどで検索をしますよね。 でもネットに掲載されている車両はいいものだとすぐに売れてしまうので、随時チェックをしておかなければいけません。 公開されている車両というのは 人の目にもつきやすく、すぐに売れてしまうのは仕方がありません。 でも実はもっと簡単に欲しい車を見つける方法があるのをご存知でしょうか? それが一般的に公開されているものではなく、未公開車両から探す方法です。 中でも有名なのが「 」で、 一般的な公開車両よりも早く最新の情報が出る為、より早く欲しい車を見つけることができます。 また購入後の保証も最長で10年つけることができ、返品システムもあるので安心です。

次の

トヨタ・FCHV

燃料 電池 バス

2020年02月03日 都市整備局 (延期)『燃料電池バス(FCバス)で巡る!水素ツアー』の実施について 2020年9月以降の晴海五丁目西地区(HARUMI FLAG)では、水素エネルギーなどの新技術の活用により、環境に配慮した持続可能性を備えた、環境先進都市のモデルとなる都市の実現を目指しています。 これに先立ち、脱炭素社会の切り札となる水素エネルギーについて、多くの方々にその大きな可能性を知っていただくために、このたび、FCバスで水素関連施設などを巡る周遊ツアーを実施することといたしましたので、お知らせします。 FCバス 記 (1) ツアーの概要(予定) 概要 水素エネルギーに関連する官民施設を燃料電池バスで巡り、まちづくりにおける水素活用の具体的な取組や、水素エネルギーの有用性、最新技術を紹介します。 実施期間 令和2年7月19日(日曜日)~9月5日(土曜日) 実施日 上記期間中の水曜日・土曜日・日曜日・祝日 実施時間 午前便10時00分~12時00分(訪問先2個所)、午後便14時00分~17時00分(訪問先3個所) 訪問先• インフォメーション施設(中央区晴海…仮設水素ステーション敷地内)• 水素情報館東京スイソミル(江東区潮見)• は午後便のみ 参加費 無料 申込方法 令和2年4月1日(水曜日)より東京都のホームページにて募集を開始します。 (2) ツアーのポイント• HARUMI FLAGにおける水素エネルギーの利活用をわかりやすく解説します!• インフォメーション施設では、FCバスへの水素充填を見学できます!• インフォメーション施設は、本ツアー参加者だけが立ち寄ることのできる施設です!• 水素情報館東京スイソミルでは、全国の自治体 【注1】の水素社会の実現に向けた様々な取組や、選手村地区エネルギー事業者 【注2】の水素に関する最新技術を紹介する特設展示を行います! 【注1】福島県、山梨県、神戸市、北九州市・福岡県、周南市・山口県 【注2】東京ガス(株)、JXTGエネルギー(株)、パナソニック(株)、(株)東芝 本件は、に係る事業です。 「スマート シティ 政策の柱6 多様な機能を集積したまちづくり」 問い合わせ先 都市整備局市街地整備部企画課 電話 03-5320-5112.

次の