ふうか ローマ字。 ヘボン式ローマ字|神奈川県パスポートセンター公式サイト

お名前のローマ字表記について

ふうか ローマ字

放送で使うローマ字表記は、昭和29(1954)年、内閣告示「ローマ字のつづり方」に示されている表記の範囲で行っています。 「フ」は「hu」と「fu」のどちらの表記も示されており、どちらを使うこともできます。 ローマ字表記には、いろいろな方式がありますが、方式によって「フ」の示し方が違い、2つの表記があるわけです。 ローマ字表記の方式の代表的なものは、以下の3つです。 ヘボン式・・・標準式とも言われる。 幕末に日本にやってきたアメリカ人宣教師ジェームズ・ヘボンが考案した表記法。 日本語の仮名づかいによらず、発音によってつづるため、英語の知識をもった人がこのつづりを見れば、日本語の発音が読み取りやすい。 日本式・・・明治18(1885)年に公案された表記法。 五十音図に基づく子音と母音の組み合わせでおのおのの音を表した表記法。 訓令式・・・昭和12(1937)年の内閣訓令「国語ノローマ字綴方ニ関スル件」で示された方式。 日本式に近い形で整えられている。 「ローマ字のつづり方」にはこの3つの方式が、第1表と第2表とに分けられて示されています。 第1表に示されているのが「hu」で、これは、3つの方式で言うと、日本式と訓令式です。 また、第2表に示されているのが「fu」でヘボン式です。 日本語の「フ」が、英語の「f」の発音に近いということを示すため、ヘボン式では「f」を使っています。 内閣訓令および内閣告示「ローマ字のつづり方」は『NHK漢字表記辞典』の付録に全文が示されています。 また、「ローマ字表記」について、に関連記事があります。 あわせてご覧ください。 メディア研究部・放送用語 山下洋子.

次の

ヘボン式ローマ字|神奈川県パスポートセンター公式サイト

ふうか ローマ字

名前の ローマ字 はじめに 名前の 書きかた 名前の 先頭は 大文字に します。 姓と 名は「姓-名」の 順です。 姓を すべて 大文字で 書く 方法も あります。 イニシャルに する 場合は うしろに とめの印. を つけます。 特殊な 文字が つかえない 場合は に します。 【イニシャル】 Yamada Taroo 【代用表記】 くわしくは「」を お読み ください。 ローマ字の 方式 ローマ字の 方式は,特別な 事情が なければ,日本語らしい に します。 日本の 人名は 日本語だからです。 ふつう,日本語は 外国で 通じませんが,固有名詞は ローマ字に すれば 日本語の ままで 世界に 通用 します。 特別な 事情が あって 英語風に しなければ ならない 場合は に しますが,それで 国際的に なる わけでも 外国人が 正しい 発音で 読んで くれる わけでも ありません。 に すると 日本人が みても 読めない つづりに なります。 くわしくは「」「」を お読み ください。 くわしくは「」を お読み ください。 おぎない• ここで みつからない 場合や ほかの 方式(など)を しらべたい 場合は「」または「」を おつかい ください。 おまけに 筆記体風の 書体と 装飾的な 書体の 見本を 表示 します 筆記体風の 書体は きる印 ' が はいっている ときに 線が きれて しまいますが,本当は つづけて 書きます。 学校で 筆記体を ならう 場合は,書きかたが すこし ちがうかも しれません。。 ふりがな だけでは ローマ字を きめられない ことが あります。 ローマ字は 日本語の 読みかた(音声)を ABCで 書く ものですが,ふりがなを みた だけでは 音声が わからない ことが あり,そのとき ローマ字の つづりが きめられないからです。 たとえば,「たろう」「ゆうこ」の 音声は 常識で わかりますが,「こうみ」の 音声は わかりません。 どちらも ありそうな 名前なので,どちらか わかりません。 ありそうな 名前か どうかの 判断が むつかしいので,かならず そう している わけでは ありません ふりがなが「こうた」だったら,読みかたは〈コータ〉か〈コウタ〉です。 〈コータ〉は 実際に「浩太」や「康太」が あります。 けれども,〈コウタ〉が あるのか ないのか(「小唄」?)は よく わかりません。 これは ありそうだと この サイトが 勝手に 判断 した 名前を 書いています。。 挿絵 姓の ローマ字 姓(名字,苗字)の ローマ字です。 約9300個 あります さんの データを 参考に しています。。 約5400個 あります。

次の

お名前の ローマ字 変換

ふうか ローマ字

ヘボン式ローマ字 ヘボン式ローマ字 旅券法施行規則第五条第2項「旅券の記載事項」により、基本的にパスポートの氏名は戸籍に記載されているもので、 「ヘボン式ローマ字」を使って表記することとなっています。 このページでは、ヘボン式ローマ字表と注意が必要な表記で、お名前の書きかたをご説明します。 ヘボン式ローマ字とは、1867年に出版されたヘボンの「和英語林集成」という和英語辞典で使われた綴りを元に羅馬字会、ローマ字ひろめ会が修正を加え、ローマ字ひろめ会が1908年に発表したものです。 ヘボン式以外のローマ字表記を希望する方は、をご覧ください。 戸籍に記載されている氏名以外の表記や、外国式氏名表記等を別名として併記することを希望する場合は、をご覧ください。 ヘボン式ローマ字表 下記の表を参考にしてください。 太枠内は特に誤りやすいつづりですので、ご注意ください。 外国式氏名のヘボン式ローマ字表 イェ ウィ ウェ ウォ ヴァ ヴィ ヴ ヴェ ヴォ IE UI UE UO BUA BUI BU BUE BUO クァ クィ クェ クォ グァ グィ グェ グォ ジェ KUA KUI KUE KUO GUA GUI GUE GUO JIE チェ ツァ ツィ ツェ ツォ ティ ディ デュ ドゥ CHIE TSUA TSUI TSUE TSUO TEI DEI DEYU DOU ファ フィ フェ フォ フョ FUA FUI FUE FUO FUYO 注意が必要な表記例 下記は、誤りやすいヘボン式ローマ字の表記例です。 下記以外の表記を希望される場合は、非ヘボン式ローマ字表記になります。 くわしくは、「」を参考にしてください。 下記の例にない場合など、ご不明な点がある場合は、パスポートセンターにご相談ください。 長音「お」「う」の表記について 末尾の長音の「お」は「O」で表記します。

次の