インスタ ストーリー 動画 あげれない。 【インスタ】ストーリーの保存とカメラロールからの投稿について

インスタとツイッターが連携できない!原因と対処法を徹底解説

インスタ ストーリー 動画 あげれない

Instagramで投稿するとき、いつもと同じようにしているはずなのに、なぜか投稿できないことがあります。 本記事では、Instagramに投稿できないときの原因と対処法について解説します。 Instagramに画像・動画を投稿できないときの対処法• 投稿を削除・編集できない• 投稿のハッシュタグ・コメント・キャプションにまつわるトラブルへの対処法• 投稿予約ができないときの対処法• 新機能が追加されているはずなのに表示されないときは……• Instagram アプリのバージョンは最新か? アプリが最新のバージョンになっていないと、投稿時にエラーが発生してしまうことがあります。 アプリは最新のものを使う前提となっているので、特に手動更新している人は、まずバージョンをチェックしてください。 アップデートはApp StoreもしくはGoogle Playストアから簡単にできます。 通信環境の原因かも。 Wi-Fiや電波環境をチェック 電波状況が悪いとアップロードに時間がかかりすぎてエラーになるなど、投稿に失敗することがあります。 特にWi-Fiでつないでいる場合は、電波状況がほんの少し悪化しただけで通信速度が著しく低下することも。 電波状況が疑わしいときには、場所を移動して再投稿をしてみてください。 またWi-Fi以外でつないでいる場合は、通信制限がかかっている場合があります。 スマートフォンの「設定」から「Wi-Fi」の項目を確認してつないでみるか、通信量をチェックできるアプリを使って確認してみましょう。 「データ使用量の軽減」が適用されている? 通信速度が速く、大容量のデータも簡単に送受信できるスマートフォン。 しかし一定の通信量に達すると速度が落ちる契約もあるため、Instagramには「データ使用量を軽減」できる機能が備わっています。 もし軽減モードがオンになっていたら、オフに切り替えましょう。 確認・設定方法は次のようになります。 項目名をタップして変更。 データのサイズが大きすぎる Instagramでは、再生時間の長い動画や写真と動画を組み合わせた複数投稿など、大容量のデータをアップロードしようとするとエラーになる可能性あります。 エラーにしないためには、動画を短くする、一括投稿の動画数を減らす、1つずつ投稿するなど、工夫が必要です。 ハッシュタグを付けすぎていないか ハッシュタグは、30個を超えるとエラーになります。 ハッシュタグをたくさん付けて投稿しようとしたり、投稿の際にキャプションの内容が消えて真っ白になったりするときは、タグの数をチェックしください。 動画の場合:60秒以内になっているか? 先に説明したとおり、長すぎて重い動画はアップロードできないことがあります。 なるべく短く編集するようにしましょう。 60秒以上の動画は、アップロードできても60秒で切れるので注意してください。 動画の場合:動画に使われている音楽が著作権法違反になっていないか 動画で使っている音楽が著作権で保護されているものだと、アップロードできなかったり、できても公開が停止されたりする場合があります。 音声をオフにするか、フリー音源を使うなどの対策をしておくと安心です。 動画の音声をオフにして投稿する方法を紹介しておきます。 そんなときは、時間を置いてもう一度試してみるか、修正版のアップデート情報などをチェックしてみてください。 すべて試しても投稿できなければ、一度アプリを削除して再ダウンロードしてみる 上記すべての項目を確認しても原因が分からない、どうしても不具合が起きて投稿できないという場合は、アプリを削除してみましょう。 そして最新バージョンをインストールしてください。 その後App Storeから最新版をダウンロード。 Androidの場合:Google PlayストアでInstagramを検索し、「アンインストール」をタップして削除。 その後、改めてアプリをダウンロード。 どちらの場合も再インストールすると、最初にログインIDとパスワードを求められます。 忘れないように注意しましょう。 それでもできない場合は、次の可能性が考えられます。 タイムラグ 正常に処理されているのに画面が更新されていないため、編集・削除できていないように見えてしまっていることがあります。 この場合はInstagramを再起動するか、画面を再読込みしてみてください。 内部で正常な処理がされている場合は、画面更新で新たな内容が反映されるはずです。 もし反映されていなければ、別の原因を確認してみましょう。 通信環境が悪い 通信環境が悪くて編集・削除の途中でエラーが出ると、正常に処理できなくなってしまいます。 通信状態が悪い場所での編集・削除は行わず、良い状態になってから再度処理を実行してみましょう。 アプリ側の不具合 最新版のアプリでなければ正常に作動しない機能も多くあります。 昨日までできていた処理が急にできなくなった場合などは、アプリのバージョンを確認してみましょう。 最新版がリリースされていればアップデートを行ってください。 3.投稿のハッシュタグ・コメント・キャプションにまつわるトラブルへの対処法 キャプションで改行ができない、空白行をいれたのに反映されてない キャプション、コメント、プロフィールなど、文字入力する場面で改行ができない(改行ボタンが表示されない)ケースがあります。 こういった「改行ができない場合」は、別のアプリや音声入力を使うことで対応可能です。 また、Instagramでは文字が入力されていない行が削除されてしまいます。 しかし、文字量が多いキャプションなどが改行なしで書かれていると、とても読みにくいですよね。 読みやすくするためには、改行したいときに「・」などの記号をいれるか、サードパーティのアプリを使う方法が考えられます。 各場面での改行方法については以下の記事で解説していますので、ぜひご一読ください。 ハッシュタグが反映されていない まずはInstagram側でエラーが発生していないか、アプリは最新状態にアップデートできているかを確認してください。 そして、タグが30個を超えていないか、スペースや特殊文字などを使っていないか、#マークは半角になっているかなどの確認もしてみましょう。 最近ではNGワードのタグも存在するので、ルールだけでなく文言にも気をつけたいところです。 投稿後、タグが青色になっていればきちんとタグ付けできています。 コメントできない 投稿者がコメントできるユーザーや内容を制限している場合、コメントはできません。 どうしてもコメントができない場合はブロックされている、もしくは投稿者のアカウントがすでに削除・非公開になっている可能性もあります。 通信環境やスマートフォンの不具合、アプリが古いバージョンであるなども考えられます。 4.投稿予約ができないときの対処法 Instagram で投稿予約する方法 この投稿予約機能は、Instagramアプリ内に直接組み込まれているものではなく、他社の有料アプリ や などを利用する必要があります。 利用料は、HootSuiteの最安プランで月額2,200円ほど。 インストール後にアカウントを作成し、ソーシャルネットワークでInstagramを追加して紐付ければ使用できます。 Instagramアカウントを運用している企業ユーザーにとって、予約機能は運用面でのメリットが大きいと言えます。 一度気になるアプリを試してみてもいいでしょう。 公式の予約投稿機能が実装される予定あり Facebookは2019年9月に開催された国際放送会議の中で、「最長6ヶ月前から予約投稿できる公式機能をInstagramに実装される可能性がある」ことをしました。 現時点ではInstagramのフィードとIGTVのコンテンツのみを対象としていますが、ストーリーへの機能拡張が期待されるなど、今後も目が離せません。 できない場合の原因と対処法 投稿予約ができない、もしくはうまく作動しない場合は、設定するアプリ側に問題が発生している可能性があります。 そのほかにも、有料プランの期限切れや連携ミス、設定ミスなども考えられますので、トラブルの際には確認するようにしてください。 5.新機能が追加されているはずなのに表示されないときは…… 追加されたはずの新機能が表示されない場合は、まずアプリのバージョンを確かめてください。 古い場合は、最新版をアップデートすることで使えるようになるはずです。 それでも新機能が使えないという場合は、まだ実装の対象ユーザーになっていない可能性があります。 新機能は徐々に適用範囲が拡大されることも多いので、少し待ってみましょう。 6.まとめ Instagramに関する基本的なトラブルと、対処法をご紹介しました。 Instagramへの投稿でトラブルが起きた際には、ぜひ本記事を参考にしてください。 Instagramのストーリーに投稿できないときの対処法は、こちらを御覧ください。 ストーリーの投稿方法はこちらをどうぞ。

次の

Instagramストーリーズの作成方法や使い方は?

インスタ ストーリー 動画 あげれない

こんにちは。 白石ふくです。 最近、インスタグラムの動画広告をよく目にすることが増えてきました。 少し調べてみると、こんな調査結果を見つけました。 この調査結果によると、インスタグラムの動画広告からの流入がかなり多いことが分かります。 動画を使った商品やサービスの訴求はテキストのみで訴求するよりもユーザーが使用シーンをイメージしやすいので、プロモーション効果が上がりやすいことが主な理由と考えられます。 本記事内でも詳しく記載しますが、インスタグラムに投稿できる動画の時間は「60秒間」(2016年3月30日に15秒間から60秒間へ変更発表)です。 インスタグラムで動画を投稿することが、プロモーションとして適していることは言うまでもありませんよね。 そこで今回は、インスタグラムで動画を投稿する方法を解説します。 ここで「許可しない」をタップしてしまうと撮影ができなくなりますので「OK」をタップしてください。 これで投稿画面に移動します。 投稿画面が表示されたら、画面下部の「動画」をタップします。 ここでも初めて動画撮影を行う場合のみ、マイクへのアクセスを許可しますか、というアラートが表示されます。 ここで拒否してしまうと、動画撮影時に音声を含めることができなくなりますので「OK」を選択してください。 これで動画撮影の準備は完了です。 動画を撮影する インスタグラムで動画を撮影する場合、2つの撮影方法があります。 ・1つのシーンを連続で撮影し続ける 動画を撮影するときに一般的な撮影方法です。 ・いくつかのシーンを撮影して、後ほど各シーンをつなぎ合わせる 例えば以下のような場合です。 最初の5秒間は、猫が寝ている様子を撮影する 次の15秒間は、猫がごはんを食べている様子を撮影する 最後の7秒間は、猫が遊んでいる様子を撮影する このように複数のシーンを撮影してつなぎ合わせると「猫が寝て、起きてごはんを食べて、遊んでいる」という流れのある動画に仕上げることができます。 インスタグラムで投稿できる動画の時間は60秒までなので、その枠の中で時間を分割するようにしてください。 では実際の撮影方法を解説します。 撮影画面を表示すると、画面下部に赤い円のマーク 録画ボタン が表示されています。 撮影している間は、録画ボタンを長押ししてください。 手を話すと、撮影が終了します。 撮影中は上の画像のように画面上に白いバーが表示されます。 この白いバーは撮影時間を示していて、バー右端は制限時間の60秒に達したことを表します。 録画ボタンから手を話すと1つのシーンの撮影が終了になります。 複数のシーンを撮影する場合、再度録画ボタンを長押しするまでは撮影が止まっていると同時に、白いバーも動きを止めています。 撮影が止まっているこの時間の間に、撮影風景を変更することができます。 再度撮影を開始すると、白いバーも動き出します。 右端に届くまでは、いくつでもシーンを変更して撮影することができます。 録画ボタンを長押しして離す、という作業を繰り返して動画を撮影したあと白いバーをよく見るとすると、各シーンごとにバーが途切れている事がわかります。 上の画像は、3つのシーンに分けて撮影したもので、よくみるとバーが3分割されていることがわかります。 この動画を投稿すると、3つのシーンが1つの動画としてつなぎ合わされた動画が再生される、ということです。 撮影したシーンを削除する場合 シーンを撮影した後、再度撮影しなおすために一度削除したい、という場合の方法です。 撮影したシーンのうち、直前のシーンであれば削除することができます。 撮影画面の下に「削除」という表記があるので、このマークをタップしてください。 すると、白いバーのうち削除の対象となるシーン部分が赤くなって、「削除」メニューも赤くなります。 ここではまだシーンは削除されていません。 削除して問題ないかを確認したら赤くなった「削除」をタップしてください。 これでシーンの削除が完了です。 なお、一度削除したシーンは復元することができませんので注意が必要です。 撮影を終了して編集する 撮影が終了したら、画面右上の「次へ」をタップしてください。 一番左のアイコンをタップすると、フィルター加工を行うことができます。 インスタグラムで画像を投稿する時と同じ要領で、好みのフィルターを適用してください。 左から2番目のアイコンをタップすると、カバーフレームを選択することができます。 カバーフレームとは、動画のサムネイル画像となるシーンです。 アイコンをタップすると画面下部にフレーム一覧が表示されますので、その中からカバーフレームに設定したいシーンを選択してください。 左から3番目ののアイコンをタップすると、撮影した動画を正方形で表示させるのか、長方形で表示させるのかを選択することができます。 このアイコンは、あまり利用シーンがないことの方が多そうです。 アイコンをタップするだけで切り替えが可能ですので、必要に応じて使用してください。 編集を終了する際は、画面右上の「次へ」をタップしましょう。 動画を投稿する 続いて投稿画面が表示されます。 まずはじめに、動画をシェアする場所を選択します。 投稿画面上部に「フォロワー ダイレクト」と表示されていますので、ここで選択してください。 「フォロワー」を選択すると、通常のタイムライン上に動画が表示されます。 「ダイレクト」を選択すると、ダイレクトメッセージとして特定の相手にのみ動画をシェアすることができます。 続いてキャプションを設定します。 動画を見る人に、どのような動画なのかがわかりやすいような説明文を入力しましょう。 ここでハッシュタグも含めると、他のインスタグラムユーザーから検索してもらいやすくなります。 なお、キャプションは入力しなくても投稿することは可能です。 動画がどこで撮影されたのか、地図上に配置したい場合はフォトマップを設定してください。 「フォトマップに追加」と「この場所に名前をつける」をタップすると設定することができます。 ただしこの機能を利用すると、例えば自宅で撮影した動画を投稿する場合に自宅の場所が動画を見た他のユーザーにわかってしまうという危険性もあります。 店舗の様子や商品説明の動画を投稿するなどの、あえて動画の撮影場所を示したい場合以外は、この機能を利用することはおすすめしません。 最後に、他のSNS等にシェアするかどうかを設定します。 Twitter、Facebook、tumbler、Ameba、ミクシイのいずれかに同時シェアすることができます。 なお、この機能を利用する場合は事前に各SNSとインスタグラムを連携させておく必要があります。 ここまでできたら、画面下部の「シェアする」をタップすると投稿が完了します。 スマートフォンに保存してある動画を投稿する場合 インスタグラムアプリで動画を撮影するのではなく、カメラロールなどに保存されている動画を選択して投稿する方法です。 「インスタグラムアプリで動画を撮影して投稿する場合」と同様に、撮影画面を表示させます。 画面右下にアルバムアイコンが表示されていますので、タップしてください。 動画を選択したら、画面右上の「次へ」をタップしてください。 表示されているアイコンのうち、はさみアイコンをタップして使用する部分を切り取ってください。 画面下に表示されている部分が、インスタグラムに投稿される動画になるので、画像を指でおさえて左右にスライドさせると、投稿される動画の長さを調整することができます。 動画の長さを元の長さより短くしたい場合は、左右の青枠の恥を指でおさえて左右に動かしてください。 これで投稿する動画の準備は完了です。 あとは「インスタグラムアプリで動画を撮影して投稿する場合」で解説した「撮影を終了して編集する」「動画を投稿する」と同じ手順で投稿すれば完了です。 まとめ 動画撮影は写真の撮影よりも少し手間がかかってしまいますが、言葉で商品やサービスの魅力を伝えるだけではなく、動画を使用することでより多くの人の心を惹きつけることができます。 動画の長さも最大60秒間あるため、インスタグラムの特徴を生かしつつ、新しいプロモーション方法として取り入れてみてはいかがでしょうか。 以上、白石ふくでした。 すべてのインスタアカウントが丸見えに!? インスタグラムを使っていて、芸能人や人気のインスタグラマーがどんな投稿をしているか気になったりしませんか? インスタグラム分析ツールの「Aista」を使えば、投稿パターンや使われているハッシュタグの分析が簡単にできちゃいます。 無料でお試し利用ができるキャンペーンをしているので、この機会に「Aista」を使ってみよう! この記事を書いた人 時間 2020. 人気記事ランキング カテゴリー• 人気キーワード•

次の

Instagram投稿にまつわるエラー/トラブルと対処法

インスタ ストーリー 動画 あげれない

インスタグラムのストーリー機能とは? インスタグラムのストーリー機能は、写真や動画をスライドショーのような形式で投稿することができます。 例えばインスタグラムにたくさんの写真を投稿した場合、タイムライン上があなたの投稿で溢れかえってしまい、フォロワーからウザイと思われてしまう可能性がありますが、ストーリー機能を使えば1つの投稿で複数の写真や動画をアップすることができるので、フォロワーからウザがられることも無く、オシャレにスマートに投稿することができます。 また、投稿したストーリーは 24時間で自動的に削除されます。 一時的な情報発信の手段として非常に便利ですし、より手軽に軽い気持ちで投稿できちゃいます。 ストーリーを投稿する方法 インスタグラムトップの 左上アイコンをタップ、もしくは 画面を右方向へスワイプするとストーリーの投稿画面になります。 撮影ボタン タップで写真、 長押しで動画撮影することができます。 また、画面下部の 【通常】と表示されている部分を横スライドすることで撮影モードを切り替えることができます。 BOOMERANG 一定時間内で間隔を空けた連続写真を撮り、それを繋ぐことでコマ送り動画のような映像を撮影することができる。 ハンズフリー 長押しすることなく動画撮影することができる。 撮影後、ストーリーボタンを押せばストーリーに追加されます。 なお、複数ストーリーを追加したい場合は、都度撮影して追加していけばOKです。 エフェクトを追加する方法 ストーリーは、ただ撮影した写真や動画を投稿するだけじゃありません。 エフェクトを付けることもできます。 画面左右スワイプでフィルタを選択。 明るさを変える事ができます。 手書きでの文字入力にも対応!色も指定できます。 手書き文字の太さ指定も可能です。 またテキストでの入力も可能です。 カメラロールからストーリーに投稿する方法 ストーリーは、その場で撮影するだけでなく、カメラロールからもストーリーに投稿することができます。 ストーリーの投稿画面からアルバムマークをタップします。 少し小さい表示になっています。 スマホに保存されている写真が表示されるので、ストーリーに投稿したい写真を選択しましょう。 【複数を選択】をタップすれば、一括で複数の写真を選択することもできます。 ストーリーを見せたくない相手に非公開! 作成したストーリーは、基本的にはすべてのユーザーに公開されますが、ユーザー指定で非公開(表示されない)設定にすることが可能です。 対象ユーザーページから設定 自分のストーリーを見せたくないユーザーの個別ページのメニューボタンから 【ストーリーを表示しない】を選択すると、対象ユーザーに対して自分のストーリーが表示されなくなります。 自分のストーリーを表示させないユーザーを選択できます。 この場合は、自分のフォロワー内から表示しないユーザーを選択する事になります。 ストーリーを削除する方法 公開したストーリーを削除する方法です。 間違った投稿をしちゃった場合などに使えます。 自分のストーリーを開き、メニューボタンから 【削除】を選択すれば削除することができます。 注意点としては、 ストーリーの削除は1枚ずつしかできないこと。 現在表示されている写真or動画が削除の対象となるので、全削除したい場合は1個ずつ地道に消していきましょう。 有名人や芸能人のストーリーなどは、非常に凝ったつくりでオシャレでスタイリッシュな仕上がりになっているものが多く参考になります。 みんなから注目を浴びれるようなストーリーを作成してインスタのフォロワー数アップ・人気者を目指そう! 一緒に読みたい記事• インスタグラムの使い方トップ•

次の