ハッカ 油 効能。 ハッカ油おすすめ人気14選【虫除け効能・薬局市販品・ドラッグストア】

ハッカ油の使い方と効能!その楽しみ方

ハッカ 油 効能

スーっとして、ひんやりした感じです。 いわゆるミントの一種ですね! ハッカ油の効果・効能• 抗菌効果• 消臭効果• 防虫効果• 覚醒効果 抗菌効果 ハッカ油には抗菌効果があります。 ハッカは通常、 湿布薬(筋肉痛用薬)、メンソレータム、セキ止め薬、風邪薬、胃腸薬、目薬、かゆみ止め、育毛剤、抗菌剤、水虫薬、虫よけなどに使用されます。 日常で利用するものでは、歯磨き粉、口臭除去液、仁丹、シャンプー、化粧品などその他多数あります。 使用していると、スーッとひんやりするものがありますよね!そんな商品の多くにはハッカが含まれています。 ハッカ油にも抗菌効果があり、マスクにつけると抗菌の他にひんやり感じることができるので、夏は特に効果的でしょう。 ハッカも同様です。 アウトドアや山登りにも欠かせないですね!! 覚醒効果 スーッとする感覚は、覚醒効果をもたらします! 覚醒もしますが、すっきりすることで、同時にリフレッシュ効果も期待できます。 新緑最高に気持ちイイね。 お山に、止まると直ぐに寄って来るムシの季節ですね。 定番のハッカ油が自分的に最強な気がします上半身 20-30㎝間隔にピッピッって付ける。 鼻が通るし、リフレッシュにもなる。 匂いが気になるところに• 暑さを感じるとき• マスクに冷感を求めるとき• 防虫対策をしたいとき お風呂に数滴入れて・・・・・• リフレッシュしたいとき 枕カバーに数滴たらして・・・• 就寝時、リラックスして休みたいとき タオルに数滴たらして・・・・• イライラしているとき、リフレッシュしたいとき• 車酔いで気分が冴えないとき• 胃がムカムカするとき 使用の際の注意点 ハッカ油を使用する際の注意点ですが、 濃度が高いままのハッカ油の原液は、 直接肌にたらすとヒリヒリして肌があれたり、アレルギー反応を引き起こす可能性があります。

次の

ハッカ油とは?効果的な使い方や注意点

ハッカ 油 効能

人気コンテンツの目次• ハッカ油の選び方と選ぶ際のコツ・ポイント ハッカ油は様々な種類が販売されています。 見た目にしろ値段にしろ効能にしろ、様々なタイプがありますので、しっかり選んだ方が後悔しなくて済みますよ。 これから、ハッカ油を選ぶ際のポイントを2つに絞ってご紹介します。 含まれている成分・素材から選ぶ ハッカ油には天然の成分のものと、合成の成分のものと、2種類があります。 やはり、効能を最大限に活かしたいのであれば、天然成分がおすすめです。 また、直接体に触れるような使い方をするものに関しては、天然成分のものを選んだ方が安心でしょう。 それでも値段を重視するなら、合成成分のものの方が安価なので、できることならそちらを選びたい…と考えるものですよね。 消臭剤のような使い方をする場合には、合成成分のものでも大きな問題はありませんよ。 また中には、食品添加物のハッカ油もあり、様々な用途で楽しみたい場合には、食品添加物のものを選ぶのもおすすめですよ。 使い方・用途で選ぶ ハッカ油には様々な効能があり、その効能のおかげで、様々な使い方ができます。 効能としては、胃腸の働きを活発にしたり、消毒をしたり。 また、防虫の効果やリラックス効果などもあります。 これらを含める様々な効能から、虫除け剤や消臭剤として使用したり、入浴剤や香料として使用したりします。 また、ハッカ油にはスプレータイプとボトルタイプがあります。 用途によってタイプも選ぶ必要があり、虫除け剤や消臭剤の場合はスプレータイプがおすすめです。 入浴剤や香料の場合はボトルタイプがおすすめですよ。 大容量タイプで売られているものもあり、そちらの方がコスパの良い場合もあります。 スプレータイプで使いたいけれど…という場合でも、大容量のボトルタイプで購入後、他に購入したスプレー容器に移し替えれば、スプレーでも使用可能ですよ。 ハッカ油おすすめ人気8選【虫除け効能・薬局市販品・ドラッグストア】 北見ハッカ通商 ハッカ油スプレー 出典: ハッカ草から蒸留水で抽出した精油です。 こちらのハッカ油は、天然成分で食品添加物でもある為、様々な用途で使用することができます。 スプレータイプなので虫除けスプレーとして使用することはできますし、食品手添加物なのでクッキーなどに入れて香りづけにも使用することができます。 部屋の消臭剤としても活躍しますよ。 点成分なので体のそれぞれの部位につけて頭痛解消、肩こり解消なんて使い方も可能です。 リフレッシュしたいとき、マスクの気分転換、デオドラントとしてしようすることが、おすすめされています。 ハーブオイルは、酸化しやすいという性質をもっているため、「耐熱・耐酸性」のガラス瓶を使用しています。 サイズも小さいので持ち運びも便利で、アウトドアでも大活躍する優れものです。 一緒に読まれています 健栄製薬 ハッカ油 出典: 健栄製薬より発売されている、天然のハッカ油スプレーです。 「ハッカ油は、毎日の暮らしを豊かにする魔法のしずく。 」というキャッチフレーズで販売されています。 こちらのハッカ油はドラッグストアでも購入できるので手にしやすいのですが、少し値段が高い印象。 それでもリピーターは多く、口コミもとても良いので、効果はしっかり期待できますよ。 日本製というところも、安心感を与えてくれますね。 ハッカの香りが強い為、紅茶の香りづけやお風呂でのリラックス時などにとても爽やかな香りを放ってくれます。 また、消臭効果も高い為、トイレやごみ箱、エアコンの吹き出し口などに使用すれば、しっかり消臭してくれますよ。 お風呂やお部屋の芳香、紅茶やリキュールなどの香りづけ、虫よけ、アロマテラピーと、幅広いシーンで利用ができます。 虫よけとしての効果も期待できますが、肌に直接噴射して使用することは推奨されていません。 リラックス効果、消臭効果、ハウスクリーナーなど、さまざまなシーンで重宝できるアイテムです。 ハッカ油スプレーおすすめ6選【薬局の人気市販品・除菌効果・使い方】 今、人気がとてもあがっているハッカ油スプレーをご存じですか? ハッカ油スプレーには、さまざまな効果に期待が出来るという点で人気が上がっています。 まだまだ他にも、ハッカ油スプレーの効果を体感している方は多いようです。 薬局でハッカ油スプレーをみていると、たくさんのハッカ油スプレーが並べられているため、何が違うのか、自分に合ったものはどれなのかが分かりませんよね。 ハッカ油スプレーのおすすめ商品を紹介させていただきます。 ハッカ油スプレーの紹介の前に簡単にハッカ油スプレーの勉強をしていきましょう。 ハッカ油スプレーは産地から選ぶ ハッカ油を語るなかで欠かせない言葉が「北見産」です。 北海道北見市で作られたハッカ油は、ハッカ油では一番有名なブランドとして知られています。 ハッカ油スプレーは天然成分か合成成分かで選ぶ ハッカ油には天然成分が使われたものと合成成分が使われたものに分けられます。 北見産のハッカ油の多くは天然成分が使われていますが、少し価格帯の安いハッカ油は合成成分が使われているものが多いかもしれません。 合成成分が使われているハッカ油は、天然成分のものに比べて効果が薄いといわれています。 ハッカ油スプレー天然成分と合成成分のどちらがおすすめ? あなたが、ハッカ油スプレーをどのようなシーンで使用したいかによります。 体に直接かけて使用することや、肌と触れ合う部分への使用が多ければ、天然成分で作られた商品がおすすめです。 げた箱や靴などの消臭効果や虫よけ効果に期待するならば、合成成分で作られたものでもいいかもしれません。 それでは、ハッカ油スプレーのおすすめ商品の紹介をさせていただきます。 アルコール物質などは含まれていないため、子供でも安心して使用できます。 食品添加物としての認可も受けているため、食事や飲み物やデザート、また、うがい水などに混ぜて香りを楽しめます。 ハッカ油5滴から15滴、エタノール10ml、水90mlを容器に混ぜて、虫よけハッカスプレーを作れます。 アリ、カメムシ、ネズミ、こうもりなどに効果があるといわれています。

次の

ハッカ油の効能に驚き☆その不快も速攻解決!7つの使い方

ハッカ 油 効能

Contents• ハッカ油とは ハッカ油という言葉を聞いた方は多いでしょう。 ハッカ、ミント呼び方は様々ありますが概ね同じと言っていいでしょう。 学名:Mentha piperita 科名:シソ科(ハッカ属) 和名:コショウハッカ、セイヨウハッカ 主な効能:鎮痛、高バクテリア、抗発がん性、消炎、防腐、抗痙攣、抗ウィルス、活性化、消化促進、消化不良、口臭、胸焼け 禁忌:繰り返し接触することでアレルギー反応が起きる場合があります。 高血圧、妊娠中の方は慎重に使用しましょう。 ちなみにペパーミントはウォーターミントとスペアミントの交配種。 清涼感に加えて消炎作用もあり、純粋なペパーミントは30種類以上の成分が含まれています。 医療分野においては、カルシウムイオンを調節し痙攣を抑えるなどといった作用があり、筋肉の収縮を抑制すると考えられています。 また、その香りが中枢神経を刺激し、脳の機能を活性化させたりと痛み止めにもよく使われています。 アロマのペパーミントとハッカ油 日本ではハッカ油が有名ですが、オイルではペパーミントとして販売されていることがほとんどです。 それぞれ特徴があり、使用場所や使用意図によって使い分けると良いでしょう。 その分、液体中のメンソールの含有量が多いため刺激が強いので直接肌につけることはオススメしません。 ハウスキーピングなどで使用する場合には向いてると言えるでしょう。 一方で、ペパーミントのオイルは香りが高く持続性があり、芳香剤として垂らすと3日以上香りが続きます。 香りを楽しみたい場合、肌につける場合やルームスプレーとして使用する時はアロマのペパーミントがおすすめです。 アロマと組み合わせてみたり、オリジナルスプレーや入浴剤といった使い方をいくつか紹介していきます。 使用場所としては、トイレやお風呂場、ゴミや三角コーナーなど。 カビの繁殖を抑えてくれたり、コバエなどの防虫、ゴミ箱などの臭いに対して消臭効果が期待できます。 更にアロマを加える場合は、タンパク質など食べ物の臭いはティーツリーもいいでしょう。 >> 床掃除の際に1滴たらして水拭きをしたり、重曹やクエン酸と合わせて掃除にも使えて便利なハッカ油。 さらにハッカ油は食品添加物なので、赤ちゃんや小さい子がいるご家庭でも万が一口に入っても安心です。 ちなみに、ハッカ油の場合はブレンドせずそのまま使用しましょう。 アロマオイルの場合はブレンドしてオリジナルスプレーを作るのもいいですね。 風邪の予防や花粉症の鼻詰まりの解消にもペパーミントは役立ちますよ。 マスクなどに軽くスプレーすると、外出先でも重宝します。 ハッカ油の入浴剤 ミントのさっぱりした爽やかな香りと、メントール効果を利用してアロマバスもいいでしょう。 気分のリフレッシュだけでなく、筋肉疲労の緩和や入浴後もしばらく爽快感が感じられるので特に夏場に使用されることが多いですね。 夏の暑い日には、足湯もおすすめです。 このメントール効果を利用してシャンプーに少し混ぜると、流したあとスーッとして気持ちいいですよ。 ハーブとして育てるハッカ ミントは繁殖力が強いことでガーデニングでも人気です。 春に植え付けて根付けば、冬以外は収穫できるほど丈夫。 多湿に弱いところがありますが、育ちが早くグランドカバーとしても育てやすいので、雑草でお困りのときにはミントを植えてみるのもいいですね。

次の