鼻 整形 種類。 鼻整形の種類|鼻の悩みから治療内容を選ぶ

鼻整形の方法や種類は何がある?小さく・高く・細くするやり方や効果など

鼻 整形 種類

この記事の目次• 目の美容整形の種類 目の美容整形は、一重を二重にするなど、目を大きく見せるものが基本になります。 ただ、「目を大きく見せる」というだけでも、たくさんの種類の美容整形がありますので、目の美容整形の代表的な6種類をご紹介します。 二重埋没法 二重埋没法は「プチ整形」として気軽にできる美容整形で、簡単に二重になることができるので、若い女性を中心に人気がある美容整形になります。 埋没法はメスを使わない美容整形です。 医療用の髪の毛よりも細い糸で瞼の筋肉と皮膚を2ヶ所留めることで、二重を作ります。 麻酔を使うため、痛みは少なく、10分程度で施術が終了し、手術当日からシャワーを浴びれますし、術後の腫れが少ないというメリットがあります。 二重切開法 二重切開法は瞼を切開して、縫い合わせることで、キレイな二重を作る美容整形になります。 二重切開法は、二重を作るラインを決めて、メスで瞼を切開し、瞼の脂肪を取り除いてから、縫合することで、二重を作ります。 埋没法は糸が切れてしまうと一重に戻ってしまうリスクがありますが、切開法では一重には戻ることはありません。 また、自分の理想とする二重のラインを作ることができるというメリットがあります。 目頭切開法 目頭切開法は、目を大きく見せるための美容整形になります。 蒙古ひだという目頭から上瞼にかけての皮膚を切開することで、目の横幅を広げます。 目頭を切開することで、離れている目を近く見せることができますし、目を一回り大きくパッチリとした目元にして、目力をアップさせることが可能なのです。 目尻切開法 目尻を切開することで、切れ長で大きな目に見せることができます。 大きな目に見せることができますので、顔のバランスを整えることができます。 また、細く小さなきつい印象の目がくりっとした柔らかい印象の目にすることができるのです。 眼瞼下垂 瞼が下がり気味で、眠そうな目、ダルそうな印象の人がいますよね。 そういう人は眼瞼下垂の手術を受けることで、パッチリとした目元に変えることができ、目の縦幅を大きくすることで、目を大きく見せることができるのです。 眼瞼下垂の手術は、上の瞼を動かす筋肉である眼瞼挙筋を縫合して縮めることで、瞼が開く力を強化させます。 眼瞼下垂は肩こりや頭痛、眼精疲労などの原因にもなるものですから、眼瞼下垂の手術をすることで、目を大きく見せるだけでなく、これらの症状を緩和させることもできます。 眉下切開 眉下切開法は上の瞼がたるんでいる人におすすめの美容整形になります。 眉の下を切開して、上瞼の余計な皮膚や脂肪を取り除き、丁寧に縫合していくことで、上瞼のたるみを取って、スッキリした目元にすることができます。 上瞼の脂肪や皮膚を取り除いて、たるみを取ることで、目を大きく見せることができますし、若々しい目元に変えることができるのです。 隆鼻術(シリコンプロテーゼ) 鼻が低くて悩んでいる人は、鼻にシリコンプロテーゼを入れることで、鼻筋を通す隆鼻術の美容整形を受けると良いでしょう。 鼻が低いと、平べったく凹凸が少ない顔の印象になりますが、シリコンプロテーゼを入れて、鼻筋を通すことで、堀が深く、ハッキリとしていて、整った印象の顔立ちになることができるのです。 隆鼻術は鼻の穴の中から切開してシリコンプロテーゼを入れますので、傷跡は一切目立ちません。 鼻を高くするためには、ヒアルロン酸を注入する方法もありますが、ヒアルロン酸の注射だけでは、シリコンプロテーゼを入れるのとは違って、永久に鼻の高さを保つことはできません。 ヒアルロン酸は2~3年で体内に吸収されますので、注意が必要です。 小鼻縮小 鼻の美容整形の種類、2つ目は小鼻縮小です。 鼻の穴が大きい、鼻が横に広いなどの悩みを抱えている人は、小鼻縮小の手術を受けると良いでしょう。 鼻の穴の内部から切開して、余分な皮膚や組織を除去してから縫合することで、小鼻を小さくすることができます。 どんな鼻にしたいかによって、術式が少し異なりますので、納得いくまで医師に相談して、鼻のデザインを決めると良いでしょう。 鼻中隔延長 鼻中隔延長は鼻先を下の方に伸ばす手術になります。 鼻中隔の軟骨が小さいと、鼻の穴が上に向いているような鼻、「ブタ鼻」になってしまうんです。 鼻先を伸ばすことで、鼻の穴が上向きになっているのを修正して、鼻の穴が目立たなくなりますし、鼻筋が通ってシュッとした印象の鼻になるのです。 この手術に使う軟骨は、自分の耳の軟骨(耳介軟骨)や肋骨の軟骨(肋軟骨)を採取して使います。 鼻尖形成 鼻尖形成は、鼻先を細く整えることで、だんご鼻などのボテッとした鼻をタレントやモデルのようにスッキリとした鼻にすることができます。 鼻尖形成は鼻先にある軟骨や脂肪などの余分なところを取り除くことで、細い鼻先を作ります。 関連記事 ・ 輪郭や顎の美容整形の種類 小顔になりたい人は、輪郭や顎の美容整形の種類をチェックしておきましょう。 輪郭や顎の美容整形もたくさんありますので、どのような種類があるかを説明していきます。 顎形成(シリコンプロテーゼ) 輪郭や顎の美容整形の種類、1つ目は顎形成です。 顎にシリコンプロテーゼを入れることで、顎が前に出るようになりますので、理想的な顎のラインを作ることができます。 また、顎がスッキリとして、立体感のある顔立ちになることができますし、横顔のバランスがキレイになります。 口の中の粘膜を切開して、シリコンプロテーゼを入れますので、傷が目立つこともありません。 ヒアルロン酸を顎に注入することで、理想的な顎のラインを形成することができますが、2~3年で体内に吸収されるので、元に戻ってしまいます。 骨削り 骨削りには、顎削り、えら削り、頬削りの3種類があります。 余分な骨を削ることで、フェイスラインを整えることができるのです。 顎削りは顎が長い、顎が突き出ているなどの悩みがある人におすすめです。 口の中から切開して、余分な骨を削ることで、キレイな顎のラインを作ります。 えら削りは口の中の粘膜を切開して、えらの部分の骨と余分な筋肉を削ります。 えら削りをすることで、顔が一回り小さくなり、シュッとした小顔になることができるのです。 頬削りは、耳の横の生え際や口の中を切開して、頬骨を削ります。 頬骨を削ることで、柔らかく女性的な印象にすることができますし、小顔になることができるのです。 骨切り 骨切りの美容整形は、骨削りと似ていますが、削るのではなく切ってしまうので、より高い効果が得られます。 えら切りは下顎骨の厚みを減らし、下顎角(えらの骨)を切除します。 顎の骨切りは顎の骨を水平にカットしたり、顎の骨の中心部を切除した後に左右の骨をつなぎ合わせることで、ほっそりとした顎を作ることができます。 頬骨切りは頬骨の出っ張っている部分をカットして、さらに頬骨を内側に移動させることで、フェイスラインを整えます。 額形成(シリコンプロテーゼ) 額に丸みを出すことで、顔を立体的に見せることができ、外国人のように彫が深い顔立ちになることができます。 関連記事 ・ アンチエイジングの美容整形の種類 若々しく見られたいというあなたは、アンチエイジングの美容整形の種類を知っておきましょう。 アンチエイジングの美容皮膚科の領域での施術が多く、ヒアルロン酸を注入したり、ボトックス注射をして、しわやたるみを取るものが多いのですが、針や糸、メスを使った施術もあります。 ここでは、針や糸、メスでの美容整形の一例をご紹介します。 糸を使った施術 糸を使ったアンチエイジングの美容整形は、皮膚の中に糸を格子状に埋め込むことで、コラーゲンや血管の再生を促し、しわやたるみを取って、若々しい肌を作り出す美容整形方法です。 しわやたるみのほかに、毛穴の開きやくすみなども改善することができます。 この施術に使う糸は純金のとても細い糸や、体内で溶けて吸収される糸などが用いられます。 フェイスリフト フェイスリフトは、メスを使ったアンチエイジングの美容整形になります。 髪の生え際や耳の周辺など目立たない部分を切開して、たるみがある皮膚や筋肉組織を引っ張り上げて固定するので、しわやたるみが一気に解消しますし、そのしわやたるみが戻ることもありません。 顔全体のフェイスリフトをすることもできますし、首や頬など一部分だけをリフトアップすることも可能です。 胸の美容整形の種類 胸を大きくしたいなどの悩みを抱えている人は、胸の美容整形をチェックしておきましょう。 胸の美容整形は、豊胸だけではないって知っていますか? 豊胸(プロテーゼ) 豊胸の美容整形の代表的なものが、シリコンプロテーゼの挿入です。 脇の下を切開して、プロテーゼを挿入することで、2カップ以上のバストアップが可能になっています。 プロテーゼの形や大きさはたくさんありますので、理想的なバストになることができるのです。 また、プロテーゼをどこに入れるのかによって、仕上がりも変わります。 乳腺下法、大胸筋下法、大胸筋膜下法の3つから選ぶことができます。 豊胸(脂肪注入) 自分の脂肪を注入することでも、豊胸することができます。 自分自身のお腹や太ももから脂肪を吸引して、その吸引した脂肪の中から良質なものを選んで、それを胸に注入する美容整形です。 自分の脂肪を注入して、豊胸しますので、豊胸後の手触りや見た目が自然になります。 陥没乳頭 乳首が引っ込んでいて、刺激しても出てこない状態が陥没乳頭です。 陥没乳頭は、将来の授乳の妨げになることがありますし、乳腺炎などが起こりやすくなります。 乳輪部分を切開して、乳首の裏から乳首を押し上げることで、陥没乳頭を治します。 この方法なら形を整えることができますし、乳管を傷つけることがなく、将来の授乳にも差し支えることはありません。 また、傷跡も目立たないという特徴があります。 乳頭縮小 乳首が大きくて悩んでいる人は、乳頭縮小の美容整形をすると良いでしょう。 乳頭縮小は、乳首の根元をカットして、縫い付けることで、乳首を小さくし、また形を整えることができますので、キレイな胸を作ることができるのです。 乳輪縮小 乳輪が大きくて悩んでいる人は、乳輪縮小の施術を受けましょう。 乳輪が大きい場合の手術方法は、たくさんありますが、基本は乳輪の外側部分を丸く切開し、縫い付けることで、乳輪を小さくします。 乳腺を傷つけることはありませんので、将来の授乳にも影響はありません。 関連記事 ・ 脂肪吸引(痩身)の美容整形 次の美容整形の種類は脂肪吸引です。 脂肪吸引は、太ももはお腹、二の腕などの部位がありますが、基本の施術方法はどれでも同じです。 皮膚の目立たない部分を小さく切開し、そこから細いカニューレ(管)を入れて、脂肪を吸引することで、理想のボディラインを手に入れることができます。 脂肪吸引は確実な部分痩せができるというメリットがあります。 ただ、脂肪吸引後は術後の腫れを抑えて、キレイなボディラインにするために、ガードルやサポーターを一定期間つけていなければいけません。 女性器の美容整形の種類 女性器に悩みを持っている人は、美容整形で悩みを解決できます。 女性器に関しては、なかなか周囲の人に相談できないので、悩んでいる人も多いのではないでしょうか? 小陰唇縮小 小陰唇が肥大していて大きさに悩んでいたり、左右不ぞろいの形に悩んでいる人は、小陰唇縮小の手術を受けると良いでしょう。 小陰唇の不要な部分をカットすることで、形を整えて、小さくすることができます。 膣縮小術 出産等で膣が広がってしまった人は、膣を収縮させることで、悩みを解決することができます。 膣の入り口から3~4センチの部位を縫い縮めることで、膣を狭める手術を行います。 美容整形の種類についての総まとめ ・二重埋没法:プチ整形として有名で気軽にできる目の整形 ・二重切開法:瞼を切開して縫い合わせる目の整形。 理想どおりになる ・目頭切開法:目を大きくするための美容整形。 ぱっちりアイになりたい人に ・目尻切開法:目尻を切開して切れ長で大きな目にできる美容整形 ・眼瞼下垂:瞼が下がり気味な人におすすめの美容整形 ・眉下切開:上の瞼がたるんでいる人におすすめの整形 ・隆鼻術(シリコンプロテーゼ):鼻にプロテーゼを入れて鼻筋を通す整形 ・小鼻縮小:鼻の穴が大きい人や鼻が横に広い人におすすめの整形 ・鼻中隔延長:ブタ鼻を治したい人におすすめ。 鼻先を伸ばす整形 ・鼻尖形成:団子鼻などのボテっとした鼻をスッキリとした鼻に治す整形 ・顎形成(シリコンプロテーゼ):顎にプロテーゼを入れて立体的な顎にする ・骨削り:フェイスラインを整えたい人におすすめの整形 ・骨切り:骨削りより効果が高い美容整形でフェイスラインを明確に整えられる ・額形成(シリコンプロテーゼ):額に丸みを出せる美容整形 ・糸を使った施術:糸を使ったアンチエイジング整形でシワやたるみを改善 ・フェイスリフト:メスでたるみや筋肉組織を引っ張り上げて固定させる ・豊胸(プロテーゼ):脇の下を切開してプロテーゼを挿入する豊胸方法 ・豊胸(脂肪注入):自分の尻や太ももから脂肪を吸引して胸に注入する方法 ・陥没乳頭:乳首が引っ込んでしまっている人の施術 ・乳頭縮小:乳首が大きくて悩んでいる人におすすめの整形 ・乳輪縮小:乳輪が大きくて悩んでいる人におすすめ ・痩身の美容整形は、脂肪吸引が代表的 ・小陰唇縮小:小陰唇が肥大している人や不揃いの人のための整形 ・膣縮小術:出産などで膣が広がってしまった人におすすめ 美容整形の種類をまとめました。 美容整形の手術は、その部位によっていろいろなものがありますが、細かく分類すると、ご紹介した種類よりももっとたくさんあります。 どんな施術を受けるのかは、美容整形の医師としっかり相談して、メリットとデメリット、リスクなどにすべて納得してから、美容整形を受けるようにしましょう。

次の

É¡¤ÎÈþÍÆÀ°·Á¤Î¼ïÎà¤È¥Ç¥¶¥¤¥ó¤Î¹Í¤¨Êý

鼻 整形 種類

鼻の形にも種類がある!名前&画像でチェック 顔の一番中央にある鼻は、その人の個性をひときわ目立たせてくれる存在でもありますよね。 鼻の形によって、持たれる印象もだいぶ変わってきます。 そんな鼻の形の種類・名前を画像別で紹介していきます!それぞれの鼻の形の個性を知り、印象アップに役立てましょう! 鼻の形の種類・名前【大きい鼻・高い鼻編】 大きい鼻・高い鼻の名前には、次の3種類があります。 鷲鼻(魔女鼻)• ギリシャ鼻• ローマ鼻 スッと鼻筋の通った大きい鼻・高い鼻は、外国人風でもありキレイな人が多いです。 鼻の形の種類・名前(1)鷲鼻(魔女鼻) 大きい・高い鼻の形のひとつは鷲鼻。 社長になる人は鷲鼻の人が多いという話は有名ですよね。 そう言われるほどあって鷲鼻タイプの人は金運が非常に良いのだとか。 少し珍しいこの鼻の形は堂々として見える一方、親しみやすさには欠けるという印象を受けがちなのでメイクは濃くなりすぎず、さり気回程度のナチュラルメイクがおすすめです! 鼻の形の種類・名前(2)ギリシャ鼻 「ギリシャ鼻」と聞いたことがある人は少ないのではないでしょうか。 ギリシャ鼻とは写真でよくわかるように、おでこからまっすぐ鼻筋までつながっている凹凸のない鼻の形のこと。 凹凸がないので鼻筋がスッとしていて顔全体がシャープに見えます。 鼻の形の種類・名前(3)ローマ鼻 ローマ鼻とは目頭の辺りがくぼんでいてそこから直線的に鼻がある、といった形です。 この鼻の形は日本では理想的な鼻であるという人も多く、華やかな印象を与える鼻です。 名前はローマ鼻ですが、日本人の一部の人もこの鼻の形を持っています。 鼻の形の種類・名前【小さい鼻・低い鼻編】 小さい鼻・低い鼻の名前には、次の4種類があります。 団子鼻• ニンニク鼻• ブタ鼻• あぐら鼻 小さい鼻・低い鼻は日本人に多く、かわいらしい魅力のある鼻の形です。 鼻の形の種類・名前(4)団子鼻 団子鼻は名前の通り鼻の先端が丸みを帯びている鼻の形のことです。 団子鼻はコロッとしていてかわいらしく、親しみやすい印象を与えてくれる鼻タイプです。 日本人に比較的多い鼻の形です。 鼻の形の種類・名前(5)ニンニク鼻 団子鼻とよく似ている鼻の形がニンニク鼻です。 名前通りニンニクのような形をしています。 笑うと鼻の形が横に広がるため表情がかなり変わるチャーミングな鼻で、日本人では比較的珍しい形の鼻でもあります。 鼻の形の種類・名前(6)ブタ鼻 ブタ鼻は名前の通りブタの鼻のような形で、鼻の先端が上を向いていて鼻の穴が正面から見えます。 アニメキャラクターだとドラえもんのジャイアンが有名ですね。 比較的日本人に多い鼻の形で、アップノーズとも呼ばれます。 鼻の形の種類・名前(7)あぐら鼻 あぐら鼻とは小鼻が横に広がっている鼻の形のことをいいます。 その名前の由来は、人があぐらをかいているような形の鼻だからなんだとか。 そのため顔があか抜けず、鼻が実際よりも低く見えることがあり、高い鼻に憧れる人はあぐら鼻がコンプレックスに感じてしまう人もいます。 あぐら鼻を目立たないようにしたい人は小鼻にノーズシャドーを入れ、鼻筋にハイライトをいれるといいでしょう。 メイクで鼻がシュッと見えるので鼻が低く見えにくくなりますよ。 この記事もチェック• 鼻の形ごとの特徴とは?印象を変えるメイクのコツも解説! 鼻の形の種類・名前(1)大きい鼻 昔は鼻の形は小さいほうが良いと言われてきた日本。 しかしそれはもう完全に過去の話で、今では鼻の形が大きいほうが場合によっては好まれます。 堂々として見える大きいタイプの鼻は、積極的で好奇心旺盛な性格の人に多い傾向があります。 もし鼻の形を小さく見えるようにしたいときは、ブラウン系のアイシャドウを鼻筋に入れると立体的ですがメイクで鼻が小さく見えますよ。 鼻の形の種類・名前(2)高い鼻 日本にハーフブームが来てから、高い鼻の人は羨望のまなざしを感じることが増えたのではないでしょうか。 何をしてもそつがなく美人に見える高い鼻は第一印象のインパクトも絶大で顔を覚えてもらえやすいメリットも。 しかし大人っぽくみられるため、年齢より上にみられることもしばしば。 そんな時は童顔メイクでイメチェンしてみるのもおすすめですよ! 鼻の形の種類・名前(3)小さい鼻 日本人は大きい鼻の人よりも小さい鼻の人のほうが多いですよね。 小さい鼻はかわいらしく若く見えるので昔の日本では非常に人気の形でした。 しかし今ではハリウッドセレブやハーフタレントの影響を受けてか、鼻が大きく高いほうが理想という人も多いですよね。 大人っぽく見られたいときは、メイクで鼻筋にハイライトを入れて立体的に見えるようにしましょう。 鼻の形の種類・名前(4)低い鼻 低い鼻と聞くと正直あまり良い印象はないかもしれません。 しかし人気アイドルや国民的女優の多くは低い鼻の持ち主です。 しかも鼻の形が目立たない人は将来老け顔になりにくいそう。 低い鼻の人は顔のパーツの中でも鼻を注視されることはあまりないですよね。 長いスパンで見ると鼻が低いほうが得かもしれません。 鼻の低い人は性格が穏やかな人が多いもようです。 鼻の形の種類ってたくさんある!あなたはどのタイプだった? 鼻は顔の中心にあり、どんな鼻の形かで印象がかなり変わってきます。 そのため日本人は、鼻が自慢という人はあまり聞きませんが、鼻をコンプレックスに感じてしまっている人は多いみたい。 鼻の形を変えるのは簡単ではありませんが、自分の鼻の形とうまく向き合う方法はいくらでもあります。 鼻と上手に向き合ってチャーミングポイントに変えちゃいましょう!.

次の

症例写真

鼻 整形 種類

局所(局部)麻酔• 神経ブロック療法• 静脈麻酔• 笑気麻酔• 全身麻酔 いずれの種類の麻酔でも、施術中に痛みは感じないという点は共通しているのですが、細かい特徴が異なります。 下の項目で詳しく見ていきましょう。 一般的に、美容整形では 局所麻酔を用いるクリニックが多いです。 局所麻酔では、 施術部分に麻酔液を注射することによって、感覚を麻痺させ、痛みを感じなくさせることが可能です。 軽い施術の場合は、 注射ではなくシールやクリームタイプの麻酔薬を用いる場合もあります。 痛みを感じる神経を麻酔によりブロックするので、施術中に痛みを感じなくなります。 鼻の施術の場合だと、鼻に直接局所麻酔をする方法よりも、 頬から神経に麻酔をする方が 麻酔の 痛みが少ないです。 そのため、クリニックの中には局所麻酔ではなく神経ブロックを用いて鼻の痛みを抑える方法を取り入れているところもあります。 鎮痛作用や睡眠作用のある薬を点滴で投与することによって、痛みを感じずに半眠半覚状態で施術を受けることが可能です。 「局所麻酔だと、痛みは感じないけれど 意識があって怖い」という方は、 局所麻酔と静脈麻酔を並行して行うこともあります。 ただ、中には静脈麻酔を推奨していないクリニックもあります。 鎮痛作用と睡眠作用のあるガスなので、痛みを感じずに施術を受けることが可能です。 リラックス効果が高いので、お酒に酔っているような感覚で施術を受けることができます。 深い眠りにつきながら施術を受けることが可能です。 比較的広範囲の手術を行う際には、一般的に全身麻酔が使われます。 全身麻酔中は、眠っている間にもガスの麻酔薬を吸い続けることになるので、 施術中に目が覚めるという可能性は0%に近いです。 近年の美容整形では、 安全性が高くなり身体への負担が減少したことから、全身麻酔をしても日帰りで退院する人がほとんどです。 クリニックや施術方法によっては、全身麻酔を積極的に取り入れているところもあります。 鼻整形でよく使われる麻酔はどれ? また、鼻整形では、施術の種類によって適している麻酔の種類が変わってきます。 鼻整形には「 切らない施術」と「 切る施術」の2種類の方法があります。 どちらの施術を行うかによって、適している麻酔が若干異なります。 どの種類の麻酔を推奨しているかはクリニックによっても異なりますが、参考程度に見てみてください。 「切らない施術」で良く使われる麻酔 一般的に、メスを使わない「切らない施術」では、局所麻酔(局部麻酔)によって施術が行われます。 切らない施術の例は以下のような施術があります。 局所麻酔・全身麻酔どちらの麻酔が用いられるかは、クリニックによって異なります。 どの麻酔を用いるかは、施術において非常に重要な問題です。 麻酔の種類に関する相談は、カウンセリングの際にしておくと良いでしょう。 どの麻酔を推奨しているかはクリニックによって異なる 上記では、鼻整形の施術ごとに適している麻酔が異なる旨を説明しました。 しかし実際は、 クリニックによって施術ごとに推奨している麻酔が異なります。 多くのクリニックでは、あらかじめ施術ごとに適した麻酔の種類が決められています。 同じ施術内容でも、局所麻酔を推奨しているクリニックと、全身麻酔を推奨しているクリニックがあるということです。 しかし、必ずしもクリニックが推奨する麻酔が適用になるわけではありません。 麻酔の種類や条件に希望があれば、 柔軟に対応してくれるクリニックがほとんどです。 麻酔に希望がある方は、カウンセリングの際に相談してみましょう。 気になる質問があったら見てみてください。 麻酔の効果持続時間は? 麻酔の種類によっても持続時間は異なります。 一般的に、 鼻整形の施術時間は長くて 1時間程度です。 施術時間が短いものがほとんどなので、麻酔の持続時間については心配する必要がありません。 施術で用いられる麻酔は、施術時間に合わせて持続時間を変えることが可能な種類もありますし、 施術中でも麻酔を追加することで持続時間を延ばすことも可能です。 また、術後に麻酔が切れても、 鎮痛剤を処方してくれるクリニックが多いです。 術後に麻酔が切れても、 痛みを抑える方法はあるので安心してください。 体への影響・副作用はある? 一般的な麻酔の副作用としては のどの渇き・頭痛などがありますが、 麻酔の種類によっても副作用は異なります。 麻酔の副作用の詳細に関しては、クリニックに相談してください。 全身麻酔の場合、入院は必要? 全身麻酔をする場合でも、 入院する必要はありません。 ほとんどのクリニックでは、施術の当日中に退院が可能です。 麻酔が切れる心配は? ほとんどありません。 上記でも説明しましたが、麻酔の種類によっては、施術時間に合わせて持続時間を変えることが可能なものもありますし、 施術中でも麻酔を追加することで持続時間を延ばすことも可能です。 また、一般的に、鼻整形の施術時間は1時間程度で完了するものが多いです。 施術時間もそれほど長くないので、 麻酔が切れる心配はありません。 【まとめ】鼻整形で用いられる麻酔について 鼻整形の施術の際に使用される麻酔について解説しました。 鼻整形はほとんどのクリニックで局所麻酔によって行われますが、 希望によっては全身麻酔や、他の麻酔と局所麻酔を併用して行ってくれることもあります。 以下、鼻整形で用いられる麻酔をまとめました。 局所(局部)麻酔• 神経ブロック療法• 静脈麻酔• 笑気麻酔• 全身麻酔 また、クリニックによって、推奨している麻酔の種類や、麻酔の細かいルールが異なります。 麻酔が不安な方は、一度クリニックにカウンセリングに行って、麻酔の方法について詳しく聞いてみる良いでしょう。

次の