週刊現代。 楽天ブックス: 週刊現代別冊 週刊現代プレミアム 2019Vol.2 見るだけでスコアが上がる 科学的ゴルフ上達法ビジュアル版

雑誌の新聞 [雑誌別速報] 週刊現代

週刊現代

刊行趣旨) 講談社ブルーバックスで大ヒット中の『世界標準のスイングが身につく科学的ゴルフ上達法』がDVD付きビジュアルムックとして、「週刊現代プレミアム」から登場。 ブルーバックスと共同編集でオールカラー連続写真をふんだんに使い、見るだけで最高のスイングが学べます。 おもな目次) 1 「まーるく振る」世界標準のスイングとは何か 2 「裏面ダウン」「ノーリストターン」G1メソッドの肝 3 グリップとアドレスから始まる「打つ前の準備」 4 なぜ、トップをつくってはダメなのか 打ち始めから打ち終わりまで20のドリル 5 G1メソッド・コース実践編 「まっすぐ、遠くへ飛ばすドライバー」ほか 特別付録 飛距離と精度を同時にアップ G1メソッドDVD120分 監: 板橋 繁 いたばし・しげる Gold One Golf School ディレクターオブゴルフ 全米ゴルフ教師インストラクター協会日本支部 USGTF JAPAN 主席試験官。 日本体育大学大学院体育学修士課程修了。 専門はトレーニング論と身体動作学。 日本体育大学ゴルフ部時代は、同期の伊澤利光プロとともに活躍。 卒業後は、日本体育大学ゴルフ部コーチ兼スポーツトレーニングセンターに勤務。 オリンピック選手とプロゴルファーのトレーニング指導を担当。 日体大ゴルフ部男子部コーチ・女子部監督に就任。 細川和彦プロや平塚哲二プロを指導する。 95年に渡豪。 ジェイソン・デイの母校・ヒルズ学園高校ゴルフ部監督に就任。 ジュニアゴルフの育成と数々の勝利に貢献する。 02年からは豪州のトップチームを指導するA Game Golf Academy日本人担当コーチに就任。 運動力学を主体にした独自のコーチング理論とメンタルコントロール論を確立し、ツアープロのコーチングも担当。 著書に『世界標準のスイングが身につく科学的ゴルフ上達法』(講談社ブルーバックス)。

次の

『週刊現代別冊 週刊現代プレミアム 2019Vol.2 見るだけでスコアが上がる 科学的ゴルフ上達法ビジュアル版』(週刊現代,板橋 繁)|講談社BOOK倶楽部

週刊現代

閉店して駐車場業に転じた元書店 「不況によるサラリーマンの抱えている問題は、編集者が考えるよりもっと深刻で、お金を払って買う行動に結びついていません。 部数減とともに広告も減って経営を圧迫しています。 『週刊文春』と『週刊新潮』は、日本人はこうでなくちゃいけないというアジテーションがうまく、『あいつは馬鹿だ』と権力者、有名人を攻撃してうっぷん晴らしにいい記事になっています。 記事のつくりも、『週刊現代』、『週刊ポスト』に比べれば全般にていねいです。 それにヘアヌードの後遺症も大きい」 元木氏はヘアヌードという言葉の生みの親でもあるが、『週刊現代』、『週刊ポスト』の両誌が、次は誰が脱ぐのか、ライバル心むき出しで競い合った何年かで、両誌はすっかり中を開けると赤面するような雑誌というイメージを一般消費者に定着させてしまった。 今ではヘアヌードが飽きられてグラビアも大人しくなったが、女性誌がどぎつい性的描写によって自滅していった同じ道を歩んでいるのかもしれない。 「結局、ヘアヌードに替わるようなコンテンツを今まで生み出せなかったのではないか」と、元木氏は語った。 『週刊文春』、『週刊新潮』はヘアヌードに手を染めなかったのが良かった。 しかし、この米国のサブプライムローン問題に端を発した世界同時不況の影響で、『週刊文春』と『週刊新潮』までもが部数を落とし始めたのが、今の状況のようだ。 総合週刊誌の部数減を食い止めるにはどうしたらいいのか。 筆者のような浅学非才では解決策など思い浮かびようもないが、まだ実売が20万部前後以上もあるのだから、総合週刊誌は捨てたものではない。 いまどき新創刊して、3万部の雑誌を作るのも大変なのである。 それに、中高年サラリーマンも消えてなくなったわけではないのだ。 編集者は高給をもらっていれば、リスクも取りたくないだろうが、そもそも秀才なのだから、もうほんの少しでも一般サラリーマンと交流してみれば、彼らが抱えている問題が鮮明になってくるのではないかと、無責任にも思ってみたりする。 関連記事• 『フォーカス』『フライデー』など、最盛期には毎週200万部以上の売り上げを記録した写真週刊誌。 しかし「ビートたけし事件」をきっかけに部数は減少、さらに総合週刊誌も苦戦を強いられている。 週刊誌の部数減に歯止めがかからない背景には、何があるのだろうか?• 「本が売れない。 雑誌が売れない。 だから活字離れだ」といった論調を聞いたことはないだろうか? こうしたステレオタイプの意見には穴があることが多い。 インターネットによって、情報は発信も受信も非常に容易になった。 しかし、ネットにあふれる情報は、ユーザーを本当に幸せにしているのか。

次の

週刊現代 2020年7月18日号(最新号)

週刊現代

が、石原プ口解散の際には、残された約25億円の行方が火種になる可能性も。 さらに、そこには「まき子未亡人」の甥っ子も登場し……。 「連日200人超え」に重大疑義! 「小池都知事」は感染者数を操作している 50人超えの次は100人超えが続き、ついには200人超えの連続。 東京都の新規感染者数はまさに指数関数的に増えているかのようで、これでは不安になるというものだ。 ところがこれらの数字、自然の確率からはかけ離れ、操作されていた可能性が濃厚という。 株主にひた隠し! 「大戸屋」買収「コロワイド」暴君会長の「32億円M資金詐欺」 昭和の時代から「GHQの接収資産」などと称して融資話を売り歩く輩は後を絶たなかった。 芥川龍之介の『 侏儒 ( しゅじゅ )の言葉』の一節がこれほど似合う人生も珍しい。 3歳の娘を死に追いやった 梯 ( かけはし ) 沙希 ( さき )(24)は、自身も凄絶な虐待の被害者だった。 なぜ彼女は「悲劇の連鎖」を断ち切れなかったのか。 〈「週刊新潮」は週刊誌というより、ほとんど人である。 辻に立って、夜な夜な紳士貴顕を斬る百六十ページの眠狂四郎である。 ときどき魔剣ないし凶刃になることもあるが、円月殺法の切り口が見事である。 シバレンではないが、創刊五十年ようやく「剣鬼」の風格も出てきた〉 「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。 それから半世紀後の2006年(平成16年)、「週刊新潮」は創刊50周年を迎え、その記念企画「週刊新潮と私」に、作家の徳岡孝夫氏が寄せられのが上記の文章です。 50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。 何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。 それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。 偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。 世の中が左に振れても右に振れても、「週刊新潮」は常に変わらぬ主張を堅持し、その一貫した姿勢が読者に支持されてきました。 今後もマスコミ界の「剣鬼」として、「魔剣や凶刃」に磨きをかけていきたいと思っています。

次の