フィギュアスケート人気ブログランキング。 #フィギュアスケート 人気記事(芸能人)|アメーバブログ(アメブロ)

フィギュアスケート 歴代世界最高得点ランキング【男子・女子/最新版】

フィギュアスケート人気ブログランキング

本ランキングはISUから試合・大会が終わるたびに随時更新・発表されるものです。 本記事では男子シングル・女子シングルを中心に、トータルスコア、ショート SP スコア、フリー FS スコアに分けて紹介します。 つまり、羽生結弦選手の世界最高得点 世界記録スコア は永遠に残ることになります。 フィギュアスケートのスコア・得点の採点方式について フィギュアスケートは採点競技です。 現在の採点法 新採点システム は2004-2005シーズンより導入されました。 それまでは技術点と芸術点を6. 0満点で採点するシンプルなものでした。 新採点方式に変わったのは、ソルトレイクシティオリンピックにおけるペア競技スキャンダルがきっかけです。 ここでは詳細は語りませんが、まあ大変でしたw この新採点方式が2018-2019シーズンより大幅なルール改定が行われました。 フィギュアスケーターの技術が進化したことにより、技術要素と芸術要素の裁定バランスを図ることが狙いと言われいます。 具体的にはエレメンツの質に差を付けていく改定になっています。 ですので、常に完全なスコアが出るかというと、そんなことはありません。 それでもフィギュアスケートという競技をよりよいものにしていこうという関係者の努力は尊いもの。 ファンはそういうこともひっくるめて楽しむべき競技だと思います。 そんなに得点は高くなくとも感動してしまうこともあるし、その逆もあります。 選手の生き様とアイススケートで演じられる演技と、ジャンプ、スピン、ステップ、そしてスケーティングスキル・・・・などさまざまな要素が相まってフィギュアスケートという競技が存在するんですね。 もちろん、得点も楽しむべき要素の一つです。 2018-2019シーズンよりルールが大幅に変わることに伴い、得点記録がリセットされることになりました。 2018-2019シーズンより記録はゼロからのスタートになります。 2017-2018シーズンまでの記録は「historic records」として永遠に残ることになりました。 つまり、羽生結弦選手は2017-2018シーズンまでの記録として、トータル、SP、FSともに永遠にトップです! 本ページでは過去の記録も残しつつ、新しい記録を更新していく形を取りたいと思います。 男子シングル歴代得点ランキング【2018-2019シーズン以降】 2018-2019シーズン以降の男子シングルの総合得点、SPショート・FSフリー得点のランキング比較表です。 総合は15位前後まで、SP・FSは10位前後まで表にします。 SP+FS総合得点ランキング 男子シングル総合得点のパーソナルベストのランキングです。 30 2位 羽生結弦 日本 322. 59 3位 ヴィンセント・ジョウ アメリカ 299. 01 4位 宇野昌磨 日本 289. 12 5位 ケヴィン・エイモズ フランス 275. 63 6位 ジェイソン・ブラウン アメリカ 274. 82 7位 ミハイル・コリャダ ロシア 274. 37 8位 ボーヤン・ジン 中国 273. 51 9位 ドミトリー・アリエフ ロシア 272. 89 10位 ハビエル・フェルナンデス スペイン 271. 59 11位 鍵山優真 日本 270. 61 12位 アレクサンドル・サマリン ロシア 269. 84 13位 キーガンメッシング カナダ 267. 61 14位 チャ・ジュンファン 韓国 265. 43 15位 ナム・ニューエン カナダ 262. 77 16位 マッテオ・リッツォ イタリア 260. 53 17位 田中刑事 日本 258. 84 18位 ミハル・ブレジナ チェコ 257. 98 19位 佐藤駿 日本 255. 82 2位 ネイサン・チェン アメリカ 110. 38 3位 宇野昌磨 日本 104. 15 4位 ドミトリー・アリエフ ロシア 101. 49 5位 ボーヤン・ジン 中国 101. 09 6位 ヴィンセント・ジョウ アメリカ 100. 51 7位 ミハイル・コリャダ ロシア 100. 49 8位 アレクサンドル・サマリン ロシア 98. 48 9位 チャ・ジュンファン 韓国 97. 33 10位 ジェイソン・ブラウン アメリカ 96. 81 11位 ケヴィン・エイモズ フランス 96. 71 12位 キーガン・メッシング カナダ 96. 3Aso 179. 86 16位 チャ・ジュンファン 韓国 175. 総合は15位前後まで、SP・FSは10位前後まで表にします。 SP+FS総合得点ランキング 女子シングル総合得点のパーソナルベストのランキングです。 59 2位 アレクサンドラ・トゥルソワ ロシア 241. 02 3位 アンナ・シェルバコワ ロシア 240. 92 4位 アリーナ・ザギトワ ロシア 238. 43 5位 エリザベータ・トゥクタミシェワ ロシア 234. 43 6位 紀平梨花 日本 233. 12 7位 カミラ・ワリエワ ロシア [Jr. ] 227. 30 8位 エフゲニア・メドベージェワ ロシア 225. 76 9位 ブレイディ・テネル アメリカ 225. 64 10位 エリザヴェート・トゥルシンバエワ カザフスタン 224. 76 11位 坂本花織 日本 223. 65 12位 ユ・ヨン 韓国 223. 23 13位 宮原知子 日本 219. 71 14位 クセニア・シニツィナ ロシア [Jr. ] 215. 58 15位 ソフィア・サモドゥロワ ロシア 213. 84 16位 マライア・ベル アメリカ 212. 89 17位 三原舞依 日本 209. 22 18位 アリサ・リウ アメリカ [Jr. ] 208. 10 19位 ダリア・ウサチョワ ロシア [Jr. ] 207. 74 20位 樋口新葉 日本 207. 45 2位 紀平梨花 日本 83. 97 3位 アリーナ・ザギトワ ロシア 82. 08 4位 エリザベータ・トゥクタミシェワ ロシア 80. 54 5位 アンナ・シェルバコワ ロシア 78. 27 6位 ユ・ヨン 韓国 78. 22 7位 坂本花織 日本 76. 95 8位 エフゲニア・メドベージェワ ロシア 76. 93 9位 宮原知子 日本 76. 08 10位 エリザヴェート・トゥルシンバエワ カザフスタン 75. 96 11位 ブレイディ・テネル アメリカ 75. 93 12位 アレクサンドラ・トゥルソワ ロシア 74. 95 13位 カミラ・ワリエワ ロシア [Jr. ] 74. 92 14位 クセニア・シニツィナ ロシア [Jr. ] 74. 65 15位 樋口新葉 日本 72. 62 2位 アンナ・シェルバコワ ロシア 構成:4Lz3T 4F<fall 2A 4Lz 3Lz3Lo 3F1Eu3S 3Lz 162. 89 7位 カミラ・ワリエワ ロシアジュニア [Jr. 80 12位 坂本花織 日本 構成:3F堪 2A3T 3Lz! 2T2Lo 2A 145. SP+FS総合得点ランキング 男子シングル総合得点のパーソナルベストのランキングです。 43 2位 ネイサン・チェン 321. 40 3位 宇野昌磨 319. 84 4位 ハビエル・フェルナンデス 314. 93 5位 ボーヤンジン 303. 58 6位 パトリック・チャン GPフランス大会2013 295. 27 7位 デニス・テン 四大陸選手権2015 289. 46 8位 町田樹 世界選手権2014 282. 26 9位 ミハイル・コリヤダ 279. 41 10位 高橋大輔 国別対抗戦2012 276. 72 11位 ヴィンセント・ジョウ 276. 69 12位 ドミトリー・アリエフ 274. 06 13位 ジェイソン・ブラウン 273. 67 14位 ハン・ヤン 四大陸選手権2016 271. 55 15位 セルゲイ・ボロノフ 271. 43 2位 羽生結弦 NHK杯2015 322. 40 3位 羽生結弦 321. 59 4位 ネイサン・チェン 321. 40 5位 宇野昌磨 319. 84 6位 宇野昌磨 319. 31 7位 羽生結弦 317. 85 8位 ハビエル・フェルナンデス 314. 93 9位 ネイサン・チェン 307. 46 10位 宇野昌磨 306. 90 11位 ハビエル・フェルナンデス 305. 24 12位 羽生結弦 303. 71 13位 ボーヤン・ジン 303. 58 14位 ハビエル・フェルナンデス 欧州選手権2016 302. 77 15位 宇野昌磨 302. 02 16位 羽生結弦 301. 68点で惜しくも更新ならず・・・ 112. 72 2位 ハビエル・フェルナンデス 109. 05 3位 宇野昌磨 104. 87 4位 ネイサン・チェン 104. 12 5位 ボーヤン・ジン 103. 32 6位 ミハイル・コリヤダ 103. 13 7位 パトリック・チャン 102. 13 8位 ドミトリー・アリエフ 98. 98 9位 町田樹 世界選手権2014 98. 21 10位 デニス・テン 四大陸選手権2015 97. 61 11位 高橋大輔 NHK杯2013 95. 20 2位 ネイサン・チェン 219. 46 3位 ハビエル・フェルナンデス 216. 41 4位 宇野昌磨 214. 97 5位 ボーヤン・ジン 204. 94 6位 パトリック・チャン 四大陸選手権2016 203. 99 7位 ヴィンセント・ジョウ 192. 16 8位 デニス・テン 四大陸選手権2015 191. 85 9位 町田樹 世界選手権2014 184. 05 10位 ミハイル・コリヤダ 184. 04 11位 ドミトリー・アリエフ 182. 73 12位 高橋大輔 国別対抗戦2012 182. SP+FS総合得点ランキング 女子シングル総合得点のパーソナルベストのランキングです。 31 2位 アリーナ・ザギトワ 239. 57 3位 ケイトリン・オズモンド 231. 02 4位 キム・ヨナ バンクーバーオリンピック2010 228. 56 5位 アレクサンドラ・トゥルソワ ジュニア選手! 225. 52 6位 アデリナ・ソトニコワ ソチオリンピック2014 224. 59 7位 宮原知子 222. 38 8位 三原舞依 218. 27 9位 樋口新葉 217. 63 10位 カロリーナ・コストナー ソチオリンピック2014 216. 73 11位 浅田真央 世界選手権2014 216. 69 12位 アンナ・ポゴリラヤ 216. 47 13位 マリア・ソツコワ 216. 28 14位 アシュリー・ワグナー 215. 39 15位 坂本花織 214. 31 2位 アリーナ・ザギトワ 239. 57 3位 エフゲニア・メドベージェワ 238. 26 4位 アリーナ・ザギトワ 238. 24 5位 エフゲニア・メドベージェワ 233. 41 6位 エフゲニア・メドベージェワ 232. 86 7位 エフゲニア・メドベージェワ 231. 21 8位 ケイトリン・オズモンド 231. 02 9位 エフゲニア・メドベージェワ 229. 71 10位 キム・ヨナ バンクーバーオリンピック2010 228. 56 11位 エフゲニア・メドベージェワ 227. 66 12位 エフゲニア・メドベージェワ オンドレイ・ネペラ杯2017 226. 72 13位 アレクサンドラ・トゥルソワ ジュニア選手! 225. 52 14位 アデリナ・ソトニコワ ソチオリンピック2014 224. 59 15位 エフゲニア・メドベージェワ 224. 39 16位 エフゲニア・メドベージェワ 223. 86 17位 アリーナ・ザギトワ 223. 30 18位 ケイトリン・オズモンド 223. 23 19位 エフゲニア・メドベージェワ GPファイナル2015 222. 54 20位 宮原知子 222. 92 2位 エフゲニア・メドベージェワ 81. 61 3位 カロリーナ・コストナー 80. 27 4位 ケイトリン・オズモンド 78. 66 6位 キム・ヨナ バンクーバーオリンピック2010 78. 50 7位 エリザベータ・トゥクタミシェワ 世界選手権2015 77. 62 8位 グレイシー・ゴールド 76. 43 9位 宮原知子 75. 94 10位 アデリナ・ソトニコワ モルドヴィアンオーナメント2015 75. 57 11位 ユリア・リプニツカヤ 世界選手権2014 74. 46 2位 アリーナ・ザギトワ 158. 08 3位 アレクサンドラ・トゥルソワ ジュニア選手!クワド2本同時認定! 153. 49 4位 ケイトリン・オズモンド 152. 15 5位 キム・ヨナ バンクーバーオリンピック2010 150. 06 6位 アデリナ・ソトニコワ ソチオリンピック2014 149. 95 7位 宮原知子 146. 44 8位 三原舞依 146. 17 9位 樋口新葉 145. 30 10位 アンナ・ポゴリラヤ 143. 18 11位 坂本花織 142. 71 13位 カロリーナ・コストナー ソチオリンピック2014 142. 61 14位 ガブリエル・デールマン 142. 41 15位 マリア・ソツコワ 142. 近年はプルシェンコ選手、髙橋大輔選手、パトリック選手、羽生結弦選手の4人が切り拓いてきた数値と言えると思います。 2018-2019シーズンより最高得点ランキングはリセットされるため、2017-2018シーズンまでの本記録は永遠に残るものとなりました。 大会 SP FS 合計 2006 トリノ五輪 — 167. 67 プルシェンコ 258. 33 プルシェンコ 2008 4CC — 175. 84 髙橋大輔 264. 41 髙橋大輔 2010 ユーロ 91. 30 プルシェンコ — — 2011 WC 93. 02 パトリック 187. 96 パトリック 280. 98 パトリック 2012 WTT 94. 00 髙橋大輔 — — 2012 スケアメ 95. 07 羽生結弦 — — 2012 NHK杯 95. 32 羽生結弦 — — 2013 WC 98. 37 パトリック — — 2013 GPフランス 98. 52 パトリック 196. 75 パトリック 295. 27 パトリック 2013 GPF 99. 84 羽生結弦 — — 2014 ソチ五輪 101. 45 羽生結弦 — — 2015 NHK杯 106. 33 羽生結弦 216. 07 羽生結弦 322. 40 羽生結弦 2015 GPF 110. 95 羽生結弦 219. 48 羽生結弦 330. 43 羽生結弦 2017 WC — 223. 20 羽生結弦 — 2017 AC 112. なお、羽生結弦選手はこれまで世界記録を12回更新しています。 また、今後はとくに男子シングルを中心に得点がインフレ化していく可能性があります。 今は4回転を跳べば良いではなく、何本4回転を跳ぶかという時代に突入しているからですね。 よく記録よりも記憶が大事なんて言いますが、記録も記憶される大きな要因となることは間違いありません。 羽生選手はGPファイナル2015で出した110点がパーソナルベストになります。 もしショートの得点のみでランキングした場合は 1位 羽生 110. 95 GPファイナル2015 2位 羽生 110. 56 世界選手権2016 3位 羽生 106. 33 NHK杯2015 4位 フェルナンデス 102. 54 ヨーロッパ選手権2016 5位 羽生 101. 45 ソチオリンピック 6位 羽生 99. 84 GPファイナル2013 7位 宇野 98. 59 GPロシア大会2016 2016. このように羽生選手が上位を独占しているんです!.

次の

【最新】フィギュアスケート男子イケメンランキングTOP25

フィギュアスケート人気ブログランキング

小さな顔にベビーで椅子、優しい王子様のような気品漂うオーラに多くの女性が心を目を奪われました。 2004年には引退しプロに転向後、ロシア・アメリカを中心に活躍しています。 4回転の力強いジャンプから繊細なスピン、なめらかなステップなどどの技においてもバランスが取れていて、顔良し・技術良しの選手でした。 comより 本名:フェドール・アンドレーエフ 生年月日:1982年3月2日 身長:185cm 2011年9月の引退までアイスダンス選手として活躍する傍ら、持ち前の長身と甘いマスクを活かしモデルやプロレーサーとしても活動していたフェドール・アンドレーエフ選手。 chapso. deより 本名:カレル・ゼレンカ 生年月日:1983年3月31日 身長:175cm チェコスロバキア出身のイタリア代表男子シングル選手。 6歳の時にイタリアに移住し、トリノオリンピックのイタリア代表に選出されました。 優美な演技と迫力のジャンプでイタリア選手権では5回優勝を経験し、引退後はコーチとして活躍しています。 chapso. chapso. chapso. 2014年を最後に引退されましたが、その端正な顔立ちと日本人選手らしからぬルックスで人気を集めるとともに、技術面でも高く評価されていました。 livejournal. comより 本名:セルゲイ・エヴゲーニエヴィチ・ボロノフ 生年月日:1987年10月3日 身長:176cm 2008年、2009年と2年連続でロシア選手権優勝経験のある男子シングル選手。 2014年ヨーロッパフィギュアスケート選手権で準優勝を飾ると、2014年にはグランプリファイナル3位という成績を収めました。 wikipedia. orgより.

次の

フィギュア スケート 翻訳 ブログ: my blog のブログ

フィギュアスケート人気ブログランキング

またまたランキングの記事です。 ヘビ、ヴァンパイア、ロケット - そしてサプライズチャンピオン。 しかし、私たちはそれでも彼らに勝利を与えませんでした。 昨日、6位~10位についてお話した時、私はおそらくロシアのパフォーマンスをちょっと選び過ぎました。 一方で、これは驚くことではありません。 世界のフィギュアスケートのNo. 1の学校についての話なんですから。 それに、みなさんと私は、最高のプログラムの選択が極めて主観的なものになるということで、すぐに合意に達していました。 そしてそれでもやはり、今日、ロシアとロシア以外のバランスが、より良識あるものだとわかりました。 TOP5の最初はまたしてもロシアのスケーターですが、外国人選手たちはこの後に続きます。 どうやって天使がヴァンパイアになったのか アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)。 アリョーナ・コストルナヤは天使の姿で滑っています。 濃くて黒い影のある目、ドレスに付いた血のしずくなど。 このようにして、光と闇の力を一つの馬具に押し込んだあと、コストルナヤは驚くべきコンビネーションを手に入れ、ヨーロッパ選手権とグランプリファイナルで優勝し、世界最高の女子シングル選手の王座をつかみ取りました。 その上、アリョーナ自身、フリーのヴァンパイア、ベラのイメージの方が彼女にずっと近いと言っています。 彼女はヴァンパイアにずっと憧れていて、スタイルや美しさの見本とさえ考えていることがわかりました。 しかし、世間と、より重要なことですが、ジャッジたちは別の判断をし、しかも 彼らを理解することもできます。 軽くてしなやかなチョックの演技で、ヘビの表現は極めて印象的に見えます。 概ねアメリカ人たちの期待は正しく計算され、上手く行きました。 マディソン・ハベルとザカリー・ダナヒューから国の1番手カップルの地位を奪い、彼らは四大陸選手権で勝ちました。 ロケットマンのロックンロール ネイサン・チェン(アメリカ)。 有名なイェール大学での勉強のため、彼は、ラファエル・アルトゥニヤンコーチの指導の大部分を、インターネットを使ったビデオ通話で受けています。 彼がほとんど全ての試合で勝つことを邪魔するものは、全くありませんした。 12月、トリノで彼は、1つのプログラムで5つの4回転ジャンプをクリーンに跳び、自分の世界記録をフリーと合計でそれぞれ9点と12点更新し、それに応じて2度のオリンピックチャンピオン、羽生結弦を粉砕しました。 このグランプリファイナルのクライマックスになったのは、有名歌手についての新しい伝記映画で流れるエルトン・ジョンの曲を使った素晴らしいチェンのロックンロールでした。 明るい黄色と白のシャツを着た青年のダンスは、客席の多くの観客たちが、彼と一緒に踊り出すほどの深い感銘を与えました。 しかし、フランク・シナトラの誰もが知っている歌を使った、アレクサンドラ・ボイコワとドミトリー・コズロフスキーのショートプログラム(私たちのランキング6位)の場合のように、全てが趣味良く作られ、それが演技者に良く合っている場合、古い曲は新しい曲を難なく打ち負かします。 カツァラポフとシニツィナの場合、本当に理想的に命中し、彼らのショートダンスから目を離すことができませんでした。 初めは、だぶだぶのグレーのジャケットが少し煩わしく、パートナーに合った最高のイメージではありませんでしたが、ヨーロッパ選手権に向けて、大事なスケートから注意がそれないように、シンプルな黒いシャツに変えました。 その結果、ロシアのカップルは、ヨーロッパ選手権で最も大きなセンセーションを巻き起こしました。 ほぼ2年間負け知らずで、2015年からヨーロッパ選手権のタイトルを持っている、フランスのガブリエラ・パパダキスとギヨーム・シゼロンを追い越したのです。 では、終わりに大きなサプライズをどうぞ。 ナイトクラブのちびっこ 宇野昌磨(日本)。 はい、私は宇野昌磨がシーズンの初めに惨敗したことを知っています。 トゥトベリーゼのもとで、モスクワでのお見合いに失敗したあと、コーチなしだった彼は、グルノーブルでのグランプリ大会の時、8位に留まり、両手で顔を覆い痛々しく泣いていました。 しかし、それから人生は再び上手く行き始めました。 宇野が、中止になった2020年のモントリオール世界選手権で見せたであろうことを誰が知っているんでしょうか。 コロナウイルスの前に開催できていたとしたら…。 そして、最近まで、オランダのDJ、アーミン・ヴァン・ブーレンの存在について少しも知りませんでした。 いくら頑張ってもどうしようもありません。 私がこのショートの動画を何回再生しているのか誰にもわからないというくらい、私にとっては価値があるんです。 脈がすぐにその場でぴょんぴょん飛び跳ね(私は測ったんです!)、手は無意識に拍子に合わせて拍手を始めています。 ひきつってのたうち回り、困り果てますよ。 こういう音楽が合う人はわずかです。 そして、他人がどうでも、有名なカナダの振付師、シェイ=リーン・ボーンはこのことを熟知しています。 だからこそ、宇野と彼女は今チャンピオンなんです。 控えめな国内バージョンではあっても。 普通に"赤ちゃん"!🤭 見たことないけど見てみようかな。 figureskaterus.

次の