歯磨き フロス 順番。 歯医者さんに聞いてみた!正しい歯磨きの時間・回数・タイミング

歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシを使う順番はこれ

歯磨き フロス 順番

歯磨きするうえで大切なことの1つは歯を磨く順番を決めること! 虫歯の原因となるプラークを除去するためにも、毎日の歯磨きはとても大切です。 おそらく多くの人が、1日2~3回、歯ブラシで歯を磨いているのではないでしょうか。 中には歯ブラシに加えて、歯間ブラシやフロス、マウスウォッシュなどを使用している人もいるでしょう。 歯磨きするうえで大切なことといえば、まず継続が挙げられます。 毎日続けなければ、歯は不潔な状態のままになってしまい、いずれ虫歯になる可能性は高いといえます。 ほかには、歯を磨く順番も挙げられます。 そのときの気分で「奥歯から磨こうかな」や、「昨日は奥歯から磨いたから今日は前歯から磨こう」などと、決まった順番がない人もいるかと思います。 しかし決まった順番がないと、歯を磨いているときにどこを磨いたのかわからなくなり、結果的に磨き残しを発生させてしまうこともあるのです。 歯磨きをしても磨き残しがあれば、虫歯などのトラブルに発展してしまう恐れがありますから、歯を磨く順番を決めることも、歯磨きするうえで大切なことの1つといえます。 磨き残しゼロへ!歯磨きする順番の例をご紹介 歯磨きする順番を決めたほうが良いといっても、どのような順番で磨けば良いか悩んでしまう人もいるかもしれません。 ここで参考に、歯を磨く順番の例をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 上の歯の内側が磨き終わったら、次は下の歯の内側です。 上の右奥歯から下の右奥歯に歯ブラシを動かし、右奥歯から左奥歯の内側に向かって磨きましょう。 上の左奥歯から右奥歯、下の右奥歯から左奥歯というふうに磨きましょう。 こちらも上の左奥歯から右奥歯、下の右奥歯から左奥歯の順番で磨いてみてください。 あくまでも参考例ですので、自分の磨きやすい順番があれば、そちらで磨くようにしましょう。 歯間ブラシやフロスなどを併用する人も、歯を磨く順番を決めておくと良いですね。 歯ブラシだけの歯磨きでは汚れは落としきれない? 歯磨きをするにあたっては、歯を磨く順番も大切だということはおわかりいただけたかと思います。 歯ブラシだけで歯磨きする人が大多数だと思いますが、実は歯ブラシだけの歯磨きでは、歯のプラークなどの汚れをすべて取り除くのは難しいといわれています。 特に歯と歯の間などの狭い箇所は、歯ブラシの毛先が行き届かず、汚れを落とせないままになってしまうことがあるのです。 歯を磨く順番を決めても、汚れを落としきれず、磨き残しのある状態で歯磨きをやめてしまいますと、虫歯などのトラブルになる可能性も高まります。 そうならないよう、できれば磨き残しのないきれいな歯を維持したいですよね。 そんなときには、フロスを併用することをおすすめします。 フロスを歯ブラシと併用して磨くことで、歯についたプラークなどの除去率が高まります。 フロスについては、次の項でご説明しましょう。 歯ブラシと併用することでさまざまな効果が期待できるフロス! 歯ブラシで磨く順番を決めても、歯ブラシの毛先が行き届かなければ、歯にはプラークなどがついたままです。 磨き残しのない歯にするために、歯ブラシと一緒にフロスを使うことをおすすめします。 このフロスとは、細い繊維を束ねて糸状したもののことをいい、歯ブラシでは落とせなかったプラークを取り除くことができます。 歯ブラシとフロスを併用することで、さまざまな効果が期待できます。 そのため、プラークを取り除ければ、虫歯だけでなく口臭予防の効果にも期待できます。 以上の効果などが期待できるので、清潔な口腔内にするためにも、歯ブラシとフロスでしっかりと歯磨きしたいですね。 歯磨きにフロスを取り入れよう!ホルダータイプの磨き方 歯ブラシと併用して歯磨きすることで、プラークの除去率を高めることができるフロスですが、大きく2つの種類があります。 それぞれの特徴と磨き方を、ここからご説明していきます。 まず1つめは、「ホルダータイプ」です。 ホルダーにフロスがつけてあり、すぐに使うことができて扱いやすいので、フロス初心者におすすめのタイプです。 ホルダータイプには「F字型」と「Y字型」の2種類がありますが、今回は前歯にも奥歯にも使いやすい「Y字型」のフロスの磨き方をご紹介します。 これを歯を磨くときと同様、順番に行っていき、歯と歯の間の汚れをしっかり落としましょう。 ロールタイプの磨き方もチェック!歯ブラシとフロスの順番は? 2つめは「ロールタイプ」です。 ロールタイプはメジャーのようにくるくるとフロスが巻きつけてあり、必要な長さをカットし、指に巻きつけて使用するフロスです。 ホルダータイプよりも扱いが難しいですが、慣れてしまえば簡単に磨くことができるでしょう。 ロールタイプも2種類あります。 フロスの繊維にワックスがコーティングされている「ワックスタイプ」と、コーティングされていない「ノンワックスタイプ」です。 歯に入れやすいのはワックスタイプですが、汚れの除去効果が高いのはノンワックスタイプです。 どちらも磨き方は同じですので、ご説明します。 だいたい1回の使用分は40cm程度です。 鏡で入れる場所をチェックしながら使用してください。 こちらも1本ずつ順番に磨いてくださいね。 以上、2種類のフロスの磨き方についてご説明してきました。 ちなみに歯ブラシとフロスを使う順番ですが、一般的には歯ブラシでひと通り歯磨きした後で、フロスで細かい箇所を磨くのが効率の良い磨き方といわれています。 朝と夜の1日2回磨くことを推奨されていますが、難しい場合は就寝前だけでも行うようにしてください。 歯ブラシとフロスを併用して、きれいな歯を保てるようにしましょう。 きれいな歯を維持するために毎日の歯磨きをしっかり行おう! 歯についたプラークが虫歯の原因ともいわれていますので、毎日の歯磨きでしっかり落としたいものです。 しかし歯を磨く順番が決まっていなかったり、歯ブラシだけで歯磨きしていたりする場合は、なかなか難しいかもしれません。 決まった順番で歯ブラシで歯磨きし、その後フロスで磨くことで、よりプラークの除去率が高まることでしょう。 この記事を参考に、きれいな歯を保つため、毎日の歯磨きをしっかりと行ってくださいね。

次の

読売新聞 第8回「デンタルヘルス・シリーズ」シンポジウム(来場者の質問に対する回答)|シンポジウム|日本歯科医師会

歯磨き フロス 順番

歯磨きするうえで大切なことの1つは歯を磨く順番を決めること! 虫歯の原因となるプラークを除去するためにも、毎日の歯磨きはとても大切です。 おそらく多くの人が、1日2~3回、歯ブラシで歯を磨いているのではないでしょうか。 中には歯ブラシに加えて、歯間ブラシやフロス、マウスウォッシュなどを使用している人もいるでしょう。 歯磨きするうえで大切なことといえば、まず継続が挙げられます。 毎日続けなければ、歯は不潔な状態のままになってしまい、いずれ虫歯になる可能性は高いといえます。 ほかには、歯を磨く順番も挙げられます。 そのときの気分で「奥歯から磨こうかな」や、「昨日は奥歯から磨いたから今日は前歯から磨こう」などと、決まった順番がない人もいるかと思います。 しかし決まった順番がないと、歯を磨いているときにどこを磨いたのかわからなくなり、結果的に磨き残しを発生させてしまうこともあるのです。 歯磨きをしても磨き残しがあれば、虫歯などのトラブルに発展してしまう恐れがありますから、歯を磨く順番を決めることも、歯磨きするうえで大切なことの1つといえます。 磨き残しゼロへ!歯磨きする順番の例をご紹介 歯磨きする順番を決めたほうが良いといっても、どのような順番で磨けば良いか悩んでしまう人もいるかもしれません。 ここで参考に、歯を磨く順番の例をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 上の歯の内側が磨き終わったら、次は下の歯の内側です。 上の右奥歯から下の右奥歯に歯ブラシを動かし、右奥歯から左奥歯の内側に向かって磨きましょう。 上の左奥歯から右奥歯、下の右奥歯から左奥歯というふうに磨きましょう。 こちらも上の左奥歯から右奥歯、下の右奥歯から左奥歯の順番で磨いてみてください。 あくまでも参考例ですので、自分の磨きやすい順番があれば、そちらで磨くようにしましょう。 歯間ブラシやフロスなどを併用する人も、歯を磨く順番を決めておくと良いですね。 歯ブラシだけの歯磨きでは汚れは落としきれない? 歯磨きをするにあたっては、歯を磨く順番も大切だということはおわかりいただけたかと思います。 歯ブラシだけで歯磨きする人が大多数だと思いますが、実は歯ブラシだけの歯磨きでは、歯のプラークなどの汚れをすべて取り除くのは難しいといわれています。 特に歯と歯の間などの狭い箇所は、歯ブラシの毛先が行き届かず、汚れを落とせないままになってしまうことがあるのです。 歯を磨く順番を決めても、汚れを落としきれず、磨き残しのある状態で歯磨きをやめてしまいますと、虫歯などのトラブルになる可能性も高まります。 そうならないよう、できれば磨き残しのないきれいな歯を維持したいですよね。 そんなときには、フロスを併用することをおすすめします。 フロスを歯ブラシと併用して磨くことで、歯についたプラークなどの除去率が高まります。 フロスについては、次の項でご説明しましょう。 歯ブラシと併用することでさまざまな効果が期待できるフロス! 歯ブラシで磨く順番を決めても、歯ブラシの毛先が行き届かなければ、歯にはプラークなどがついたままです。 磨き残しのない歯にするために、歯ブラシと一緒にフロスを使うことをおすすめします。 このフロスとは、細い繊維を束ねて糸状したもののことをいい、歯ブラシでは落とせなかったプラークを取り除くことができます。 歯ブラシとフロスを併用することで、さまざまな効果が期待できます。 そのため、プラークを取り除ければ、虫歯だけでなく口臭予防の効果にも期待できます。 以上の効果などが期待できるので、清潔な口腔内にするためにも、歯ブラシとフロスでしっかりと歯磨きしたいですね。 歯磨きにフロスを取り入れよう!ホルダータイプの磨き方 歯ブラシと併用して歯磨きすることで、プラークの除去率を高めることができるフロスですが、大きく2つの種類があります。 それぞれの特徴と磨き方を、ここからご説明していきます。 まず1つめは、「ホルダータイプ」です。 ホルダーにフロスがつけてあり、すぐに使うことができて扱いやすいので、フロス初心者におすすめのタイプです。 ホルダータイプには「F字型」と「Y字型」の2種類がありますが、今回は前歯にも奥歯にも使いやすい「Y字型」のフロスの磨き方をご紹介します。 これを歯を磨くときと同様、順番に行っていき、歯と歯の間の汚れをしっかり落としましょう。 ロールタイプの磨き方もチェック!歯ブラシとフロスの順番は? 2つめは「ロールタイプ」です。 ロールタイプはメジャーのようにくるくるとフロスが巻きつけてあり、必要な長さをカットし、指に巻きつけて使用するフロスです。 ホルダータイプよりも扱いが難しいですが、慣れてしまえば簡単に磨くことができるでしょう。 ロールタイプも2種類あります。 フロスの繊維にワックスがコーティングされている「ワックスタイプ」と、コーティングされていない「ノンワックスタイプ」です。 歯に入れやすいのはワックスタイプですが、汚れの除去効果が高いのはノンワックスタイプです。 どちらも磨き方は同じですので、ご説明します。 だいたい1回の使用分は40cm程度です。 鏡で入れる場所をチェックしながら使用してください。 こちらも1本ずつ順番に磨いてくださいね。 以上、2種類のフロスの磨き方についてご説明してきました。 ちなみに歯ブラシとフロスを使う順番ですが、一般的には歯ブラシでひと通り歯磨きした後で、フロスで細かい箇所を磨くのが効率の良い磨き方といわれています。 朝と夜の1日2回磨くことを推奨されていますが、難しい場合は就寝前だけでも行うようにしてください。 歯ブラシとフロスを併用して、きれいな歯を保てるようにしましょう。 きれいな歯を維持するために毎日の歯磨きをしっかり行おう! 歯についたプラークが虫歯の原因ともいわれていますので、毎日の歯磨きでしっかり落としたいものです。 しかし歯を磨く順番が決まっていなかったり、歯ブラシだけで歯磨きしていたりする場合は、なかなか難しいかもしれません。 決まった順番で歯ブラシで歯磨きし、その後フロスで磨くことで、よりプラークの除去率が高まることでしょう。 この記事を参考に、きれいな歯を保つため、毎日の歯磨きをしっかりと行ってくださいね。

次の

これさえ読めば完璧!デンタルフロスと歯間ブラシの正しい使い方〜よくある質問と使い分けの基準まで徹底解説〜

歯磨き フロス 順番

スポンサーリンク 1.お口の清掃に使う道具について 1-1.歯ブラシを使っての歯みがきだけでは不十分! 人は虫歯や歯周病を予防するために歯磨きをします。 口の中の常在菌が作り出す細菌の塊である「歯垢」を取り除くことが主な目的です。 しかし、歯ブラシを使って歯磨きするだけでは全体の約60%程度しか汚れを落すことができません。 1-2.歯と歯の間の清掃がポイント 歯と歯の間は毛先が届かないため磨き残しが起こりやすく、虫歯の発生しやすい箇所の一つとされています。 歯間ブラシやデンタルフロス(糸ようじ)などの清掃補助具の併用することで清掃効率がアップし、歯垢除去率が90%以上にアップするのです! 1-3.さまざまな役割をする清掃補助具 他にも口の中の清掃補助具として、ピンポイントに細かく清掃できる「タフト歯ブラシ」や、歯磨き圧や振動をコントロールしてくれる「電動歯ブラシ」、洗口液の「マウスウォッシュ」等があります。 2.清掃補助具の効果的な使用順番はある? 2-1.まずは歯ブラシでしっかり汚れを落しましょう 虫歯になりやすい代表的な個所は「歯と歯の間」、「歯と歯ぐきの境目」、「奥歯の噛み合わせ」と言われています。 まずは歯ブラシを使って基本的な「歯磨き」を行いましょう。 その際、歯の表面的に見える範囲は汚れをしっかり落としましょう。 電動歯ブラシを使用する場合は、この段階で使用して下さい。 2-2.歯ブラシで落としきれなかった部分を補助具で清掃 歯ブラシでの清掃後、歯間ブラシやデンタルフロス(糸ようじ)で歯と歯の間の汚れを落とします。 歯間ブラシとデンタルフロス(糸ようじ)は、どちらも「歯と歯の間の汚れを落とす」という機能を持った補助具なので、どちらが先ということはありません。 しいて言えば、この二つは口腔内の状況に合わせて使い分けるという違いがあるというくらいです。 2-3.最後の仕上げで使う補助具 歯と歯の間もきれいに清掃が終わったら、仕上げとして使う補助具でさらに清掃効果を更に高めましょう。 例えば、歯並びが悪く、歯ブラシでも歯と歯の間の清掃具でも届かない箇所にはタフトブラシが効果的です。 タフトブラシは歯並びが悪く、デコボコしている部分や、矯正中の方にお勧めです。 また、デンタルリンスも成分を発揮させるためには、清掃後に最後のタイミングで使用するのが効果的と言えるでしょう。 3.清掃補助具の具体的な効果や使用例 3-1.歯間ブラシとデンタルフロス(糸ようじ)の使い分けは? 歯間ブラシとデンタルフロスはどちらも「歯と歯の間を清掃する」補助具です。 上述で説明したとおり、使う順番としてのタイミングは同じです。 では、どのように使い分けるのでしょうか? 汚れを掻き出す効果は歯間ブラシのほうが効果はあります。 しかし歯間ブラシは先が細いと言っても、ある程度隙間のある部分にしか届きません。 歯と歯の間が狭く歯間ブラシが通らない箇所は、デンタルフロスを使用します。 3-2.デンタルフロス(糸ようじ)は虫歯予防に有効! デンタルフロスは歯と歯の間が密接している部分の汚れを取る道具です。 歯と歯の間に隙間が無い場合、歯ブラシで清掃が届きません。 歯と歯の間は、隠れ虫歯の原因となり、気づかず進行しやすい箇所のため、虫歯予防のためには是非取り入れて頂きたいと思います。 小さいお子様でもじっとしておくことができれば、お母さんがしてあげることができます。 デンタルフロスは歯と歯の間が隙間の無い若い人に向いている補助具です。 3-3.歯間ブラシは歯周病予防に効果的! 歯間ブラシも「歯と歯の間を清掃する」補助具としては、デンタルフロスと同じです。 ただし隙間が狭い歯と歯の間までは毛先が届きませんので、歯周病で歯ぐきが緩み、歯と歯の間に隙間ができてしまった方やご年配の方にお勧めです。 3-4.洗口液やホームジェルを効果的に使うタイミングは? デンタルリンスにはCPC(塩化セチルピリジウム)が配合されています。 これには細菌の増殖を抑制する作用があります。 他にも、歯肉炎の炎症を抑えるため歯周病予防に効果があり、口臭予防や保湿効果も兼ね備えています。 また、デンタルリンスの中には、フッ素が配合されたものも存在し、フッ素は歯の再石灰化を促します。 これらは最初の段階で行ってしまうと、歯磨きで重要な成分を落してしまうことになるため、最終段階で使用するのが望ましいです。 まとめ 歯ブラシでの歯磨きや清掃補助具には、それぞれに役割があります。 まずは歯ブラシで歯面清掃し、デンタルフロスや歯間ブラシで歯と歯の間を清掃を行って下さい。 そして細かな部分をタフトブラシで清掃し、最後に洗口液やジェルなどの成分を浸透させます。 使用用途により、一番効果的な使用のタイミングで使うことで清掃効果もアップします。 清掃効果が高まることで、虫歯予防や歯周病予防につながるのです。 ハーツデンタルクリニックは、皆さまに寄り添い、皆さまの立場で考え、実行する歯科医院を実現するべく設立しました。 皆さまが生涯を通して「食事を楽しみ」「周囲を気にせず笑い」「人生を幸せに暮らすことができるよう」努めております。 千葉県2医院、埼玉県に1医院を展開。 きれいな白い歯が輝く笑顔を見るのは、いいものですよね。 歯が健康な人は、イキイキ生きているように見えるもの。 人や動物が健康に生きるためには、歯が健康であることが重要です。 歯の表面的な治療ではなく、ゲストに満足して帰っていただくために。 ゲストから「ありがとう」と言っていただけるように。 私たちは、ハーツデンタルクリニックは、コミュニケーションを大切にした診療を心がけています。 歯のお悩みやご相談のある方は、是非お気軽にご来院ください。 経歴 1981年城西歯科大学{現 明海大学}卒業 1982年高知県の塩田歯科に勤務。 口腔外科を習得。 1985年大阪の芦田歯科に勤務。 歯周外科及び自由診療を学ぶ。 1990年パレットデンタルクリニック(茨城県)に勤務。 2010年ハーツデンタルクリニック開業。 主な研修 1996年スカンジナビアペリオ(歯周病)の権威である岡本浩先生の講習会を受講。 1997年21世紀の咬合医学の川村秋夫先生の講習会に2年間受講。 2000年厚生省認可社団法人日本歯科先端技術研究所にてインプラント100時間コースを受講。 2001年国際歯周病内科学の会員取得。 2006年日本歯科鍼灸教育会より、歯科鍼灸師証を授与。 「痛みや不快な思いで苦しんでいる人を楽にしてあげたい!」「お口のコンプレックスをなくしてあげたい!」そのように考えて日々治療技術の研鑽に取り組んでいます。 笑顔で健康であることの幸せは、失ってからはじめて気づくものです。 正しいオーラル習慣を身に付けることが健康の根源であることを地域の皆さまに普及し、 「一生涯、自分の歯で美味しいものを美味しく食べることのできる人生」 「コンプレックスなく自分らしく生きる」 ためのお手伝いをすることが私の役割だと考えています。 院長 緒方 靖(おがた やすし) 経歴 1980年3月 日本大学松戸歯学部 卒業 1980年4月 日本大学松戸歯学部 補綴学第一講座 入室 1983年6月 アイデンタルクリニック 非常勤 入職 1985年4月 アイデンタルクリニック 管理開設者に就任 2014年11月 ほたる野歯科第2クリニック 入職 2015年4月 医療法人社団ハーツデンタルクリニック 非常勤 入職 2017年7月 ハーツデンタルクリニック八千代中央 管理者就任 院長:林恒彦(はやし つねひこ) 岐阜歯科大学卒業 大学病院で歯周病治療を専門に診療。 関西を中心に勤務医として経験を重ねる。 開業後、明海大学で博士号を取得するなど研鑽を継続。 ハーツデンタルクリニック設立趣旨 日本の歯科医療をより広く愛される医療へと発展させることによ り、国民の心身の健全性を高めるとともに、我が国の国際社会に おける知の向上に寄与します。 その中で、ゲストはわざわざ当院を選んで くれたのです。 ゲストが当院を選ぶ際には、様々な葛藤や不安があったはずです。 「今まで通っていた歯医者のほうがいいかなあ・・・」、 「そもそも歯医者に行くのは嫌だなあ・・・」、 そんな中で勇気を振り絞って来院してくれたのです。 そんなゲスト一人ひとりが、 「ハーツデンタルクリニックを選んで良かった。 健康になりたいという意識の高いゲストが集まる歯科医院づくりをすすめています。

次の