収束 終息。 新型コロナウイルスですが、どのような形で収束(終息

新型コロナの収束時期が、ようやく判明しました。 【第二波が騒がれる今、いつCOVID

収束 終息

何をもって新型コロナは「終息した」と言えるのか。 過去のパンデミックの場合は(写真:issei Kato/ロイター) 新型コロナウイルスのパンデミックは、いつ、どのようにして終わるのだろうか。 歴史学者によると、パンデミックの終わり方には2通りあるという。 1つは医学的な終息で、罹患率と死亡率が大きく減少して終わる。 もう1つは社会的な終息で、病気に対する恐怖心が薄れてきて終わる。 「感染症の終息はとても混沌としている」 「『いつ終わるんだろう』と人々が言う場合、それは社会的な終息を指している」と、ジョンズ・ホプキンス大学の医学史学者、ジェレミー・グリーンは言う。 つまり、病気を抑え込むことによって終わりが訪れるのではなく、人々がパニック状態に疲れて、病気とともに生きるようになることによっても、パンデミックは終わるということだ。 ハーバード大学の歴史学者、アラン・ブラントは、新型コロナウイルスでも同様のことが起こっているという。 「経済再開の議論を見る中で、いわゆる『終わり』は医学的なデータによって決まるのではなく、社会政治的なプロセスによって決まるのではないかと、多くの人が思っている」。 エクセター大学の歴史学者、ドラ・バーガは言う。 「(感染症の終息は)とても混沌としている。 過去の例でも、終息の理由がなかなか明確には説明できない。 流行の終息は誰のためなのか、誰が終わりを宣言できるのか、なかなか見えてこない」。 2014年、アイルランド王立外科学院のスーザン・マリーは、アイルランド農村部の病院のフェローだったときに、その状況を目の当たりにした。 その頃までに、西アフリカでは1万1000人以上がエボラ出血熱で死亡していた。 エボラ出血熱は感染力が強く、致死率も高いおそろしい病気だ。 流行は収まりつつあり、アイルランドで患者は確認されていなかった。 しかし、人々の恐怖は明らかだった。 「街中でも病院でも、みな不安に駆られていた」と、マリーは近ごろ『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン』誌に発表した論文で述べた。 「肌の色がそういう色であるだけで、バスや電車のほかの乗客から、怪しまれるような視線を向けられた。 咳を1度でもしようものなら、周りから人が遠ざかっていった」。 アイルランドで恐怖だけが続く中、WHO(世界保健機関)はエボラ出血熱の流行は終わったと宣言した。

次の

コロナ禍 収束? 終息? どっちが正しい? まさか臭足? │ 痛勤電車.混む

収束 終息

新型コロナについてですが、私が考えるシナリオは以下のとおりです。 1.新型コロナのインフルエンザ化 今後、ワクチンの開発・普及と、コロナの重症化防止(サイトカインストーム抑止)の特効薬開発(イベルメクチンなど)により、新型コロナは、インフルエンザよりも弱い流行病になることです。 新型コロナの特徴は、1)感染力が強いこと、2)インフルエンザよりも弱毒である、3)サイトカインストームさえ起こさなければ自然治癒する、ことです。 また、ワクチンが普及しても、効果が長続きしないこともありえます。 よって、新型コロナは絶滅せず、今後も感染は広がるであろうこと。 またワクチンの普及やサイトカインストームさえ起こさなければ、普通の風邪と何ら変わりのない病気になるであろうと思われます。 インフルエンザも風邪も、人類は根絶できていません。 しかし、インフルエンザにかかっても風邪になっても、誰も恐れません。 扱い間違えれば、死人が出ますが、ほとんどの人がそのまま完治しています。 新型コロナも、同様になるであろうということです。 インフルエンザと比較して、コロナは比較的軽症な風邪です。 感染してもほとんどが無症状か軽症です。 重症化率、死亡率はごく小さいです。 インフルエンザは毎年1000万人感染して3000人死んでいます。 関連死を含めると1万人死んでいます。 コロナに比べればはるかに凶悪ですが、それでも誰も問題視しません。 普通に暮らしています。 コロナはこの半年で判明している感染者数は未だに2万人に達していません。 年間でも3万人程度でしょう。 死者数も1000人程度にとどまっています。 要するに政府やマスコミが過大に恐怖を煽りすぎているのです。 それが間違いなのです。 インフルエンザと同じ基準で考えれば、すでに終息したのと同じです。 こういうことをテレビや新聞では絶対に言いません。 そろそろコロナヒステリーから脱却しましょう。 治験での効果の有無が確認されるのが、今年から来年にかけてなので、そこから製造され出回るようになるのが来年後半から再来年でしょうね。 日本での私たちが接種するのは再来年あたりと思います。 しかし、効果が確認できるワクチンができない可能性もあります。 そうなると、生活パターンは今と同じです。 空想レベルですが、人間の呼気から常時ウイルス検出する機器ができて、全員に装着ができれば、理論的には感染拡大を抑えられると思います。 こんな機器の研究がなされている、という情報はありません。 ウイルスはいずれかの生物の体内に侵入しないと生存も増殖もできません。 そしてコウモリなど他の生物の体内でも生存や増殖が可能です。 自然消滅することは考えにくいです。 数百kmの隕石が地球にぶつかると、地球表面全体が焼き尽くされ生物は生存できなくなりますが、地球は存在し続けます。 人類にダメージを与えるのは、新型コロナウイルスそのものより、間違った情報です。 以下から正しい情報の確認をおすすめします。 以上、参考にならなかったらごめんなさい。 何の小説だったか忘れましたが、人類が滅亡する原因は宇宙人の襲来でも隕石の衝突でもなく、新種のインフルエンザだったというのがありました。 ウイルスは自らをコピーする上で、ミスコピーすることで強毒化したり弱毒化したりします。 スペイン風邪は聞くところによると、ウイルスが弱毒化して感染しても人体の免疫力によって死滅させられ終息したということです。 現段階においてワクチンや治療薬が開発されていますが、まだ時間がかかるようです。 前回のSARSもワクチン開発するより早くウイルスが弱毒化して消滅したように、今回も弱毒化したコロナウイルスが自然消滅するかもしれないし、ワクチンや治療薬ができて一般に普及し法定伝染病からも除外されるような軽いものになるかもしれません。 日本国内に限れば、6月以降の感染拡大は、弱毒化に変異したウイルスと言われています。 死亡率、重症化率とも4月時点とは大きく下がっています。 また、PCR検査の確度も上がっており、ばくろう(感染していないがウイルスが体内にあった状態)や自然治癒後に残っていた少量のウイルスでも、陽性となってしまっています。 よって、日本国内に限れば、陽性者は引き続き、大量に発生する可能性はありますが、指定感染症からはずされていき、何故か落ち着いた状況になるような気がします。 ただ、香港防疫研究所から亡命した、女性研究者が米国で、ウイルスは中国が意図的に人為的なものを拡散したと発言しており、あらためて彼らが強毒化したウイルスをバラまけば、再び蔓延し、危機に陥ることもありえます。 地球の危機・・・選択肢としてはありますよ ウイルスの変異が加速して、感染力と致死性を強めればあるいは・・・ 感染・潜伏・発病・闘病・死までのサイクルが長くて、その多くが死に至ればあるいは、回復の見込みがあるから闘病が長くなって感染を拡大させるのか? そこは置いてておくとしても 今回のように感染してからの潜伏きかん発病までの間にその期間の間ウイルスの変異する可能性がある期間が長いものはウイルスが蔓延するという事は、ウイルスが変位する機会を多く持つという事ですから ワクチンがききにくい強変化する可能性も多くあるという事です ウイルスが抗体を攻略するのが早いのか、完全制圧できる抗体を人間が獲得するのが早いのか競争です だから・・・感染者を増やしてウイルスが増えるという事態を避けるため、多くの国は経済そっちのけで都市封鎖を非必要としたのですが 封鎖したから蔓延率が高くなったという見方もできるかもしれませんが、ようは感染者を隔離できていなかったからです 経済で死ぬのかウイルスで死ぬのかなんて言っているうちは地球の危機十二分にあり得ると思いますよ 少し前から気になっているのですが、新型コロナウイルスは3月後半までにある程度は収まるでしょうか? 3月後半 3月20日を過ぎて3月末ころまで に個人旅行で大阪市内を観光する予定なのですが、今は宿泊予定のホテルは「新型コロナウイルスに対する対応」という事で施設内のレストランが食事の提供方法の変更をした状態での営業になっています。 できれば新型コロナウイルスが終息して通常営業になるのを待ってから大阪へ行きたいのですが、懸賞応募でホテルのペア宿泊券 朝食付き が当選し、利用できる期間が設定されている関係で出来れば3月中に行きたいです。 私は現在、小康状態ですが呼吸器系に持病があり、年配の母も一緒に行くので行く予定の日にちまでに新型コロナウイルスが終息していて欲しいです。 中国に流行している新型コロナウイルスと日本のコウモリについて質問です。 2019年末の12月頃の中国の湖北省の武漢市で、海鮮市場で新型のコロナウイルスが発生し、2020年の1月から現在の2月でも大流行しており、多くの死者が出ているそうですが、ここで質問です。 中国の湖北省の武漢市で発生した新型コロナウイルスは、食用として売られていた野生のコウモリやタケネズミ、アナグマ、ヘビが感染源だと報道されている。 さらに2002年11月から2003年7月にかけて、中華人民共和国南部を中心に起きたSARS〈サーズ〉もコウモリなどの野生動物から発生したというのですが、ふと思ったことがあります。 もし中国に流行している新型コロナウイルスが、コウモリやアナグマなら、我が国、日本に生息しているコウモリやアナグマにも、肺炎を引き起こすコロナウイルスを保有している可能性はあるのでしょうか?• 大学4年生女子。 新型コロナウイルス感染者が少なくなってきています。 が、テレビで韓国は封じ込めに成功、見たいに言われていたけど、また何十人もクラブで感染とか。 コロナウイルスって賢いな、というかすごいな、と思うのですが、それは感染力が強いからなんでしょうか? エボラ出血熱は潜伏期間2,3日、エイズは症状が出るのに10年とか。 エボラ出血熱は致死率がものすごく高いのと、感染するとすぐなくなってしまうので、隔離してしまえば封じ込めることはできるみたいです。

次の

新型コロナの収束の仕方、終息の仕方、集団免疫の意味

収束 終息

まず「終息」についてお話しします。 「終」は文字どおり「終わる」という意味ですが、「息」という漢字にも「止<や>む」という意味があります。 つまり「終息」は、似た意味の漢字を2つ重ね合わせて「完全に終わる」という意味になっていると考えることができます。 次に「収束」について説明します。 これは「収まる」「束ねる」ということから、「(状況・事態などが)ある一定の状態に落ち着く」という意味になっています。 ふつう、「(例えば新型肺炎の)問題・感染状況」などについて使うことが多く、「新型肺炎」といった病気自体が「収束する」という言い方(書き方)は、あまりしません(なお、似たことばとして「集束」というものもありますが、これは「光の束が一か所に集まること」を意味する物理学の専門用語です)。 ここから、新型肺炎の「完全制圧」の場合には「終息」、(完全制圧ではないにしても)新型肺炎に関する(社会的)状況などがかなり落ち着いてきた場合には「収束」、ということになります。 「宣言」する場合には一般に「完全制圧」でしょうから、「新型肺炎終息宣言」なのです。 いっぽう次のような場合には、表記としては「終息・収束」のどちらもあり得ます(意味はそれぞれ異なることに注意)。 「A国では感染の広がりがシューソクに向かっている。 「(新型肺炎の問題が)シューソクすればA国を訪問する。 「(新型肺炎の問題が)早くシューソクしてほしい。 」 もうおわかりかと思いますが、「終息」は「完全制圧」であるのに対して、「収束」の場合には、ほぼ事態が収まっていることを意味します。 例えば音声コメントにスーパーをつける場合、その人が「終息」と「収束」のどちらの意味で発言したのか、注意が必要でしょう。 (メディア研究部・放送用語 塩田雄大).

次の