フレデリック マル。 シャンパーニュのスタンダード・キュベを飲みあさってみた(フレデリック・マルトレ編)

偉大な祖父を持つ仏2大フレグランスが日本本格上陸 「フレデリック マル」「キリアン」

フレデリック マル

日本にもファンが多いフレデリック・マル氏の新作香水発表会のニュースです。 今年秋リリース予定の「Dans Tes Bras」 In Your Arms をバーニーズ・ニューヨークにてお披露目。 "Editions de Parfums"シリーズの3年ぶりの新作です。 調香師はモーリス・ルーセルさん。 記事や写真から拝見する限り穏やかでフレンドリーな発表会だったようです。 大ブランドさんの新製品発表会が、セレブ達を掻き集め来場者の度肝を抜く仕掛けとスペクタクルに向かう中、一方でファンタスチックさとは縁遠い堅実さで地道な活動を続けるメゾン系ブランドさんも少なくありません。 フレデリック・マルさんとは残念ながら個人的な知り合いでもなければお話させていただいたこともありませんが、いつか機会があればぜひお話を聞いてみたいお方です。 記事には「two monkeys trying to get it righ」と書かれています。 そのニュアンスは読みとれませんが、ボクにはこんなふうに感じられます。 「二匹のおサルさんがああでもない、こうでもない、と作り上げた作品です」 もし正しければ、調香師との良好な関係や人柄が伝わってきます。 「Fragrance is much like wine. The larger the bottle, the finer the quality」 香水はワインと同じでボトルが大きいほど、品質がよくなります は、おもしろい意見ですね。 11月ニューヨークにて販売予定。 100mlで200ドル 2万円程度。 百貨店のバイヤーさんには気になる一品かも? ---------------QUOTE-------------- More Malle! Famed fragrancer unveils new scent at Barneys New York Wednesday, July 09, 2008 NEW YORK On a scorching, humid day, we appreciate the transformative powers of a good fragrance more than ever. Grateful chicsters, beauty editors compris, flocked to Barneys New York Thursday night to celebrate none other than Frederic Malle and his new scent, Dans tes Bras. Created along with famed nose Maurice Roucel, a process Malle described as "two monkeys trying to get it right," the perfume includes top notes of patchouli, violet, musk, and white flowers--which offer "saltiness and a hint of sunscreen," according to Malle. "Fragrance should be a skin enhancer," Malle explained while spritzing wrists. "It still has to be you! Fragrance is much like wine. The larger the bottle, the finer the quality. " So who should wear the stuff, we asked? "I never think of customers. I am not a marketing guy! " ---------------QUOTE-------------- 2008-07-16.

次の

フレデリックマル/リップスティックローズ レビュー【フランスの香水ブランドFREDERIC MALLE】

フレデリック マル

Contents• フレデリックマルとは 今でこそたくさんの高級香水ブランドが存在しますが、フレデリックマルは現代における高級香水の先駆けとなったブランドです。 フランス最大の香料会社・デュポン社に勤める中で調香師との交流を深めていく内に、平凡な香水が多く出回る事に疑問を感じていったフレデリック・マル氏。 そこで数人の調香師に話し完全なる創造の自由を約束して立ち上がったブランド。 それがフレデリックマルです。 始まりは2000年。 フレデリック・マル氏の祖父セルジュ・エフトレー=ルイシュは パルファム クリスチャン ディオールラインを作った人物であり、 さらに母親は ディオールの香水開発責任者として47年間勤めていた経歴をもつ人物。 わずか8歳の時でした。 そして15歳になったフレデリック・マル氏は、別の香水に惹かれていきます。 彼はこの香水をつけていると、とても特別に感じたのだそう。 それは彼のIso E Superを使った香水との出会いでした。 このHalston Z14には10~15%ものIso E Superが含まれていました。 ウッド、アンバー、ベチバーのような香りの要素を持ち多くの香水に使用されている。 Iso E Superは調香師を虜にする香料と言われている香料で、例えば調香師のゲザ・ショーエンはIso E Superのみで香水を使ってしまったほど。 それがこちらのモレキュール01です。 こちらでレビュー済み。 フレデリックマルは今年再上陸を果たし1号店を日本橋三越本店にオープン。 すぐに日本橋高島屋に2号店が出来ました。 現在は伊勢丹新宿店 メンズ館、大阪高島屋、ランド オブ トゥモロー丸の内店、トゥモローランド渋谷本店、ドリス ヴァン ノッテン青山店と、 東京に6店舗・ 大阪に1店舗の計7店舗に展開されています。 次は代表作について紹介します。 フレデリックマルの代表作「ムスク ラバジュール」 出典: エスティローダーは、フレデリックマルを象徴する香りとして 『ポートレイトオブアレディ』『カーナルフラワー』『ムスク ラバジュール』の3つの作品を挙げています。 今回はその中でもアンバーオリエンタルの歴史の転換点となった作品『ムスク ラバジュール』を取り上げてみます。 出典: ムスク ラバジュールの調香師は、 モーリス・ルーセル氏。 シャネルのラボラトリーで働いた後、独学で調香師となりエルメスの24フォーブル、ル・ラボのジャスミン17、ゲランのランスタン・ド・ゲランなどの香水を世に送り出した人物です。 「ムスクラバジュール」は日本語で身を焦がすムスク。 情熱的な名前の通りトップノートは、スパイシーなムスクが強めに香ります。 鼻に強烈な印象を残しますが、すぐにサンダルウッドを含むバニラを焦がしたような優しく甘い香りへと変化します。 甘い香りを残しながら徐々に懐かしさを感じる、お香のような香りに落ち着いていきます。 全体的に野性的というか動物的な甘さが強いです。 よくアニマリックと表現される香調です。 しかし、とても洗練された印象で、包容力のあるようなダンディな人物像を思い浮かべるような香りです。 ムスク ラバジュールはジョージ・クルーニーさんやオバマ元大統領が使用していることでも有名なようです。 お二人ともお似合いの香りだと思います。 次はたくさんあるフレデリックマルの魅力の中から特徴的な2つを挙げてみます。 例えばラルチザンパフュームも調香師の名前を表記していますが、箱への控えめな表記にとどまっています。 ですが、フレデリックマルはボトルのラベルに大きく表記されています。 このことから 作品名に調香師の名を載せることにした と語っています。 フレデリックマルの公式サイトには調香に参加している調香師たちが一人ひとり紹介されていて、フレデリックマルが調香師の存在を非常に重要視していることが伺えます。 香水を 調香師の作品として示すことで、 製品そのもの=香水にスポットをあてています。 調香師との対話を大切にしているフレデリック・マル氏。 調香師と対話しながら香水作りを進め、 できる限り使う原料を少なくし、シンプルにすることを目標として何度も何度も試行錯誤を繰り返します。 シンプルな調香を心がけることは、フレデリックマルの調香師として参加しているジャンクロードエレナ氏も意識していると言っています。 これは複雑さや、豪華さが求められそうな高級香水とは逆のイメージで意外性がありますね。 広告や派手なボトルデザインに費用を使わない分、香水の中身に十分な費用がかけられるというわけです。 発売直後に三越オンラインで慌てて購入したのを覚えています。 (現在は長い間売り切れています) 僕が一番好きな香りはサンプルで頂いたユヌローズ。 調香師は エドゥアール・フレシェさん。 ディオールのポイズン、同ブランドでは リスメディテラネの作者でもあります。 この香りを嗅いで最初に思い出した香りは同じ薔薇の香水であるディプティックのオーローズでした。 でも明確に違います。 フレッシュなローズの香りとフルーティな甘さを漂わせながらも、ベルベット生地のような気品とクラシカルな雰囲気を感じさせます。 ちかちかしたゼラニウムのハーブ香に、赤ワインの芳醇な香りが大人びた印象を与え、全体的にすっきりとしてますがウッディノートが全体をしっかりと支えています。 僕は薔薇の香水が大好きで、薔薇の香水を探す一つのテーマがカッコいい薔薇の香水です。 このユヌローズも僕が思うカッコいい薔薇香水に該当する香りです。 ですが、薔薇香水のバイレードのローズノワールやエトロのマンローズがもつような男性的なカッコよさに対して、ユヌローズが持つ魅力は女性的な凛としたカッコよさ。 ここまで書くとクセの強そうな香りに思われるかもしれませんが、ぱっと嗅いだ印象としては多くの方に受け入れられやすい良い香りだと思います。 しかし嗅げば嗅ぐほど滲み出てくる魅力を持つ、唯一無二の香りです。

次の

フレデリック マルの口コミ一覧|美容・化粧品情報はアットコスメ

フレデリック マル

フレデリック マル 公式 オンラインサイト X icon accessibility icon arrow--white icon bag icon box icon caret--down icon caret--left icon caret--right icon caret--up icon checkbox--checked icon checkbox--filled icon checkbox-checked--filled icon checkbox icon circle-caret--left icon circle-caret--right icon close icon email icon facebook icon hamburger icon head--outline icon head--solid icon heart--filled icon heart--outline icon instagram icon livechat icon location--filled icon location icon logo icon map-marker icon minus icon pinterest--circle icon pinterest icon play icon plus icon radio--checked icon radio icon search icon stars icon triman icon twitter icon youtube--play icon youtube icon フレデリック・マルは1962年、アーティストや調香師、実業家が名を連ねる家系に生まれました。 そして、この香りのスペシャリストとしての血統を継いだフレデリック・マル自身もまた、現代におけるラグジュアリー パルファムの先駆者として広く知られています。 フレデリック・マルは、プレステージ フレグランス ラボラトリーとして知られるルール・ベトラン・デュポン社に勤める中で、歴史に名を残すような世界最高峰の調香師たちとの出会いを果たします。 そして、その後25年以上をかけて、彼らと親交を深めながら、膨大な原料に対する知識や構成、調合など、香りのあらゆる側面に対する造詣を深めました。 ブランド イメージばかりが先行し、主役である香りが置き去りにされた非常に商業的な市場の中で、本来の芸術的なパルファムは姿を消し、調香師たちのアーティストとしての尊厳も失われていたのです。 完全なる創造の自由の中で、調香師たちが紡ぎ出した圧倒的なパルファム コレクション。 この数あるパルファムの中から、自身のシグネチャーとなる香りを見つけるためには、専任のアドバイザーによるガイドが不可欠です。 どれをとっても非常にユニークなパルファム。 パーソナリティにぴったりとマッチする香りとの運命の出会いは、人生に色をもたらし、そのパルファムをも輝かせます。 フレデリック・マルが2000年に第一号店をパリにオープンして以来、今日に至るまで、多くの方々が香りとの運命の出会いを果たしてきました。 貴方もぜひ〈フレデリック マル〉で、シグネチャーとなる香りを見つけてください。 フレデリック マル お客様相談室 0570-003-770(平日10時~17時).

次の