ガラ ル ヒヒダルマ 育成 論。 【ポケモン剣盾】ガラルヒヒダルマの育成論【ポケモンソードシールド】|ua.nfhsnetwork.com

ヒヒダルマ(ガラル)育成論 : 【サイクル破壊神】超絶火力鉢巻Gダルマ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ガラ ル ヒヒダルマ 育成 論

特性「ちからずく」で攻撃を強化し、「ガラルヒヒダルマ」のように先制して大ダメージを与えることができます。 純粋な高速アタッカーとして「ヒヒダルマ」を採用する場合は、「とんぼがえり」がおすすめです。 「こだわりスカーフ」を押しつけた後は、攻撃に転じることができます。 ただし素早さは元に戻るので注意して使いましょう。 「バンギラス」などの悪タイプに有効な、高威力の格闘技。 毒や格闘タイプに有効である。 ヒヒダルマの特性「ちからずく」は、「いのちのたま」による被ダメージを無効にし、ダメージアップの恩恵のみ受けることができます。 毒や格闘タイプに有効である。 対面操作を行える。 素早さが勝っている場合は、苦手な敵から逃げることが可能。 ヒヒダルマの役割と立ち回り 特性「ちからずく」による高火力アタッカー 「ヒヒダルマ」は特性「ちからずく」によって、追加効果のある技の威力を1. 3倍にできます。 特に、タイプ一致で打てる高威力技の「フレアドライブ」と相性がよく、タイプ相性に関わらず、大ダメージを与えることが可能です。 また、 「ガラルヒヒダルマ」の特性「ごりむちゅう」とは異なり、技を固定されないので、豊富な選択肢で戦うことができます。 ヒヒダルマの対策 受け性能の高いポケモンで対処する 受け性能の高いポケモンで、「ヒヒダルマ」の攻撃を耐久しながら戦うのがおすすめです。 回復技を持っているポケモンで、HPを回復しながら攻撃しましょう。 ヒヒダルマは、耐久面がそれほど高くないため、弱点をついて倒しやすいです。 また、「ミミッキュ」は特性「ばけのかわ」を利用して、ヒヒダルマを起点にできるため有効です。 「つるぎのまい」で攻撃を上げ、次のターンにダイマックスを使用して、容易く倒せます。

次の

ヒヒダルマ(ガラル)育成論 : 狙った獲物は逃がさない!先発あくびヒヒダルマ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ガラ ル ヒヒダルマ 育成 論

ガラルヒヒダルマは「 こおり」タイプのポケモン。 弱点は 「ほのお」「いわ」「かくとう」「はがね」の4種類、耐性は 「こおり」の1種類となっています。 ・使用可能な通常技• こおりのキバ(こおり)• たいあたり(ノーマル) ・使用可能なゲージ技• れいとうパンチ(3ゲージ:こおり)• ゆきなだれ(2ゲージ:こおり)• ばかぢから(2ゲージ:かくとう)• オーバーヒート(1ゲージ:ほのお) ガラルヒヒダルマの使い道は? 攻撃特化型のステータス。 攻撃性能だけならこおりタイプトップ ガラルヒヒダルマは通常のヒヒダルマと同様、非常に高い攻撃ステータスと、非常に低い防御ステータスが特徴の、攻撃特化型ポケモン。 非常に打たれ弱いというデメリットはあるものの、複数匹パーティに編成してレイドバトルに挑戦することで、 ソロor少人数での攻略の可能性を引き上げられますよ。 シールドを削った状態であれば、戦況を強引にひっくり返すフィニッシャー的な役割になるかも? 筆者が地味に注目しているのが、ゲージ技としてGOバトルリーグで非常に強力な技である「 ばかぢから」を使用可能という点。 ロマン砲とはいいつつ、HPはステータスは非常に高いので、等倍タイプが相手ならそれなりに耐えられますよ。

次の

【ポケモン剣盾】サニーゴ(ガラル)の育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ガラ ル ヒヒダルマ 育成 論

雪だるまとかけたデザインはなかなかオシャレです。 攻撃、素早さともに高いが耐久値は低いという、典型的な速攻タイプなステータスを持っています。 注目すべきは、新特性《ごりむちゅう》。 《こだわりハチマキ》を内蔵する特性となっていて、Wハチマキで火力を2. 25倍にもできるし、スカーフと併用して攻撃素早さを1. 5倍ずつにするのも良し。 非常に尖った性能です。 こだわり系の能力は、自身が交代するまで最初に選んだ技を使い続けるという業を背負ってパワーアップするのが特徴ですが、ダイマックスを使っている間はこだわり効果が解除されるようなので、こだわり状態からダイマックスにスイッチすることで柔軟な動きが可能となります。 強いです。 また、《ダルマモード》ではHPが半分以下になっているとき種族値が増えます。 ダルマ・イッシュと異なり攻撃素早さが両方上がるので、速攻という戦法を変えずに純粋なバフ効果として使える点が強力です。 耐久こそ低めのポケモンですが、素のHPが高く、BDに努力値を振ることで多少硬くなります。 ナイトヘッドなどの定数50ダメージを与えてくるサニーゴに対しても、HP204に調整(努力値188振り)することで身代わりがナイトヘッドを耐えます。 また、HPが4の倍数なので、身代わり2回もしくは《はらだいこ》を使用することでダルマモードに移行します。 身代わりを壊せないような低負担なポケモンに対して身代わりから入ることで、受け系構築に対して崩しが効くようになるため、ゴリラで攻めるのかダルマで崩すのか自分の構築と相談して採用しましょう。 HP残量に関係なくパワーアップできる五里霧中のほうがダイマックスの相性の良さとも噛み合う上、能力値の上昇幅も大きいことから前者で使われることが多いでしょう。 技考察 つららおとし 氷物理の中では無条件で出せる技として最高火力。 ありとあらゆるナットレイを一撃で倒すにはフレドラが必須 ばかぢから フレドラと範囲がまぁまぁ被る格闘技。 耐久が高いバンギラスを安定して倒すには地震よりもコチラで じしん 馬鹿力と範囲がまぁまぁ被る地面技。 炎への打点としては必須級ですが、リザードンには効かないためどちらかと言えばストーンエッジとの選択肢になります ストーンエッジ リザードンなどの炎タイプに刺さる牽制・役割破壊技 とんぼがえり 相手の交代を読むならこの技で丸く収まります。 こだわり前提の立ち回りが多い戦法の性質上、読みの比重を軽くできるため一枠割いてもいいでしょう みがわり ゴリ霧中では何の役にも立ちませんが、ダルマモードの始点として使う技です。 サニーゴやドヒドイデなどの耐久系ポケモンからの被ダメで身代わりが壊れないようにするといいでしょう はらだいこ HP最大値の半分を消費して攻撃を6段階上昇させる禁断の積み技。 構築によって技のカスタムはあると思いますが、テンプレはこの形かなと思ってます。

次の