災害の夢ブログ。 [B! 地震] 災害の夢ブログ

【ノストラダムス大予言2020年版】6月18日〜7月12日巨大地震発生、日本も大災害!? 大阪と名古屋消失…第三次世界大戦も勃発!

災害の夢ブログ

ジットグループの山梨Made株式会社は、2019年3月に、松坂屋名古屋店南館2階のKiKiYOCCHO内に「YAMANASHI MADE」をオープンしました。 そこからのご縁で、愛知山梨県人会に入会をさせていただきました。 県人会の皆様は、地元山梨を出て、故郷山梨のために、山梨県の観光宣伝や県産品の販路拡大などに力を注がれています。 大変光栄なことに、愛知名古屋県人会の皆様が発行する「風林火山」の7月号に山梨Madeのショップをご紹介いただきました。 会報を拝見いたしましたが、故郷を離れても、山梨に念いを馳せ、山梨の情報を発信してくださったり、山梨のために観光の宣伝活動してくださっている皆さんの姿が目に浮かび、心が温かくなりました。 山梨Madeも名古屋に店舗をオープンさせていただき、1年半になります。 今年の4月からは、「中京圏観光情報発信拠点」として、山梨の観光情報の発信や特産物の販売をさせていただいております。 私たちも、たくさんの方に山梨を知っていただき、一人でも多くの皆様に山梨に足を運んでいただくことで、山梨を元気にしたい!との念いで、山梨Madeを立ち上げました。 山梨県にいなくとも、山梨を愛し、山梨の発展のために尽力いただいていることに感謝し、今後も県人会の皆様と共に山梨を盛り上げていけるように精進いたします。 Posted 7月 16th, 2020 by jit in このたびの九州北部における豪雨災害により、犠牲になられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災されました方々に心よりお見舞いを申し上げますとともに1日も早い復興をお祈り申し上げます。 九州各地を襲った豪雨、自然災害の恐ろしさを改めて思い知らされ、被害の状況に胸が痛みます。 災害は私たちの力ではどうする事もできません。 しかし、防災ならば、いろいろな方法、対策が施せます。 毎年毎年自然災害時に思った事が一つの商品になりました。 お客様の防災対策に役立つものを提供したいと、超強力接着 耐圧防水テープのJITTIGERTAPE(ジットタイガーテープ)の販売を開始いたしました。 この商品は形や素材を選ばず使用でき、強力な接着力でさまざまな破損箇所の応急処置に役立てればと期待しております。 だからこそ、自分の身は自分で守れるよう一人ひとりの自然災害に対する意識と備えが大切です。 人生は一度きりしかありません。 今,このとき一瞬一瞬を大切にし、毎日を全力投球しています。 被害に合われた方のためにも、安全に安心して暮らすことができる山梨、日本をつくり、皆様に幸せの輪が広がるよう最大限の力を注いでまいります。 Posted 7月 10th, 2020 by jit in 先日、ジット本社2階にあるジットBarスペースにてたいようの社員と山梨madeの社員の合同懇親会を行いました。 これは本年から始めた、就業後に部署の仲間と集まり、共にお酒を飲みながら食事をするポットラックパーティーです。 緊急事態宣言の解除から1カ月あまり、連日都内では感染者が100名を越える日が続いている状況ではありますが、ジットグループでは社内のBarスペースを有効活用し、業務時間内ではできないプライベートの話など、同じ社屋にいながら、それでも就業中とは全く違う楽しく温かい時間を過ごしています。 今回は女性社員が多く、恋愛の話などキラキラしたプライベートの話題で盛り上がりました。 たいようの社員も仲良くピース!いつもありがとうございます。 最後はみんなで3本締めを行いました。 共に働く仲間とのコミュニケーションはチームの団結力向上に繋がります。 そして、このような仲間との温かいひと時が、良い仕事を行う上でとても重要になってくると思っております。 仕事も仲間と語り合う時間も、「何事も全力に取り組むこと」これがジットスタイルです。 これからもジット魂にもある通り、「私達は逆境には絶対負けない、念いは必ず成し遂げる、可能性に限界は無い。 Posted 7月 7th, 2020 by jit in 去る6月22日から30日の9日間、29期最後の週は、本社ロビーにて「コロナに負けるな!ジット決算セール」を開催いたしました。 新商品としてアルコールスプレーや、ナノAGスプレーの生産と販売を開始、また、山梨Madeでは、今月から「食べるジュース」を使ったゼリーの販売も開始しています。 新商品の宣伝もあり、地域の方がたくさん来社してくださいました。 「いつもジットさんの商品を使っているよ」「ずっと使ってるけど、問題もなく助かっているよ」「新しい商品ができたんだ、アルコールやマスクはまだ中々手に入らないので助かるよ」とたくさんのうれしい声をいただき、とてもありがたく、感謝をいたしました。 30期もJust in timeの社名の通り、時代時代に必要とされるものを、必要な時に、必要なだけご提供し、ジットから山梨を元気に!そして笑顔の輪を広げていけるように精進してまいります。 ありがとうございます。 Posted 7月 6th, 2020 by jit in 先日、甲府市役所で行われた「災害時における応急の支援に関する協定式」に、ジットセレモニーの代表として出席してまいりました。 今回の協定は昨年2月に締結した「災害時における遺体安置等の支援」に加え、災害時に当ジットセレモニーの甲府ホールを、甲府市石田区の地域の皆様に一時避難場所として提供ささて頂くこと、また、被災生活に必要な物資なども併せて提供させて頂くことで双方合意、協定締結の運びとなりました。 甲府市樋口市長様からは「万一災害が起きた場合、被害を最小限に抑えるため、行政としての「公助」の体制、自分のことは自分で守る「自助」の心得、そして皆で助けあう「共助」の体制が非常に重要になります。 この度の「災害時における応急の支援に関する協定」はまさに「共助」の実現になります。 今後もジットグループと一緒に甲府市民の皆様の安全のためになる活動をしていきます。 」と力強いお言葉を頂戴いたしました。 調印の様子 近年、地震や台風など自然災害が非常に多い中、当社の経営理念にも謳っている「なにかあればジットへ」と地域の皆様に必要とされる企業を目指し、一人でも多くの山梨県の皆様、甲府市の皆様が安心して暮らすことのできる市政づくりに貢献していきたいと思っております。 石田地区自治体連合会矢野会長より、「石田地区では高齢化が進んでおり、災害が起きた場合の避難が大変な高齢の方が多くいます。 そんな中、今回災害発生時にジットセレモニーの甲府ホールを一時避難場所として提供して頂くこととなり、大変有難く思っております。 」とのお言葉を頂戴いたしました。 樋口市長と矢野会長と一緒に 災害は起こらないことが一番ですが、いつ、どんな時に、何が起こるかわかりません。 しかし、万一災害が起こった場合に備えてすぐに行動できるようにと日々考えております。 弊社にできることはすぐに取り組み、山梨県の皆様、甲府市の皆様、石田地区の皆様に安心して日々の生活を過ごして頂けるよう、そして県内外からも安心して山梨県にお越し頂き、皆様に「ジットがあってよかった」と言っていただけるような様々な提案をしていく事であると考えております。 今後も変わらぬ地域の皆様のご意見、ご指導を頂けたら幸いです。 よろしくお願い申し上げます。 Posted 7月 3rd, 2020 by jit in 先日、妻が還暦を迎え、ジットプラザ別館「絆」にて家族で誕生日会を行いました。 温かい歓迎をありがとうございます! 久しぶりに家族全員が揃い、美味しい料理を頂きながら大変楽しい時間を過ごすことが出来ました。 乾杯!人生の節目の年、還暦の誕生日おめでとうございます!! 都内に住んでいる長男とも久しぶりに酒を酌み交わしながら、親子の会話を楽しみました。 私からは60本の赤い薔薇の花束を、家族からは名前入りのゴルフボールをプレゼントしました。 ジットセレモニーの皆さんからサプライズでケーキのプレゼントを頂きました。 ありがとうございます。 29年前の何もないところからの起業から今日に至るまで、様々な困難を乗り越えながら大きな夢に向かって必死に走り続けることが出来たのは、どんな時も嫌な顔一つせず、笑顔で支えてくれた妻の存在があったからこそといつも感謝しております。 本年は妻の還暦、また私も創業30周年を迎える大きな節目の年となりますので、これからも支えて下さっている数多くの方々への感謝の気持ちを忘れずに常に先を見据えて皆が幸せに笑える未来のために全力投球してまいります。 ありがとうございます。 Posted 7月 2nd, 2020 by jit in 本日7月1日、当グループは第30期を迎えました。 これもひとえに、働いてくれている従業員の皆さんとそのご家族、関係者の皆様、地域の皆様、山梨県の皆様の事業に対する深いご理解とご協力、そして当社の商品、サービスをご利用いただいている日本中の温かいお客様のおかげであると、深く深く感謝申し上げます。 企業の継続と成長の根っこは「創業の精神」と「経営理念」の実行に尽きます。 私どもの原点である創業の精神と、それぞれの事業の使命・運営理念を、社員の皆さんが「地」で行動できるよう、そして確認できるように敷地内の壁面に大きく掲げました。 ジットの使命 ジットセレモニーの使命 たいようの運営理念 山梨Made経営理念 にこにこキッズ保育園運営理念 100年企業を目指している私どもにとって、30期はとても大きな節目であり、ひとつの通過点でもあります。 そして大切な事は、過去を振り返ることではなく、今と未来を見据えること。 幹部の皆さんをはじめ、社員の皆さん一人ひとりが、どれだけ実行するか! スピードある行動ができるか!で未来が決まります。 幹部社員たちが皆で話し合い決めた第30期のスローガン「大きな節目 決意と覚悟でジットの未来を創れ!」。 このスローガンのもと、Just in time の精神で、自身の家族、仲間、山梨の皆様、日本の皆様、周りの皆様の笑顔と幸せのために一致団結し、前進してまいります。 今期もジットグループをどうぞ宜しくお願い致します。 Posted 7月 1st, 2020 by jit in 昨年より本社と保育園の間を流れる狐川の河川敷から元気を発信する取り組みを行っております。 河川敷に設置したターポリンを夏仕様へと衣替えを致しました。 2019年6月、河川敷を清掃した直後の様子です 2019年11月 看板を設置いたしました 3月桃の節句の日。 看板の周りにオオムラサキツツジを、河川敷には枝垂桜、そして欅を植えました。 4月、春の装い そして先週末、大きな花火と夏に負けないジットグループの熱さを花火と向日葵で表現したデザインです。 狐川2号橋側の様子です 国道52号線側の様子です 明日、いよいよ30期を迎えます。 何もないところから会社を興して29年、色々な事がありました。 そして、今も創業時と変わらぬ熱い念いを毎日心に燃やし続けております。 当グループの従業員の皆さんも看板を目にする度に、熱いジット魂を心に燃やし、仕事や家庭における感謝や幸福感を感じてもらえればと思っております。 全世界を根底から揺るがすコロナウィルスと終息が見えない現状。 しかし、弱気になったり、くよくよしてはいられません。 しっかりと未来を見据え、山梨県中の、日本中の皆様の心に火をつけ、元気と笑顔と幸せの花火が打ち上げられるように、ジットグループ一丸となり本日も頑張ってまいります。 Posted 6月 30th, 2020 by jit in 先日の日曜日、山梨掃除に学ぶ会様主催「甲府駅前街頭清掃」を行いました。 今回はコロナウイルスの影響で2か月振りの開催となりましたが、前日が出勤日だったにも拘わらず、貴重な休日の早朝になんと50名のたくさんの社員たちが自主的に参加してくれました。 感謝!感謝です! 4月よりジットグループの仲間入りをした新入社員7名も掃除に参加してくれました。 にこにこキッズ保育園に入社をした笑顔が可愛らしい新米先生です。 製造に入社をした笑顔のさわやかな1年生の男性社員です。 公衆電話もガラスのくもりもないよう、キレイに拭き上げます。 郵便ポストも真っ赤なピカピカな姿を取り戻しました。 今回初めて参加した新入社員の皆さんは、最後に参加者の前で感想発表を行いました。 「普段利用している公共の環境は、掃除をしてくれている人がいるから私たちは気持ちよく利用できているという当たり前なことに改めて気づくことができました。 」「きれいにしたつもりでも掃除をすればするほど、汚れているところに気づくことができました。 」 今回は新入社員を含め50名の非常に多くの皆さんが貴重な休日に、暑い中早朝から自分の時間を費やして社会貢献活動に取り組んでくれました。 そんな社員がいる事を誇りに感じます。 一見きれいに見える場所であっても建物と建物の隙間や排水溝などをよく見ると掃除すべき場所がたくさんある事に気づきます。 掃除とは「気づきの勉強」と「心磨き」。 掃除で得た学びは必ず仕事に活かされます。 新入社員の皆さんも掃除活動を通してたくさんの学びを得ることができたことでしょう。 これからも掃除で洗われた透き通った綺麗な心で、新社会人としてたくさんのことを吸収し成長してくれることを願っています。 掃除の後は参加したメンバーで朝食を共にしています。 一生懸命掃除と向き合った後、皆と一緒に食べる朝食はとても美味しく、そしてとても楽しい時間です。 普段会話をするタイミングがない仲間ともコミニュケーションをとることができ、仲間との絆を深めることができます。 これからもジットグループは、私たちに何ができるかを常に考えて全員で一致団結し、社会に貢献し皆さんに恩返しをしていきます。 Posted 6月 29th, 2020 by jit in 敷地内にある木香薔薇が満開を迎えております。 2008年に植えた木香薔薇。 12年のあいだでとても大きく美しく育ちました。 薔薇のアーチがとても良い感じです。 そしてとても良い香りが鼻をくすぐります。 1つも1つの花はとても小さいですが、八重咲きなので、花びらから元気が溢れてくるような気がいたします。 黄色い薔薇より花の数は少ないですが、真っ白な花に心が洗われます。 全国に緊急事態宣言が発令されて10日あまり。 新型コロナウイルスによる影響がいつまで続くかわからないという不安定な状況ではありますが、どんな状況でも美しく、元気に咲き誇るバラが、このブログを見て下さっている皆様の癒しや気分転換になれば・・・と願っております。 この薔薇たちのように、前向きに、そして上向きに心を保ち、山梨から日本の皆様に貢献できるよう、一生懸命取り組んでまいります。 Posted 4月 28th, 2020 by jit in• Recent Posts• Categories• 1292• 104• ブログロール• Meta•

次の

幸福への近道

災害の夢ブログ

画像は「」より引用 現代の米国を代表する著名サイキック(超能力者)の1人であるである ジョセフ・ティテル氏が、元日に毎年恒例となる世界の予言をで発表した。 ティテル氏といえば、これまで、3. 11の(2011)、島の浮上(2013)、(2016)ラスベガス乱射事件(2017)など数多くの予言を的中させてきたが、2020年も残念ながら現実になれば壊滅的事態となる予言が多い。 なお、 ティテル氏の予言の傾向として、該当年には起きずに 2~3年後になってから 現実化することも多い点に留意したい。 【予言(2018)】 このところ、「空が落ちてくる」という言葉が頭から離れない。 最初に隕石の落下が思い浮かんだが、のような人工的物体が宇宙から落ちてくるのかもしれない。 ミサイル発射、特にトランプによってカから発射されるということか? 【結果】 今年1月3日、米軍が防衛隊の ソレイマニ司令官を機攻撃によって殺害した。 すると、7日にはイランがにある2カ所の 米軍施設をミサイル攻撃で報復したが、このことだったのか? ジョセフ・ティテル氏 画像は「」より引用 【予言(2019)】 日本・中国・香港には、大きな台風が来るだろう。 また、日本と中国の間あたりで巨大なが起き、これは恐らく沿岸部のから始まる。 【結果】 まず台風といえば、昨年は台風による甚大な被害が続いた。 9月上旬、関東に上陸した15号は、とりわけ 千葉県で建物損壊や 長期的停電などの大きな被害をもたらした。 また10月上旬の19号では 関東などで99人が命を落とし、に指定されるほど深刻な被害をもたらした。 では6月18日に沖でM6. 7、最大のが発生。 これは確かに日本と中国の間にあるで起きたものだ。 【予言(2019)】 島全体が完全に沈んで消え、人々が溺れている姿が視える。 かではないかと思う。 【結果】 トンガでは、昨年10月4日から海底火山の爆発が18日間続いた後に島一つが沈み、さらにその3倍もの大きさの新たな島が出現した。 ティテル氏が指定した と同じ南太平洋のことだ。 なお、執筆にあたっては「」を参考にさせていただいた。 今年の予言は、同じ内容を何度も繰り返し語っている部分も多く、タイムラインはあくまでも目安として示す。 もうすぐネット上で人々が自由に語ることができなくなる。 ビッグ・バン、つまりネットから大量の情報が追放される。 これまでインターネット上で自由に読めていた情報が、規制されるようになる。 規制をかけようとする連中が、大衆から真実を覆い隠す。 自由な発言ができなくなり、スピリチュアルな真実を語ることもできなくなる。 私の動画も、中国などでバン(禁止)されて、ドイツでも同様だ。 ドイツはインターネットの情報をフィルターにかけるために、中国と同じ仕組みを使っている。 【予言(0:19:40)】 世界の人々は、 香港のデモなどを通して、真実を知り始める。 【予言(0:25:00)】 ハリは、フロリダ、カリフォルニア、カロライナ、メキシコを襲う。 3つのハリが同時に起こったり、繋がったりする。 大西洋側で、、は嵐で洗い流される。 「彼らがそれを起こした」という声が聞こえた。 何者かが、 を葬り去りたいがために人為的に起こすのだろうか。 そのような人為的な自然災害は11日に起こりやすい。 11日、22日に大きな出来事が起こる。 特に22日。 そこには災害も含まれているだろう。 11や3. 11も、そこに含まれていると思われる。 【予言(0:30:25)】 2020年は非常に恐ろしい年になりそうだ。 3つの銃によるテロ事件が起こる。 1つはヨーロッパ、恐らくイギリスかフランス。 2つ目は学校での銃乱射事件。 もう1つは、11月の大統領選の前に起こる。 カを破壊したい連中が起こす偽旗工作だ。 瞑想中に、が何度か浮かんできた。 10月下旬か11月初旬…… 10月11日かもしれない。 ジョセフ・ティテル氏 画像は「」より引用 【予言(0:42:40)】 非常に恐ろしい話だが、2016年に私のスピリットが見せてくれた、ジェフリー・エプスタイン事件のようなことが起きる。 地下に造られた工場に子供たちがたくさん集められていた。 ハリウッドのプロデューサーたちも関係している。 誘拐された赤ちゃんや子供たちに対する、そして殺害して内臓を取り出し、ブラックマーケットでの販売。 中国が最大の市場の一つで、もう何十年もやっている。 これらのことは、闇組織のルシファー主義者(Luciferians)たちが行っていることだ。 ジェフリー・エプスタインは投資家だったが、子供たちへの性犯罪の罪で投獄され、昨年8月に獄中で自殺した。 だが実は死んではいない。 拘置中の彼の横顔をよく見てみると良い。 あれは別人だ。 これは最大の闇の一部だ。 今年の世相はカオスで、今回の大統領選も、とても酷い状態になる。 運動のようなものが大きくなり、女性の力がする。 大統領選後の混乱で、を出すほどになって、米国は内乱のような感じになるだろう。 大統領選の中盤以降、ももカオスになり、どちらが正しいのかわからないような状況になる。 ジョセフ・ティテル氏 画像は「」より引用 【予言(1:08:30)】 大統領2期目のトランプが暗殺? ある朝早く、はベッドの上で亡くなるだろう。 心臓発作か何か…… もしくは、何者かが暗殺するのだろうか。 【予言(1:38:00)】 中国がもっとも闇の勢力に近いところにいて、世界中のすべてのデジタル通貨を支配しようとしている。 デジタル通貨が、デジタル版のゴールドになる。 それはすでに始まっているが、のことではなく、はいずれ暴落する。 これからは、できるだけ現金を使おう。 デジタル通貨を使えば、それだけ闇の勢力が支配しやすくなるから人々にどんどん使わせようとしている。 銀行はすでに崩壊し始めているから、信頼できない。 今年もの引き下げ競争になるだろう。 住宅業界もピークを過ぎ、 住宅の価格も崩壊する。 2025年には、完全にそうなることだろう。 【予言(1:53:00)】 火山噴火は、、アラスカ、で起きる。 2023年は非常に重大な年になる。 特に7月頃に。 米国では、その頃にが亡くなったり、色々なことが起こる。 【予言(2:02:30)】 カ、中国、日本で水の値段が上昇する。 地球上の飲用水が減少しているからだ。 か、だったかが予言したように、 水が金と同じくらいの価値を持つようになる。 カ、中国、日本で川や水がなくなっていく。 オーストラリアではもっと早く起きるだろう。 地下の岩石に超高圧の水を注入して亀裂を生じさせ、など地下資源の採取に利用する手法。 【予言(2:07:00)】 カで起きている森林火災は、森林を焼いて、フに使う水にアクセスしやすくするための人為的なものだ。 オーストラリアでも同様のことが起きているが、米国ではワシントンなどでも起きる。 2023年にラスベガスは完全に干上がるだろう。 洪水とバックファイアー(逆火)は、闇を洗い流してくれる神聖なものだ。 これからは、水を支配する者が人々を支配する。 のような会社が子会社を使って水をくみ上げて、ボトルで販売する。 火災によって政府が奪った土地の水資源を使って、人々を支配するのだ。 【予言(2:14:10)】 2025~32年にかけて、地球の大変動が起きる。 2025年7月に地球のシフトが急速に始まる。 あらゆるものがヒートアップし、氷河が溶けたり、何もかも洗い流す。 巨大、、火山噴火が起きる。 、などのにも大変動が生じる。 などが、カリフォルニアは大きなの後、バラバラになって海に沈むと予言したが、彼らはへの言及を忘れていた。 そのような状況になったら、お金はなにも助けてくれず、むしろ意味がなくなる。 スピリットガイドとの繋がりだけが、あなたを助けてくれる。 天使であれ、何であれ、どんな姿をしていても同様だ。 スピリットガイドとの繋がりを保ち、できるだけ自分をベストな状態にしておく、まず自分自身を愛する、その後で他人を、ということが最も重要になる。 自分の家の中に寺院の中のような神聖な場所を作り、瞑想をして、スピリットガイドとの繋がりを保つ、それがこれから必要になる。 前述の通り、ティテル氏の予言の傾向として、 該当年には起きずに2~3年後になってから現実化することも多いため、油断できない日々が長期にわたり継続する。 日本で起きる巨大のことも示唆されているため、巨大や首都直下の可能性も考慮に入れ、防災意識を高めて過ごすことが大切だろう。 dream-kb.

次の

「また11日に大事件が起きる」米国最強の超能力者ジョセフ・ティテル「2020年の予言」遂に発表! 日本で大災害、トランプ暗殺…!

災害の夢ブログ

「1999年人類滅亡大予言」で、一躍その名を世界に知らしめた 大予言者。 は、16世紀に現存した人物である。 医師であり、師でもあったは、優れた知能と霊的感性をもって約400年前から人類の行く末を見通していたという。 画像は「」より引用 これまで、が的中させた歴史的大事件は数知れず。 最近でもは、「トランプの出現」、「火災」まで予言的中させていたのだ。 だが、の予言は四行詩という抽象的な形で表現されたものであり、読み解くのが難解なため、いろいろな解釈ができる。 それゆえ、海外ではさまざまな角度からの予言を研究している研究者が多数いる。 さて、来たる2020年は総合的に見てどのような年になるのだろうか? は次のように予言している。 予言によれば、 株価暴落によるや世界経済危機が訪れ、それによる人々の劇的な感情の低下が起こるとしている。 また、 ハリ、洪水、、火山噴火が起こるが、これは地球気候のバランスを取り直すための浄化であるという。 2020年はたいへん苦難に満ちた危険な年となり、人類を未曾有の厄災が襲うが、しかし、それと同時に神の啓示も受けるという。 によれば、 2020年は人類にとって終わりでなく再生の年となる。 そして、我々の世界の根本的な価値観が変化し、新たなレベルの精神性に移行するというのである。 これはつまり、 「をする」時というのではなかろうか。 1,水星逆行6月18日〜7月12日に巨大 日本が巨大に飲み込まれる はカでの巨大を予測している。 2019年7月は、で、6や7の巨大が立て続けに起こった。 カなので日本は関係ないと思うなかれ。 1700年に、米国北西部の「カスケード沈み込み帯」(北部からカナダの南部)で起きた9のは、日本にも甚大な被害をもたらしたという。 この周期は平均270年とされており、2020年はその周期を上回る。 つまり、今日明日にでも起こってもおかしくはないのだ。 「カスケード沈み込み帯」では今、スローが起きているとされている。 近年、頻発するカリフォルニアのは超巨大の前触れなのだろうか? 師でもあるは、 「が起きるのは、水星が逆行する6月18日〜7月12日」と予言している。 水星逆行とは、西洋においては特に気をつけなければならない時期とされている。 水星が実際に逆行しているのではなく、地球から逆行してみえるということである。 過去のを読み解くと、、、など水星逆行が始まる10日以上前に起きているので、必ずしも水星逆行の期間に大が起きやすいわけではないようだ。 また、水星はコミュニケーション、交通、商売などを司り、水星逆行の時期はこれらのことにトラブルが生じやすいとされている。 水星逆行によるコミュニケーション不全で人々のイライラが大地に影響を及ぼし、エネルギーを引き起こす可能性はあるかもしれない。 画像は「Getty Images」より引用 2,海面上昇で 大阪と名古屋が消失 映画『ウォーターワールド』の世界が現実に については、2019年9月23日、「国連気候サミット」での環境活動家グレタ・トゥンベリが若者を代表し怒りの演説をしたことで話題になった。 は、による急激な海面上昇を予言し、地球が映画『ウォーターワールド』のような陸が海に水没してしまった海洋惑星化することを危惧している。 2019年5月、「米科学アカデミー紀要(PNAS)」は、今世紀末までに界面が2メートル上昇し、二億人が住居を失うという予測を発表した。 これは国連が発表した予測の倍となる。 南極や北極での極地での氷の融解による海面上昇は、人類の予測を上回るスピードで起こっているようだ。 海面が上昇すると、日本でも海岸線に位置する都市の大半が水没し、名古屋と大阪が消失の危機にさらされるという。 海面上昇に備えて、カでは30年前から内陸部への引っ越しを行っているというから、海岸線に住む人々は内陸部への移住を考えたほうが良さそうだ。 さらに、 はによる海面上昇がを引き起こすと予言しているのだ。 画像は「Getty Images」より引用 3,とテロの脅威 はによる海面上昇により、資源現象、水と食糧の危機、多くの難民を引き起こし、それが世界的な紛争に結びついて大戦にな可能性があると予言している。 2019年10月26日、米軍の特殊部隊とCIAがテロ組織ISISの最高指導者バクダディを自爆に追い込んだ。 これにより、ISISの報復テロが懸念される。 は、 将来の最大の脅威は テロリストと 生物学的攻撃 から来ると予言している。 人の存在が明らかに!? は、 と地球外生命体が同盟を結ぶと予言している。 ロシアはかつてメドベージェフ首相が「ロシアの宇宙人極秘ファイル」の存在について暴露したこともあり、UFOや宇宙人の情報開示に積極的である。 2019年は、カ海軍がUAP(未確認航空現象)の存在を明らかにした。 なので、2020年、いよいよ ロシアの手によって、人類に宇宙人の存在が公式に発表されるのではなかろうか? ここに紹介した以外にも、は 「 最高指導者の は退位して ロシアに亡命し、と韓国が合併する」、「 が死去してチャールズが王になる」、「 が退位し、若い新が誕生する」というような、予言もしている。 いかがだっただろうか。 の予言によると、どうやら2020年も人類にとって暗い受難の年となるようだ。 日本も令和の時代となり、変革の時を迎えており、 「」 が開催される2020年がひとつの大きな節目となりそうだ。 新たな価値観がスタートする新時代に向けて旧いものは淘汰され、選ばれた者だけが生き残るのだ。 自分だけは大丈夫とおごり高ぶらず、宇宙人と共生できるようにどんどん新しい価値観を受け入れていこう。 変化を恐れない心を持つことが生き残りにつながるのだ。 dream-kb.

次の