インスタ フォロー フォロワー 見れ ない。 インスタライブはフォローしていなくても見れる?鍵垢(非公開)の場合は?

【インスタ】ハイライトを特定の人に見られないよう非表示に!「表示しない人を選択」とは?

インスタ フォロー フォロワー 見れ ない

アクティビティの表示が変わってしまった インスタでのアクティビティは、これまでフォローしているユーザーの行動や自分自身の行動をそれぞれ確認することができました。 現在の表示 しかし、 先日から「アクティビティ」の表示がご覧のようにそれぞれのタブが消失したため、フォロワーの動向をチェックすることができなくなってしまい、不便になってしまったと声を漏らすユーザーが出ています。 公式からのアナウンスやアプリ自体のアップデートが行われずに急に変更されたということなので、サイレントアップデートによって表示方法に変更が生じたと考えられます。 また、この表示になっているユーザーは多数居るようですが、 一部のアカウントではこの表示形式になっていない方も居ます。 適用されていないアカウントもあるため、テスト中の可能性が高い 7日 土 現在でも、このアクティビティ表示が変わっていないアカウントもあります。 本格的な仕様変更であれば、同時に機能をリリースすると思われます。 一部のアカウントでし新しい表示形式が適用されていないことから、 今回の変更はテスト運用の一環として行われた。 ユーザーからのフィードバックを収集する目的でサイレントで変更が行われた可能性があります。 ユーザーの声が不満であれば、表示形式を元通りに直すかもしれませんが、公式から一切案内されていない以上、言い切れません。 テストユーザーに選出される基準は不明ですが、インスタの利用歴が長いユーザーを無作為に選出しているかもしれません。 仮にテスト運用だとしても、この表示形式がいつまで続くかは不明です。 仕様変更になってしまう可能性もあり 完全な仕様変更である可能性も見過ごせません。 適用していくアカウントが少しずつ増やしていく方式をとっているかもしれません。 いずれにせよ、これからの動向を見守るしか術がないでしょう。 対処法 ほとんどが以下の対処法を試しても元に戻らなかったという報告が出ていますが、 試すことで表示形式が戻ることができるかもしれません。 それぞれの対処法を試した後に「アクティビティ」を確認して元に戻っていないかチェックしてみましょう。 アカウントのログアウト 表示形式が異なるのが「アカウント」ごとによって振り分けられていると考えた場合、 アカウントをログアウトすることによって表示形式が元に戻る可能性があります。 ただし、テストユーザーとしてアカウントが選出されていた場合は、ログアウトをしても表示が元に戻らないことも考えられます。 それぞれのアカウントが再ログイン作業を行わない限り結果は分かりません。 アプリの再起動 アプリスイッチャーでインスタのアプリを終了して再起動をします。 再起動によって元の表示形式に戻るかもしれません。 アプリをアップデートしていない場合は実行してみる アプリを手動でアップデートを行う設定にしているユーザー向けの対処法になります。 長らくインスタアプリをアップデートしていない場合は、 アップデートによって表示形式が元に戻る可能性があります。 アプリを再インストールしてみる インスタアプリを一旦削除し、アプリストアから再インストールします。 再インストールによってアクティビティの表示形式が以前のように戻るかもしれません。

次の

【Instagram】フォローを見られたくない!非表示・非公開にする方法は?

インスタ フォロー フォロワー 見れ ない

Contents• フォロバ狙いのフォローは実は非効率的 インスタのフォロワーを増やす方法で一般的なのが「手当たり次第に関連アカウントをフォローしまくる」という方法。 相手も人間ですから「フォローしてくれて嬉しい!」と感じ、お礼でフォローバック(=フォロバ)してくれることもあります。 中には「フォロバしないのは相手に失礼」と思っている律儀な人もいるくらいなので、一定の効果はあるはず。 ただ、当然ですが全ての人がフォロバしてくれるわけではありません。 そのため、フォロバ目当てでフォローしまくっていると、フォロワーに対してフォロー人数が何倍も多い!!なんてことになりがち。 フォロワーに対してフォロー人数が何倍も多いと、なんだか一方通行な感じで切ないですよね。 さらに、プロフィールを見た人に「 この人たぶんフォロバ狙いで手当たり次第にフォローしまくってるんだな」と怪しまれて敬遠されることも。 フォロバしてくれない人を後からこっそりフォロー解除するという方法もありますが、すごく大変な上に何だか虚しい作業ですよね… ならば最初から、フォロバ狙いのフォローはなるべくしない方向でいきましょう! 具体的に何をすればいいか、詳しく解説していきますね。 フォローしないでフォロワーを増やす方法 インスタでフォロワーを増やすための基本は、とにかくあなたのアカウントを積極的にアピールすること! 基本は以下の2ステップです。 さらに「あなたの投稿ちゃんと見てますよ!」というアピールのために、あえて少し前の投稿に「いいね」するのもポイント。 知らない人が最も新しい投稿に突然「いいね」してきても「あ、この人フォロワー増やすために適当に一番上の投稿にいいねしてるだけだな」と感付いて拗ねてしまうめんどくさいユーザーもいます。 (私がそうです) 逆に、少し前の投稿(自信作)に「いいね」されたりすると「あ、この人ちゃんとわかってくれてる!」と感じて好感度が爆上がりし、思わずフォローしたくなりますよ! また、当然ですがあなたの投稿に「いいね」してくれた相手に「いいね」し返しに行ったり、コメントをもらったら必ず丁寧に返信するのも基本。 投稿内容に限らず「いい人だな」と感じたら思わずフォローしたくなるのが人情なので、そういう心のこもったコミュニケーションを大切にしましょう。 ハッシュタグを上手に使う 女性インスタユーザーの6割はハッシュタグ検索を利用しているというデータがあります。 つまり、適切なハッシュタグをつけることで投稿が人目に触れる機会が一気に増えます! 写真の投稿はもちろん、動画やストーリーズにもハッシュタグをつけられるので必ずつけるようにしましょうね。 ひとつの投稿に対し複数のタグをつけられるので、関連のあるタグを何個かつけるようにしましょう。 ただ、毎回30個以上のタグを使っているとスパム認定されてシャドーバンされるという噂もあるので、つけ過ぎには要注意ですよ! 投稿に位置情報をつける 誰もが知っている有名スポットや観光地での写真には、位置情報をつけて投稿するといいですよ。 その場所の写真を検索した人に見てもらうきっかけになります! ただし、自分の家や最寄駅などで撮った写真に位置情報をつけるのはかなり危険。 住所を特定されて犯罪に巻き込まれる場合もあるので、やめておきましょうね。 プロフィールを充実させる SNSのプロフィールは、就活ならば「アカウントの履歴書」とも言えるくらい重要。 インスタのプロフィールも、気合を入れて仕上げておきましょう。 せっかくアカウントを訪問してくれても、プロフィールがいまいちだと投稿も見ずに帰る人が多いんだとか。 プロフィールで訪問者の心をつかむには以下のポイントを押さえておきましょう。 自己紹介文は箇条書きにするなどして見やすくまとめる• 趣味趣向や投稿ジャンルがわかるような情報を明記する• オシャレなプロフィール画像でセンスの良さをアピール 特に、あなたの趣味や好きなこと、興味のあることは必ず書いておきましょう。 例えば「料理が好き」とプロフィールに書いてあれば、同じく料理好きなユーザーがフォローしてくれる確率が高くなります。 「投稿ジャンルもよくわからない正体不明の謎アカウント」だと、なかなかフォローしづらいものです。 好感度の高いアイコンにする 身も蓋もない事実として、アイコンが「美男or美女っぽい」とそれだけでフォロワーが増えます。 実際は「美男美女」じゃなくても、「それっぽい雰囲気」だけでも一定の効果はありますよ。 とはいえ「盛りまくり自撮りキメ顔どアップ」はナルシスト感が出て不評なのでNG! 万人受けする好感度高めアイコンの特徴は• 顔がはっきりわからない距離からの全身写真• 後ろ姿の写真(髪形や服装でオシャレ感をアピール)• 自分の小さい頃やペットの写真 などなど。 自分の写真をアイコンに使うときのコツは「自然」で「さり気なく」なおかつ「イケてる人間」の雰囲気をふんわりと醸し出すこと。 遠くからの全身写真でさり気なくスタイルの良さをアピールしたり、後ろ姿で服や髪形がオシャレであることをアピールしたり、足元の写真で足首の細さをアピールしてみましょう。 可愛いネコちゃんの写真やきれいなお花、美しい風景の写真でもOKですが、自分の写真を使っているアカウントの方が何となく「信用できる」「個性的」という印象を与えることができますよ。 インスタ以外でも宣伝する インスタ以外の場所でインスタアカウントを宣伝するのも効果大です。 例えば• 自分のブログやWEBサイト• FacebookやTwitterのプロフィール欄• 友人知人に言いふらす などなど。 ブログ記事の末尾に「インスタもやってます!」とアカウントを掲載している人をよく見かけますよね。 そのブログのファンであれば迷わずインスタもフォローしてしまうはずなので、なかなかの営業上手です。 ただし、これはある程度の固定ファンがいないと使えない技。 「そもそもブログ読者もTwitterのフォロワーも少ない無名の俺はどうすればいいんだ!」と怒りを感じる人もいますよね。 わかります。 ただ、最初はわずかな効果でも、地道に宣伝し続けることで読者やフォロワーがじわじわ増える相乗効果は感じられるはずですよ。 最初のうちはリアルな家族、友人、親戚、職場の同僚、昔のクラスメイトなどに頭を下げてフォローしてもらうのも手です。 「フォロワー0人」の状態よりは、例えサクラ的なフォロワーでも10人くらいいた方が知らない人もフォローしやすくなるのではないでしょうか。 際立つ個性でフォロワー急増のチャンス! 星の数ほどのユーザーがいるインスタ界で、多くのファンを集めるには「際立った個性」が最大の武器になり得ます。 もともと有名な芸能人やセレブなら、適当な写真アップしてるだけで万単位のフォロワーが群がってきますよね。 しかし、どこにでもいる一般ピープルが万単位のフォロワーを獲得するのは、たやすいことではありません。 とはいえ、無理してまで奇抜な投稿を目指すのはやめましょう。 無理してるのが透けて見えた時点でただのイタい人になってしまいますよ! 大切なのは、あなたが従来持っている「個性」や「感性」を最大限に生かしつつ、投稿に一貫性を持たせること。 投稿に個性や一貫性を持たせる方法は以下のとおり。 特定のジャンルに特化したアカウントにする• 全ての投稿に同じフィルターを使って雰囲気を統一する• 毎回同じポーズや同じ背景で写真を取る• 写真の構図や撮影方法にこだわる• 毎日同じ時間に投稿するなどのルールを決める そして、プロフィールを訪問した時に「個性」がはっきりわかるようにすることも大切。 プロフィールから投稿を見て「この人の写真の雰囲気が好きだな」「またこの人の写真が見たいな」と思わせるような個性が出ていると、フォロワーは増えやすくなりますよ。 寝てるだけ!何もしないでフォロワーを増やす方法 「頑張ってるわりに全然フォロワー増えない!!」 「もう何もしたくない!寝てるだけでフォロワーが増えればいいのに!」 そうお嘆きのあなたには「楽して簡単に」インスタのフォロワーを増やす裏ワザをご紹介します! フォロワーを金で買うのはダメ!絶対! 「フォロワーなんて金で買えばいいんじゃねwww」と思っているそこのあなた。 それだけはおすすめできません!! フォロワーを金で購入してはいけない理由は3つ• 違反行為なのでバレたらアカウントが凍結される• 金で買ったフォロワーはいいねもコメントもしてくれない• バレると信用を失い本物のファンすら去っていく たまに「この人フォロワー多いわりに全然いいねもコメントもされてないぞ?」という怪しいアカウントを見かけませんか? 「フォロワー3万人だからインフルエンサーだ!と思ってフォローしてみたけど投稿も面白くないし、全然人気があるようには思えない…(フォロー解除ポチッ)」 そんな経験、あなたも一度はあるはずです。 気付けば「あの人お金でフォロワー買ってるらしいよ」と噂を流され、わずかにいた本物のファンすら失い、残ったのは金で買った大量のフォロワーと廃墟と化したインスタアカウント… そうです。 これが金でフォロワーを買う「銭ゲバ偽インフルエンサー」の悲しい末路なのです!! 「自動いいねツール」がおすすめ 「それでもやっぱり楽してフォロワーを増やしたい!」というあなには、有料の「自動いいねツール」が最適! 「自動いいねツール」は、人口知能が自動的に関連アカウントを探して「いいね」や「コメント」「フォロー」などを代行してくれる優れもの。 寝てるだけで着実に、フォロワーを増やすことができますよ。 代表的な「自動いいねツール」はこちら• 関連アカウントを狙っていいねやコメントをする• ハッシュタグや位置情報をつけて投稿が見られる機会を増やす• プロフィールは命!気合を入れてわかりやすく• 好感度の高いアイコンにする• インスタ以外の場所で宣伝する• 何かに特化したアカウントにする• 投稿のジャンルや雰囲気に一貫性を出す• 金でフォロワーを買ってはいけない• 「自動いいねツール」なら楽してフォロワー増やせる SNSのフォロワーが多いと、それだけで承認欲求が満たされてハッピーな気分になれますよね。 「いつかは自分もインフルエンサーとして芸能界デビュー!?」なんて妄想も脳裏にちらついちゃいますよね。 いいんですよ、それでいいんです。

次の

インスタでフォロー・フォロワーを見れないように非公開にする方法

インスタ フォロー フォロワー 見れ ない

ローカルなコンテンツで、1人もフォローすることなく地道に運営して、フォロワー5000人達成したので、そのアカウントを動かすのに意識したこと・戦略・アイディアなど、現在のアカウントの状態に至るまでの経緯をまとめます。 このnoteは「1週間でフォロワー1000人!!」のようなコンセプトの記事ではありません。 「大分県内のごはん」という絞ったコンセプトのアカウントですが、しっかり要点をおさえればたくさんのファンに応援してもらえるよ、ということが伝われば嬉しいです。 大分県内の飲食店や食べ物を紹介するという、シンプルなメディアです。 いい商品やコンテンツがあっても、見せ方や発信の方法を考えることを無視していたら、届けたくても限界があるよ!!!と。 じゃあひとまず、彼らの代わりに情報を広げられるハブのようなごはんメディアを作って発信しつつ、そこで得た経験とデータとを元に 「ちゃんと届かせて、濃いファン(フォロワー)に囲まれた、使えるアカウント」の作り方を、そういう人たちとシェアしたいと思っていました。 その第一歩が、このnote。 これがわたしがFoodiesを作ったきっかけのひとつです。 (あと普通にごはん屋さんめっちゃ行くからなんか食べに行くだけじゃもったいないなっていう気持ちもあった。 笑) 今まで、頑張ってインスタで発信してきたんだけどな... なかなか... キャプション(文章)は見やすく改行やラインを入れた定型文。 毎回同じ構図で文章載せることで、見慣れたフォロワーは自分が見たい情報にすぐ目を向けることができると思います。 あと個人的には単純に、文章が詰まったインスタのキャプションほど見る気失せるものはないです。 絵文字多用もうざいので彩る程度に無難なものを使ってます。 重要なのは、右上の「お店のエリア」の表記で、フィードに一覧で並んだ状態でも、自分が探したい場所のご飯屋さんがわかるように、という目的で設置しています。 デザインはシンプルで若い層に受け入れられやすいように、そしてあくまで食べ物の写真がメインになるよう改良して今こんな感じのモノトーンのものにしています。 しかも、もう1人は女子高生。 2002年生まれの才能溢れる17歳!! わたしがアカウントを立ち上げて方向性を決め、一緒に運営してくれる人として誘いました。 若い世代のリアルな感覚や流行りを知れたり、アドバイスももらえるし、年齢的に教えなくてもSNSやアプリを操作できる、とてもありがたい存在です。 女子高生の影響力本当すごいんですよ。。 デザインや全体的なディレクションはわたしが担って、実際に投稿したりリサーチしたりはJK編集長がやってくれています。 これはもう散々言われている運営方法ですが、やはり重要なのでご紹介しておきます。 インスタ内で多くの人の目に触れることは、当然フォローに繋がることが多いです。 が、インスタは拡散の機能(ツイッターでいうところのRT)がないので、誰かに広めてもらうことはそこまで期待できません。 そこで重要なのは 「ハッシュタグの選び方」です。 つまり、ハッシュタグで自分たちの投稿に行き着いてもらえたらラッキーなわけですね。 フォロワーの数など(アカウントの強さ)が大きいほど、検索した際に「トップ」という人気な投稿が掲載される欄に載る可能性が高まります。 そこに載ることで、非フォロワーのページで露出するチャンスを得ていきます。 (例:上記の「 カフェ」などがそれです)。 投稿が埋もれるからです。 もっと言えば、「 東京カフェ巡り」とかだともっと絞れるかもしれませんね。 「 留学したい」「 英語話せるようになりたい」「 美味しいもの大好き」など、探せばターゲットを絞りつつもそこそこに盛り上がっているハッシュタグがたくさん転がっています。 そういうところを攻めて、興味のある人の目に触れられるようにします。 アカウント立ち上げた当初はなかなか表示されることはありませんでしたが、フォロワーやいいねが増えていくと、トップの欄に出てくるようになります。 トップに出てくるようになったら、そのハッシュタグよりさらに投稿数の多いハッシュタグを使ってみる。 それを毎回繰り返して徐々に投稿数の多いハッシュタグ(投稿数が多いということは単純に見てる人も多いはず)を付けるようにしていきます。 ざっくりまとめましたが、 この運営ヒントはググったら腐る程でてくるはずなので、詳しくはそういう記事を参考にしてみてください。 鉄則と言っても過言ではない、のかもです。 濃いフォロワーを地道に集める方が良い。 これは、わたしが徹底的に意識した部分でもあります。 フォロワー数が多いアカウントは見栄えはいいし、確かに力を持っていることが多いですが、それよりも重要なのはそのフォロワーの人たちの濃さだと思います。 フォロワーめちゃめちゃ多いけど投稿に対しての反応は薄い、というふうになってしまうと、いざこのアカウントの規模を広げて仕事に活用しようってときに困るだろうなあと考えていたからです。 例えば飲食店のアカウントを運営する際も、 大切なのはフォロワーの内何人が実際にお店に足を運んでくれるかかなあと思います。 Foodiesも、立ち上げ当初から、様々な方法でいずれ横展開していくことを考えていたので、量に走りすぎず質をキープできるよう心がけて運営してきました。 ) つまり、 フォロワーの数は多いほうがいいけど、ただ多いだけではあまり意味がない。 ということです。 全体のフォロワー数に対しての、濃いフォロワー(アクティブなユーザー)の率を高く保ちたかったというわけですね。 100人のアクティブでないフォロワーより、10人のアクティブなフォロワーを地道に積み重ねていくのが、わたしの運営方針です。 いや、もちろん、「数が全て!多けりゃいいわ!」って場合もあると思いますので、そういう方向性であれば無視してください。 あくまで、わたしが考える『使えるアカウント』の運営に関しての意見です。 見つけ次第片っ端からブロックしてます。 彼らがわたしたちのファンになることは絶対にないので。 立ち上げてから今まで誰もフォローせずに運営中です。 でもこのやり方、始めた当初波に乗るまでは厳しかったので、厳選してフォローし、認知してもらうやり方もありだとは思います。 この辺に関してはそこまで知識がないので詳しく言えませんが、いいねを増やせるアプリ的なのに関しては、見栄えだけが先行してしまうのでは?とわたしは思ってます。 現にそういうのを使っているアカウントもありますが、 「このフォロワー数で、この写真のクオリティで、こんなにいいねあるの?!おかしくね???」的なアカウントは普通にバレてるし怪しいのでやめたほうがいいと、個人的には思います。 インスタでよく言われるのは、 「統一感があるかどうか」という部分。 これ意外と難しくないですか?なんか気づいたらぐちゃぐちゃになってる... みたいな方少なくないと思います。 うまくできないという方へ、いくつかアイデアをシェアします。 ご自身のアカウントに合いそうな方法があればぜひ試してみてください。 Foodiesはマガジンっぽさを出したかったのと、毎回違うテイストになってしまうであろう写真にどうにか整合性を持たせるための策として、この方法を選んでいます。 これはできれば、上の例のように、その2種類が パッと見ただけで全く違う種類の写真であることが認識できるようにしておいたほうがいいです。 上記の例のアカウントもわたしがお手伝いしているのですが、これ一見統一感あるように見えて、 実は【白バックで手に商品を持ってる写真】が統一されているだけで、間に挟まってる写真に統一性は全然ないんです。 よく見たら、間の写真に共通点ないですよね。 毎回世界観や構図が統一された写真が撮れなくても、こうして1つ飛ばしで毎回同じ条件で撮られた写真が挟まるだけで一気に整って見えます。 もちろん間に挟まっている写真の加工などは統一していますが。 【メリット】 ・2種類の構図さえ決めてしまえば後が楽 ・交互に載せるだけなので、割と簡単 ・デザインスキルがなくてもできる 【デメリット】 ・そのとき載せたい写真が順番的に載せられないことがある 【こんな人にオススメ】 ・作品のポートフォリオにしたい ・1種類の写真に統一できない(作品も載せたいけど、日常も載せたい。 統一感が出ないわけがない、という。 しかしこれも突き抜けた方法なので、トライする際は慎重に... これが一番レベル高いと思います。 フィルターだけでなく、彩度や色温度、コントラストなども合わせる必要があるので、写真の加工が得意な人には、おすすめです。 わたしはなるべく労力を使わずに、無駄は省いて負担にならないようにしています。 メモのappにでも定型文を保存して、内容だけを毎回入れ替えるようにしてみてください。 Foodiesでいうと「 大分」「 大分グルメ」などは毎回使用します。 投稿するたびに入力するのは時間がかかってしまうので、キャプションをテンプレ化したものの中に入れておくといいと思います。 それをレシピとして保存しておいて、一発で毎回同じ加工を加えることで、時間短縮できるはず。 わたしはネタの候補や投稿順、ストックなどの管理をしています。 少し話はずれますが、インスタには 「3枚縛り」の呪いというのが存在します。 (わたしが勝手に名付けました) 先述したように、インスタは3枚写真が横に並ぶようになっているので、3枚の関連性のある写真を載せて統一感をだしている人もいると思います。 が、個人的にはおすすめしません。 なぜなら1枚、2枚だけ載せたら写真がズレて構図が崩れるから。 載せるときはいつも3枚同時に、となってしまうと、いろいろ考えなければいけないことが増えてややこしいです。 3分割や9分割の写真もそうですね。 フィードに並んでいる様子は美しいですが、単品で見たら「なんだこれ?」となりがちだし、その後他の写真を投稿することを考えると、負担が大きいのでわたしはあまりオススメできません。 Foodiesも大分県内の飲食店の情報を載せているアカウントですが、何を載せて、何を載せないかの決定はとても慎重に行っています。 Foodiesに載せるときの基準として大きいのは 「もう一度来たいか」と 「大切な人を連れて来たいか」です。 もちろんお店によって客層も違うので、載せている全てのお店を誰にでも勧められる!という意味ではなく、年齢や好みに合わせて、ですが。 フォロワーは、画面の中だけで生きているものではなく、人間です(当たり前)。 しかももう今の時代、中途半端な情報や嘘くさい話はすぐに見抜かれます。 話を過剰に盛ったり、たいして良くないものを良いと言ったりしても、あとで自分が痛い目見るだけなので、やめましょう。 が、だからといって、なんでも載せてしまえ!の精神でやってしまうのは、とても危険だし、失礼なことだと思っています。 自分が発信した情報を信じて行動に移してくれた読者が、そこで期待通りの経験ができなかったり、嫌な思いをするようなことはできる限り回避しなければ、と。 例えばリップを買ったとして、色は最高だけど唇荒れちゃったな〜ってとき、友達にそのリップを「これめっちゃいい色だよ!!」とだけ言って勧めないですよね。 ちゃんと「すごくいい色なんだけど、わたしは荒れたんだよね」と伝えるはず。 それはオンラインでもオフラインでも、相手が一人でも複数でも、基本的には同じだと思っています。 例えばわたしたちの場合でいうと、少しでもひっかかる要素があるのであれば、それを一緒に伝えた上でいい部分を語るという配慮を払う。 「お一人でやられているのでお店が混んだときは待ち時間長くなるかもしれませんが、とっても美味しくて良いお店です。 」 「マスター無口ですが、それもまた古き良き喫茶店の雰囲気に合っていて渋いです。 」 こんな感じで表現できる場合は、 「引っかかる点 < 良いところ」というお店なので、オススメすることができますが、 「引っかかる点 > 良いところ」となってしまうのであれば、もう思い切って載せません。 ネタはほしいけど。 めっちゃくちゃ映えるし人気だし美味しいんだけど、店員さんの態度が最悪なお店とかもありました。 美味しいしリーズナブルだけど、食べ放題なのに永遠に出てこない店とか(笑)。 そういうのは、載せていません。 もしわたしと同じ経験をそこでしたことがある人が見たら、アカウントの信用度が落ちてしまう。 ネタ集めは大変だし、投稿数も増やしたいけど、そこを妥協するのは長い目で見るとすごーく危険です。 そうやってネタを厳選して、質を怠って数に走らないよう徹底することで、フォロワーが知人に広めてくれたり、自身のストーリーや投稿などでシェアして紹介してくれるという二次的な効果も期待できます。 実際Foodiesは、ありがたいことにいろんな人が自分の身近な人に紹介してくれているみたいです。 「誰かに教えたい」「胸を張って人に紹介できる」と思ってもらうことは、わたしたちのようにローカルなコンテンツで運営している場合はすっっっごく大切な要素でした。 人気のカフェのオーナーさんがリポストして紹介してくれたときは、数時間で100人以上フォロワーが増えたりすることもありました。 そういったことにつながる信頼は、見てくれているフォロワーを見下すような運営・情報発信をしていては、絶対に手に入れられないと思います。 でも、結構いるんです。 そういう人、そしてそういうアカウント。 だからこそ、そこを徹底して続けるだけで彼らとは違うコンテンツを作り上げられると思ってます。 地道ですけど!だいたい、そこそこのものを作るのに「近道」探そうとしても、そんな都合よく見つからないと思います。 大体の場合。 こういうことの積み重ねが、先ほど書いた 「濃いフォロワーの率を落とさない」の部分につながっていると思っています。 ビジネスプロフィールに切り替えるとこのようにアクセス数などが見れるようになるので、しっかりデータを取って運営したいメディアや企業の方は絶対に設定しておくべきです。 (設定の仕方はグーグルで「インスタ ビジネスプロフィール」と調べてみてください。 ) 一般的には「いいね!」が多い方がいいとされる風潮がありますが、実際重要なのは、投稿に対してどれだけ深い興味を持ってくれたか、というところです。 濃いフォロワーを地道に集める方が良い。 】でも書いた、 フォロワー数に対しての「濃いフォロワーの率」。 いいね!数で例えるとしたら、「いいね!が何個ついたか」ではなく、 「フォロワー数・インプレッション数に対して、いいね!が何個あったか」という考え方をします。 インプレッション数に対しての、保存数・プロフィールへのアクセス数・ウェブサイトクリック数、という数字の捉え方です。 これはストーリーズの閲覧数なんかでも実感できると思います。 濃い反応があった投稿は、フォロワーが求めている内容と考えられるし、逆の結果であればコンテンツを見直すきっかけにもなるはずです。 フォロワー4800人(スクショを撮った現在)の閲覧数は2200〜2500弱。 この数字こそ、「濃いフォロワー」がどれだけいるかの基準にもなってくると思います。 ストーリーズは、投稿と違った使い方ができます。 アンケートをとったり、意見を募ったり。 それもまたインサイトでは見れないデータが取れることにもなるので、フォロワー数に対しての閲覧率はとても重要なのです。 フォロワーが増えていっても、この割合を落とさず(むしろアップできるように)頑張りたいです。 保存されると見返してもらえる可能性が上がる。 もしくは、そもそもの「素材」に問題はないかを見直す。 あと、年齢層や性別からフォロワーの生活などを予想して「週末の夜は外にいるかな、じゃあ土日はゆっくり見てもらえそうな昼間に投稿しよう」みたいな策も有効だと思います。 ストーリーズは投稿と違った役割で使えるので、閲覧数を下げないよう頑張って損はないです。 投稿しすぎてうざがられるのもNGなので要注意。 Foodiesの課題は、いいね!が少なめなことですかね。 それが全てはないですが、増やしていけるように対策していきたいと思っています。 だけど、ローカルなネタなのにも関わらず(いってみれば、ターゲットは投稿に載せたその飲食店があるエリア周辺の住人くらいなので)、そこそこの数字を出せていると思うので、どんなコアなコンテンツでも、デザインや戦略を間違えなければそれなりの数字は出せるとも感じています。 それぞれの詳しい使い方は省略させていただきますが、これらはインスタ使ってる人にとっては鉄板のアプリだと思います。 この他にも、 ・InShot 動画に枠をつけたり編集したりするときに便利です。 ・SODA JK編集長オススメのまじで盛れるやつ。 彼女曰く「Snowの時代は終わった」とのこと。 (関係ない) などがおすすめです。 これじゃないとダメ!というわけではありませんが、使いやすいもの、好みのフィルターがあるものなど探してみてください。 ちなみにインスタの中にあるフィルターだったら、【Ludwig】が個人的には好きです。 この記事を読んでくれているということは、おそらく明確な目的やコンセプトがあってインスタを運営していることと思います。 せっかく発信できるコンテンツを持っていても、届けるための術を知っているのと知らないのとでは、全く話が違うのです。 デザインとか苦手なんだよな、って人はその部分を得意な人に任せるのも手です。 やはりビジュアルが重要なSNSなので、 商品や作品などを美しくセンス良く見せたいのであれば、そうできるような努力と工夫は必要だと思います。 戦略についても同じです。 ただ載せるだけで、自然とフォロワーが獲得できるのはもともと知名度がある可愛い女子とイケメン(と、あとエロい女)くらいだと思ってくれていいです。 もしくは、時代と流行りとニーズにガチッとはまるキラーコンテンツを持っている場合。 そうじゃなければ、そこそこに戦略がいるはずなのです。 この記事を読んで「なるほどな〜」と思えて実行する道が見えた人は、きっと自力で使えるアカウント作りができるかもしれませんが、まだやっぱりわからないやって方は、得意な人に依頼・相談するのをオススメします。 せっかく割いている時間や労力が無駄になってしまうよりは、サクッとそこで対価を払って頑張るほうが効率的だし今後使えるとも思います。 (記事の最後にnote読んでくださった方向けの個別相談のプラン載せてます、よかったらご覧ください。 今回はクリエイティブ面と戦略面どちらも触れるように書かせていただきましたが、これでもまだまだ使いこなし方など、全てのポイントに触れられたわけではありません。 インスタはどんどん機能が増えていくし、色んな使い方ができるので、なかなか全てを図や文にするのは難しい。。。 結局このnote、気づけば1万字超え。 それでもまだまだ、 アカウント内での周遊性をあげるための工夫 ストーリーズの使い方のコツ JK編集長から学んだ今のティーンのインスタの使い方 具体的な写真加工の方法 ストーリーズのハイライトを使って情報をさらに濃くする など、シェアしたいことはたくさんあります。 (本当はもう一個これから来そうだなと思うインスタの使い方のアイデアあるけど、それはまだ内緒にする!笑) そして更に!!! 高校のときからのすーぱー大親友と一緒に新しくインスタでビューティー系のアカウントを始めることになりました!それもまた戦略組んでコンテンツこだわって、おしゃれでかっこいいメディアにしますので、皆さんよかったらわたしのTwitterなどフォローして情報をお待ちください! 運営してきたインスタについてのnote書いたら1万字超えた。 アメリカ生活中は、ダンス以外にも、ウェブマガジンの編集部やアートギャラリーでインターンしてみたり、学校でデジタルアート学んだりしてきました。 近頃は、行政(別府市)との仕事でニューヨークに行き、エキシビジョンとイベント、映像のクリエイティブディレクターをやったり。 ダンス面では振り付け師として作品をコンテストに出したり、インストラクターとしてクラスを持っています。 そして最近、NYに住む妹がやっているYouTubeチャンネルの動画編集と企画も始めました。 チャンネル登録してね〜〜 現在は、この記事の題材でもあるの運営や、その他企業のインスタ運営のお手伝いなどもしています。 愛のあるコンテンツが注目されて欲しいし、小さなビジネスも知識次第で届けたい人に届かせる発信力はつけられると信じています。 この記事参考になったよって方は、ぜひTwitterなどでシェアしていただけるととても嬉しいです!つまずいている人に届いて、ヒントになるといいな〜〜 第二弾の記事では、より深く具体的なテクニックをご紹介しています。 今まで有料noteを買ってもいまいち正解がわからなかった、という方も多いと思うので、そこの部分を徹底的に解説しました。

次の