子供 手のひら の 皮 が むける。 子供の指の皮がむけるので病院に行ってきた!原因と診断結果

手の皮がボロボロむけるのは? 病気?

子供 手のひら の 皮 が むける

子供の手のひらに湿疹が!かゆみがある場合はどんな病気が隠れている? 子供が手のひらをかゆがるので、よく見てみると湿疹 しっしん が出来ているときがあります。 その湿疹は赤くて小さいブツブツだったり、赤く腫れあがっていたりと様々です。 では、 子供の手のひらに湿疹ができ、かゆがっているときに疑われる病気は主にこのようなものがあります。 汗疱性湿疹 かんぽうせいしっしん• 接触性皮膚炎 汗疱性湿疹 かんぽうせいしっしん• 汗をたくさんかきやすい子供はなりやすい• 汗腺から汗を全て出し切れずに残っている状態• 子供は皮膚が薄いので症状がでやすい• 金属アレルギー 症状• 手のひらや指に小さな水疱 すいほう ができている• かゆみや痛みを伴う• 水疱を破ると湿疹がでてくる• ひどくなると皮膚が剥けてただれる 対処法• 症状が軽い場合は尿素入りの軟膏を塗る• 外用ステロイド薬で炎症を抑える 予防法• 汗をかいたらこまめにふき取る• 汗をかきやすくなってしまうので手袋の使用は控える• 手を洗うときは指の間までしっかりと洗う、洗い流す• 水疱ができているときは砂場遊びなどの菌がつくような遊びは控える 接触性皮膚炎 原因• アレルギー物質 植物や金属、虫など に触れたことによる炎症 症状• 赤いブツブツができる• 皮膚が赤くもりあがる• かゆみや痛みが伴う• 水疱ができることもある 対処法• ステロイド外用薬を使用する• かゆみがひどいときは抗ヒスタミン剤が処方される• 患部をかき破らないようにする 予防法• 肌を清潔に保つ• アレルギー物質を避ける スポンサーリンク 子供の手のひらが赤いときにはどんな病気の可能性がある? 手のひらがかゆくなる病気のなかには、手のひらが赤くなる病気があります。 中にはかゆみがあまりないのに、赤く腫れあがることも。 手のひらが赤くなる病気の一例をご紹介しますので、参考にしてください。 手白癬 てはくせん 、手の水虫 原因• 白癬菌 はくせんきん という菌による感染• 足の水虫にかかっている人が歩いた後をハイハイすることにより感染する• 菌に触った後、綺麗に洗わずそのままにする 症状• 指の間や手のひらが赤くなる• 皮がむける• 皮膚がカサカサする• かゆみや小さな痛みを伴う 対処法• 小児科に行き、塗り薬や飲み薬をもらう• 薬は最後まで使い切る• 手のひらにできたときは手袋を控える• 清潔にして乾燥させる 予防法• 手のひらを清潔に保つ• 家族に水虫に感染した人がいる場合、通った後はハイハイさせないようにする• 指の間は特にきれいに洗い、乾燥させる かぶれ様皮膚炎 小児掌蹠丘疹性紅斑性皮膚炎 しょうにしょうせききゅうしんせいこうはんせいひふえん 原因• ウイルス性と思われるが、解明されていない 症状• 手のひらや足の裏に赤い湿疹ができる• 手のひら全体が赤く腫れあがったようになる• 熱はでない、でても微熱程度• 強いかゆみを伴う• 赤くもりあがった湿疹ができる 対処法• 自然に治る場合が多い• かゆみがひどい場合は小児科や皮膚科でかゆみ止めを処方してもらう• 治り始めると皮膚がカサカサになるので保湿する 予防法• 原因がわかっていないので特になし 手掌紅斑 しゅしょうこうはん 原因• 肝臓疾患が潜んでいる可能性がある• その他白血病、慢性関節リウマチなどが疑われる 症状• 指の付け根が赤く腫れあがる• 親指と小指の付け根のふくらみが不自然に赤なる• 手のひらの赤みと共に倦怠感や食欲不振があれば急いでかかりつけ医に診てもらう• 手のひら全体ではなく、付け根だけが赤くなる 対処法• 大きな病気のサインなので、かかりつけ医に診てもらう 予防法• 隠れた病気によって異なる スポンサーリンク 子供が手のひらをかゆがるときはどんなケアが必要なの? 湿疹ができたときは場所に関係なく刺激を与えないことが一番ですが、手のひらでは難しくなります。 少しでもかゆみを抑える、長引かせないようにするにはどんなことをしてあげればいいのでしょう。 砂場などの手にウイルスや菌が入ってしまいそうな場所は避ける• 薬を塗った後はベタベタするので綿などのミトンや 手袋をつける 白癬の場合は医師と相談する• 患部を 冷やす• 手洗いの石鹸やシャンプーは 刺激の少ないものに変える さいごに 子供の手のひらに湿疹ができてしまって一番厄介なのは子供に「手を使わないで」と言えないことです。 手を使わないことは大人でも難しいですが、子供にとっては更に難しいこととなります。 あまり意識させすぎても手のかゆみにばかり気がいってしまうので、湿疹によくないものがありそうなら先回りして回避してあげましょう。 細かいことまで気にしないといけないのでお母さんはとても疲れると思いますが、少しのお母さんの気遣いで子供の湿疹はずいぶんとよくなります。 湿疹がよくなるまでは大変ですが、子供の行動を細かく見守ってあげてください。

次の

手や足のブツブツ・皮むけ(汗疱、掌蹠膿疱症)

子供 手のひら の 皮 が むける

お気持ちお察し致します。 私も全く同じ症状を、幼少期から 悩み続けていました。 まず、手汗。 これはしゅしょう多汗症です。 手の平。 足の裏。 の汗が普通の人より多くかくのが特徴です。 手の皮が剥ける症状も季節の変わり目などに、手のひらが痒くなり、その後に皮が剥けていました。 年に2回位でしょうか。 私は、常に手汗をかいて手の温度も熱いです。 皮膚科や、市販の薬も全て試して効果がなく。 悩み続けて30年。 福岡県にあるおだクリニックで全てを解決す事に成功しました。 皮が剥ける原因は、不明ですが私は、手汗だと思います。 おだクリニックは、手汗のプロ専門医で 世界の医学会でも論文なども発表している 信頼のある先生です。 まず、無料でメール相談を受けて下さい。 日帰り手術で1時間で終わりました。 麻酔が抜けるまで安静にしていたので3時間。 手汗、足汗、はその直後から効果があるものでした。 手のひらは、熱いのは変わりませんが 汗は、普通の方なみで、いつもサラサラです。 手汗は、本当に握手できない。 手を繋げない。 将来の職種にも幅が限定的。 息子さんは、誰にも打ち明けられず、耐えています。 ただ、相談をして市販の薬が全く無意味な事にきずかされます。 その辺の病院の先生は、解らないのです。 中学生の時に、自律神経失調症で精神安定剤を飲まされました。 こんなデタラメな医師も沢山います。 是非、おだクリニックにで相談してあげて下さい。 因みに手術費用は、保険が効いて78000 円でした! たったこれだけで一生が明るくなりました! 勿論、人間なので汗はかきます。 手のひら、足の裏の汗は、以前よりサラサラです。 手のひらの皮もピッタリと剥けなくなりましたよ! 私は、原因は手汗だと思います。

次の

子供が手のひらのかゆみを訴える原因と対策!湿疹・赤い場合は?

子供 手のひら の 皮 が むける

まだ1〜2歳の幼児の手のひら、足の裏の皮膚は、大人のように角層が厚くなっていないのでバリア機能が弱く、ちょっとした刺激でも荒れたり皮がむけたりします。 例えば、指をなめたり、砂場や屋外遊具で遊んだり、靴を履いて歩いたり遊んだりして靴でこすれたり、そんな当たり前のようなことでも、薄くてデリケートな幼児の皮膚にはずいぶん大きな負担がかかっているのです。 このくらいの幼児の生活を一日中観察していると、何でも手でさわり、口にも手を入れ、さらに興味のひかれる場所へどこにでもチョコチョコ歩いていくので、手と足の皮膚には他の部位の皮膚に比べて、ものすごく負担がかかっているのは明らかです。 ですから、歩き始めのころから2〜3年の間は、ちょっとしたことですぐに手足が荒れ、皮がむけます。 日常のスキンケアとして気をつけることは、入浴後や、外遊びから帰って、きれいに手を洗ったあとなどに、皮膚のバリア機能を補強するような保湿クリームを塗っておくとよいでしょう。 皮膚科で処方してもらってもよいですし、市販の尿素入りクリームやワセリン、保湿クリームでもよいと思います。 もうひとつ注意すべき点は、清潔にしなくてはいけないという気持ちから、手を洗いすぎるというのも、手を荒れさせる原因になっています。 もちろん、外遊びのあとは、一度清潔に洗った方がいいのですが、ごはんの前、トイレのあとなどに、必ず石鹸(せっけん)でかなり強くゴシゴシ洗わせているかたを見かけますが、洗いすぎは、ただでさえバリア機能の弱い幼児の皮膚から、大切な皮脂まで奪ってしまい、ますますバリア機能が低下して、荒れやすくなってしまいます。 状況にもよりますが、見た目にさほど汚れが見えなければ、さっと洗い流すだけでよい場合もあります。 そして、洗った後はこまめに保湿クリームを塗るようにしましょう。 万一、皮がむける以外にブツブツや水疱ができていたり、切れて血が出るようなときは、皮膚科を受診してください。

次の