沖縄 トリカブト 事件。 『トリカブト保険金殺人事件』神谷力の生い立ちとは?冤罪トリック?

名護市嵐山一家惨殺事件|沖縄県民が隠す沖縄の闇

沖縄 トリカブト 事件

トリカブト殺人事件を大野曜吉が真相解明!犯人 トリカブト殺人事件と呼ばれ 日本中にトリカブト毒の恐ろしさを 記憶に残しました。 一体どんな事件だったのか まとめてみました。 犯人:神谷力 犯人の妻:1人目 看護師 恭子(心筋梗塞で死亡) 2人目 不倫女性 なつ江(急性心不全で死亡) 3人目 ホステス 利佐子(毒物で死亡) 犯人が1人目の妻と結婚したのが1965年で 3人目の妻と結婚し殺害した1986年までに 21年の間に3人と結婚し3人共 命を落としています。 3人目の女性が亡くなった時に 犯人が殺害を疑われましたが 完璧なアリバイがあったため 事件の解決は困難を極めていました。 スポンサーリンク 3人目の女性が亡くなった状況は? 3人目の妻と結婚したのは 1985年に2人目の妻が亡くなってから 半年もしないうちに 交際、結婚となった スピード婚でした。 1986年5月19日に犯人と3人目の妻が 沖縄旅行を楽しむために 那覇空港に到着しました。 同年5月20日に妻の友人と合流しますが 犯人は急用が出来たと言って自宅に戻り 妻と友人は沖縄旅行を楽しんでいました。 犯人と妻は午前中に別れたのですが 妻に異変が起きたのは午後でした。 突然苦しみだし治療の甲斐なく 命を落としたのです。 妻の死に疑問を持ったのが 当時の琉球大学医学部助教授であった 大野曜吉先生です。 大野曜吉先生のプロフィールは? 氏名:大野曜吉 出身校:東北大学医学部 最終勤務先:日本医科大学 大野曜吉先生が琉球大学に着任したのは 1985年6月でその当時は助手でした。 同年11月に助教授となり 1990年6月まで琉球大学で教鞭をとっています。 そして2019年3月に日本医科大学で 定年退職まで教授として 教鞭をふるっておられました。 スポンサーリンク 大野曜吉が不審に思い真相に気付く 3人目の妻の行政解剖を担当したのが 大野曜吉先生で死因を急性心筋梗塞と 特定することが出来たものの 違和感を感じたために心臓と血液を 保存することを決めました。 日本に毒の悪い使用例を残してしまった 複合した毒物を使用すれば 犯人が3人目の殺害も可能という事が分かり 裁判で無期懲役の判決が下されたのです。 犯人は2012年に大阪医療刑務所で 73歳で癌により 病死しています。 裁判中、服役中も犯人は無実を訴え続けましたが 判決が覆ることはありませんでした。 スポンサーリンク トリカブト殺人事件の犯人はなぜ沖縄県で犯行を?動機は? 犯人の神谷力はなぜ犯行場所を 沖縄に選んだのでしょうか? トリカブト殺人事件について調べても 犯人の名前や犯行内容 動機は保険金目当て と詳しく書かれているサイトは存在しています。 なぜ沖縄県に行ったのか? ということが詳しく書かれているサイトは 見つけることが出来ませんでした。 その理由は 犯人の神谷力が 最後まで無実を叫び 真実を語らなかったことがあると思います。 それに事件は 前代未聞の複合した毒という 目を引く事実があったために 話題が全て持って行かれた気がしています。 犯人は無職であったのに 毎月の保険料が40万円 受け取るはずだった保険金合計は 約2億1000万円。 これだけでお金目当ての犯行とわかります。 犯人が沖縄旅行を計画したのは 妻への優しさからでした。 本音は犯罪のため 犯人は3人目の女性と結婚した後 大阪に引っ越しています。 妻にしてみれば見知らぬ土地での生活に ストレスを感じていたので 気晴らしのために旅行を計画し 友達も呼んで一緒に楽しもう! とそれらしい理由を付けて 観光に人気の高かった 沖縄県石垣島を目的地としたのです。 犯人の誤算は 事件に疑問をもった法医学者の 大野曜吉先生が沖縄にいたことでしょう。 大野曜吉先生がいなければ ひょっとすると事件は 解決していなかったのかもしれません。 スポンサーリンク 4月22日の世界の何だコレミステリー 旅行先で女性が謎の死…それは日本中を震撼させる大事件へと発展していった! 友人との旅行中に、1人の女性が突然、謎の死を遂げた…。 死因を明らかにしようと遺体解剖が行われたのだが、遺体には不自然な点が多く、死因を明確につかむことが出来ずにいた。 後に、その女性には多額の保険金がかけられていたことが発覚。 保険金の受取人は、亡くなった女性の夫。 さらに、彼の言動には気がかりな点が多く、疑惑の目は「夫」へ向けられた。 だが、夫には崩せない鉄壁のアリバイが存在した! 当時、この事件の解決に挑んだ1人の法医学者にインタビュー取材を行い、日本中を震撼させた事件の全貌に迫っていく。 出典: この事件はトリカブトには毒があることは 以前より知られていた事実でしたが 実際に犯行に使われたのは 過去を遡ってみても見つからない。 そしてこの真相に気付けたのは 1人の法医学者でした。 今回は法医学者であった大野曜吉先生が 事件の真相を語ってくれます。 トリカブト殺人事件を大野曜吉が真相解明!犯人はなぜ沖縄県で犯行を?動機は?【世界の何だコレ】のまとめ 今回はトリカブト事件について 大野曜吉先生が気付けた真相について まとめてみました。 大野曜吉の事件簿 ・事件の犯人には鉄壁のアリバイ ・殺害方法が長期間不明だった ・法医学者の大野曜吉がトリカブト毒に気付く ・犯行動機は保険金 ・犯行場所を選んだ理由は旅行先として人気 お金は人を狂わせる魔力があるといいますが トリカブト殺人事件の犯人も その一人でした。 この事件では 生命保険会社は契約や支払いに関して 見直しを検討するきっかけとなり 羽振りのいい人物が近づいてきた時は 疑いを持つべきと言う教訓を与えました。 人を理由もなしに疑うべきではない と言いますが 信用関係が築けていない人間は 簡単に信用するのではなく 疑ってかからないといけませんね。 自分の身は自分で守るしかないです。

次の

トリカブト保険金殺人事件(神谷力)の妻は誰?アリバイトリックが凄い!【世界何だコレミステリ】

沖縄 トリカブト 事件

今日の世界仰天ニュースでやっていたトリカブト事件ですが、被害者の女性が日頃から栄養剤として神谷から飲まされていたカプセルの薬は何だったんでしょうか? 事件とは関係あるものだったんですか? トリカブトの 毒とフグの毒の両方を組み合わせたものが原因だったみたいですが、その毒を飲まされたのはあの沖縄での朝食の時だったんでしょうか? 日頃飲んでいた栄養剤との関係と、いつ死因となる毒を飲まされたのか番組でやっていなかったように思えたので、気になりました。 補足自ら墓穴を掘る場面などが多々ありましたが、あれだけ緻密に毒の研究をしていたのに、なぜ疑われるような発言をしたのだろう。 それだげ自分のアリバイに自信があったのでしょうか? 保険金目当てにしても、毒の研究などに莫大な費用をつぎ込んでいたみたいなので、お金に困ってというわけではないとかなとも思います。 日頃から飲ませていた栄養剤は毒のないただの薬だと思います。 何故そんなことをしていたのかと言うと、実際に沖縄に行く前に毒を飲ませるためには、被害者の女性に怪しまれずに薬を飲んでもらう必要があります。 沖縄に行く前になっていきなり初めて薬を渡したら怪しまれますから、普段から栄養剤といって薬を渡しておいて、直前だけ毒の入ったものを渡したんだと思います。 それで被害者がいつものように栄養剤だと思って飲んでしまったんだと思います。 それと、あれだけ頭もよくて計画的なのに何故あんなに墓穴を掘るような言動や行動をとるのか私も疑問に思いましたが、彼のお金の使い方や行動を見ると、いつも大胆と言うか派手ですよね。 やはり自分はあれだけ緻密に計算した毒というアリバイがあるのだから絶対に大丈夫だという自信があったのではないでしょうか。 一人目も二人目の奥さんもその方法で成功してますから。 普段は、本当に栄養剤か何かの体に害のないモノだったと思いますが、亡くなった当日に飲んだモノは、トリカブトとフグ毒を合わせたモノが入っていたでしょう。 習慣になっているカプセルの中に毒物が入っているなんて考えもせずに普段とかわらずに飲むでしょうから。 この人って、かなり自己顕示欲が強いタイプだったりしたのかなぁ。 アリバイには絶大な自信もあっただろうし、最初にマスコミに騒がれた時には自費で作った手記を配ったりしてたり、再就職したところで大金を横領して愛人を3人もかこったり…派手だし目立ちたいみたいだし、でも犯行計画は緻密で執拗だし、改めてすごく偏執的な恐ろしい人だったんだなぁって思いました。 3人目の奥さんの友人が不信に思って動かなかったら、他にも犠牲者が出てたかもしれないと思うと、ゾッとしますねぇ。

次の

【何だコレ】トリカブト保険金殺人事件とは?アリバイ?報道が警察を動かす

沖縄 トリカブト 事件

現場隣のホテルで働く男性(37)によると、午前8時ごろに従業員が出勤した際、アパート周辺にパトカーが集まっていた。 最上階の外廊下を見上げると、外国人らしき男性ら数人が集まっていたという。 男性は「この辺りは外国の人も多く、どういう人が住んでいたかは分からない」と話す。 近所の人によると、数カ月前もアパート前にパトカーが止まっていたという。 近隣のエステ店に勤務する女性(45)は「今回の事件と関係あるか分からないが、この周辺は新しい街で他のから引っ越して来た人が多く、近所付き合いが乏しい。 家庭内で何か起きていても周囲の人は異変に気付きにくいのかもしれない」と表情をこわばらせた。 事件があったアパートに住む男性は「仕事を終えてから午前5時ごろに眠ったが、特に大きな音や悲鳴などはなかった。 こんなに近くで事件が起きるなんて」。 同じアパートに住む別の女性も「深夜1時ごろに帰宅したがとても静かで、今朝も特に変わった物音はなかった」と驚いた様子だった。 北谷町美浜区の岡村悦子自治会長によると、現場周辺は、集合住宅が多く人の入れ替わりも頻繁で、自治会加入者も少ないという。 「定期的に夜間の見回りはしているが、こんな閑静な所で事件が起きるとは思わなかった。 地域住民からも不安の声が多数寄せられているので、しばらくは夜間見回りを増やすなどの対応をしたい」と話した。 米軍の指導に問題 「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会」の高里鈴代共同代表 もし米兵による女性殺害が事実なら許せない。 2016年に起きた米兵による暴行事件を受け、米軍はなどでの外泊を禁止していたが、今年2月には規制を解除した。 米兵の駐留規模は縮小しないまま、規制だけ緩和する。 そういう米軍優先の考え方が問題だ。 米軍内部の軍人への指導も根本的に問われている。

次の