チンゲン 菜 茹で 方。 チンゲン菜でダイエット!そのやり方とおすすめレシピ!

チンゲン菜の切り方と洗い方は?どこまで食べれるの?

チンゲン 菜 茹で 方

1・まず、チンゲン菜を4等分に切ります。 根元の部分が硬いために、 そのまま調理するよりも切ってから使用する方が 加熱しやすくなります。 2・根元の部分をよく洗います。 茎の根元は洗いにくいため、根元はうすくそぎ落としてもOKです。 またボウルに水をためて、流水で洗うと 洗いやすいです。 4・チンゲン菜は根元からゆでていきます。 根元のゆで時間は 1分 程度です。 1分茹でると柔らかくなりますが、 硬めが好きな方は30~45秒で調整してください。 5・根元を茹でたら続いて葉の部分もいれ全体を茹でます。 葉のゆで時間は 10~20秒 ほどです。 葉の色が鮮やかになったらザルにあげて水気をきります。 これでチンゲン菜は茹であがります。 茹でたチンゲン菜は、 切ってお浸しにしたり、 和え物にしたり、様々な料理に活用できます。 オイスターソースがけも美味しいです。 ゆで時間の目安は 茎: ~1分 葉と茎: 10~20秒 程度になります。 冷凍する場合は、少し硬めに茹でます。 チンゲン菜の切り方は? チンゲン菜の特徴には、根元の茎の部分が硬いという 点もあります。 野菜いためなどにして食べられるチンゲン菜ですが、 根元の茎の部分の切り方を工夫すると、 食べやすくなります。 1・まずチンゲン菜を2等分に切ります。 そして、根元の部分を流水でよく洗います。 2・続いて、根元の茎の硬い部分と 葉の部分を切り離します。 4・さらに葉の部分は3~4cm程度のサイズに カットします。 これで完成です。 このまま炒め物等に利用できます。 根元に砂などが入っている場合は、 一度ボウルに水をためて、 洗います。 炒め物などにする場合は、 茎の方から最初に炒めて、 あとから葉をいれるようにすれば、 全体に均一に火が通ります。 チンゲン菜はレンジでの加熱も可能? お浸しやナムルにする場合、 簡単に調理したい場合は、電子レンジで加熱して 調理することも可能です。 1・まずはチンゲン菜をよく洗い、 お好みのサイズにカットします。 2・続いて耐熱容器 お皿など にチンゲン菜をいれて、 上からラップをかけます。 そのまま500wで 2分 ほど加熱します。 3・取り出して、水気がある場合は、 ザルにあげて水気を切ります。 そのまま調味料で味付けすれば完成です。 他の野菜と一緒に加熱もOKですし、 調理によっては、あらかじめ調味料を混ぜてから加熱すれば、 電子レンジだけで、1品作れちゃいます。

次の

新鮮で美味しいチンゲン菜の選び方と長持ちさせる保存方法 | 食べ物の栄養・効能を中心に紹介

チンゲン 菜 茹で 方

Sponsored Link 炒めものを作るときはあく抜きの必要はないが、油通しすると美味しくなる? チンゲン菜は炒め物にすると絶品ですよね。 シャキシャキとした食感が最も楽しめる調理法となっています。 チンゲン菜を炒める時、適当な大きさに切って炒めている方が多いと思われますが、炒める前に油通しを行うとより美味しくなるのです。 油通しは中華料理においては欠かせない工程となっており、「色を鮮やかにする」「食感を活かす」「旨味を閉じ込める」といった意味があります。 油通しすると「油っこくなる」と思ってしまいますが、食材に油が染み込む前に食材を油から揚げるので、全くしつこさが無いのです。 チンゲン菜の茹で方は? 切ってから茹でる?まるごと茹でる? チンゲン菜は切ってから茹でるのか、丸ごと茹でるのか悩んでしまいますよね。 丸ごと使いたい時は切らないで茹でると良いです。 丸ごと茹でる場合には、根の部分だけをお湯に入れ1分程茹ででから全体をお湯に入れて30秒程茹でると均一の茹で上がりとなります。 また、切った状態で使う場合には根の部分を先に入れ、1分程茹でてから葉の部分を入れ30秒程茹でると良いですね。 どちらの茹で方でもよいですが、切ってから茹でる方が簡単かも知れませんね。 塩とか油を少々入れると美味しくなるって本当? チンゲン菜を茹でる時、塩や油を少々入れると美味しくるという事をご存知ですか。 塩や油を入れるとお湯の温度が下がらないので、チンゲン菜がシャキッと茹でる事ができます。 また、チンゲン菜の鮮やかな色をより濃厚にする事ができます。 茹でるときの注意点は色止め? チンゲン菜を茹でる時に注意したいのが、色止めとなります。 より美しい色で茹で上げしたいですよね。 茹でた後に冷水や氷水に晒す事が大切です。 チンゲン菜は火が通り易い食材となっているので、お湯から出しても予熱で加熱されてしまいます。 茹でたらすぐに冷水や氷水に浸す事で、色止めが行えます。 あとがき チンゲン菜はあく抜き必要はありませんが、塩や油を入れて茹でると美味しく茹でる事ができます。 チンゲン菜の美しい色をしっかりと残す為にも、色止めが重要となるので、是非参考にして頂きたいと思います。

次の

青梗菜の茹で時間!レンジでの茹で方や下茹で後の保存方法!

チンゲン 菜 茹で 方

チンゲンサイを水で洗い、葉っぱの部分と茎の部分を上下に分けるように包丁で切る• 茎の方の下側に切り込みを入れて手で割き、2つに分ける• 2つに分けた茎の部分にもう一度切り込みを入れ、また割いて4等分にする(大きければココからお好みで8つ割りとかにしてもOK)• 茎の隙間には汚れが残りやすいので、水でしっかりと洗う 切り方に関しては文章だと少し説明に限界があるので、コチラの動画を参考にしてみてください。 最初に葉っぱと茎の部分を包丁で切って分けるんですが、上下を切り分けなくても茹でることは可能です。 要は先に根元を茹でて後に葉っぱを茹でればOKなので、水で洗ったら切り方の下ごしらえ手順2からやっても構いません。 そうやって切ってみるとこの動画みたいな感じになりますね。 ( ページでも紹介した動画です) • 鍋にお湯を沸騰させて塩を適量(水1Lで大さじ1くらい)入れ、チンゲンサイの根元の方を先に入れて20秒~30秒くらい茹でる• 根元に火を通したら、今度は葉っぱの部分も入れて10秒位サッと茹でる• 茹で上がったチンゲンサイを冷水にとり、ザルに移す。 あとは好きな調理で使う ひとつ目の動画の方で、茹でるときに塩と一緒に油を加えているのですが、その後の調理法によっては入れてもOKですよ。 なお、切るとき上下を分けずに割いたチンゲンサイも、先にお湯に根元を入れてから遅れて葉っぱを菜箸で抑えるように入れていけば茹でられます。 鍋が小さいと上下を分けたほうが良いかと思いますね。 茹でたチンゲンサイの使い方や食べ方レシピ 茹でたチンゲンサイはおひたしや和え物、あとは緑の彩りとしてラーメンのトッピングに使う食べ方もありますね。 和え物などはチンゲンサイを茹でれば、あとは調味料や好きな具材で混ぜれば完成しちゃうので、簡単に作れるかな~と思います。 和え物・おひたしのおすすめレシピはコチラ。 どちらも具材が少なくても作れるので、手間もあまりかからないと思います。 あとはラーメンの具に使うのも美味しいですよ。 茹でたものをそのまま乗せてもいいんですが、一手間加えて胡麻油などと混ぜて味付けしてみるのはどうでしょうか。 なお、チンゲンサイはアクが少ないので、アク抜きのために茹でる必要はありません。 なので、炒めものなどに使いたい場合は先に茹でる必要はなく、生のままいれて大丈夫です。 スポンサーリンク チンゲンサイを茹でたらどう保存する?冷凍はできる? 茹でたチンゲンサイは水分を絞り、 使いやすいサイズに切ってからタッパーなどに入れ、冷蔵庫で保存します。 冷蔵庫の場合、2、3日位で消費したほうが良いと思いますね。 また、 長期間使いたい場合は冷凍することも可能です。 チンゲンサイを冷凍するときは少し固めに茹でるのがポイントで、根元の方を10秒~15秒くらい茹でてから葉っぱの部分も入れ、10秒程度(というかサッと)茹でてください。 水につけて粗熱を取ったら水分をしっかり絞り、料理で使うサイズに切って、1回に使う量ずつラップで包みましょう。 そうしたらフリーザーパックに入れて冷凍します。 これで1ヶ月くらい保存することができます。 冷凍庫から出して使う際は、凍った状態で汁物や炒めものに使用することが可能です。 チンゲンサイをレンジで茹でる方法 チンゲンサイを手軽に茹でたいときは、電子レンジで茹でることもできます。 レンジで茹でる場合は食べやすいサイズに切ってから加熱します。 簡単ですが一応手順で。

次の