トイレつまり水位下がる。 トイレのトラップの水が少ないときの異常箇所は?

トイレつまりの直し方5選。初心者でも自分で解消することができる方法解説

トイレつまり水位下がる

私のトイレは洗面所の中にあります。 つまり、洗面台とトイレの2系統の排水がどこかで合流しています。 実際、トイレを流すと常に洗面台の穴の奥で「ゴボゴボ」と音がします。 最近、洗面台で水を流すとトイレの水位が下がる事があります。 排水の辺りで「シャラシャラ」と水が流れる音と同時に水位が下がって行く感じです。 水位が下がった状態でトイレを流すと、「ボコボコ」と水が跳ね上がる事があり困ります。 また、洗面台の穴の奥の方から異臭がする事もあります。 この異臭は便や尿のようなトイレっぽい臭いではなく、何とも表現しにくい異臭です。 パイプユニッシュや塩素系の排水溝洗浄をしましたが効果無しでした。 このトイレの水位低下と洗面台からの異臭は毎回ではなく、 たまに・・・といった頻度で、両事象が必ず同時に起こる訳でもありません。 ただ、同時に起きた事もあります。 排水管の奥の方で良くない事が起きているのでしょうか? 補足します。 ドルゴ通気弁の位置はその通りです。 ただし、排水管のレベルより高い位置である必要があります。 そのため、その部分の天井内では寸法的に収まらない場合は、配管で収まる位置まで延ばす必要があります。 また、ドルゴ通気弁から臭気が漏れることはありません。 本来の通気管は上流の衛生器具の排水が流れてくるときは、下流の管内がプラス圧とならないように圧力を外部に逃がし、下流の排水が流れるときは、上流の管内がマイナス圧とならないように外部の空気を取り入れる働きをします。 ドルゴ通気弁は、下流の管内がプラス圧となることを防ぐ機能がないため、臭気が出ないのです。 そのため、「次善の策」と書きましたが、住宅などではほとんど問題なく、ご質問にあるような排水に関するクレームは解決するものと思います。 この回答への補足 追加のご回答ありがとうございます。 洗面台の下が収納になっているので、 といったタイプが良いかと思います。 ところで、通気弁の設置作業はDIY的に自分で可能でしょうか? いま、少し触ってみた所、排水トラップは簡単に外せましたが、通気弁を設置したい排水トラップ2次側から本排水へ行く水平部分(約200ミリ)にはジョイント箇所がありません。 目に見えるジョイント箇所は排水トラップの両端だけです。 また、管の材質ですが、金属はなく、白というかベージュの塩ビみたいな材質です。 この約200ミリの水平部分に、どうやって通気弁を挿入すれば良いのでしょうか? 私は自分で出来そうな事はDIY的に自分でやってしまいますが、水回りは素人が手を出さない方が良いのでしょうか? 追加でご回答・アドバイスいただければ幸いです。 洗面台と便座の排水経路を共用するのは珍しいことではありませんが、 配管内の通気をしっかりしないと、便座or洗面台に水を流したときに 排水管内が負圧 真空に近いような状態 になって もう一方の水を一緒に吸い込んでしまうことがあります。 便座は水が溜まり具合が目に見えてわかりますが、 便座を流した時には洗面台でも同じことが起こっています。 トイレを流した後のゴポゴポという音がそれですね。 これはおそらく、洗面台真下にある排水管のトラップに溜まった水が吸い込まれる音です。 排水トラップ:U字の配管の中に水を貯めて、下水道からの臭気・虫の入り込みを防ぐためのもの 排水トラップの水が無くなってしまうと、排水溝が下水道と直結してしまい、 質問者さんの感じたような下水の匂いが登ってきます。 設計ミスならどうしようもありませんが、 今までは何ともなかったけど最近その症状が表れた、というなら 排水管内に空気を取り入れるための通気管が泥か何かで塞がっていることも考えられます。 そちらのほうを調べてみてください。 (建築時の設計図があれば自分でも調べられるのですが、見当たらないなら業者さんにお願いした方が良いかもです。 ) とりあえず応急の対処としては、 トイレの水を流した後には、必ず、洗面台に水を注いでおくことです。 コップ2杯分程度でかまいません。 それで下水からの匂い・虫は防げます。 水を注ぐ際にゆっくり注ぐとトイレの水が減ることも防げます。 が、トイレの水が減るのは直接的に害があるわけではないので、 そこは面倒臭さと相談してお好みで。 この回答への補足 的確なご回答ありがとうございます。 ご回答の内容は、我が家の事象にピッタリ当てはまる感じです。 我が家は築30年の2階建ての一戸建て(ヘーベルハウス)で、問題の洗面所は20年前の改築で、元々は水回りの無い場所に新設しました。 通気管の有無についてですが、トイレを流した時の洗面台からの「ボコボコ」という音は昔から出ていたように記憶しています。 となると、設計ミスで通気管が無いように思えますが、トイレの水面低下や洗面台からの異臭は数日前からなので、通気管はあるものの、大気解放する弁が詰まっているようにも思えます。 ここで質問ですが、大気解放する弁は一般的な一戸建ての場合、どこのあるのでしょうか? 屋上でしょうか? 昨日、問題の洗面所周辺の外を見ましたが、太い排水管が洗面所の壁から出て地中へ入っているだけでした。 また、洗面台の下が収納になっており、そこを見ましたが、排水トラップ周辺に通気弁はありませんでした。 回答No3を読んで思ったのですが、洗面台下の排水トラップと排水の間に小さなドルゴ通気弁を新設するという改善策は有効なのでしょうか? 異臭対策ですが、排水トラップが埋まる程度の水を洗面台に注いだら、排水トラップから溢れた少量の水の勢いでトイレノ水面低下が起こり、そのトイレの排水の勢いで洗面台の排水トラップの水が引っ張られているような事が起こっていました。 追加でご回答いただければ幸いです。 いくつかの可能性をあげてみます。 1、便器内の詰まり 仮になにか詰まらせてしまったものが便器内に残ってる場合は 大便をしたらあふれてくると思います。 なんとかすり抜けて流れた場合でも、流れた後に「封水」が ペコペコと音を立てて波打ちます。 この症状があれば何か便器内に残ってる可能性はありますが 文面からして便器内の詰まりではないと思います。 2、下水管の異常(工事や下水管の詰まり) 工事ということはまずないでしょうね。 工事で説明付けするのは 無理があります。 下水管の詰まりでこのような状況になることはごくまれにありますが あくまでも一戸建ての場合です。 アパートマンションの場合、稀なケースを除いて言えば 上の階と下水が合流しますので、下水が詰まってる場合、 上の階がトイレを流すと下の階の便器の「封水」がなんらかの 反応をします。 ひどい場合はあふれます。 このようなことがないのであれば下水も関係なしです。 3、便器の機能異常 あやしいのはこれです。 便器の種類にもよるのですが洋式トイレの場合、 大まかにわけて2種類です。 洗い落とし式とサイフォン式。 洗い落とし式は昔ながらのタイプ、サイフォン式というのは 「封水」が多めにたまっていて、渦を巻きながら流れるタイプ。 サイフォン式の場合は「封水」を多くためるにタンク内の ボールタップという部品に補助管がついています。 その補助管をサイフォン管に差し込むことによって 流れた後、便器内に水を送って「封水」の水位を上げるのです。 この補助管がなんらかの理由でサイフォン管に差し込んでいなかったり 外れたりしていると「封水」の水位は下がります。 ただし、ちょっと気になるのが >(シャワーで水を足してやっても変わりません) 水位が下がったとしても水を足してやれば 正常な位置まで上がるはずです とりあえず、タンクのふたを少し開けて のぞきこんで見て、補助管(通常は黒色)がサイフォン管に 差し込んであるか確認して下さい。 水道屋です。 いくつかの可能性をあげてみます。 1、便器内の詰まり 仮になにか詰まらせてしまったものが便器内に残ってる場合は 大便をしたらあふれてくると思います。 なんとかすり抜けて流れた場合でも、流れた後に「封水」が ペコペコと音を立てて波打ちます。 この症状があれば何か便器内に残ってる可能性はありますが 文面からして便器内の詰まりではないと思います。 2、下水管の異常(工事や下水管の詰まり) 工事ということはまずないでしょうね。 工事で説明付けするのは 無理がありま... A ベストアンサー 原因は大きく分類して2つあります。 ひとつは、配管内に何か物が詰まっている場合。 この場合は、水道やサン等に頼んで配水管を洗管すればほとんどの場合直ります。 しかし物が詰まった原因が流しては行けない物を流してしまった場合はその物自体が排除されれば問題ないのですが、配管自体にある場合 曲がりが多い、勾配がふじゅあぶん は又同様な現象が起こる可能性は有ります。 2つめは、排水時に生じる空気の流れの逃げ場が無いために、トラップ等にその空気が進入してくる場合です。 この原因の場合はボコボコ音と一緒に匂いも上がってきます。 いくら配管を洗浄しても直りません。 いずれにしても、良心的な業者 ご近所の評判等・・・ に診断してもらったほうが良いです。 Q 配管に詳しいかた、教えてください。 雨が降るとお風呂場の排水トラップとトイレからボコボコと音がして次第に排水トラップからは水がジワジワ湧き出てきます。 1,2階ともトイレは流すと吸い込まれずやはり水が増える一方です。 悪臭もやや感じます。 豪雨だけではなく通常の強い雨レベルでも症状が出るので台風が近づくと心配です。 今年6月に新築した一戸建てに住んでいます。 役場の土木課の人と施工業者それぞれに確認してもらいましたが、役場職員は側溝に流れ出る水道管が側溝の水位に近すぎて少しの増水でも逆流してしまうのではないかと。 施工業者は水道管の深さは適正であると言ったきりで原因については言葉を詰まらせてました。 原因は配管ミスなのでしょうか。 もしそうだとしたら、ハウスメーカーが補償するべきなのでしょうか。 あと解決策があったら教えてください、お願いします。 ちなみに側溝は詰まってはいないとのことでした。 A ベストアンサー No2のrunagaiaです。 補足説明ありがとうございました。 原因が見えて来ましたね。 ・ 浄化槽が満水になり、じょうかそうと同じ高さにあるお風呂やトイレの排水管も満水状態になる。 対策は 1,浄化槽と建物を高くする。 でも、現実は無理ですよね・・・。 2,では、浄化槽と家の排水管の間に、もう一つ排水槽を設け、その中に排水ポンプを設置する。 ポンプの出口側には、逆流防止の為チャッキ弁を設ける。 東京都下水道局などでは、半地下の建物の浸水対策として、上記の2を推奨してます。 とはいえ、大変な工事なので必ずハウスメーカーにやらせましょう。 それと、もう一度役所に対策がないか聞いて下さい。 きっと質問者さん以外からも、苦情なり相談があるはずなので、対策案を持っていると思います。 せっかくの新築です、原因が分かったらすぐに行動に移して、快適な生活を取り戻しましょう。 No2のrunagaiaです。 補足説明ありがとうございました。 原因が見えて来ましたね。 ・ 浄化槽が満水になり、じょうかそうと同じ高さにあるお風呂やトイレの排水管も満水状態になる。 対策は 1,浄化槽と建物を高くする。 でも、現実は無... A ベストアンサー 他の階で水を流したとき、トイレの封水が引き抜かれるのは、サイフォン効果によるものですが、 普通、集合住宅では、サイフォン効果が起きないように「通気管」が設けられています。 kmkc. html 通気管は、外から見ると、こんなふうになっています。 kenchikuyogo. exblog. 調べてみてください。 ごくまれに通気管がない欠陥建物もありますが。

次の

トイレつまりを食器用洗剤で解消する方法。非推奨の理由とは?

トイレつまり水位下がる

「最近トイレの便器の水たまりの水位が低い!」 「トイレの便器の水がほとんとたまらない!」 「便器の水たまりの水位が低い原因がよくわからない!」 「水たまりの水位が低い症状って自分で直せるの?」 「自分で修理をするにはどうやってやれば良いの?」 「自分で修理をするにはどのくらいお金が掛かるの?」 「自分で直すのは自信がないから業者に頼みたいけど、どこに頼んだら良いの?」 「業者に修理を頼むと、どのくらい費用がかかるの?」 こんなことであなたはお困りでは無いでしょうか? 便器の中は常に適量の水がたまっているのが正常なわけですが、これが突然たまらなくなったり、水位が低くなったりすることがあります。 これの原因として考えられる事にはいくつかありますが、軽度の紙詰まりなどから重度の便器の破損までいろいろとあります。 こう言った症状を修理をしないでそのまま使用していると、トイレの中から悪臭が発生する原因となったり、今までよりも汚れがつきやすくなって掃除の手間が掛かってしまいます。 そのためにもこう言った症状が現れたら、速やかに対策を取る必要があります。 今回はそんなトイレの便器の水たまりの水位が低い、水がたまらないといった原因と修理方法について、自分で対処する方法や業者に頼む方法などをご紹介しましょう。 トイレの構造についてはこちらをご覧ください。 便器に水がたまらない・水位が低いの軽度の場合 便器に水がたまらない、もしくは水位が低い場合の軽度のケースを紹介します。 軽度の原因は? 便器に水がたまらなかったり水位が低い時の軽度の原因として考えられる事は、便器の奥で紙や便が詰まっている状態の時に、水たまりの水を吸い込んでしまって水位を下げたりたまらなくなる事があります。 小さい子供がいる家庭では、おもしろがってトイレットペーパーをたくさん引き出してしまい、それをそのまま便器の中に入れて流してしまうと、よくこういった現象が起きやすくなります。 またトイレのタンクの水の量は、その便器で便を流すのに必要な量を計算して作られていることから、計算している量よりも多くの便が流れるとつまりの原因につながります。 解決方法 紙詰まりや便詰まりが原因であれば、一般的に発売されているラバーカップを使用して、詰まりを除去して上げれば、かなりの確率で解決できるはずです。 まず現在の状況を良く把握した上で、紙詰まりや便詰まりが原因と思われるときには、ラバーカップを使って「静かにゆっくりと便器にラバーを押し込んで、一気に力を入れて引く」ことが基本動作です。 この基本動作を1度だけでなく2度、3度と繰り返してやっていくと、軽度の詰まりであれば解消されて、元の状態に戻るはずです。 ただし便器の中に水がたまっていない状態で使用すると本来の効果が出ないので、ラバーカップの頭が隠れるくらいまで便器の中に水をためてから使用するようにしましょう。 トイレが詰まった時に使う、ラバーカップ(すっぽん)の使い方の動画はこちら。 ラバーカップを使用する時の注意点は ラバーカップには和式用途洋式用の2つのタイプがあって、それぞれ形状が異なっていて、大小のサイズも違う物も発売されています。 サイズや様式が正しくないタイプを使用すると、効果が十分に発揮できないことになるので、事前に使用する前に適用品かどうか確認して使用しましょう。 またラバーカップを使用すると水が跳ねることがあるので、水が跳ねてもいいように周りをしっかりと養生して作業しましょう。 使い方はカップを便器の排水口にしっかりと密着されて、ハンドルを勢いよく引くだけで、吸引する力が強いので、一度だけで詰まったトイレットペーパーなどがゴボッと逆流してくることもあります。 その動作を何回か繰り返してやってみると、軽度の詰まりであればラバーカップよりも簡単でより強い吸引が行えるので、詰まりを解消しやすいでしょう。 「トイレつまりが真空ポンプですっきり流れた」の動画はこちら。 中度の原因は? スマートフォン・指輪・腕時計・手帳・化粧品・ブレスレットやネックレスなど、体に身に付けていたりポケットに入れていたりして、うっかりトイレに落としてしまうことは誰にでもあることです。 また小さな事もがいる家庭では、子供がいたずらでおもちゃやその他の異物を便器の中に入れてしまうこともよくあるケースです。 便器は本来水で溶けるトイレットペーパー以外の物はたとえ同じように紙でできたティッシュペーパーや生理用品などでも詰まることは十分あり得ます。 それだけに全く関係の無い異物が入ってしまえば、排水管の途中で引っ掛かってしまい、そこにトイレットペーパーが挟まって詰まりを引き起こしていることが多くあります。 解決方法 ・小さな物を落とした場合 まず異物を落とした事がわかっているのであれば、絶対に水を流したりトイレットペーパーを入れたりするのはやめて、そのままの状態にしておきます。 落とした物の大きさにもよりますが、小さな指輪やネックレスなどが原因で詰まった場合なら、軽度のトイレットペーパーが詰まった状態と同様の対応で、症状は解決する可能性が高いです。 軽度の場合でご紹介したラバーコップの使用方法で、まずはつまりを取り除く作業をやってみて、数回挑戦しても直らない場合は無理をせずに業者に依頼しましょう。 ・大きな物を落とした場合 問題になるのが大きなスマートフォンや手帳・腕時計・おもちゃなどの異物が完全に排水管をふさいでしまっている場合です。 小さな物を落としたとき同様に、水を流したりトイレットペーパーを入れたるのるのはやめて、現状のままにしておきます。 大きな物を落としたときは、ゴム手袋をして手で奥を探してみて、届くのであればそのまま拾い上げれば良いですが、手で届かないようであれば素人が取り出せる可能性はほとんどありません。 そのため手でとれない所まで奥に入り込んでいるときには、無理なことをすると状態がさらに悪化して中度が重度になってしまうこともあり得ます。 そんなことにならないように、絶対に無理に取り出そうとしないで、速やかに専門の業者に依頼しましょう。 便器に水がたまらない・水位が低いの重度の場合 次は重度の紹介になります。 重度の原因は? 便器に水がたまらなかったり水位が低い症状の重度の原因として考えられる事に、便器その物が割れていたり、壊れていることがあります。 便器が割れていたり破損していたのでは、自分で修理したりすることはできず、便器その物の交換しか直す手立てはありません。 しかし便器をよく見てひび割れや亀裂が確認できるようなときは、ほぼ便器が原因と考えて間違いありませんが、便器の内部の見えないところでの破損だと、判断できない場合もあります。 ラバーカップを試しても症状が改善しないで、特に異物を落とした記憶も無く、トイレの使用年数がだいぶ経過しているようなときは、便器の破損も原因として考えられます。 解決方法 便器その物が破損してしまっているのであれば、便器そのものの交換を行うしか解決する方法はないので、専門の業者に依頼して便器の交換を行ってもらいましょう。 使用年数もかなり経過しているトイレの場合だと、便器その物を交換することになるので、それをきっかけにトイレのリフォームに着手するというケースも良くあります。 そうなると水道業者は、修理専門に行っていてリフォームには対応していないところもあるので、はじめからトイレのリフォームを取り扱っている業者に相談してみるのもひとつの方法です。 水道業者に依頼するには ここまでご紹介した対応方法をやっても症状が改善しないときには、迷わずに専門の業者さんに依頼する必要があります。 元々取引のある水道工事業者や設備業者がいればいいですが、そう言った所を知らない場合は、インターネットで水道工事業者を紹介斡旋してくれるサイトがあります。 そういったところは一定の評価を得られないような所は紹介しないので、安心して依頼する事が出来ます。 また事前にある程度の修理代金についても提示してくれたり、状況に応じて修理代金をウェブ上で確認したり出来るので、修理するかどうかの目安にもなって便利です。 水道業者に依頼したときの費用は 今回ご紹介した軽度の症状の場合だと、技術料金が5,000~8,000円に加えて出張料が2,000~4,000円ほどの金額で修理できる可能性が高いと言えます。 中度の場合は、便器を取り外さないでラバーカップや吸引器などで修理できれば、軽度の場合の修理料金で対応できると思います。 しかしそう言った対応で直らないと、便器その物を取り外しての異物の除去作業になるために15,000~20,000円ほどの費用が掛かり、異物の詰まり具合によってはさらに費用がかかる事もあります。 そして重度の状態の場合は、便器をそっくり交換することになるのでトイレタンクと便器の交換に加えて、床を貼り替えなども行うとすると10万円程度から、種類によっては20万ほどの費用が掛かります。 ・基本料金+作業費用+出張料が7000円からと格安 ・電話相談、キャンセル料0円 ・年間48000件の実績 ・全国が対応エリア ・365日対応可能 水トラブル修理までの流れ 最短30分で駆けつけてくれます。 詳しくはこちらよりどうぞ。 これらの症状はご紹介させていただいたように、軽度・中度・重度と状態によっての対応も、かかる費用も全く変わってくるトラブルです。 自分で対応できる程度の状態なのかどうかをよく見極めた上で、自分で修理してみるのか、それとも無理をせず業者に依頼するのかを決めるようにしましょう。

次の

トイレつまり放置!自然に治る?時間で水位下がる 少しずつ流れる

トイレつまり水位下がる

DIYに関する出版も多数。 また、イベントなどでの講師経験も豊富。 2011年にDIY女子部を立ち上げた。 トイレが使えなくなるばかりではなく、汚水がトイレにあふれる事態にもなりかねません。 トイレが2つあるお宅はまだしも、ほとんどのお宅は1つですから、すぐに解決しなければ、どうしようもありません。 まずトイレの詰まりの原因ですが、 一番多いのが紙の詰まりです。 小さい子供がいらっしゃるお宅では、おもしろがってトイレットペーパーをたくさん引き出し、それを流してしまうときによく起ります。 また節水のために毎回流さないお宅があると聞いたことがありますが、これも要注意です。 トイレットペーパーがきれたからといって、水に溶けないティシュペーパーを使うのも詰まりの原因になります。 固形物の詰まりは、オモチャやボールペン、携帯電話などさまざまな固形物を落として、うっかり流してしまった場合に起ります。 これらが排水部分に引っ掛かり、ペーパーなどがからまって詰まるので、落としたら必ず拾って流さないことです。 トイレタンクの水の量は、便器によって必要な量を計算してつくられています。 便の詰まりは、タンクの計算上の量よりもたくさんの便を流してしまったときに起ります。 西洋の水洗トイレが日本に入ってきたとき、繊維をたくさん食べていた日本人の便はよく詰まったという話を聞いたことがあります。 本当かどうかは定かではありませんが…。 したがって、タンクの中に節水のためにビールビンやペットボトルを入れている方、小さいご用のときは問題がありませんが、必要以上のペーパーを流したり、便をたくさんしたときなどは、流れ出る水の量が少ないために詰まる原因になります。 あとは、 排水不良による詰まりです。 サイフォン式などほとんどの便器は、水がたまっている部分の下の方に小さい穴があります。 これは上から流れる水にプラスして水を出して流すものですが、この穴が尿石などで詰まりかけていると、紙が戻って来たり、いろいなトラブルが起ります。 また友人の家でトイレが詰まったときは、排水管の道路に近い部分で詰まっていたということを聞いたことがあります。 このように排水管に問題があったり、排水管のどこかで詰まってしまうこともあります。 1時間ぐらいそのままにしてみましょう。 ただし水がひいたからと安心してタンクのハンドルをまわして水を流すと、また便器の水の水位が上がってきて、あわててしまうことになります。 必ずバケツなどで水を流してみて、直っているかどうか確かめるようにしましょう。 こんなときは、すぐにトイレ用吸引カップを使ってみます。 何回かくり返すと、この段階の紙の詰まり、便の詰まりならば、これでほとんど直ります。 もちろん詰まってしまって、水位が下がらないというときも、とりあえずトイレ用吸引カップを使ってみましょう。 一般的な吸引カップ(ラバーカップ、通水カップ)は、半球状のゴムに柄がついたものですが、トイレ用吸引カップは、便器の穴に入り込むようにゴムの部分が2段になっています。 この部分があるために、効率よく吸引でき、しかも飛び散りにくくなっています。 なお、新しいタイプの便器の中には、便器の穴が小さく、トイレ用吸引カップが合わないものもあるようです。 ただし、水がない状態で使っても効果はありません。 水が引いていたら、バケツなどで水を入れ、吸引カップの上ぐらいまで水をためてから始めます。 もちろん詰まってしまって水がたまっているのならば、そのまま始めます。 というのは、水があるからこそ、水が吸引されて詰まった部分がずれるために詰まりが解消されるのです。 水がない状態は真空ではないので、詰まりを動かすことができません。 また押すときに力を入れても、カップがつぶれるぐらいの水流では、詰まりを動かすことができません。 バケツで水を入れて吸引カップを使う場合は、私の経験ではほとんど飛び散らないので、そのまま作業しましたが、詰まってしまって汚水がたくさんたまっている場合は、やはり飛び散る心配があります。 穴を開けたポリ袋やビニール袋をかぶせて作業することをおすすめします。 トイレ用吸引カップの先の部分を、便器の穴に入れ、押すときはゆっくり、引くときに力を入れる。 これは大型の水鉄砲のようなもので、便器にピタリとフィットすれば、水がなくても効果はありますが、フィットしない場合が多いので、一般的には吸引カップと同じように、水がある状態で使います。 水が引いていたら、バケツなどで水を入れ、吸引カップの上ぐらいまで水をためてから始めます。 もちろん詰まってしまって水がたまっているのならば、そのまま始めます。 使うときは、カップを穴部分に押しつけて、ハンドルを勢いよく引きます。 吸引力が強いので、詰まったものがゴボッと逆流して取れることもあります。 一度で詰まりが直らない場合は、何回がくり返しますが、ハンドルを押すとき、水の中でそのまま押すと水がはねるので、必ず水から出してゆっくり押すようにするのがコツです。 なお、ワイヤー式のトイレ用パイプクリーナーもありますが、便器によっては使えない場合も多く、ワイヤー式よりもポンプ式吸引カップのほうがおすすめです。 ポンプ式吸引カップのL型を押し当て、ハンドルを引く。 押すときは水から出してゆっくりと。 便器の水が流れていく部分の構造は、水がたまっている部分から上に上がって、そこから下に向かっています。 この上の部分の手前に固形物がある場合は、便器にバケツなどで水を入れながらくり返すと、水がきれいになるので、吸引カップなどで吸引してから、思いきって手を突っ込んでみると、詰まったものを取り出せる場合もあります。 水がたまっている部分から上に上がって、そこから下に向かっていて、便器と排水管はフランジと呼ばれる部品で接続されています。 フランジまで固形物が流れてしまうと、便器をはずして取るしかありません。 作業が大変になるので、専門業者に依頼することをおすすめします。 また、原因がわからない場合も含めて、吸引カップなどを試してみても直らない場合は、排水管での詰まりも考えられます。 このような場合も専門家に依頼するしかありません。 友人の家では、排水管の道路の近くで詰まっていたという例もあります。 詰まりが直っていない場合、ハンドルをまわして水を流すと、便器の水の水位が上がってきて、あわててしまうことになります。 必ずバケツなどで少しずつ水を流し、スムーズに流れるのを確かめてから、ハンドルをまわすようにしましょう。

次の