カンフー ハッスル 2。 カンフーハッスル

映画『カンフーハッスル』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

カンフー ハッスル 2

商品名 カンフーハッスル 品番 BLU-36423 JAN 4547462098436 リリース日 2015年4月29日 価格 2,381円(税別) メディアタイプ• Blu-ray 時間 約99分 カラーモード カラー 画面サイズ HDワイドスクリーン(2. 40:1) 1920x1080p 字幕仕様 日本語、英語 音声仕様 1. リニアPCM 5. 1chサラウンド オリジナル(広東語) 2. ドルビーデジタル 5. 1chサラウンド オリジナル(英語) 3. ドルビーデジタル 5. あらかじめご了承ください。 ご購入はこちら• 商品名 カンフーハッスル 達人之素 【2枚組】 品番 BP-210 JAN 4547462019608 リリース日 2005年7月16日 価格 7,600円(税別) メディアタイプ• DVD コンテンツ ・ DVD カンフーハッスル カラーモード モノクロ 字幕仕様 日本語、英語 映像特典 【DISC1:本編ディスク】 音声解説 TV特番『カンフーハッスル』メイキング オリジナル劇場予告編集 【DISC2:特典盤】 未公開シーン集 DVD発売記念イベント in 香港 チャウ・シンチーのインタビュー NGシーン集 フォト・ギャラリー集 TVスポット集 【封入特典】 「ありえねー。 あらかじめご了承ください。 ご購入はこちら• 商品名 『少林サッカー』 x 『カンフーハッスル』 奮発弐枚組 【2枚組】 品番 BP-213 JAN 4547462019868 リリース日 2005年7月16日 価格 6,980円(税別) メディアタイプ• あらかじめご了承ください。 ご購入はこちら• 商品名 カンフーハッスル/ベスト・キッド 品番 BPBH-1029 JAN 4547462099020 リリース日 2015年12月2日 価格 2,838円(税別) メディアタイプ• 本商品に収録されております『ベスト・キッド』は、既発売のブルーレイディスク(BLU-80112)と同一内容です。 あらかじめご了承ください。 ご購入はこちら• 商品名 カンフーハッスル 品番 BRS-36423 JAN 4547462034083 リリース日 2006年11月22日 価格 4,743円(税別) メディアタイプ• Blu-ray 時間 約99分 カラーモード カラー 画面サイズ HDワイドスクリーン(2. 40:1) 1920x1080p 字幕仕様 日本語、英語 音声仕様 1. リニアPCM 5. 1chサラウンド オリジナル(広東語) 2. ドルビーデジタル 5. 1chサラウンド オリジナル(英語) 3. ドルビーデジタル 5. あらかじめご了承ください。 ご購入はこちら• 商品名 カンフーハッスル コレクターズ・エディション 品番 OPL-36423 JAN 4547462069924 リリース日 2010年7月28日 価格 1,410円(税別) メディアタイプ• DVD 時間 約99分 カラーモード カラー 画面サイズ スクィーズ/シネスコサイズ 字幕仕様 日本語、英語 音声仕様 1. ドルビーデジタル 5. 1chサラウンド オリジナル(広東語) 2. ドルビーデジタル 5. あらかじめご了承ください。 ご購入はこちら• レンタル 商品情報• 商品名 カンフーハッスル レンタル専用 品番 BRR-36423 JAN 4547462051271 リリース日 2008年8月20日 メディアタイプ• Blu-ray 時間 約99分 カラーモード カラー 画面サイズ HDワイドスクリーン(2. 40:1) 1920x1080p 字幕仕様 日本語、英語 音声仕様 1. リニアPCM 5. 1chサラウンド オリジナル(広東語) 2. ドルビーデジタル 5. 1chサラウンド オリジナル(英語) 3. ドルビーデジタル 5.

次の

カンフー・パンダ2

カンフー ハッスル 2

新浪が伝えた。 【】 映画「カンフーハッスル」でヒロインを演じ、デビュー作でいきなりブレークしたホアン・シェンイー。 彼女をスターにした(周星馳)の元を離れてから、実業家でタレント活動もしている楊子(ヤン・ヅー)氏との関係が長年にわたってうわさされてきた。 だが先月になって、事態が急展開することに。 楊子氏が、ホアン・シェンイーとの間に2人の子供がいることを明らかにしたためだ。 さらにその直後、楊子氏は早くに前妻と離婚しており、ホアン・シェンイーへの「愛人」の汚名は事実ではなかったこと、2人が8年前に入籍していたことが明らかに。 再び世間を大きく驚かせている。 13日に開幕した第18回上海国際映画祭では、今回の騒動が始まってから初めて、ホアン・シェンイーがメディアの前に登場。 既婚の身であること、子供がいることを認めた。 しかし子供の名前や現在の生活については回答を拒み、「プライベートと仕事は完全に分けたい」とコメント。 今回、明るみになった衝撃的な事実については、「友人はじめ多くの人を驚かせ、失望させてしまった。 その点は深くおわびしたい」と語っている。

次の

カンフーハッスル : 作品情報

カンフー ハッスル 2

カンフーハッスル評価 カンフーハッスル 満 足 度 65. ZERO NO MAIL 3月 4日(金)14時42分11秒 アクションのクオリティは上がっており、シナリオの本筋は意外に真面目と感じた。 〜以下別作品の軽度ネタバレあり〜たとえば邦画の「地獄甲子園」はほとんど野球をやっていないところが大好きなわけですが、そういうバカバカしさを求めて映画館に足を運んだわけです。 個人的には「もう少し周星馳を見たかったという理由で「少林サッカー」に軍配。 ハリウッド資本の入った最初の映画で脇役に回った周星馳は、それはそれですごいけど。 ラスボスの蛙親父はブルース・リー亡き後、まがいものみたいに扱われていたブルース・リャンですが、仕立屋のホモ親父は、なんと映画「ワンチャイ」シリーズでお馴染みの実在の人物黄飛鴻の孫弟子趙志凌。 洪拳の家元で、米国武術界ではその盛名はブルース・リー以上というすごい人。 豚小屋砦の出っ歯の女の子もメイクで、素顔はとても美人。 映画の冒頭に出てくるやくざは馮小剛という中国の有名な監督さんだし、「よくこの役やらせたなあ」と感心してしまった。 周星馳の映画、大好きです。 ベタなギャグもいつもの出演者たちも、これを待ってたよ、という感じ。 ただ、本当に功夫の達人を集めたのにCGの使いすぎで何だか勿体ない気もしました。 生身のアクションがもっとあってもよかったのでは。 音楽はとてもノスタルジックで好きでした。 周星馳にはずっとこういう元気な香港映画を作り続けてほしいです。 当初は、ハッスルしすぎて全体のストーリをまったく無視した作品という意味での「ありえねー」だと勝手に予想していました^^;しかし、ちゃんとしたストーリーのなかで展開する「ありえねー」闘いの連続でしたw決してアクションだけのという片寄った作品ではなかったので良かったと思います。 僕はたまにはこういう好き勝手やるような作品や監督がいてもいいと思います。 CMだともっと笑えると思ったんだけど。 二人で大笑い!でも初めの方はちょっと残酷すぎ・・・息子は「帰ろう・・・」って言っていました。 でも途中から声を出して笑っていました。 感動はしませんでした。 伝説の武道家夫婦に星四つ。 あと血とか結構エグいので、お子さまにはお勧めしません、一応。 何でもありの映画ってしらけてしまうことが多いけど、こういう映画だと楽しいね。 影の薄いヒロインはストーリーと何の関係も無い。 主人公も感情移入できず。 荒唐無稽とでも云うべきか?あの特殊病院から、抜け出させた一人者のお姿・お身なりは、一昔前の、ドオクマンの漫画「花の応援団」の先輩のお姿を髣髴とさせ、懐かしかったです。 また、主人公への恋心を持った少女のエピソードも、お決まりでよかったですが、残念だったのは、主人公の特殊な力の源が良くわからなかった点です。 特に、交差点の真中の警察官の鉄製立哨場所(?)に手形がつくようなエネルギーが何所からきたのかの意味が、わかんなかった。 CM等で気になってた派手すぎなCGも気にならず、素直に楽しめました。 皆さんおっしゃっている通り、達人のおっちゃんおばちゃんがかっこいいこと><チャウシンチーがかすんじゃうぐらい目立ってました。 ネタバレ?シンチーが貧乏長屋で住民から戦う相手を指名するとこ、手足が以上に長い男とか筋肉隆々の少年とか、あれってCGですよね?なんか中国ならああいう人もいてもおかしくないなあっていうものがあるもので・・・。 ジャンプの格闘系マンガの集大成と考えれば、コメディータッチながらストーリーは意外とマジなのも納得。 ただ、敵味方のキャラクターが相互に使い捨てられながらエスカレートして行くのは、もちろん計算の上とは言え、その捨てっぷりがちょっと割り切り過ぎの感もあるのは確か。 ついて行けない人がいるのもわかる。 そんな中で自分が一番気に入ったのは中盤の刺客二人組。 まさに音のスタンド使い?無邪気な残虐趣味といい、キャラクターの過剰さといい、この映画、案外元ネタはそっちかも。 でもああいうおばちゃん大阪にいっぱいいるよね。 ゴールキーパー超出世したのはいいけど、あんな残酷なシーンの直後に踊られても笑えない…。 ていうか最初の残酷シーンはいらなかった気がする。 デブの人は何もしなかったね。 ワイヤーアクション期待してたんだけどなぁ。 ユエン・ウーピンのアクションにはホントいい加減飽きたけど、やはり人材は豊富なのでハリウッドよりずっと見ごたえがある。 もっとチャウ・シンチーの活躍シーン欲しかった。 エンターテーメントです。 シャウシンチーがへたれのまま終わってもいいかも、と思うほど、おっちゃんたちもおばさんもめちゃくちゃかっこよかった。 カンフー好きにはおすすめです。 パロディー風というかパクリのところは、香港映画にはなくてはならないものだよなあ、とわくわくしました。 なんだか昔のジャッキー映画(酔拳とか)を思い出して懐かしかったです。 少林サッカーも好きだけど、ちょっと笑いの要素は違うような気がします。 やくざのダンスと、半ケツの若者(少林サッカーにもでてたよね)は、一番お気に入り。 少林サッカーみたいにギャグがちりばめてるかなっと思った。 しかし、シリアスナトコロガありよかった。 達人3人と最後の達人がとてもいい。 達人3人組のアクションは本当に格好よかったです。 チャウ・シンチーのへたれっぷりも、可愛いーもう、大好き。 テンポが良かったせいか、残酷描写も後半はさほど気にならなくなりました。 実写版ドラゴンボール、その表現がぴったり。 ・・・でも、まぁ。 予告では軽い映画をイメージしていたが、ところが笑える映画でも有りシリアス映画でもあって、これがなかなか楽しい。 特にカンフーの技の応酬は、見ていて手に汗握ること間違いない!(カンフー好きには)以下面白いと思う点をいくつかあげてみる。 マトリックスやスパイダーマン、シャイニング。 主人公が強いはずなのになかなか本領を発揮せず、突然強くなるところは「えっ?」と思わなくもないが、最初からわかっていたことだし、まあ許せる範囲。 必要以上に笑ってる客がいたので、つられて笑ってしまった部分も多かったが、それを差し引いてもくだらなくて面白かった。 部分的には面白いところがかなりあるのに、通して観ると中盤あたりからダレてしまった。 サッカーのような破錠した作品を期待してたんだけど、なんだかまともな映画にまとまってて残念だったス。 「カンフーハッスル」には、いい意味で裏切られました。 「カンフーハッスル」というタイトルや予告編から、もっとお気楽な映画というイメージがあったけどそんなことなかったし、観る前に友人から「結構残酷な描写がある」と聞いていたので、そういうシーンもあまり気になりませんでした。 で、実際この作品、お気楽な映画どころかカンフーに対する熱い想いが感じられたし、ド派手な技の応酬など、映画ならではの楽しさに満ちた作品でした。 5くらいだけれど、四捨五入で5つです。 残酷なシーン多すぎ。 刀がビュンビュン飛ぶCGはカッコよかったです。 次から次へと惜しげもなくカンフーの達人が登場するのも、少年ジャンプ的で純粋に楽しく面白い。 アイス売りの少女や相棒のデブの扱いが中途半端なのと、愛すべき貧民街の住人(久本雅美煮のレディーや無表情な床屋)がいつのまにか物語から消えているのが残念だが、チャウ・シンチーにしてみれば、それらを犠牲にしてでもカンフーを中心にしたかったんでしょう。 きっと。 予告編やポスターを見てるとそんなに面白そうでもなかったけど、大いに期待を裏切ってくれました。 さえないオヤジたちが強いのがいい。 ただもっとメチャクチャやって欲しかったかな。 ただ、CGを使って、漫画的な表現をする。 というネタが、新鮮ではなくなってしまっているので、全体的な評価はこんなものです。 それぞれのキャラクター一人だけでも、一本の主役を張れるような設定の人々が、惜しげもなくでている点がよい。 ヒロインとのエピソードがこじつけに見えた。 もう少し挫折から覚醒までを作りこんでほしかった。 ありえね〜って感じの映画でした。 が、結果は大正解。 面白くて。 吹き替え版は基本的に嫌いなんだけどこれはレトロないい味を出していました。 はちゃめちゃだけどじーんとくるところもあって妙に懐かしい雰囲気もあった。 血がいっぱいとんだ割には後味もよかった。 「少年サッカー」も見てみたいです。 なんとういうか、まぁそういうノリです。 ああこの監督はヒーローものと漫画が好きなんじゃないかなぁなんて思いました。 今回は大家さん夫妻のインパクトが強すぎて主人公が地味でしたね。 せめて主人公が青年期も陰でひたすらカンフーの鍛錬に励むが、どうしてか強くなれない…みたいな伏線があれば劇的な変化に感動できたかも。 しかしツボはところどころ押さえてあったし私は笑えなかったが大家の奥さんとの追いかけっこなんかも周りの子供は楽しそうだったし広い世代に受ける作りではないでしょうか。 言葉は悪いですが、この監督は「不細工」からのギャップと魅力を旨く生かしてますね。 主人公よりも脇を固める役者さんたちの演技がとても良かったです。 他の皆さんも指摘していますが、ちょっとエグいカットは、いかがなものかと自分も感じました。 この映画を極上のエンターテイメントに仕立てる為にどうしても必要だったとは思えないカットが多すぎる。 こんなカットを入れたところで敵役が徹底的に非道に描かれているわけではなく、他にどうとでも出来そうなシーンばかり。 カンフーでの格闘シーンで少々血が出るくらいは覚悟もしていようが、これではちょっとウンザリだ。 って感じでした。 もちろん無理がありまくりの展開と超人技のオンパレードなんだけれども、笑いのテイストをふんだんにちりばめていることで、元から真に受けずに楽しめる作品でした。 (まぁギャグだけでなく残酷な場面も少なからずあったけれど)カンフーシーン、最後のはどうかとしてもw;全体的に爽快感あふれるもので、CGでも納得の出来でした。 個人的には2人組の楽器使う武術家と貧民街の達人との対決シーンが一番印象的です。 映像がカッコイイ。 ツイ・ハーク作品で育ったスタッフも多数参加してるのでテイストは似てますが香港映画では珍しく、脚本もコンポジットもかなり丁寧に仕上げているので、映画としての完成度は今回も抜群!(CGの進化もありますが、このタイプの香港映画でハラハラしながらカットの積み重ねを見なくてイイのは特筆モノ)大ヒットした「少林サッカー」を捨てての新作投入も職人的で好感が持てます。 引退した往年のカンフーマスターが、おじさんやおばさん役で多数出演してるのも良かった。 特に最強「火雲邪神」役は、何処かで見たことある目だと思ったら「帰って来たドラゴン」のブルース・リャンじゃないですか。 な、懐かしい〜。 シーンとしては、二人の暗殺者と大家のおばちゃんが釣り鐘を叩きながら戦ってるあたりが特に好きです。 チャウ・シンチー演じる主人公?が、後半急に強くなる所も、今までの王道をあえて外した展開で新鮮でした。 格闘シーンの豪快さを見て、すっきりとした気持ちで新年を迎えるのが正解でしょう。 難を言えば「少林サッカー」より主人公が目立たないため、前半かなりだれること。 あと、ハムナプトラとかシャイニングなどのパロディはどう考えても不要ですね。 そしたら、これが面白くてwマトのリロやレボよりも全然楽しめました。 なんか得した気分です。 (一緒に見た友人は、つっこみどころが多すぎてちょっと引いたと言っていましたが…。 )正月映画らしい映画です。 役者さんが大げさな手振りで大声でしゃべるところとかが昔好きだったいかにもカンフー映画でした。 確かにストーリーもアクションもありえねー展開でしたがジャンプ王道パターンみたいで好きです、シンチーは男前ですがその他は決して男前じゃないのにかっこよいのが不思議、ときにラスボスの笑う殺し屋なんて最初は汚いオッサンだなぐらいにしか思わないのに戦いはじめたらはコイツはツエーとビビリました。 もう、ハッキリ言ってストーリーとかもないです。 ラスト20分ぐらいまで主人公ほんと見せ場なし(笑わせる場面はありますが)驚いたのは、ゴールキーパーの大出世ッ!途中ぐらいまでは「実はコイツもカンフー達人じゃないんだろーか」と疑ってました(達人だったら殺し屋なんて雇わずに自分でやるハズだしね) でも、まるさんも書いてますが「CG」使いまくり。 ハッキリ言ってCG使ってない方が少ないぐらい。 あと、描写がけっこー残酷。 でも、なんか「笑い」で誤魔化されている部分もあるかも。 例えば、幼い頃の実家の近所のことを思い出してほしい。 小さい範囲ながらある関係があって、トラブルを起こしながらも、「ある一定の関係」を築いていく。 それは斜め向かいのおばさんがいつもガミガミ怒っていたり、それを鎮める隣のおじさんがいたり、そのおばさんの悪口を言う為に集まる他のおばさん集団がいたり、寄り合いでは意外とうまく意見がまとまったりするが、本当は不満いっぱいの奥さん集団がいたり、でもそんなに大きな事件が起こるわけでもない。 愛想笑い、近所の挨拶、どこにでもある、そんな「一定の関係」の中に、ひょんなことから近所のおばさんの過去がわかったりする。 実は、おばさんは元ミスジャパンだったり、おじさんは元サンタクロースだったり、しかしそれを隠して生活してるのは、表には出せない辛い過去があるからだ。 貧困層の街に住んでる人にもそういう過去を持った者がいる。 カンフーの達人が細々と暮らしている。 自分に勝てる人間はいないと言う蛙術の達人も軍隊の管理下に置かれ、何十年も厳重な扉の奥で生活している。 強い者は、顔も良くて、スタイルも良い、それこそブルースリーやジャッキーチェンだけではない。 若者の上にはやはり師範となる老人がいる。 この映画でも強い者はすべて歳をとっていて身なりも良くない、もっと言えば浮浪者に近い。 でも強いんだ。 カンフーハッスルは歳をとってもなお、強くあり続けている人間の話だ。 視覚効果は、少林サッカーよりもパワーアップしている。 「ありえねー」と思わせるカット割りはマトリックスも超えている。 マトリックスへのオマージュであるかのようにたくさんの黒スーツの男が達人達に戦いを挑む。 そしてシャイニングの有名なシーンもある。 廊下の奥にある扉から血が吹き出してくるあのシーンだ。 この扉の向こう側には何か恐ろしいものがあるというのを血が大量に流れ出すということで表現している印象的なシーンだ。 負けた者が勝った者に、許しを乞う。 勝った者は負けた者にどうして勝ったのかを教えると言う。 教えたら次は負けるかも知れないのに。 これが「戦い」を終わらせることなのかも知れない。 笑うところはたくさんあります。 それと、チャウシンチーも、映画に潜む、「あれ」を知っています。 冬休み最後ってこともあって映画館子ども多かったんですが、みんなバカウケでした。 子どものツッコミを聞くのも楽しかったし。 吹き替え版で、何も考えずにうははーと笑いに行くにはもってこい。 テンポも良いし、ストーリーが破天荒なのは最初から納得ずくだし。 だってそういう映画作ってるんでしょ。 人が死ぬシーンが多いという意見多いみたいですが、ハリウッド映画に比べれば全くといっていいほど気にならなかったです。 ギャグ映画ではあるけれど、人が死ぬシーンで死そのものを笑いにしているとは思わなかったから。 めっさおもしろかったです〜〜。 これでもかこれでもかのベタなギャグと、破天荒な、というよりめちゃくちゃなストーリー。 少林サッカーがダメだった人はハナから行っちゃダメっすね。 アクが強い映画だし、お金勿体ないよ??次もこの路線でぶっ飛ばして欲しいです。 一般受けするようならぶこめなんて撮らなくていいからね〜。 (撮れないか(笑))字幕じゃなく、吹き替え版でベテラン声優陣の見事なアフレコを楽しんできてください(笑)…つか、字幕あるんかな、これ。 お金掛けて作ったバカ映画が好きなので満点で。 一緒に見た友人は1800円勿体ないと言ってましたが。 まあ、そういう映画です。 人死にも多かったし。 でも、残酷なシーンはなかったです。 シルエットや柱でうまく隠してたし、あまりリアリティのないCG使ってたので。 それでも最初はちょっとひいて、「こりゃ星2つくらいかな〜」と思ってたのですが、後半の追い上げがすごくて、最後の15分は笑いっぱなしでした。 恋愛要素は少なかったけど、ラストシーンは大好きです。 もともとこう言ったおバカ映画は好みではあるが、なんか血ィどろどろのカンフー映画とギャグってヤツの組合せが、どうも自分にはなじめなかったって感じです。 主人公の相方が、ミスって主人公の肩だのなんだのにブスブス刃物を刺してしまうシーンとか、おもしろシーンであることはわかるけど、やっぱなんか笑えないよ。 それよりは、そんなに大した話ではないけど、小さい頃に生き別れになった主人公とその妹のエピソードの方が、自分としてはかえって印象に残った。 ラストのキャンディショップのシーンとか、平凡だけど好きな場面だなあ。 正直この監督さんの演出はかなり前から慣れが入ってるのでもう新鮮に感じないというか。 …危惧してたとおり素直に楽しめなかったな。 CGは使いすぎるとありがたみがなくなりますね。 楽しめましたが、映画にやはり大事なのはストーリーということを認識しました。 脚本がイマイチなため、やはり少林サッカーにはかなわない。 でも次回作も期待しています。 大好きです。 日頃の疲れも吹っ飛びました!周星馳、ダメダメくんで、かわいいです。 『食神』も大好きな映画です。 蛇拳とか酔券とか、よくテレビでみてたなぁと懐かしく思い出しました。 よく真似をして遊んだし。 オープニングから、ずっぱまりでした。 武侠小説読んでみたくなりました。 おじさん達がかっこよかったですね。 特に豚小屋砦の達人3人のカンフーは、昔よく観たユン・ピョウとかの映画を思い出させてくれました。 なんかタイミングの取り方というか、「間」とか「型」みたいなのが懐かしかった。 チャウ・シンチーはあんまり活躍した感がないけど、でも彼はそれでいいんでしょうね。 あの人達とこういう映画を作ったってことで。 最後のシーン好きでした。 元ネタが全然判らなかったけどそれなりに楽しめたし、残酷シーンが多いのや、妙に狙ったシーンが多いのも十分受け入れられました。 正月娯楽としては、いい出来だったと思います。 何てことつらつら書いてますが、本当に面白かったですよ。 ダサキャラがかっこいい?技を繰り出すあたりがなんともいい感じだった。 ギャグもよかったし満足。 笑えるシーンが無く主人公が目立たない、最後にいきなり強くなるのも不可解。 以下、若干ネタバレ…回復力の高い体質というのは、何の説明もありませんが、武侠小説には良くある設定です。 幼いころに学んだ武術が、毒蛇などの猛毒や、達人の攻撃を受けることなどで開花するというのも、定番。 (「ドラゴンボール」の「サイヤ人」が近いかもしれません)細かいギャグも、金庸の武侠小説からのものが多かったです。 (大家夫婦の名や、ラストで老人が売っていた教本などもここからです)笛や琴などの楽器での攻撃も、武侠小説の中ではよく出てくるのですが、ここまで見事に映像化している作品は少ないと思います。 (カンフー映画については、パンフレットなどに書いてありますので割愛)個人的にはこの映画は、武侠・功夫映画の一区切りを付けた作品だと思います。 やっぱ字幕版より画面に集中できていいわ。 おっさんがカンフーによってカッコよく見えるのがこの映画の肝。 純粋にカンフーのカッコよさが伝わってくる。 前半7点、後半3点、マトリロやマッハに並ぶ傑作。 終盤の強引さが前半の素晴らしすぎる出来の足を引っ張ってる。 まあ主人公が活躍しないで終わるよりはいいか。 飴屋での再会シーンはなぜか感動的。 シンチーって男前なのに、どうしてあんなに「負けキャラ」が似合うんでしょうね?ストーリー云々という話がありますが、チャウ・シンチーの映画っていつもあんな感じですよ。 「食神」といい、「少林サッカー」といい、すべてカンフーで丸く収めてめでたしめでたし、です。 だって、シンチーって夢が「一流監督」でも「一流俳優」でもなく、「一流カンフーマスター」だもん。 私は「少林サッカー」と同ベクトルで観にいって良いと思いますが・・・。 途中の3人の達人のアクションは良かったのに、シンチーのはチョットだめだったかな。 この作品を観るとチャウ・シンチーは完全にこの芸風(作風?)をモノにしましたね、凄いです。 ラストに全部持っていっちゃうチャウ・シンチー(その割にはカンフーアクションが一番下手)とか気にいらないところはあるんですが(できればあのまま脇役でいてほしかった!)冒頭部分の演出などは本当にカッコよく鳥肌が立ちました。 あの村?の女ボスのおばちゃんが綾戸智絵(ときどき北陽の虻ちゃん)に見えました。 シナリオにもこれといった破綻があったような感じはしませんでしたし、友達同士でお正月に観る映画としては、まぁまぁのレベルなんじゃないでしょうか。 ただ、後半の展開は下のHULさんがおっしゃっているとおり、展開を少し急ぎすぎているような感じがしてしまったのは残念。 まぁ、笑いのツボは人によって違いますので、なんとも言えないのですが、僕としてはサービスデイ価格で十分の映画かな、という感じ。 途中の3人の達人によるカンフーのシーンは気持ちいいほどリズム感があったし、ワイヤー使ってようとアクションはやっぱりかっこいい! 面白いシーンもたくさんありましたが、ただ無邪気に笑うには(肉体的)痛さが想像できてしまうとこがありすぎでした。 露骨なグロシーンはないんだけど…。 が、嫌な気分にする映画じゃありませんでした。 展開のめちゃくちゃさも楽しかった。 (「ありえねー!! 」のCMはうるさいと思います。 しかし人がバタバタ死んでいき残酷なシーンが多く笑えなくなってしまった。 主役の出番が少ない上にヒロインも刺身のつま程度。 正直期待はずれでした。 爽快感は確かにあまり無いけどエンターテイメントとしては良く出来てる。 出演者もそうだけど、シャウシンチーがすごく往年のカンフー映画を尊敬しているんだという事がよくわかる作品です。 だけど「少林サッカー」のファンの期待を大きく裏切らないよう前作で出演している人たちはたくさん出てくるし、生身の戦いも余すとこなく見せつつ、バランス良くCGアクションも出してるところがすごく好感が持てた。 ちょいとネタバレ前半から中盤にかけてシャウシンチー自体がほとんど目立たずに裏方に回った作品なのかと思ったら最後はおいしいところを持っていってしまったところがあまり気に入らなかったので星一つ減らしました。 以下ネタばれ 演出は素晴らしく面白いし大好きなんだけど、少し血が多すぎたなー。 この辺は趣味の域で僕は否定派です。 狙いが笑いだとすればそのことで笑えなくなってしまいました。 もちろん爆笑シーンもあり、声を出して笑いましたが、なんかそういう部分で相殺。 また、狙いが痛快さだとすれば主人公が強さに目覚めるのがやや急ぎ過ぎな感が。 もともと強くなる資質を持ってたのはまあ良しとして。 良心に目覚めた後の主人公の努力が見たかった。 急にいい人になっちゃうし。 例えばパワーを使いこなせず敵と戦っていくうちに覚えていくって展開とか。 ジャッキー映画お約束の修行シーンを見て育った僕にはちょっとラクし過ぎでは?って感じがどうしても拭えませんでした。 生まれたての子馬のようなひたむきさが欲しかったのです。 下の方が言ってるように主人公の出番が少なく、今ひとつキャラがたってませんでしたね。 劇場であれほど笑い声を聞けたのは久しぶりな気がしますただ、下の方も言ってるようにこの主人公が主人公にしては出番が少なくてキャラが弱く感じてしまったのが残念でしたね。 ただ笑わせる為だけの映画じゃないところをあえて作ったクリエイター魂。 さすがシンチーです。 細かい部分に小ボケがあって、こみ上げる笑いのオンパレードだった。 ただ少林サッカーのような爽快感は無かったかな。 主人公が全然目立っていないで終盤にちょっと上手くいきすぎな感じも・・・。 前半のアクションシーンは体が熱くなりました。 お正月映画としては頭空っぽにしてみれて、なかなか良かったです。

次の