参議院 議員 通常 選挙。 参院選(参議院議員通常選挙) | 選挙ドットコム

第2回参議院議員通常選挙

参議院 議員 通常 選挙

が(22年)に閉会となり、これに伴う同日の臨時で(22年)公示とする日程が決まった。 (16年)施行ので当選した議員が改選対象となった。 にとっては後、初のとしての大型国政選挙であり、にとってはの立場として初の大型国政選挙である。 参院選までの動向 [ ] 前年((21年)執行)のでは、が歴史的な大勝を収め、が実現。 同年にはが発足した。 しかし他方で、民主党ののの虚偽記載問題が再燃し、また、鳩山首相自身にもからの多額の生前贈与に対して、を納めていなかった事実が発覚。 自民党時代から続く「政治とカネ」を巡る不信に加え、鳩山よりも小沢に実質的な権力が集中する「二重権力構造」や、選挙支援と引き換えに予算配分を行う小沢の政治手法などが党内外で問題視されるようになると、内閣支持率は一転、下降の一途をたどることとなる。 2009年(平成21年)11月、行政の無駄をあぶりだすことを目的にがおこなわれ、これについてはからおおむね好意的な評価を受けた。 しかし、民主党実行のためにやなどの新たな歳出や、不況による税収落ち込みもあって平成22年度予算では過去最大となる44兆円のを発行するに至った。 同時期、並行して深刻な問題となり始めていたのがのであった。 移設先を「最低でも外が期待される」として総選挙を戦った鳩山は、地元及びが合意していた、沖縄県沿岸部()へ移設する現行案を一端白紙に戻し、沖縄県外・国外移設の道を探っていた。 社民党の連立政権離脱、鳩山首相と小沢幹事長の辞任と菅内閣発足 [ ] 鳩山内閣の支持率 不支持率 赤 支持率 青 世論調査結果 しかし、安全保障上の制約から県外移設を断念。 結局、現行案のキャンプ・シュワブ沿岸部にほぼ戻る形で改めて日米合意を取り付け、鳩山は共同声明発表の場で謝罪する。 民主党・・によるで政権が運営されていたが、沖縄県のにおいて、でを拒否した社民党のが、消費者・少子化担当大臣をされたことを受け、社民党は8か月で連立解消を決定、からに戻った。 これにより、与党が過半数維持に必要な議席数が3党()で54議席以上から、2党()で56議席以上と増加し、維持が難しくなった。 さらに追い討ちをかけたのが、における政府の初動対応の遅れと、への責任転嫁であった(これは実際の選挙結果で、を含めた九州ブロック内の選挙区においてを除き全ての選挙区に自民党が議席を持つという事態に繋がったとされる)。 鳩山首相のままでは参院選を戦えないという改選対象の民主党参院議員の不満が高まり 、鳩山へのがでた場合、民主党からも造反者が出て可決されかねず、政権運営が困難になる可能性が高まった。 にが民主党での発言を求め、及びからの職を退くと辞意を表明 、も共に辞意を表明。 これを受けて、2日後の4日に急遽が実施され、が勝利、同日の国会に於いてによって第94代に指名され、にを組閣、のを経て正式に就任した。 代表・は、今国会での郵政改革法案の成立が廃案、先送りになった責任をとり組閣早々に辞任。 しかし、政権は離脱しなかった。 後任には同党の幹事長が就任した。 参院選の任期切れ目前で首相が交代したため、の性格を見せたが、内閣発足から34日目で参議院通常選挙の投票日に入ったのは、歴代最短記録である。 自民党の分裂と政党乱立 [ ] (平成21年)ので大敗しに転じたからは14人の現職国会議員と11人の元職国会議員の計25人が離党した。 その一部がこの参院選をにらんで新党を立ち上げた。 は「郵政民営化」に反対した事で自民党を離党したが代表となり、これに元財務大臣のらが自民党を離党して加わり、5人のを確保して「政党」となった。 また、のがこれとは別に発起人・応援団長として加わっている。 10議席以上の確保を目標にしている。 は、批判を繰り返していたと一部議員が自民党を離党し、衆院選後自民党と連立会派を組んでいた改革クラブに加わり、これを名称変更するかたちで発足。 自民党との連立会派を解消し、舛添が代表となった。 比例区での10議席確保を目標にしている。 これに反発したとが改革クラブを離党した。 これらの党に加え、2009年衆院選前から存在した国民新党((平成17年)結党)、みんなの党((平成21年)結党)も存在し、2010年4月に地方首長を中心としてが結党されるなど、勢力から多くのが乱立した。 一連の離党の動きに対し、自民党執行部、特にのが強く批判。 離党した現職および元職の国会議員の内、党紀委員会での審査を経て6人(、、、、 、 )に対して処分が下された。 特に与謝野と舛添の除名が注目されたが、党紀委員会では政党票で当選した比例選出議員であることや新党結党首謀者として他の自民党国会議員に対して新党結党のために自民党離党を促したことを反党行為とされた。 政党・政治団体の動き [ ] 与党 [ ]• は、党代表が、で獲得した50議席、あるいは現有の54議席が勝敗ラインであると言明した。 6月22日、与野党9党首による討論会が日本記者クラブ主催で開かれた。 菅は参院選の目標議席について、「現有54議席プラスアルファのアルファを大きくすることに全力を挙げる」と述べた。 菅は、参院選で与党が過半数に達しなかった場合、「どの党か、どの勢力か分からないが、いろんな人と話をしないといけない」と述べ、連立の組み替えをさぐる考えを表明。 自民、公明、社民、みんな、共産の5党は民主党との連立を否定した。 は「反対」、「選択的制度反対」、「改革」の明確なテーマをかかげ、ポスターにも記入するなど保守層を意識した選挙戦略をとる方針を立てた。 野党 [ ]• は「民主党の単独過半数を阻止し、与党を過半数割れに追い込む」ことを目標とした。 勝敗ラインは示さなかったものの、総裁は参院選で自民党が敗れれば辞任する意向を示した。 は選挙区での全候補当選など前回並みの議席数を目標とした。 また、地方組織が地域事情で自民党と選挙協力することを容認した。 は比例区での5議席確保と以来となる選挙区当選を目指した。 は比例区での3人以上の当選と選挙区での3人以上の当選を目標とした。 与党との選挙協力については各地域の事情を考慮して検討するとした。 は代表のが10議席以上の確保を目標にし、政界再編を仕掛けていく姿勢をみせた。 諸派 [ ]• 国会でと協力関係にある、は比例代表の事前説明会に出席し、立候補の構えをみせていた。 しかし、新党日本は代表のが「第三極を育成する必要性を痛感した」旨の発言を行い、この選挙までに衆議院において民主党との統一会派を解消し、新たに国民新党と統一会派を組んだ。 もっとも、この両者は参議院では民主党と統一会派を組んでいる。 新党日本は後に立候補者を擁立しないことを発表した。 中央政界の動きに反発した地方自治体の長や議員の一部とその経験者らはを結成。 5議席以上の獲得を目標とした。 「」を母体とし、前年衆院選に大量の候補者を出したものの議席を獲得できなかったは、がおもてからは一歩引き、候補者を絞り込んだうえで再度挑戦する意思を示しているが、参院選に向けて就任したはずの党首がわずか1週間で交代するなど、流動的な要素も残されていた。 のちに、新党改革結成に加わらなかったが入党し、国会で初めて議席を獲得したことで態勢を立て直し、党勢拡大を目指した。 、 、は参院選に初参加。 、 、 、(旧:日本スマイル党)は前回に引き続き候補者を擁立した。 は最終的に候補者の擁立を見送った。 ほかに「にっぽんボランティア党」が複数の候補擁立を表明 したものの、最終的に断念した。 委員長(当時)のが民主・社民・社大推薦でから出馬予定だったが、を巡る民主党の迷走などを理由に断念した。 代わりに社民党系のが出馬したが落選した。 選挙データ [ ] 内閣 [ ] (第94代) 公示日 [ ]• (22年) 投票 [ ]• (22年) 有権者数・投票率など [ ] 投票総数 有効投票数 無効投票数 無効投票率 60,254,100 58,400,808 1,853,292 3. 08 都道府県別投票総数、有効投票数、無効投票数(選挙区)より抜粋 選挙制度 [ ] 改選数 [ ]• 選挙区• 2人区(改選1、単記投票) - 29(参照)• 4人区(改選2、単記投票) - 12(北海道・宮城・福島・茨城・新潟・長野・岐阜・静岡・京都・兵庫・広島・福岡)• 6人区(改選3、単記投票) - 5(埼玉・千葉・神奈川・愛知・大阪)• 10人区(改選5、単記投票) - 1(東京)• 全国比例区• 予算は前回より約90億円減額の436億円、総務省は削減の徹底を求めている。 の選挙経費は国負担額を規定したの改正が間に合わなかったため、法律根拠に合わない国庫支出額が算出されてしまった。 党派別立候補者数 [ ] 第22回参議院通常選挙 党派別立候補者数 党派 候補者数 改選数 公示前 勢力 合計 選挙区 比例 106 61 45 54 116 84 49 35 38 71 20 3 17 11 21 64 46 18 4 7 9 2 7 3 6 12 7 5 5 6 14 8 6 3 5 13 4 9 1 3 44 21 23 0 1 24 19 5 0 1 10 4 6 0 0 1 1 0 0 0 1 1 0 0 0 1 1 0 0 0 1 1 0 0 0 1 1 0 0 0 1 1 0 0 0 10 0 10 0 0 無所属 21 21 - 1 4 合計 437 251 186 121 241 437人が立候補した。 立候補者数は選挙区に251人、比例区に186人の計437人となった。 立候補者数は、第21回参議院議員通常選挙の377人(選挙区218、比例区159)を上回った。 民間団体による候補者アンケート [ ]• が、7月3日に の結果を公開している。 選挙の主な争点・焦点 [ ]• 増税問題• ・戦略• 鳩山由紀夫・小沢一郎の政治とカネの問題• おける政府の対応。 各政党のPR・マニフェスト等 [ ] 各政党のキャッチコピー [ ] 政党 キャッチコピー 民主党 元気な日本を復活させる。 国民新党 本格保守 自民党 いちばん。 公明党 公明党だからできる、『クリーンな政治。 』『声の届く政治。 』『新しい福祉へ。 各政党映像CMでのプロモーションを下記に記す。 政党 テレビCM 民主党 - チャンネルより 国民新党 - チャンネルより 自由民主党 - チャンネルより 公明党 - チャンネルより みんなの党 - チャンネルより 政党 インターネットCM 自民党 - チャンネルより その他 [ ] 近年の選挙ではそれまでの選挙公約から、政権公約「」を提示する流れがあったが、(21年)執行のでを獲得したが、自身の提示したマニフェストの殆どを実行に移せず、結果「マニフェスト」という言葉にも、マイナスイメージを持たれる事となった。 そのため、を中心に「マニフェスト」という言葉を、主語として使用するのを避け、「いわゆるマニフェスト」という言葉を語尾に付けた。 一方では独自に「アジェンダ」と言う言葉を使用した。 民間団体によるマニフェストの評価 [ ]• は、『』を発表している。 は「政権100日評価」や「民主党政権9か月評価」などを発表。 は、「」(2010年6月20日)を開催。 経済同友会、連合、日本青年会議所、PHP総合研究所、言論NPO、日本総合研究所、チーム・ポリシーウォッチ、全国知事会の8団体が検証結果を発表。 選挙の結果 [ ] 選挙の結果、前回2007年のと同じく参議院で与野党が逆転し、・は少数となった。 これにより、できない完全なとなった。 与党 [ ] 民主党 [ ] 民主党は現職のなどの大物議員が落選し、特に勝敗を分けるでは8勝21敗 と党勢は後退した。 複数区では前の方針で2人の候補が擁立されたが、とを除き1人の当選にとどまった。 なお、複数区で候補者が共倒れ(両方とも落選)することは無かったが、残りの1議席を、民主党の公認候補同士で争うケースが見られた。 得票数・得票率では全政党中第一位を保持し、選挙後の党派別議席数でも第一党を維持した。 国民新党 [ ] 同じく与党である国民新党は比例区でが40万票余りを獲得したものの、議席の確保には至らなかった。 野党 [ ] 自民党 [ ] 野党第1党であるは1人区で21勝8敗と大勝、複数区でも2人の候補を擁立した東京都選挙区とで片方が落選した以外は全員当選し、公示前から13議席増の51議席を獲得し復調、改選第1党となり前年の後続いていた党勢の衰退に歯止めをかけた。 なお、自民党が参議院選挙で改選第1党となったのは()以来の9年ぶりであり、選挙区での39議席獲得も第19回参院選に迫る獲得議席数である。 しかし、比例区では12議席しか獲得できず、結党以来の最低記録の14議席(()・())をさらに下回る結果となった。 その他野党 [ ] 注目された第三極は、が選挙区・比例区合わせて10議席を獲得し改選第3党となった反面、新党ブームで誕生したは4議席減らし(但し、引退が3名)、も現有議席維持にとどまった(共に比例区で1議席のみの獲得)。 また、組織票を持っている、、も議席を減らすなど、みんなの党の独り勝ちの様相を呈した選挙となった。 しかし、そのみんなの党も選挙区での議席獲得には伸び悩みを見せた。 公明党の候補者のいない選挙区である千葉県、神奈川県、愛知県では順調に得票を伸ばし千葉県と神奈川県で議席を獲得したが、埼玉県では比例区では公明党よりも得票率が高かったのに選挙区では比例区よりも得票を減らし、結果として公明党の後塵を拝して落選した。 東京都でも比例区では92万票を獲得しながら選挙区では65万票しか獲得できず最下位5位での当選となり、この選挙での浮動票を多く獲得したと言われるみんなの党が比例区と選挙区ではその様子が微妙に異なる結果となった。 諸派・無所属 [ ] は前年の衆院選と同じく全ての選挙区・比例区で供託金没収点を下回り全員落選した。 は東京都選挙区に出馬したが20万票以上、比例区ではが12万票余りを獲得するも及ばず、議席を獲得することが出来なかった。 その他の(、、、、、、)やの当選者もゼロとなった。 投票率 [ ]• 選挙区 57. 比例区 57. 059 31. 342 38. 492 1. 000 0. 551 33. 342 39. 422 24. 000 33. 739 13. 000 3. 369 13. 485 10. 590 6. 000 7. 155 3. 000 1. 336 2. 000 0. 190 2. 000 1. 162 0. 000 0. 924 1. 000 0. 072 2. 887 66. 557 60. 438 100. 899 100. :比例代表414,962. 935 0. :比例代表493,619. 989 0. 000 0. 得票数に関する出典• 得票数における小数点以下の数字は。 政党別の投票数と当選者数の逆転現象 [ ] 選挙区の得票数と比例代表の得票数の両方で民主党が自民党を上回っているが、獲得議席数では逆転している。 これは、民主党が2人区以上では基本的に2人の候補者を擁立したが自民党は逆に2人擁立区は東京・千葉の2選挙区でしかなかったことが原因の1つである。 また、選挙の争点として、「民主党を中心としたがの過半数を獲得するか」が最大の争点となり、民主党批判票は1人区では自民党候補に集中し1人区で民主党が惨敗した。 3人区以上では自民党、公明党、みんなの党に票がバランス良く票が分散したため、3人区では自民党、民主党各1人ずつ当選で後の議席をみんなの党、民主党、これに公明党で争う展開となり、民主党の落選が増える結果となった。 一方、2人区では民主党と自民党が議席を分けあい無風に近い状態となった。 民意は民主党政権に一時的に待ったをかける結果となった。 過去の参議院選挙においても、などで、が負けた場合にこのような票の動きが起きている。 民主党と自民党の得票数・率及び議席数 党派 比例代表 選挙区 合計 議席 得票数 得票率 議席 得票数 得票率 議席 18,450,139. 059 31. 342 38. 422 24. 000 33. 400 30. 050 40. 900 28. 000 46. 300 12. 500 11. 910 3. 700 53. 3人区以上での民主党、自民党、公明党、みんなの党の得票数・率及び議席数 党派 比例代表 選挙区 得票数 得票率 得票数 得票率 議席 候補者 7,247,797. 000 31. 290 37. 900 20. 000 22. 900 13. 000 9. 500 15. 580 14. 300 49. 選挙区 当選者 当選政党 欠員 欠員政党 欠員事由 自民党 自民党 出馬 比例代表選出議員 [ ]• この選挙で返り咲き [ ] 自民党 [ ]• たちあがれ日本 [ ]• この選挙で引退した議員 [ ] 民主党 [ ]• 自民党 [ ] 自民党の場合、ほとんどは党規定にもとづく「定年」(比例区で70歳、選挙区は各都道府県連の判断に委ねる)にひっかかったがゆえに引退を余儀なくされた議員である。 この定年制により、立候補断念に追い込まれたり、他党に転じてこの選挙にのぞむことを表明したりしたケースもみられた。 公明党 [ ]• 社会民主党 [ ]• 国民新党 [ ]• 新党改革 [ ]• 無所属 [ ]• この選挙で落選した議員 [ ] 民主党 [ ]• 自民党 [ ]• 公明党 [ ]• 日本共産党 [ ]• 国民新党 [ ]• 新党改革 [ ]• たちあがれ日本 [ ]• 無所属 [ ]• 選挙特別番組 [ ] テレビ番組 [ ] 地上波放送• 『』放送時間 19:55 - 翌4:30(司会:ほか)• 同日行われた 対はNHK教育テレビジョンで放送した。 ・(CS)『』放送時間 19:58 - 翌2:00(司会:・・ほか)• 日テレNEWS24(CS) ・日本テレビ『』放送時間 翌2:00 - 5:20(キャスター:・・・・渡部真希子ほか)• 『』放送時間 19:57 - 翌3:30(司会:、、ほか)• 『』放送時間 19:57 - 翌2:30(メインキャスター:、スペシャルコメンテーター:ほか)• (版 キャスター:・、解説:・、コメンテーター:・ほか)• 『』放送時間 19:54 - 22:24(総合司会:、アシスタント:、ゲスト:・・・)• 『』放送時間 22:24 - 23:54(総合司会:ほか)• 『』放送時間 19:58 - 翌2:00(総合キャスター:・、出演:・・・ほか)• 『2010参議院議員選挙「改革と混迷、いま再び信を問う」』• 『すべて見せます! 最終議席まで』• 『政治決戦! 選択の時2010』 ラジオ番組 [ ] AM• - 『』放送時間 19:55 - 翌5:00• - 『ザ・選挙2010 どうなるニッポン 参院選開票スペシャル』 放送時間 19:55 - (出演:、、、、ほか)• - 『ロンドンブーツ1号2号 田村淳の選挙クラブ〜あなたの本音をぶつけてください! 』 放送時間 19:40 - 翌0:30 (出演:、、ほか)• - 『黒岩祐治と池上彰のまるわかりニッポン! 参院選開票スペシャル』放送時間 20:00 - 翌1:30 (メインパーソナリティ:アナウンサー コメンテーター:、池上彰 出演:) FM• - 『』放送時間 23:30 - (出演:、、、、)• - 『参院選開票速報』放送時間 1:00 -• - 『』放送時間 19:55 - 翌3:20 インターネット [ ]• - (キャスター:・、出演:・・・・・ほか、情報提供:) インターネットの特集サイト [ ]• e国政 - - Powered by• - -• - 同一日に実施した選挙 [ ] 地方首長選挙 [ ]• 長選挙• 長選挙• 長選挙• 長選挙• 長選挙 地方議会選挙 [ ]• 議員補欠選挙• 議員補欠選挙• 議員補欠選挙• 議会議員選挙• 福井県議会議員選挙• 議会議員選挙• 茨城県議会議員選挙• 東京都議員補欠選挙 選挙期間中に行われた選挙 [ ] 地方首長選挙 [ ]• 長選 地方議会選挙 [ ]• 議会議員補欠選挙• 議会議員補欠選挙• 議会議員選挙 出典 [ ]• 2010年5月5日. の2010年5月7日時点におけるアーカイブ。 2010年7月1日閲覧。 中村篤志; 鈴木直 2010年6月2日. 2010年6月2日閲覧。 [ ]• [ ](民主党公式ホームページ)• 2010年6月11日. の2010年6月13日時点におけるアーカイブ。 2010年7月1日閲覧。 2010年6月11日. の2010年6月13日時点におけるアーカイブ。 2010年7月1日閲覧。 産経新聞. 2010年4月11日. の2010年4月16日時点におけるアーカイブ。 2010年7月1日閲覧。 2010年6月9日. 2010年7月1日閲覧。 [ ]• 毎日新聞. 2010年2月26日. の2010年3月15日時点におけるアーカイブ。 2010年3月14日閲覧。 読売新聞. 2010年3月14日. 2010年7月1日閲覧。 [ ]• 2009年10月14日. 2010年7月1日閲覧。 社会民主党. 2010年2月3日. 2010年7月1日閲覧。 広川高史 2010年2月24日. 2010年7月1日閲覧。 毎日新聞. 2010年6月17日. 2010年7月1日閲覧。 [ ]• プレスリリース , 世界経済共同体党, 2010年5月21日 , 2010年7月1日閲覧。 (公式サイト)• プレスリリース , 維新政党・新風, 2010年5月17日 , 2010年7月1日閲覧。 2010年6月6日. の2010年6月7日時点におけるアーカイブ。 2010年7月1日閲覧。 [ ]• 信濃毎日新聞. 2010年6月19日. 2010年7月1日閲覧。 は公示日の翌日()から投票日の前日()までの間に可能、午後8時まで。 自治体によっては開票所への迅速化を理由に繰り上げる選挙管理委員会がある。 2010年7月10日夕刊3版17面• 産経新聞2010年6月20日配信記事• 当初は10名が立候補をしていたが、後に、1人が公認取り消し( [ ])。 比例候補者1人をたちあがれ日本が除名し比例代表名簿登載者から削除されたため。 ( [ ])削除前は立候補者数は選挙区に251人、比例区に187人の計438人• [ ]• [ ] サンケイビズ 2010年6月25日• (2010年3月6日時点の)• [ ]• 「不戦敗」のを含む。 番組制作局。 日本テレビ以外の一部地上波系列局およびでも同局のCS再送信として一部または全編放送。 プレスリリース , , 2010年7月9日閲覧。 [ ]• 』] - 文化放送公式サイト• が22:30-23:00を除きネット [] 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキニュースには に関連するニュースのカテゴリがあります。 ウィキソースに の原文があります。 外部リンク [ ]•

次の

第22回参議院議員通常選挙

参議院 議員 通常 選挙

が(22年)に閉会となり、これに伴う同日の臨時で(22年)公示とする日程が決まった。 (16年)施行ので当選した議員が改選対象となった。 にとっては後、初のとしての大型国政選挙であり、にとってはの立場として初の大型国政選挙である。 参院選までの動向 [ ] 前年((21年)執行)のでは、が歴史的な大勝を収め、が実現。 同年にはが発足した。 しかし他方で、民主党ののの虚偽記載問題が再燃し、また、鳩山首相自身にもからの多額の生前贈与に対して、を納めていなかった事実が発覚。 自民党時代から続く「政治とカネ」を巡る不信に加え、鳩山よりも小沢に実質的な権力が集中する「二重権力構造」や、選挙支援と引き換えに予算配分を行う小沢の政治手法などが党内外で問題視されるようになると、内閣支持率は一転、下降の一途をたどることとなる。 2009年(平成21年)11月、行政の無駄をあぶりだすことを目的にがおこなわれ、これについてはからおおむね好意的な評価を受けた。 しかし、民主党実行のためにやなどの新たな歳出や、不況による税収落ち込みもあって平成22年度予算では過去最大となる44兆円のを発行するに至った。 同時期、並行して深刻な問題となり始めていたのがのであった。 移設先を「最低でも外が期待される」として総選挙を戦った鳩山は、地元及びが合意していた、沖縄県沿岸部()へ移設する現行案を一端白紙に戻し、沖縄県外・国外移設の道を探っていた。 社民党の連立政権離脱、鳩山首相と小沢幹事長の辞任と菅内閣発足 [ ] 鳩山内閣の支持率 不支持率 赤 支持率 青 世論調査結果 しかし、安全保障上の制約から県外移設を断念。 結局、現行案のキャンプ・シュワブ沿岸部にほぼ戻る形で改めて日米合意を取り付け、鳩山は共同声明発表の場で謝罪する。 民主党・・によるで政権が運営されていたが、沖縄県のにおいて、でを拒否した社民党のが、消費者・少子化担当大臣をされたことを受け、社民党は8か月で連立解消を決定、からに戻った。 これにより、与党が過半数維持に必要な議席数が3党()で54議席以上から、2党()で56議席以上と増加し、維持が難しくなった。 さらに追い討ちをかけたのが、における政府の初動対応の遅れと、への責任転嫁であった(これは実際の選挙結果で、を含めた九州ブロック内の選挙区においてを除き全ての選挙区に自民党が議席を持つという事態に繋がったとされる)。 鳩山首相のままでは参院選を戦えないという改選対象の民主党参院議員の不満が高まり 、鳩山へのがでた場合、民主党からも造反者が出て可決されかねず、政権運営が困難になる可能性が高まった。 にが民主党での発言を求め、及びからの職を退くと辞意を表明 、も共に辞意を表明。 これを受けて、2日後の4日に急遽が実施され、が勝利、同日の国会に於いてによって第94代に指名され、にを組閣、のを経て正式に就任した。 代表・は、今国会での郵政改革法案の成立が廃案、先送りになった責任をとり組閣早々に辞任。 しかし、政権は離脱しなかった。 後任には同党の幹事長が就任した。 参院選の任期切れ目前で首相が交代したため、の性格を見せたが、内閣発足から34日目で参議院通常選挙の投票日に入ったのは、歴代最短記録である。 自民党の分裂と政党乱立 [ ] (平成21年)ので大敗しに転じたからは14人の現職国会議員と11人の元職国会議員の計25人が離党した。 その一部がこの参院選をにらんで新党を立ち上げた。 は「郵政民営化」に反対した事で自民党を離党したが代表となり、これに元財務大臣のらが自民党を離党して加わり、5人のを確保して「政党」となった。 また、のがこれとは別に発起人・応援団長として加わっている。 10議席以上の確保を目標にしている。 は、批判を繰り返していたと一部議員が自民党を離党し、衆院選後自民党と連立会派を組んでいた改革クラブに加わり、これを名称変更するかたちで発足。 自民党との連立会派を解消し、舛添が代表となった。 比例区での10議席確保を目標にしている。 これに反発したとが改革クラブを離党した。 これらの党に加え、2009年衆院選前から存在した国民新党((平成17年)結党)、みんなの党((平成21年)結党)も存在し、2010年4月に地方首長を中心としてが結党されるなど、勢力から多くのが乱立した。 一連の離党の動きに対し、自民党執行部、特にのが強く批判。 離党した現職および元職の国会議員の内、党紀委員会での審査を経て6人(、、、、 、 )に対して処分が下された。 特に与謝野と舛添の除名が注目されたが、党紀委員会では政党票で当選した比例選出議員であることや新党結党首謀者として他の自民党国会議員に対して新党結党のために自民党離党を促したことを反党行為とされた。 政党・政治団体の動き [ ] 与党 [ ]• は、党代表が、で獲得した50議席、あるいは現有の54議席が勝敗ラインであると言明した。 6月22日、与野党9党首による討論会が日本記者クラブ主催で開かれた。 菅は参院選の目標議席について、「現有54議席プラスアルファのアルファを大きくすることに全力を挙げる」と述べた。 菅は、参院選で与党が過半数に達しなかった場合、「どの党か、どの勢力か分からないが、いろんな人と話をしないといけない」と述べ、連立の組み替えをさぐる考えを表明。 自民、公明、社民、みんな、共産の5党は民主党との連立を否定した。 は「反対」、「選択的制度反対」、「改革」の明確なテーマをかかげ、ポスターにも記入するなど保守層を意識した選挙戦略をとる方針を立てた。 野党 [ ]• は「民主党の単独過半数を阻止し、与党を過半数割れに追い込む」ことを目標とした。 勝敗ラインは示さなかったものの、総裁は参院選で自民党が敗れれば辞任する意向を示した。 は選挙区での全候補当選など前回並みの議席数を目標とした。 また、地方組織が地域事情で自民党と選挙協力することを容認した。 は比例区での5議席確保と以来となる選挙区当選を目指した。 は比例区での3人以上の当選と選挙区での3人以上の当選を目標とした。 与党との選挙協力については各地域の事情を考慮して検討するとした。 は代表のが10議席以上の確保を目標にし、政界再編を仕掛けていく姿勢をみせた。 諸派 [ ]• 国会でと協力関係にある、は比例代表の事前説明会に出席し、立候補の構えをみせていた。 しかし、新党日本は代表のが「第三極を育成する必要性を痛感した」旨の発言を行い、この選挙までに衆議院において民主党との統一会派を解消し、新たに国民新党と統一会派を組んだ。 もっとも、この両者は参議院では民主党と統一会派を組んでいる。 新党日本は後に立候補者を擁立しないことを発表した。 中央政界の動きに反発した地方自治体の長や議員の一部とその経験者らはを結成。 5議席以上の獲得を目標とした。 「」を母体とし、前年衆院選に大量の候補者を出したものの議席を獲得できなかったは、がおもてからは一歩引き、候補者を絞り込んだうえで再度挑戦する意思を示しているが、参院選に向けて就任したはずの党首がわずか1週間で交代するなど、流動的な要素も残されていた。 のちに、新党改革結成に加わらなかったが入党し、国会で初めて議席を獲得したことで態勢を立て直し、党勢拡大を目指した。 、 、は参院選に初参加。 、 、 、(旧:日本スマイル党)は前回に引き続き候補者を擁立した。 は最終的に候補者の擁立を見送った。 ほかに「にっぽんボランティア党」が複数の候補擁立を表明 したものの、最終的に断念した。 委員長(当時)のが民主・社民・社大推薦でから出馬予定だったが、を巡る民主党の迷走などを理由に断念した。 代わりに社民党系のが出馬したが落選した。 選挙データ [ ] 内閣 [ ] (第94代) 公示日 [ ]• (22年) 投票 [ ]• (22年) 有権者数・投票率など [ ] 投票総数 有効投票数 無効投票数 無効投票率 60,254,100 58,400,808 1,853,292 3. 08 都道府県別投票総数、有効投票数、無効投票数(選挙区)より抜粋 選挙制度 [ ] 改選数 [ ]• 選挙区• 2人区(改選1、単記投票) - 29(参照)• 4人区(改選2、単記投票) - 12(北海道・宮城・福島・茨城・新潟・長野・岐阜・静岡・京都・兵庫・広島・福岡)• 6人区(改選3、単記投票) - 5(埼玉・千葉・神奈川・愛知・大阪)• 10人区(改選5、単記投票) - 1(東京)• 全国比例区• 予算は前回より約90億円減額の436億円、総務省は削減の徹底を求めている。 の選挙経費は国負担額を規定したの改正が間に合わなかったため、法律根拠に合わない国庫支出額が算出されてしまった。 党派別立候補者数 [ ] 第22回参議院通常選挙 党派別立候補者数 党派 候補者数 改選数 公示前 勢力 合計 選挙区 比例 106 61 45 54 116 84 49 35 38 71 20 3 17 11 21 64 46 18 4 7 9 2 7 3 6 12 7 5 5 6 14 8 6 3 5 13 4 9 1 3 44 21 23 0 1 24 19 5 0 1 10 4 6 0 0 1 1 0 0 0 1 1 0 0 0 1 1 0 0 0 1 1 0 0 0 1 1 0 0 0 1 1 0 0 0 10 0 10 0 0 無所属 21 21 - 1 4 合計 437 251 186 121 241 437人が立候補した。 立候補者数は選挙区に251人、比例区に186人の計437人となった。 立候補者数は、第21回参議院議員通常選挙の377人(選挙区218、比例区159)を上回った。 民間団体による候補者アンケート [ ]• が、7月3日に の結果を公開している。 選挙の主な争点・焦点 [ ]• 増税問題• ・戦略• 鳩山由紀夫・小沢一郎の政治とカネの問題• おける政府の対応。 各政党のPR・マニフェスト等 [ ] 各政党のキャッチコピー [ ] 政党 キャッチコピー 民主党 元気な日本を復活させる。 国民新党 本格保守 自民党 いちばん。 公明党 公明党だからできる、『クリーンな政治。 』『声の届く政治。 』『新しい福祉へ。 各政党映像CMでのプロモーションを下記に記す。 政党 テレビCM 民主党 - チャンネルより 国民新党 - チャンネルより 自由民主党 - チャンネルより 公明党 - チャンネルより みんなの党 - チャンネルより 政党 インターネットCM 自民党 - チャンネルより その他 [ ] 近年の選挙ではそれまでの選挙公約から、政権公約「」を提示する流れがあったが、(21年)執行のでを獲得したが、自身の提示したマニフェストの殆どを実行に移せず、結果「マニフェスト」という言葉にも、マイナスイメージを持たれる事となった。 そのため、を中心に「マニフェスト」という言葉を、主語として使用するのを避け、「いわゆるマニフェスト」という言葉を語尾に付けた。 一方では独自に「アジェンダ」と言う言葉を使用した。 民間団体によるマニフェストの評価 [ ]• は、『』を発表している。 は「政権100日評価」や「民主党政権9か月評価」などを発表。 は、「」(2010年6月20日)を開催。 経済同友会、連合、日本青年会議所、PHP総合研究所、言論NPO、日本総合研究所、チーム・ポリシーウォッチ、全国知事会の8団体が検証結果を発表。 選挙の結果 [ ] 選挙の結果、前回2007年のと同じく参議院で与野党が逆転し、・は少数となった。 これにより、できない完全なとなった。 与党 [ ] 民主党 [ ] 民主党は現職のなどの大物議員が落選し、特に勝敗を分けるでは8勝21敗 と党勢は後退した。 複数区では前の方針で2人の候補が擁立されたが、とを除き1人の当選にとどまった。 なお、複数区で候補者が共倒れ(両方とも落選)することは無かったが、残りの1議席を、民主党の公認候補同士で争うケースが見られた。 得票数・得票率では全政党中第一位を保持し、選挙後の党派別議席数でも第一党を維持した。 国民新党 [ ] 同じく与党である国民新党は比例区でが40万票余りを獲得したものの、議席の確保には至らなかった。 野党 [ ] 自民党 [ ] 野党第1党であるは1人区で21勝8敗と大勝、複数区でも2人の候補を擁立した東京都選挙区とで片方が落選した以外は全員当選し、公示前から13議席増の51議席を獲得し復調、改選第1党となり前年の後続いていた党勢の衰退に歯止めをかけた。 なお、自民党が参議院選挙で改選第1党となったのは()以来の9年ぶりであり、選挙区での39議席獲得も第19回参院選に迫る獲得議席数である。 しかし、比例区では12議席しか獲得できず、結党以来の最低記録の14議席(()・())をさらに下回る結果となった。 その他野党 [ ] 注目された第三極は、が選挙区・比例区合わせて10議席を獲得し改選第3党となった反面、新党ブームで誕生したは4議席減らし(但し、引退が3名)、も現有議席維持にとどまった(共に比例区で1議席のみの獲得)。 また、組織票を持っている、、も議席を減らすなど、みんなの党の独り勝ちの様相を呈した選挙となった。 しかし、そのみんなの党も選挙区での議席獲得には伸び悩みを見せた。 公明党の候補者のいない選挙区である千葉県、神奈川県、愛知県では順調に得票を伸ばし千葉県と神奈川県で議席を獲得したが、埼玉県では比例区では公明党よりも得票率が高かったのに選挙区では比例区よりも得票を減らし、結果として公明党の後塵を拝して落選した。 東京都でも比例区では92万票を獲得しながら選挙区では65万票しか獲得できず最下位5位での当選となり、この選挙での浮動票を多く獲得したと言われるみんなの党が比例区と選挙区ではその様子が微妙に異なる結果となった。 諸派・無所属 [ ] は前年の衆院選と同じく全ての選挙区・比例区で供託金没収点を下回り全員落選した。 は東京都選挙区に出馬したが20万票以上、比例区ではが12万票余りを獲得するも及ばず、議席を獲得することが出来なかった。 その他の(、、、、、、)やの当選者もゼロとなった。 投票率 [ ]• 選挙区 57. 比例区 57. 059 31. 342 38. 492 1. 000 0. 551 33. 342 39. 422 24. 000 33. 739 13. 000 3. 369 13. 485 10. 590 6. 000 7. 155 3. 000 1. 336 2. 000 0. 190 2. 000 1. 162 0. 000 0. 924 1. 000 0. 072 2. 887 66. 557 60. 438 100. 899 100. :比例代表414,962. 935 0. :比例代表493,619. 989 0. 000 0. 得票数に関する出典• 得票数における小数点以下の数字は。 政党別の投票数と当選者数の逆転現象 [ ] 選挙区の得票数と比例代表の得票数の両方で民主党が自民党を上回っているが、獲得議席数では逆転している。 これは、民主党が2人区以上では基本的に2人の候補者を擁立したが自民党は逆に2人擁立区は東京・千葉の2選挙区でしかなかったことが原因の1つである。 また、選挙の争点として、「民主党を中心としたがの過半数を獲得するか」が最大の争点となり、民主党批判票は1人区では自民党候補に集中し1人区で民主党が惨敗した。 3人区以上では自民党、公明党、みんなの党に票がバランス良く票が分散したため、3人区では自民党、民主党各1人ずつ当選で後の議席をみんなの党、民主党、これに公明党で争う展開となり、民主党の落選が増える結果となった。 一方、2人区では民主党と自民党が議席を分けあい無風に近い状態となった。 民意は民主党政権に一時的に待ったをかける結果となった。 過去の参議院選挙においても、などで、が負けた場合にこのような票の動きが起きている。 民主党と自民党の得票数・率及び議席数 党派 比例代表 選挙区 合計 議席 得票数 得票率 議席 得票数 得票率 議席 18,450,139. 059 31. 342 38. 422 24. 000 33. 400 30. 050 40. 900 28. 000 46. 300 12. 500 11. 910 3. 700 53. 3人区以上での民主党、自民党、公明党、みんなの党の得票数・率及び議席数 党派 比例代表 選挙区 得票数 得票率 得票数 得票率 議席 候補者 7,247,797. 000 31. 290 37. 900 20. 000 22. 900 13. 000 9. 500 15. 580 14. 300 49. 選挙区 当選者 当選政党 欠員 欠員政党 欠員事由 自民党 自民党 出馬 比例代表選出議員 [ ]• この選挙で返り咲き [ ] 自民党 [ ]• たちあがれ日本 [ ]• この選挙で引退した議員 [ ] 民主党 [ ]• 自民党 [ ] 自民党の場合、ほとんどは党規定にもとづく「定年」(比例区で70歳、選挙区は各都道府県連の判断に委ねる)にひっかかったがゆえに引退を余儀なくされた議員である。 この定年制により、立候補断念に追い込まれたり、他党に転じてこの選挙にのぞむことを表明したりしたケースもみられた。 公明党 [ ]• 社会民主党 [ ]• 国民新党 [ ]• 新党改革 [ ]• 無所属 [ ]• この選挙で落選した議員 [ ] 民主党 [ ]• 自民党 [ ]• 公明党 [ ]• 日本共産党 [ ]• 国民新党 [ ]• 新党改革 [ ]• たちあがれ日本 [ ]• 無所属 [ ]• 選挙特別番組 [ ] テレビ番組 [ ] 地上波放送• 『』放送時間 19:55 - 翌4:30(司会:ほか)• 同日行われた 対はNHK教育テレビジョンで放送した。 ・(CS)『』放送時間 19:58 - 翌2:00(司会:・・ほか)• 日テレNEWS24(CS) ・日本テレビ『』放送時間 翌2:00 - 5:20(キャスター:・・・・渡部真希子ほか)• 『』放送時間 19:57 - 翌3:30(司会:、、ほか)• 『』放送時間 19:57 - 翌2:30(メインキャスター:、スペシャルコメンテーター:ほか)• (版 キャスター:・、解説:・、コメンテーター:・ほか)• 『』放送時間 19:54 - 22:24(総合司会:、アシスタント:、ゲスト:・・・)• 『』放送時間 22:24 - 23:54(総合司会:ほか)• 『』放送時間 19:58 - 翌2:00(総合キャスター:・、出演:・・・ほか)• 『2010参議院議員選挙「改革と混迷、いま再び信を問う」』• 『すべて見せます! 最終議席まで』• 『政治決戦! 選択の時2010』 ラジオ番組 [ ] AM• - 『』放送時間 19:55 - 翌5:00• - 『ザ・選挙2010 どうなるニッポン 参院選開票スペシャル』 放送時間 19:55 - (出演:、、、、ほか)• - 『ロンドンブーツ1号2号 田村淳の選挙クラブ〜あなたの本音をぶつけてください! 』 放送時間 19:40 - 翌0:30 (出演:、、ほか)• - 『黒岩祐治と池上彰のまるわかりニッポン! 参院選開票スペシャル』放送時間 20:00 - 翌1:30 (メインパーソナリティ:アナウンサー コメンテーター:、池上彰 出演:) FM• - 『』放送時間 23:30 - (出演:、、、、)• - 『参院選開票速報』放送時間 1:00 -• - 『』放送時間 19:55 - 翌3:20 インターネット [ ]• - (キャスター:・、出演:・・・・・ほか、情報提供:) インターネットの特集サイト [ ]• e国政 - - Powered by• - -• - 同一日に実施した選挙 [ ] 地方首長選挙 [ ]• 長選挙• 長選挙• 長選挙• 長選挙• 長選挙 地方議会選挙 [ ]• 議員補欠選挙• 議員補欠選挙• 議員補欠選挙• 議会議員選挙• 福井県議会議員選挙• 議会議員選挙• 茨城県議会議員選挙• 東京都議員補欠選挙 選挙期間中に行われた選挙 [ ] 地方首長選挙 [ ]• 長選 地方議会選挙 [ ]• 議会議員補欠選挙• 議会議員補欠選挙• 議会議員選挙 出典 [ ]• 2010年5月5日. の2010年5月7日時点におけるアーカイブ。 2010年7月1日閲覧。 中村篤志; 鈴木直 2010年6月2日. 2010年6月2日閲覧。 [ ]• [ ](民主党公式ホームページ)• 2010年6月11日. の2010年6月13日時点におけるアーカイブ。 2010年7月1日閲覧。 2010年6月11日. の2010年6月13日時点におけるアーカイブ。 2010年7月1日閲覧。 産経新聞. 2010年4月11日. の2010年4月16日時点におけるアーカイブ。 2010年7月1日閲覧。 2010年6月9日. 2010年7月1日閲覧。 [ ]• 毎日新聞. 2010年2月26日. の2010年3月15日時点におけるアーカイブ。 2010年3月14日閲覧。 読売新聞. 2010年3月14日. 2010年7月1日閲覧。 [ ]• 2009年10月14日. 2010年7月1日閲覧。 社会民主党. 2010年2月3日. 2010年7月1日閲覧。 広川高史 2010年2月24日. 2010年7月1日閲覧。 毎日新聞. 2010年6月17日. 2010年7月1日閲覧。 [ ]• プレスリリース , 世界経済共同体党, 2010年5月21日 , 2010年7月1日閲覧。 (公式サイト)• プレスリリース , 維新政党・新風, 2010年5月17日 , 2010年7月1日閲覧。 2010年6月6日. の2010年6月7日時点におけるアーカイブ。 2010年7月1日閲覧。 [ ]• 信濃毎日新聞. 2010年6月19日. 2010年7月1日閲覧。 は公示日の翌日()から投票日の前日()までの間に可能、午後8時まで。 自治体によっては開票所への迅速化を理由に繰り上げる選挙管理委員会がある。 2010年7月10日夕刊3版17面• 産経新聞2010年6月20日配信記事• 当初は10名が立候補をしていたが、後に、1人が公認取り消し( [ ])。 比例候補者1人をたちあがれ日本が除名し比例代表名簿登載者から削除されたため。 ( [ ])削除前は立候補者数は選挙区に251人、比例区に187人の計438人• [ ]• [ ] サンケイビズ 2010年6月25日• (2010年3月6日時点の)• [ ]• 「不戦敗」のを含む。 番組制作局。 日本テレビ以外の一部地上波系列局およびでも同局のCS再送信として一部または全編放送。 プレスリリース , , 2010年7月9日閲覧。 [ ]• 』] - 文化放送公式サイト• が22:30-23:00を除きネット [] 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキニュースには に関連するニュースのカテゴリがあります。 ウィキソースに の原文があります。 外部リンク [ ]•

次の

第22回参議院議員通常選挙

参議院 議員 通常 選挙

概要 [ ] によって選出された参議院議員はの定めにより全議員のうち半数の任期を3年とした。 この任期3年とされた議席を対象とした選挙である。 なお、日本共産党から全国区で出馬したは、得票は45位で当選圏内であったものの、選挙翌日にで当選無効とされた。 選挙データ [ ] 内閣 [ ]• (第49代) 公示日 [ ]• 投票日 [ ]• 1950年(昭和25年)6月4日 改選数 [ ]• 132(うち7は補充のため、任期3年)• :76(うち1は補充のため、任期3年)• :56(うち6は補充のため、任期3年) 各選挙区の改選数 この節のが望まれています。 選挙結果 [ ] 党派別獲得議席 [ ]• 第2回参議院議員通常選挙 (1950年6月4日施行) 政党 議席数 増減 地方区 全国区 公示前 非改選 議席計 議席数 得票数 得票率 議席数 得票数 得票率 与党 61 005 37 12,188,571 42. 地方区• 2議席(1団体) :、(いずれも北海道)• 全国区• 1議席(1団体) 農民協同党: 当選者 [ ] 地方区当選者 [ ] 自由党 日本社会党 緑風会 国民民主党 農民協同党 労働者農民党 無所属 4人区 3人区 2人区 1人区• 補欠当選(任期3年) 補欠当選者 [ ] 自由党 日本社会党 緑風会 国民民主党 農民協同党 労働者農民党 無所属 年 月日 選挙区 当選者 欠員 欠員事由 1950 12. 13 千葉県 1950. 6死去 1951 2. 12 福島県 1950. 27死去 11. 16 富山県 1951. 3死去 1952 5. 6 静岡県 1952. 20死去 1953 7. 30 青森県 1953. 16死去 1954 1. 20 千葉県 1953. 5死去 1955 3. 10 福井県 辞職 3. 17 福岡県 辞職 5. 15 新潟県 辞職 6. 5 埼玉県 1955. 14死去 8. 7 三重県 1955. 28死去 1956 1. 15 京都府 1955. 30死去 全国区当選者 [ ] 自由党 日本社会党 緑風会 国民民主党 農民協同党 日本共産党 労働者農民党 無所属 1-10 11-20 21-30 31-40 41-50•

次の