ケータイ プラン ドコモ。 ドコモガラケー向け新料金プラン「ケータイプラン」とは?いつから?前のプランはどっちが安い

FOMA SIMも使えるiPhone11 ドコモ契約者のDSDS/DSDV

ケータイ プラン ドコモ

ドコモは、新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を主軸とする新料金プランを発表。 二年契約時の月額料金は1,200円(税別)で、基本料金に家族間の音声通話、インターネット接続サービス(spモード)、データ通信量100MBが含まれる。 100MBを超過すると通信速度が128kbpsに低速化する。 音声通話定額は、かけ放題オプションが月額1,700円、5分通話無料オプションが700円で、オプションの料金はスマートフォン向けと同額。 新たに提供される「ケータイプラン」は以下にて。 また、同一ファミリー割引グループ内でドコモ光を契約していると適用される「ドコモ光セット割」の割引に関しても、ケータイプランは割引対象外。 よって、2019年6月からスタートする新料金プランでは、ケータイプラン向けの割引は(定期契約による割引以外に)存在しない。 このほか、ケータイプランの申込には、ドコモから同プランの対象機種(spモードケータイ)を購入するか、前回購入した機種が同プランの対象機種になっていることが必要。 料金プラン的には対応しているspモードケータイを白ロム購入しても、ケータイプランには申込ができない。 2019. ・カケホーダイプラン(ケータイ) ・カケホーダイライトプラン(ケータイ) ・シンプルプラン(ケータイ) また、FOMA向けの料金プランについても徐々に受付終了となる。 「カケホーダイ&パケあえる」では5月31日に、9月30日には「カケホーダイ&パケあえる」以外のFOMAプランとiモードへの新規申込が受付終了となる。 プラン変更はMy docomoやドコモインフォメーションセンター(151)などで受付される。

次の

ドコモキッズケータイプラン(Xi)と(FOMA)の違いは何か?分かりやすく比較!

ケータイ プラン ドコモ

2019年6月1日から開始されたドコモの新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」と、ドコモケータイ向けの新「ケータイプラン」。 このドコモケータイ向け月額1,200円 税抜 で契約できる新ケータイプランですが、普通にLTE対応の4GスマホにSIMカードを挿し替えるとどうなるのか。 もし使えるのであれば、維持費を安くできそうですよね。 そこで調べてみました。 結論からいうと、下記でツイートした通りです。 ドコモのインフォメーションセンターに確認したところ、6月から始まった新料金プランの「ケータイプラン」で契約したSIMカードを4Gスマホに入れたとしても、追加料金なしで普通に使えるとのこと。 上記のツイートの通り、ドコモのインフォメーションセンターに確認しました。 もともと新ケータイプランは、いわゆるガラホと言われてるドコモケータイ フィーチャーホン に対応した契約内容となっているため、ケータイプランで契約したSIMカードを、普通の4G対応スマホに挿し替えたとしても、スマホでもネット接続 spモード が利用可能とのこと。 具体的にはspモードの契約も入っているため、スマホにSIMカードを入れ替えても使えるということのようですね。 パケット量は100MB 新ケータイプランの通常速度で利用可能なパケット量は100MBとなっています。 100MBを超えた場合は、128kbpsの速度制限がかかります。 とはいえ、100MBありますから簡単なテキストでのLINEなどはそれなりにやりとり出来そうですし、スマホでのキャッシュレス決済だけを使うなど用途限定で使っていくのはアリだと思いますね。 ドコモが2019年6月から始めた新ケータイプラン。 細かい条件は色々と確認が必要な場合もありますが、ひとまずスマホにSIMカードを挿し替えて色々遊べそうですね。

次の

ケータイプラン(2019年9月30日以前にお申込み)

ケータイ プラン ドコモ

ドコモ料金プランを変更すべきタイミング 旧プランと新プランを比較して、新プランの方が料金が安いなら変更した方がお得です。 しかし、プラン変更自体はいつでもできますが、タイミング次第でお得かどうかは異なります。 2年間の定期契約を結んでいるなら、違約金が発生しない 更新月のタイミングでプラン変更することがおすすめです。 ただし、これは新料金プランへの変更時に定期契約なしに切り替える場合です。 2年プランから定期契約なしへの変更は一度解約することになるため、更新月以外では違約金が発生します。 2年プランを継続するなら問題はありませんが、新プランへの変更に伴い定期契約なしにしたい人は注意しましょう。 ドコモの新料金プラン 出典: 新たに発表されたドコモの料金プランは、ギガホとギガライトの2つです。 ギガホは月額6,980円でインターネット通信が30GBまで速度制限なしで行えます。 制限時でも通信速度は1Mbpsと速く、インターネットを多く利用する人におすすめです。 ギガライトは月に使用したデータ通信量に応じて、月額料金が変わる従量制のプランです。 1GBまでの最安値は2,980円であり、5GBを超えると最大料金の5,980円となります。 また、月のデータ通信量が7GBを超えると速度制限がかかり、通信速度が128kbpsまで落ちるため注意が必要です。 もっと詳しくも多いと思います。 現行の料金プランよりもお得に使える場合もあるため、現在のプランと料金面や使い勝手で比較してみましょう。 ドコモ料金プランの変更方法・手順 料金プラン変更の方法は、3つが挙げられます。 My docomoにアクセスする• IDとパスワードを入力してログインする• 希望の料金プランを選択 My docomoにアクセスする まずはMy docomoにアクセスしましょう。 My docomoは ドコモのスマホならお気に入りやホーム画面に登録されています。 また、スマホ以外でもアクセスは可能であり、タブレットやパソコンからでも手続きが可能です。 ドコモの端末以外でも利用できるため、使いやすい端末を使うとよいでしょう。 IDとパスワードを入力してログインする My docomoにアクセスした後は、IDとパスワードを入力し、ログインしましょう。 dアカウントを使ってログインしますが、IDやパスワードを忘れてしまっても、ドコモのネットワークを経由するとすぐに確認できます。 ログインした後は「ご契約内容の確認・変更」を選択すると、プラン変更の画面が表示されます。 希望の料金プランを選択 プラン変更の画面が表示された後は一覧から変更したいプランを選択します。 プラン名の横に「変更」という項目が表示されているため、これを選択し、新料金プランを選びます。 新料金プランを選択し、翌月1日になると適用が完了です。 新料金プランを選択して手続きは終了ですが、この時余分なオプションを契約しているなら、一緒に解約しておくことがおすすめです。 オプションの解約は本契約の解約とは違い、いつ行っても違約金は発生しません。 不要なオプションに気づかず、契約したままになっていることは多いため、プラン変更時にまとめて整理しておくとよいでしょう。 ドコモショップ 店頭 で変更する スタッフと相談して料金プランを決めたいなら、ドコモショップでのプラン変更がおすすめです。 シミュレーションをしてもプラン変更すべきかどうか分からない場合は、店頭でスタッフと直接相談することで、納得した上で手続きを行うかどうかを決められます。 相談だけなら無料であり、考えた結果現行のプランがよいなら、変更せずとも問題はありません。 ただし、店頭での手続きだと案内してもらうまでに時間がかかったり、余計なオプションを勧められたりすることもあります。 また、店舗が開いている時間のみ手続き可能であり、日中に自由な時間を持ちづらい人には不向きです。 電話で変更する ドコモインフォメーションセンターに電話して、プラン変更も可能です。 電話番号は0120-800-000か、ドコモの携帯なら151にかけます。 受付時間は9~20時であり、年中無休で営業しています。 ただし、インフォメーションセンターは混み合っていることも多く、スムーズに手続きができないことも多いです。 特に受付時間ぎりぎりや、土日祝日は混みやすいため注意しましょう。 店頭での申し込みと同様に、平日の日中ならスムーズに受け付けてもらいやすいです。 ドコモ料金プラン変更時の疑問点・注意点 プラン変更する際には、費用が発生する以外にも注意しなければならないことがあります。 注意点を把握して、失敗や損のないようスムーズにプラン変更を行いましょう。 プラン変更をして安くなるの? 新プランに変えて本当にお得に使えるのか疑問に思うなら、事前にの利用がおすすめです。 では、利用状況に応じた最適なプランを提示してもらえるだけではなく、そのままプラン変更の手続きも行えます。 あくまで概算にはなりますが、なら月額料金がいくらかかるか試算し、現在の請求金額と比較してどちらがお得かチェックしておきましょう。 旧プランはいつまで使える? 現在で、それ以外のものは全て旧プランに該当します。 旧プランの新規受付は2019年5月で終了しているため、新たに申し込むことはできません。 しかしそれまでに加入していた人は、新プランに変更しない限り今のところ同じ条件で利用できます。 今後時間が経つと旧プランが廃止される可能性もありますが、2019年現在では旧プランでも問題なく継続して使えます。 変更が適用されるのはいつから? プラン変更の手続きを行い、 新プランが適用されるのは翌月1日の午前0時からです。 プラン変更をした翌日には新プランが適用されるわけではなく、翌月まで待たなければならないため注意が必要です。 つまり変更を申し出ても、当該の1カ月は旧プランでの料金請求となります。 新プランの方が月額料金がお得なら、翌月にまたがない内にプラン変更を行いましょう。 新プランから旧プランには戻れる? 旧プランから新プランへの変更は可能ですが、 新プランから旧プランに戻すことはできません。 これは旧プランの受付が終了しているからです。 元のプランには戻せないため、新プランへの移行は慎重に考えなければなりません。 ただし、新プラン同士の切り替えは可能であり、ギガホからギガライトへの変更や、その反対の変更は可能です。 あくまで旧プランに戻せないだけのため、新プランの2つに魅力を感じていて、どちらにすべきか悩んでいるなら、お試しで一方のプランに変更してみるとよいでしょう。 自分が契約の代表者だった場合は? 家族同士でシェアグループを作っており、 自分が代表者なら先に代表者を変更しなければなりません。 グループの代表者がプラン変更をすると、その時点でシェアグループは解散となります。 グループで割引を適用していると、シェアグループの解散とともに割引も停止されます。 グループ全員の割引がなくなると、大きな損失が出るため、代表者になっているなら別の人を代表者に立ててから、プラン変更しましょう。 【2020年6月】ドコモのキャンペーン最新情報 ドコモオンラインショップで実施中の最新キャンペーンをまとめました。 ぜひキャンペーンを活用してお得に機種変更しましょう! 5G WELCOME割 出典: ドコモは、 5G対応のスマートフォン全7機種を「5G WELCOME割」の対象機種として、新規契約または乗り換え MNP 契約で 最大22,000円、契約変更 FOMAやXiからの機種変更 では 最大5,500円の割引を実施します。 5G WELCOME割の対象5Gスマホは以下の通りです。 【5G WELCOME割対象端末】• Galaxy S20 5G• AQUOS R5G• LG V60 ThinQ 5G• Xperia 1 II• arrows 5G ドコモ5Gスマホの本体価格・割引|早見表 ドコモで発表された2020年春夏モデル全7機種の本体価格・5G WELCOME割の早見表をまとめました。 また、ドコモオンラインショップでは 頭金や事務手数料が無料になるため、上記の本体代金以外の費用は一切かかりません。 この機会に、ドコモの5Gスマホの購入を検討している方はぜひ一度ドコモオンラインショップに遊びに行ってみてくださいね。 5Gギガホ割 出典:• 受付期間:2020年3月25日 水 ~• 割引内容:「5Gギガホ」の契約で最大6ヶ月間1,000円割引 5Gギガホ割は、ドコモの新料金プラン「5Gギガホ」の割引キャンペーンです。 「5Gギガホ」を契約すると最大6ヶ月間、月額料金が1,000円割引になります。 5Gギガホの月額料金は7,480円なので、最大6ヶ月間 6,480円で利用できます。 毎月7GB以上使う場合は「5Gギガライト」よりも、 毎月最大100GBまで使える「5Gギガホ」がおすすめです。 今なら、 データ量無制限キャンペーンを実施しているので実質ギガ使い放題となっています。 最新5Gスマホをお得に購入出来て、さらにギガ使い放題になるので機種変更を検討している方は今がチャンスです。 5Gギガホ音声割 出典:• 受付期間:2020年3月25日 水 ~• 割引内容:割引内容:最大12ヶ月間700円割引• 対象料金プラン:5Gギガホ• 対象音声オプション:かけ放題・5分通話無料 5Gギガホは、家族間の通話は無料となっていますが、家族以外との通話をお得にするには通話オプションを契約する必要があります。 5Gギガホ音声割は、現行の通話オプション「かけ放題」「5分通話無料」の料金からそれぞれ 最大12ヶ月間700円割引になります。 割引額は以下の表の通りです。 通話オプション 月額料金 割引適用後の料金 オプション内容 かけ放題 1,700円 1,000円 国内通話かけ放題 5分通話無料 700円 0円 国内通話 5分以内:無料 5分超過分:30秒あたり20円 ギガホ割 出典:• 開催期間:201911月1日 金 ~3月31日 火• 適用条件:FOMAからXiへの変更または他社3G回線からXiへの乗り換え• はじめてスマホ購入キャンペーンは2020年3月31日までのお得なキャンペーンとなっているので、スマホへの乗り換えを検討している方は今がチャンスです! はじめてスマホ割 「はじめてスマホ割」はガラケー(フィーチャーフォン)からスマートフォンに機種変更する方を対象とした割引サービスです。 その割引額は 月1000円。 割引期間は初回適用月から最大12ヶ月間なので、 1年で12,000円もお得になる計算です。 対象料金プランは以下の通りです。 ガラケーから初めてのスマホに変更する際にはぜひご利用ください。 ギガホ• ギガホ:定期契約なし• ギガライト• ギガライト:定期契約なし スマホおかえしプログラム 「」は、端末を36回払いで購入した場合、使用終了時に対象のスマホを返却すると、翌々月請求分以降の分割支払金が最大12回分不要になる割引サービスです。 例えば、108,000円のスマホの場合、 最大36,000円引きになります。 スマホの返却の受付は、ドコモショップもしくはドコモ取り扱い店舗にて、2019年8月下旬よりスタートします。 なお、利用可能期間は、対象機種の購入月の翌月を1ヵ月目として、購入から35カ月目の月末までとなります。 なお、ドコモが提示する条件にそってスマホを返却するのが条件となります。 返却時、査定条件を満たしていない場合は、20,000円 税抜 の故障時利用料を支払わなければならないケースがあるので気をつけてください。 端末購入割引• 2019年10月12日 土 ~ 他社スマホからドコモに乗り換える方 MNP が対象の割引キャンペーンです。 乗り換え時に対象機種を購入すると、 最大20,000円も端末代金から割引を受けることができます。 対象機種は、最新のiPhone SE 第2世代 〜キッズケータイまで幅広いです。 乗り換えだけでiPhoneが2万円も安く購入できるなんて、かなりお得ですよね。 は、対象機種を購入してドコモスマホを安くゲットしましょう。 下取りプログラム 2014年12月1日 月 から実施されているしてもらえるサービスです。 iPhoneやiPadをはじめ、ドコモのAndroidTMスマホやタブレット、ドコモ ケータイの、ほぼ全機種が下取り可能です。 【適用条件】• 携帯電話機などの購入時に、使用していた端末を下取りに出す• dポイントクラブもしくはドコモビジネスプレミアクラブに加入している.

次の