マック ご飯 バーガー。 ごはんバーガーがマクドナルドに期間限定登場!2/5から夜マック限定で17:00販売開始!

【マクドナルド】ごはんバーガー登場!! ポテトやコーラに合う新しい夜マック

マック ご飯 バーガー

マクドのご飯バーガとモスのライスバーガーの価格比較 マクドナルドのごハンバーガーとモスのライスバーガーの 決定的な価格の違いはありませんが、多少 マクドナルドの方が高いですね。 マクドナルド モスバーガー ごはんてりやき 390円 海老の天ぷら 417円 ごはんベーコンレタス 410円 海鮮かきあげ 315円 ごはんチキンフィレオ 410円 焼肉 362円 <スポンサーリンク> ---------------------- マクドのご飯バーガとモスのライスバーガーの具材比較 ご飯をハンズにしたバーガーの具材で徹底的な差が生じています。 まず マクドナルドは 具材はそのままでハンズをご飯にしただけ。 一方 モスバーガーは 従来のバーガーの具材を一切使わずに、ご飯にあった具材を開発して挟んでいます。 ご飯に照り焼きハンバーグも合うとは思いますが、ご飯は天丼、かき揚げ丼、焼肉定食などご飯にマッチしたおかずを具にして開発したモスバーガーが上手です。 勿論、味は保証付きで復刻版になるほどです。 マクドナルド新発売のご飯バーガーの内容 特徴的なのはパンの部分のハンズを「 国産米にこだわり醤油風味」にしていることですね。 それと肝心な中身は いつも通りの定番の具材をそのまま、味付けもそのままに使用するそうです。 定番の具材とは• てりやきバーグ• ベーコンレタス• チキンフィレオ の3種 そのものが両方を醤油味のお米のハンズで挟んだだけの物ですね。 実際まだ販売されていませんが画像をみても、これだけでも味の想像もできてしまいます。 具材を増やしたり工程を増やすリスクと経費の負担それにましてバイトさんの技術保持などの問題をかかえてしまうので実際問題難しいですね。 マクドのご飯バーガー3品 マクドナルドはお米のバーガーを3品発売。 モスバーガーの3品と並ぶようにしたのでしょうか?価格はモスバーガーと比較しても同じか若干高め。 ごはんてりやき 390円 マクドナルドの人気商品てりやきマックバーガーをそのままご飯ハンズで挟んだもの 具材• ポークパティ• しょうが風味甘辛いてりやきソース• レタスにスイートレモンソース ごはんベーコンレタス 410円 ベーコンレタスバーガーをやはりお米ハンズで挟めたもの 具材• 100%ビーフパテ• ベーコン• レタス• チェダーチーズ ごはんチキンフィレオ 410円 チキンフィレオをお米ハンズで挟めたもの 具材• チキンパティ• レタス• オーロラソース 一方モスバーガーのライスバーガーの品ぞろえは モスバーガーのライスバーガーの内容 モスバーガーの ライスバーガーは歴史があります。 1987年に発売された「モスライスバーガー」から30年以上たっている現在2020年も続いています。 特徴的なのは具材が 定番商品の具材などのパティを使用していないこと。 お米にあった具材を調理して具に使用しています。 今はありませんが昔はきんぴらのライスバーがありましたよね。 お米に会うといったら天丼そこからかき揚げの具材を取り入れたり、焼肉を合わせたりとライスバーガーだけの具材を開発して販売しています。 手間がかかっていますね。 実際2019年5~7月に 期間限定販売で約220万食も売れた「モスライスバーガー海老の天ぷら」実績が違います。 モスのライスバーガー3品 200万食が売れた天ぷらバーがを含めて復刻した焼肉バーガーなど3品 モスライスバーガー海老の天ぷら 417円 正に焼肉定食のバーガー版いいところを攻めていますね。 このバーガーもファンからの要望で復活したものです。 牛バラ肉• グリーンリーフ• 醤油ベース和風オリジナルソース マクドモスのお米バーガー比較まとめ 価格はそれほど大差がなくても、実際お米のバーガーを長年販売しているモスバーガーに現在のマックは太刀打ちできるレベルでないのは明白ですね。 モスのこだわりと研究熱心さには頭が下がります。 例えばエビにしても普通はそのまま揚げるのが簡単ですが背ワタを一本一本とっているそうです。 「通常の海老の天ぷらは筋を切って、まっすぐに伸ばしてから揚げます。 その筋切りをせず、また背わたも一つひとつ串で取り除くなど、『海老に優しく』仕上げています」(モスフードサービス商品開発部の荒木光晴氏) これから マックがモスに対抗するには具材の変更が必要不可欠になりますね。 しかし今の調理のいっぱいの状態では難しいようにも思います。 高級志向で価格が高めのモスバーガーと 庶民的で低価格のマクドナルドでは戦う土俵が違うように思います。 もしマクドナルドがお米バーガーなどで販売戦略を考えるなら高級志向の別レベル店舗を構えた構想が必要になりますね。 例えばリッチマックのような別の店舗を構えてリッチマックでは100円のバーガーや珈琲は一切出さない最低価格が500円の高級バーガー高級飲料などで勝負するとかでしょうか。

次の

【マック】ごはんバーガー発売! うまいの、まずいの、おすすめはどれ

マック ご飯 バーガー

「弱点」の時間帯 販売しているのは17時以降の「夜マック」の時間帯で、5月中旬までの期間限定だが、好評ならば定番化も検討するという。 商品は「ごはんてりやき」(390円、税込み、以下同)、「ごはんベーコンレタス」(410円)、「ごはんチキンフィレオ」(410円)の3種類。 いずれもパンで挟む通常のハンバーガーは人気メニューだ。 サイドメニューとドリンクを一緒にしたバリューセット(690~710円)も販売している。 つまり、売り上げを増やしたいなら、客数を増やすか、客単価を上げるか、その両方をやるか、しかない。 マクドナルドの場合、日本でハンバーガーはランチの印象が強く、正午前後の客数は多い。 その他の時間帯も、朝はマフィンで目玉焼きやハムなどを挟んだ「朝マック」を提供したり、スイーツメニューを充実させて午後のカフェタイムをてこ入れしたりして客数を確保してきた。 弱点だったのは夜間だ。 日本で「夕食にハンバーガー」は幅広い世代に受け入れられているとは言いがたい。 そこでマクドナルドは2018年から17時以降の時間帯を「夜マック」と名付け、パンで挟んだ肉などの「パティ」の枚数を100円追加すれば2倍にするオプションを開始。 がっつり食べたい若い世代の支持を得て、一時は沈んでいた業績をV字回復させる原動力となった。 枚数を増やすだけなので店舗オペレーションが複雑になるわけではなく、客数と客単価の両方を増やすことに成功したのだ。 導き出された答えは... だた、これでは基本的にメニューそのものは変わらないので、夜に新たな客層を開拓するまでは至らなかった模様だ。 昼に比べると夜の客数はまだまだ少ないはず。 そこで導き出された答えが、「ごはんバーガー」だったというわけだ。 夕食に米を食べたい日本人はまだまだ多いはずで、これまで夕食の選択肢にマクドナルドを含めていなかった人に対して訴求力がある。 客単価で考えても、昼や朝よりも高めだ。 オペレーションの面では、工場で作って冷凍した「ごはんバーガー」のバンズを店舗で蒸して挟むようにしており、店舗の調理が複雑にならないよう工夫してあるという。 どうしても気になるのは、1987年から「ライスバーガー」を販売しているモスバーガーの反応だ。 モスの具材は天ぷらや焼き肉を採用しており、マクドナルドよりも和風だ。 モスフードサービスの広報担当者は、新聞社の取材に「ライスバーガーに注目が集まることは歓迎している。 広く親しんでもらう良い機会だと感じている」と話している。 マクドナルドのお手並み拝見、といったところか。

次の

【マック】ごはんバーガー発売! うまいの、まずいの、おすすめはどれ

マック ご飯 バーガー

「弱点」の時間帯 販売しているのは17時以降の「夜マック」の時間帯で、5月中旬までの期間限定だが、好評ならば定番化も検討するという。 商品は「ごはんてりやき」(390円、税込み、以下同)、「ごはんベーコンレタス」(410円)、「ごはんチキンフィレオ」(410円)の3種類。 いずれもパンで挟む通常のハンバーガーは人気メニューだ。 サイドメニューとドリンクを一緒にしたバリューセット(690~710円)も販売している。 つまり、売り上げを増やしたいなら、客数を増やすか、客単価を上げるか、その両方をやるか、しかない。 マクドナルドの場合、日本でハンバーガーはランチの印象が強く、正午前後の客数は多い。 その他の時間帯も、朝はマフィンで目玉焼きやハムなどを挟んだ「朝マック」を提供したり、スイーツメニューを充実させて午後のカフェタイムをてこ入れしたりして客数を確保してきた。 弱点だったのは夜間だ。 日本で「夕食にハンバーガー」は幅広い世代に受け入れられているとは言いがたい。 そこでマクドナルドは2018年から17時以降の時間帯を「夜マック」と名付け、パンで挟んだ肉などの「パティ」の枚数を100円追加すれば2倍にするオプションを開始。 がっつり食べたい若い世代の支持を得て、一時は沈んでいた業績をV字回復させる原動力となった。 枚数を増やすだけなので店舗オペレーションが複雑になるわけではなく、客数と客単価の両方を増やすことに成功したのだ。 導き出された答えは... だた、これでは基本的にメニューそのものは変わらないので、夜に新たな客層を開拓するまでは至らなかった模様だ。 昼に比べると夜の客数はまだまだ少ないはず。 そこで導き出された答えが、「ごはんバーガー」だったというわけだ。 夕食に米を食べたい日本人はまだまだ多いはずで、これまで夕食の選択肢にマクドナルドを含めていなかった人に対して訴求力がある。 客単価で考えても、昼や朝よりも高めだ。 オペレーションの面では、工場で作って冷凍した「ごはんバーガー」のバンズを店舗で蒸して挟むようにしており、店舗の調理が複雑にならないよう工夫してあるという。 どうしても気になるのは、1987年から「ライスバーガー」を販売しているモスバーガーの反応だ。 モスの具材は天ぷらや焼き肉を採用しており、マクドナルドよりも和風だ。 モスフードサービスの広報担当者は、新聞社の取材に「ライスバーガーに注目が集まることは歓迎している。 広く親しんでもらう良い機会だと感じている」と話している。 マクドナルドのお手並み拝見、といったところか。

次の