漢字 クイズ 読み。 【難読漢字】読めそうで読めない難しい漢字レベル別60問(ミニクイズ)

【高齢者の漢字クイズ】すぐに使える脳トレで認知症予防!ヒント付き

漢字 クイズ 読み

解答:1の「うまがあせをかく」。 音読みだと「シュン」になります。 脳トレ漢字クイズは沢山の種類がある ここに挙げたのはほんの一例です。 各問題で、同じようにして別の漢字を出題することもできます。 また、 難しい問題の場合には2~3種類の解答から選択できるようにすると、高齢者にとってもやりやすくなります。 レクは、楽しく行うことが重要です。 難し過ぎると、やる気がなくなってしまいます。 ただ、比較的簡単な問題の中に1問だけ難題を混ぜるとか、スタッフの名前や性格にちなんだクイズを取り上げることで、楽しく盛り上げることもできます。 やり方を工夫して、楽しく漢字脳トレを解きながら認知症予防を行いましょう。 働きやすい職場環境選びがあなたを輝かせる あなたはなぜ介護の仕事を続けているのでしょうか? 日頃から考えることが多すぎていつの間にか忘れてしまっている介護の現場で働く理由。 母が祖母の介護を大変そうにしているのを見て介護職を志した人や、障害者の方が当たり前の日常を送れない現実を知って、当時の自分では何も力になれないもどかしさから介護の仕事を志した人もいるでしょう。 現在、 あなたが介護の仕事を行っているのは、「人の力になりたい!」と強く思ったからではないのでしょうか? 3K(きつい、汚い、危険)と言われていることを知った上で働き続けているあなたは高齢化社会である日本の誇りです。 介護業界の主役は現場で働くあなた自身です。 あなたをキッカケに、「介護の仕事って楽しいんだよ」「介護ってかっこいいんだよ」と思ってもらえる仲間が増えることを祈っています。 まずはあなた自身が輝ける場所に行きましょう。 世の中は、熱い想いを持って介護の仕事に取り組むあなたのような人材を求めています。

次の

間違えやすい漢字クイズ!読み間違え・書き間違え多発の漢字問題に挑戦! | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

漢字 クイズ 読み

こんな漢字ほんとにあるの!? 世の中には、難読漢字と呼ばれる難しい読み仮名の漢字がたくさんあります。 嗽 このような読むのに一苦労するものがそれに当たります。 ちなみに、上の漢字の答えは 『おこぜ』と 『うがい』 です。 確かに、 難しい漢字を読むだけで頭を使っている気がしますよね。 ですが、世の中には知られていないだけで想像を絶するほど読むのに苦労する漢字が存在しているのです・・・ それこそ、 『超難読漢字』と呼ぶにふさわしい問題です。 私は、その難しさを文字の形が面白いので『面白い漢字』と呼んでいます。 これから紹介する漢字を見た皆さんは、きっと こんな漢字ほんとにあるの!? と、思わず驚いてしまうことでしょう。 一問解けただけでも鼻高々間違いなしの超難問です!! ぜひチャレンジしてみてくださいね🍀 面白い漢字・超難読漢字クイズ10問 今回紹介するのは、 面白い漢字・超難読漢字を題材にしたクイズ問題10問です。 どれも見たことのないものばかりだと思いますので、かなり苦労することになると思います。 正直・・・読めても何も得しません 笑 ですが、これを知っているというだけで会話のネタになること間違いなしです! 今回の問題は、まさに楽しんでもらうためだけに作ったものです。 どうか、このサイトを見てくださっている皆さんが、今まで見たこともない問題を相手に心行くまで楽しんでくれたらと思います。 問題 第一問 風琴 第二問 白耳義 第三問 歐羅巴 第四問 驫 第五問 麤 第六問 羴 第七問 嬲る 第八問 解答 第一問 オルガン 風に琴と書いてオルガンと呼びます。 漢字で書くと、なんとなくおしゃれな楽器に見えますね。 ですが、こちらの問題は音楽関係の方なら読めたかもしれません。 まだまだ肩慣らし程度、次からはさらに難しくなります・・・ 第二問 ベルギー 外国の名前を漢字にすると多くの国がおかしな文字になってしまいます。 ですが、 カタカナを使わなかった戦時中の方たちはこの漢字をすべて読んでいたとか・・・ きっとものすごい勉強をされていたんですね。 第三問 ヨーロッパ 漢字を用いてヨーロッパを表すとこうなります。 最近ではEUからのギリシャ脱退もあり毎日のように耳にするヨーロッパという言葉。 ですが、漢字表記にすると急に見たこともない異国のように思えてしまうから不思議です。 第四問 ヒュウ 馬が三頭で『ヒュウ』と呼びます。 意味は、• 多くの馬• 馬が集まって走っている様子 などを表しているそうです。 まさに形が意味のすべてを物語っている漢字ですね。 第五問 そ・あらい こちらの文字は、粗いという意味を表しています。 粗悪と同じ言葉として 『麤悪』と使われることもあるそうです。 第六問 せん なまぐさい 羊が三匹で『せん』と読みます。 意味は臭いという意味だそうです。 ・・・凄い漢字ですね。 第八問 わたぬき 四月朔日と書いてわたぬきと読みます。 実際にこの漢字を用いた名字の方が日本におられます。 仕事などでもしお会いした時には、名刺交換の際に「私、読めますよ!! 」と少しどや顔をしてみてください。 第九問 ほずみや 『ほずみや』と読むこちらの漢字も日本で実際に使われている苗字です。 本当に日本にはいろいろな漢字があるんだな、と改めて思い知らされます。 第十問 あらそいいう 『言』が二つで争い言うです。 文字通り、二人の人が言葉を言い争っている様を表した漢字ということでしょう。 的確に様子を表した一文字ですね。 終わりに いかがだったでしょうか? 今回は 面白い漢字・超難読漢字に関するクイズ問題10問をお届けしました。 見ていただいた通り・・・ 物凄くむずかしい漢字ばかりをお届けしました。 全く解けない方も多く、もしかしたら悔しい思いをしたかもしれません。 ですが、自分の全然知らない事を新しく知ると、なんとなく楽しくもなりますよね これが知識欲というものかもしれませんね。 私たちが知らないだけで、漢字は本当にたくさんの種類があります。 漢字辞書の分厚さを思い出していただければ、世の中にどれだけの漢字があるかをよく理解してもらえるかと思います。

次の

小学5年生 【漢字クイズ】 問題プリント|ちびむすドリル【小学生】

漢字 クイズ 読み

間違えやすい漢字クイズ それでは、早速紹介していきます。 今回紹介するのは 間違えやすい漢字クイズ問題15問です。 読んで字のごとく、 書き間違えやすい漢字・読み間違えやすい漢字を題材にしたクイズ問題となっています。 漢字をただ書いて覚えるだけでは、なかなか記憶には残らないものです。 そこで私が考えた暗記方法の一つが、 クイズ形式での勉強です!! クイズなら楽しみながら漢字を覚えることが可能です。 問題 次の二つのうち、正しいのはどちらか選びなさい。 第一問• 完壁 第二問• 粉失 第三問• 鳥龍茶• 烏龍茶 第四問• 酒落 第五問• 三昧 第六問• 重復 第七問• 指摘 ここからは、漢字の読み間違えに関する問題です。 正しい読み方の方を選びなさい。 第八問 年俸• ねんぽう• ねんぼう 第九問 月極• つきぎめ• げっきょく 第十問 汎用• ぼんよう• はんよう 第十一問 相殺• そうさい• そうさつ 第十二問 漸く• ようやく• しばらく 第十三問 御利益 ごりやく ごりえき 第十四問 遊説• ゆうぜつ• ゆうぜい 第十五問 礼賛• れいさん• らいさん 解答 第一問 完璧 私はこの問題、絶対に「完璧」の方だと思っていました・・・ ですが実際には、【璧】という漢字を用いていたのです。 おそらく多くの方が壁と思っているはず・・・と言うか、そうであってほしいです(笑) 完璧を書く際には、 【土】ではなく【玉】です。 間違えないように注意しておきましょう。 第二問 紛失 問題としてみると 「なんだ、簡単じゃん」 と感じた方もいるかもしれません。 しかし、いざ「ふんしつ」を漢字で書いてください、と言われたら 【紛】ではなく【粉】の方を書いてしまうのではないでしょうか。 ついつい使い慣れている【粉】の方を書いてしまいがちなので、書き取りには要注意です。 第三問 烏龍茶 烏龍茶の「ウー」に当たる部分が間違えやすい漢字です。 ついつい 【烏】と書いてしまいがちですが、実際には一本線の少ない【烏】が正解です。 ちなみに、【洒】一文字では「しゃ・さい・そそぐ」等の読み方をする漢字となっています。 意味は水をそそぐ・洗う等です。 第五問 三昧 「贅沢三昧なんていう言葉もあるし、贅沢な食べ物ばかり食べているという意味の漢字かな? こういった線が一本多かったり少なかったりの微妙な違い、間違える人が本当に多いので要注意です! 第六問 重複 このちょうふく、漢字の書き間違えをしてしまう人続出の文字の一つです。 同じものが重なる、と言う意味から考えても「復活」等に用いる【復】が正解のように思えてしまいます。 ですが実際には、【複】こそが正解の単語となっています。 第七問 指摘 こちらも使い分けが難しい漢字の一つ。 というのも、間違いを指摘等の際に用いるこちらの漢字。 【適切】に用いられている【適】の方があっているようにも思えます。 この際に用いられている【年棒】、あなたはどちらで読んでいましたか? 実は正解は 「ねんぽう」なんです。 多くの方が「ねんぼう」と読んでしまっていますが、 実際にはそういった読み方の漢字は存在していません。 街中などでよく見かける漢字だからこそ、一度間違えて覚えてしまうとすぐに頭に定着してしまうんですよね。 もし「げっきょく」と読んでいた方がいれば、私と同じ恥をかく前に、ここでしっかり覚え直しておきましょう。 第十問 はんよう 実際、 「ぼんよう」という言葉もあるので読み間違えてしまうの無理はないこちらの漢字。 ですが、ぼんようは漢字て書くと凡庸です。 汎用は【広く色々な方面に用いることのできる】と言う意味で辞書に載っている言葉です。 読み間違いの多い漢字の特徴の一つとして、漢字をそのまま読んでも意味の通じそうな言葉が出来上がってしまうというものがあります。 怪しいと思ったら、 「本当にこの読みでいいのかな?」 と一度立ち止まって考えなおすことが必要です。 しばらくは漢字で書くと「暫く」です。 こちらもかなり難しい漢字ですので、それぞれの使い分けを間違えないよう普段から意識して漢字を読み書きする必要があります。 第十三問 ごりやく 読み間違えると神様からの御利益が無くなりそうなこちらの漢字。 正解は・・・ごりやくです! 「ごりえき」とついつい読んでしまいがちですよね。 とはいえ、 最近では「ごりえき」と読む人も増えてきているので、近い将来どちらも正解の読み方になる日が来るのかも・・・ 第十四問 ゆうぜい 遊説とは、意見や主張を他の人に説明して回る行動を指す言葉です。 難しい言葉ですので、知らない方も多いはず。 ですがそれだけに、こういった難しい漢字をサラッと 「ゆうぜいか~」 なんて読めたら、かっこいいというものです。 賢いイメージを自分につけたいという人は、読み書き・意味共に覚えておいて損のない漢字です。 第十五問 らいさん 礼賛は、読み間違えの多い漢字です。 普通に読むとれいさんですので、こちらもかなり多くの方が間違って読み方を覚えてしまっているようです。 ・・・はい、私もそうでした(笑) 間違えやすい漢字の覚え方 いかがだったでしょうか? 今回は 間違えやすい漢字クイズ問題ということで、 書き間違えしやすい漢字・読み間違えしやすい漢字の計15問を紹介させてもらいました。 どれも間違えても仕方がないほどに難しい漢字や、紛らわしい文字ばかりだったのではないでしょうか。 ですが こういった漢字は、日常生活の中で思った以上にたくさんあるものです。 そういった漢字の覚え方を最後に紹介しておきます。 それは• 実際にその言葉を用いて例文を自分で一つ作って• 文章に書き• それを口にして読む ということです。 人は、 見ただけより実際に手を動かした物事の方がはるかに覚えることができます。 更に、自分で例文を考えることで、自然とその言葉を脳に印象付けることが可能です。 また実際に自分で作った文章を読むことで、記憶に定着させることも可能となります。 見て、考え、書いて、口にする。 記憶するためのこの4つの方法全てをこなせば、ただ漢字を眺めるだけよりもはるかに記憶に残ります。 かなり効果的な方法ですので、 「漢字はちょっと苦手・・・」 と言う方、ぜひ一度試してみてくださいね!

次の