独り言 病気。 認知症 初期症状 独り言

独り言が多い人って病気?性格の特徴は?精神疾患?障害?

独り言 病気

発達障害とは 発達障害者支援法によると、発達障害とは「 自閉症、アスペルガー症候群、その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他において発現するものとして政令で定めるもの」とあります。 参考:「」文部科学省HP 子どもから大人へと身体が発達していくのと同じように、幼児的な精神も成人に向けて発達していきます。 この発達の過程が上手く行われないのが、発達障害。 この発達障害は、脳の発育過程上や事故などで物理的に脳に障害を負っていることによる発達障害と精神的なものによる発達障害があります その症状は様々ですが、 通常の発達過程を経ている定型発達の人から見ると発達障害の人はどこかしら違和感を感じる存在。 反対に発達障害の人が定型発達の人を見るとき、同じようにその考え方に違和感を感じて納得できません。 お互いを理解するには壁の存在を感じる関係にあるのが発達障害と定型発達の関係。 ものを記憶するとき、定型発達の人はイメージとして記憶しますが、発達障害の人の多くはありのまま写実的に記憶するというところが決定的な違い。 これは考え方にも表れている特徴で、定型発達の人が相手の気持ちを推し量ることをするのに対し、定型発達の人が相手の気持ちを汲む様子を見て まるで読心術を持っているかのような振る舞いをしていると感じるのが発達障害の特徴です。 参考: 現実のように目の前に再現するフラッシュバック さて、ここで考えておきたいことは、 発達障害を持った人は過去のことを写真のように記憶するという事実。 その場面を切り取ったように覚えているのです。 だから、定型発達の人が過去の記憶を思い出す時、ぼんやりとベールに包まれたような思い出し方をするのに対して、発達障害の人はまるでそこにいるかのような記憶がよみがえる。 つまり、過去の時点の記憶の1シーンにいるように思い出すのが発達障害の人の思い出し方に多いということ。 全ての発達障害の人が写真のように思い出すのかというとそうではないのですが、傾向としてそうあるということなのです。 もし、あなたが過去の1場面を写真のように鮮明に思い出し、その時に聞こえた音や声が再現され、匂いや感覚がよみがえったとしたらどうでしょうか。 それはおそらく、フラッシュバックと同じ体験。 記憶は衝撃的な記憶ほど強く残るので、衝撃的な場面ほど多く再現される発達障害の人の辛さは定型発達の人が考えるレベルの辛さではないといえるのではないでしょうか。 参考: フラッシュバックと独り言の関係 このように、発達障害の人はその目の前にフラッシュバックが日常的に繰り返されるとしたら、どうでしょうか。 幻視だけでなく、幻聴も起こるので、現実世界からの解離が起こりその人の世界に入り込みます。 つまり、フラッシュバックにより再現された世界の住人になり、その虚構の中で暮らすことになる。 そうすると、聞こえないはずの声に応答したり、話しかけたり、と独り言が増えるのは当然のことかもしれません。 たとえば、最愛の人からフラれるという恋愛の1シーンがフラッシュバックしたとしましょう。 恐らく、その場面では、相手との会話があるはずであり、相手からの話に対して応答することが求められてことがあると考えられます。 そこで 声に出して答えてしまうと、周りから見ている人は、独り言にしか見えない状況になるということ。 ぶつぶつと独り言を言っている精神的な病気にかかっている人にしか見えない状況が生まれるのです。 参考: ぶつぶつ独り言を言うのは病気なのか? それでは、電車の中とか街中とかで ブツブツと独り言を言っている人はすべて病気なのでしょうか。 答えから言ってしまうと、それだけでは病気とは言えません。 テレビを見て独り言が出てしまったり、立ち上がるときによっこらしょと声が出てしまうことは病気ではないということ。 「病気かも」と少し気になる独り言とは、まるで誰かと話をしているかのような独り言や、急に笑い出したり怒り出したりする独り言。 独り言を話す統合失調症の人の頭の中には別の人がいるように感じることがある。 ブツブツと独り言を言っているその人は、頭の中にいる人と話しているのだけで、本人にとっては病気ではなくいたって正常な反応。 ですが、周りから見ていると、おかしな行動に見えるのです。 そして、その独り言は、同じことを繰り返すということが特徴。 その証拠に、 ずっと独り言をしゃべっているのを聞いていると、流ちょうに話しているようでも実は同じことを繰り返しています。 これは、発達障害の人に見られる特徴の一つで、繰り返すことで安心感を得ているということが大きなポイント。 振り返って一般的なことを考えてみると、定型発達の人も同じかもしれません。 なぜなら、表現方法は違っても「いつもと同じ」ということで安心感を得て落ち着くことができるのですから。 参考: まとめ 以上「 発達障害とフラッシュバック!ぶつぶつ独り言を言うのは病気なのか?」について、神戸ヒプノセラピー、催眠療法のベレッツアがお伝えしました。 発達障害と聞くといわゆる障害のない精神的に健康な人と大きく異なるように感じるかもしれません。 ですが、発達障害と健康的な人との明確な境はなくどの程度発達しているかいないかの違いだけであり根源的には人間として同じであり、弱い部分も同じなのです。 だから、フラッシュバックが起こることで精神的に受けるダメージも同じ。 もしかすると、その時の記憶をより鮮明に覚えることができる 発達の障害を持った人の方がよりはっきりしていて、より強烈なフラッシュバックが起こる要素、可能性を多く持っているといえるかもしれません。 参考:.

次の

独り言は病気?多い人の心理は?治療可能か知りたい!

独り言 病気

職場や電車、様々な場所で迷惑がられてしまう独り言。 あなたの身の回りにも、独り言が多い人がいるのではないでしょうか? 集中して仕事をしているすぐそばでブツブツとあまりうるさく独り言を言われると、 ついついイライラしてしまうこともありますよね。 そのどうにかしたい独り言の対処法はどのようなものがあるのでしょうか? ただ実は、独り言というのは病気や障害のサインの可能性もあるのです。 独り言がうるさいから、と理由で無理矢理やめさせてしまうと、 重要なサインを見逃してしまうことになります。 なので、どのように見分ければよいのかも紹介します。 それでは、まずは独り言を言ってしまう原因から知っていきましょう! 目次• なぜ独り言を言ってしまうのか…その原因は? 独り言とは精神的なストレスがかかった時に出てしまうと言われています。 つまり、 精神のバランスをとるための行動なのです。 独り言の最中は自分の考えをまとめながら話しており、 声に出すことによって溜まっていたストレスが解消されて、心のバランスを保っているのですね。 他の考えられる理由としては、自分はここにいるという 自己主張の表れとも言われています。 声を発することによって周りに自分を意識してもらいたいといった気持ちから、 ついつい独り言を言ってしまうようです。 さらに、独り言を通じて助けを求めていることもあります。 これは特に職場で多いのではないでしょうか? 直接助けを求められず、独り言という形で誰かが気づいてくれるのを待っている… そのような理由で独り言を言ってしまうケースもあるようです。 そんな時は、周りの方が察して手伝ってあげることも大事ですね。 独り言が多い人は病気や障害のサインかも? 実は独り言は病気のサインであることも考えられています。 これらの症状にリアクションしているような、急に怒りだしたり、 誰かと話している独り言は統合失調症が疑われます。 また、独り言ではありませんが、突然笑いだすのも疑わしい兆候です。 幻聴と会話していたりする場合があるので、 声のトーンや話し方は人と話す時に似ていて、 ところかまわず独り言を言っているケースが多いでしょう。 言葉だけ聞くとマイナスな言葉に感じますが、前向きな行動であるとも考えられるでしょう。 独り言の他にも、生気がなくぼーっとしていることがあるなどの症状があるとうつ病の可能性があります。 その場面に合わないような言葉だったり、 聞き取れないような奇声を発することもあるでしょう。 また、嬉しい時や悲しい時などその時それぞれの感情を独り言として発し、 気持ちの整理をしている場合もあります。 それぞれ病気によって独り言にも特徴があるのですね。 病気や障害の可能性を考えれば、独り言に対する見方が少し変わってくるかも知れませんね! 年齢を重ねると独り言が多くなる? 独り言=お年寄りのイメージをもつ人もいるのではないでしょうか? 現代では独り暮らしをしているお年寄りが増えてきているからだと思われます。 では、なぜそれが原因となるのか考えていきましょう。 まず、人は普 段から誰かと話していないと独り言が多くなる傾向にあります。 自分の気持ちや考えを誰にも話さずに頭の中に溜めてしまうと、かなりのストレスになりますよね。 声に出すことによって、不安や孤独感から生まれるストレスを解消しているのでしょう。 さらに、外で独り言を言うことによって人とコミュニケーションをとれる場合もあります。 一言も発していない人に話しかける人はいませんが、なにか言っている人に聞き返すことはありますよね。 そこから会話がはずむこともあるので、もしかしたら中にはそれを狙って独り言を言っているお年寄りもいるかも知れません。 対処法はコレ! 独り言が多く、気になって仕方がない…そんな時の対処法をいくつか紹介します。 やめるよう伝える場合には、 その人が 直接指摘できる人かを考えた上で トラブルにならないように言葉を選んだほうがよいでしょう。 助けを求めてもいいんだ、と安心させてあげることも大事なことだと思います。 病院に行ってみるよう説得するか、そっとしておいてあげるのがよいと思います。 無自覚で独り言を言っている場合、 こうすることによって自分がどれだけ独り言を言っているのか自覚することができます。 無意識に独り言を言っている人は多いため、 それが迷惑なことだったんだと気付いてもらえれば、 やめてくれることもあるかも知れません。 そして、独り言対策でよく使用されているのが耳栓です。 いくつか対処法を紹介しましたが、 病気や障害の可能性もあるので、ただ闇雲にやめさせようとするのは大変危険ですし、 相手は注意できる人なのか、 性格などを考慮した上で、試してみてください。 独り言を言う人の心境 独り言を言っている人は一体どんな心境なのか考えたことはありますか? 独り言をよく言う人の中にも、そこまで考えたことはないという人がいるのではないでしょうか。 ついうっかり漏れてしまう• ストレス解消のため• 精神的に安心したい• かまってほしい• 考えていることを整理したい• 孤独感からの回避• 周囲を気にせず思ったことを言ってしまう• 誰かに聞いてほしい• とりあえず声を出したい• 無意識• 暇だから など、その人それぞれで様々な心境があるようです。 ですが、誰かに迷惑かけているかも知れないと思いながら独り言を言う人はほとんどいません。 (そうだと自覚していたら独り言をしないので) なので、独り言を言っている人は 何か問題を抱えているから仕方ないと割り切るようにすることも 大事なのかもしれません。 まとめ いかがでしたか? 独り言の多い人はストレスや自己主張、または助けを求める行動、 そして、うつ病など病気や障害のサインである可能性が考えられます。 それ以外にも、加齢とともに独り言が増えるケースもありますし、 人とコミュニケーションをとる手段として独り言を言う方もいるようです。 また、上記のような原因を理解していても、 職場などでどうしても独り言が気になってやめてもらいたい場合もあるかと思います。 ですが前述した通り、病気や障害のサインである可能性もあるため、 無理矢理やめさせる前に病気の可能性があることを伝えたりして その人とコミュニケーションが取れる関係性であれば、 会話をしてみると良いかもしれませんね! あとは、相手の立場を理解することで、 仕方がないと割り切れるケースもあるようです! 独り言が迷惑だと感じているあなたの考えはごく当たり前であり、 ネットでも多くの人が同じ悩みを抱えている書き込みが目立つので 自分は心が狭いなどと、悪い考えになって自分を責めたり ストレスを抱えないようにだけは注意してくださいね! スポンサードリンク.

次の

独り言は病気なの?危ない独り言のチェック方法とは!

独り言 病気

ページの目次• 統合失調症の症状である独り言の特徴「誰かと会話している」 独り言の多い人というのはいます。 仕事をしていていも、横で何か独り言を言っている人、家に帰って猫に話しかけちゃう人、テレビを見ていて突っ込みを入れてしまう人、ちょっと恥ずかしい癖ですが、この内容であれば本来何の問題もあります。 でも統合失調症の症状にみられる独り言には明確に違う特徴があります。 それは見えない誰かと会話をしているのです。 会話の一方だけ聞いていると意味不明ですよね。 そうです。 統合失調症の症状にみられる独り言の特徴は意味不明なのです。 独り言の多い人でも、いきなり笑い出す人はほとんどいないと思いますが、統合失調症の症状にみられる独り言では「笑い出す」というのも特徴のひとつ。 何故そういった事になるかというと、統合失調症の症状に幻聴というのがあります。 この幻聴は統合失調症の人にとって、日常他の人と会話と同じくらいの声に聞こえ、それに対して回答を返しているので、当人にとっては会話ですが、周囲の人から見るとまるで意味不明の独り言を言っているように見えるのです。 もちろん当人には幻聴を聞いている自覚はありません。 統合失調症の症状である独り言の特徴「攻撃的な内容」 電車に乗っていて何かぶつぶつ言っている。 隣に座ると「うるせえ、殺すぞ」というよう独り言を言っているみたいなんて経験ありませんか?目つきが明らかにやばいと感じる場合もあります。 実際その人が統合失調症か否かは判りませんが、統合失調症の症状である独り言の特徴に攻撃的な内容のものがあります。 もともと独り言というのは、言葉を口に出す事によって、精神の安定を図っています。 日本では「言霊」という言葉がありますが、口に出した言葉は本当になるという考え方があります。 例えば落ち込んでも「大丈夫」と言えば大丈夫になった気がしませんか? また逆に不安を言葉にすることによって、自分の不安を取り除く効果もあります。 しかし、統合失調症の症状である独り言の場合はちょっと違いがあります。 特に独り言の内容が「殺すぞ」等の物騒な内容が多い人は、多大なストレスを抱えており、そのストレスが外部に攻撃的な言動として現れる時が多いので、周囲の人は注意が必要です。 統合失調症の症状である独り言の特徴「長時間独り言を言う」 独り言というのはそもそも頭の中で考えている事を、口に出す行為です。 本来は頭の中で行われている事を口に出しますので、うるさいのは事実。 周囲の人にとって迷惑と言えば迷惑です。 しかし、独り言は決して悪いものではないのです。 実際ある研究では独り言は緊張をほぐして、心も体も健康にするのに役立つそうです。 とはいえ、やはり程度が過ぎれば問題です。 病気でない人の独り言は、独り言を言っている自覚もあるので、あまり長時間ずっと独り言をいうことはないのですが、統合失調症の症状である独り言の場合は、本人自体に独り言を言っている自覚がありません。 もし周囲の人がそれに気が付いたら「独り言を言っているよ」と注意してもあまり意味がありません。 当人にはその自覚がなく、逆に当人は「変な事言われた」など思うだけです。 たとえ迷惑でも独り言を無理矢理辞めさせることはできません。 そもそもその原因である統合失調症の治療が必要なのです。 統合失調症とは? さてそもそも統合失調症とはどんな病気なのでしょうか? 本来脳の機能はとても複雑です。 人が日常を送る上で、脳には複雑な内容をまとめる機能もあるのですが、それが上手く働かなくなるのが統合失調症です。 幻覚や幻聴を見ることが多く、彼や彼女にとって別の現実があります。 私たちの感じる事の出来ない別の現実で当人は普通と思っている行為をしています。 幻聴との会話もそうです。 独り言が多いのも、当人の自覚では独り言ではありません。 また、幻聴の内容も、当人に対する悪口や嫌がらせ的な内容が多いようです。 そのため、自分は嫌がらせされている、影でみな悪口を言っているというような被害妄想の症状mみられます。 さてどうしても統合失調症の発症の原因は判っていません。 ただ発症しやすい要素を持っている人がいて、その人がストレスを受けたり、また結婚や就職などの何か人生の節目になる出来事の緊張が、時に発症の引き金になると言われています。 統合失調症の症状である独り言を止めるには? 前述しましたが、当人は独り言を言っている自覚はありません。 いくら独り言を注意しても、効き目はありません。 その原因である統合失調症の治療が必須です。 ただ当人に異常の自覚がないため、病院への受診も難航する事が多いようです。 もし家族などに前述した特徴がみられるようなら、別の口実を設けて、病院へ連れて行った方がいいでしょう。 自然治癒することはありません。 統合失調症の治療は主に「薬物療法」「心理社会療法」が行われます。 きちんと治療を受けていれば回復できる病気です。 治療をすることによって、幻聴や幻覚も軽減化し、日常生活も問題なく遅れるようになりますが、再発しやすい病気でもあるため、症状が軽減しても医者がいいというまでは「薬物療法」は続けなくてはいけません。 人によっては副作用がつらいと感じる人もいるようなので、その際も必ず医師に相談しましょう。 当人に病気の自覚がでれば徐々に独り言も減っていきます。 病気を自覚することから、治療は始まるのです。 もし家族や友人に前述のような症状があるようなら、是非病院への受診をススメた方がいいでしょう。

次の