妻 小学校 に なる ネタバレ。 『妻、小学生になる。』最強愛妻家夫と小学生妻の純愛漫画のネタバレ感想

妻、小学生になるの最新話『25話』のネタバレと感想、考察まとめ!週刊漫画TIMES8/2号

妻 小学校 に なる ネタバレ

こちらの記事では 2019年08月02日に発売された 妻、小学生になるの最新話25話のネタバレや感想、考察を 文字だけご紹介しております。 もし『文字だけではわかりにくので、 絵付きで漫画を読んでみたい』 という場合は、 U-NEXTで 今すぐ無料で読むことができますので、 ぜひ、チェックしてみてください。 妻、小学生になるの最新話25話のネタバレ 貴恵の現在の家庭 貴恵に「 お母さんの今の家ってどんな家庭なの?」とストレートな 質問をぶつけた麻衣ですか、どんなふうに聞いたのかと尋ねる貴恵。 噂では両親が離婚していて、 母親が少し危ない人ではないかと… タケル君にも会って聞いたら母親については同じことを 言っていたと麻衣は話します。 貴恵はため息をついて、 離婚しているのは事実で、 今は母親と暮らしていると言います。 ヒステリックになりやすくて、怒鳴ることもあるけど 手を挙げられることはされていないから、安心してと言われます。 麻衣は黙ってしまいました。 貴恵は麻衣が心配していると思い、 言い訳をします。 母親も離婚してパートで働いてていろいろと大変だけれど、 新島家のように和気あいあいとはいきませんが、 みんながみんなそういう家庭ではない。 それぞれの家庭にそれぞれの事情があると、目を伏せます。 悲しそうに見つめている麻衣を励ますように、 本当の小学生なら、まだしも中身は私よとウインクします。 でも麻衣は 「万理華ちゃん両親が離婚して凄く落ち込んで いた…。 」 とも聞いたと言います。 なぜか驚いている貴恵。 「過去のことだし、小学生姿の自分が何か言っても何も変えることが出来ないじゃない? それにー」 と貴恵は何か言いかけてやめました。 麻衣に気を遣ってくれてありがとうと言い、貴恵は帰途につきます。 歩きながら それに…なんか…あまり思い出らないのよね。 …両親が離婚した時のこと… 父親のこととか…離婚する前の母のこととか…新島家に会って から生活が一変しすぎたせいかしら と考えていました。 海は怖い面もあるという事も知っていて欲しい 麻衣は防波堤の上に立って空を見上げていました。 すると、新島さん・・・? 午後からのはずじゃ? と 蓮司に声をかけられます。 「やることもなかったので、早めに来ちゃいました。 なんか 無性に海を見たくなった」 と麻衣。 「モヤモヤすることがあり、 すんなりと上手くいかないと いうか…そこさえ何とかなればいいのにという事があって…。 」 と曖昧な返事をしたので、蓮司は理解できない様子。 そこで麻衣は話を変えて、この前釣りをしたけれど 一匹も釣れなかったと言います。 すると蓮司が、釣りに興味があるなら教えようという事に。 麻衣が驚くほどたくさん釣れたので、 食べる分だけ持って帰り後は逃がしてやります。 麻衣は楽しかったと大喜びで、少しすっきりしたと言います。 海の近くに住むっていいですね・・・。 釣りも海水浴もできて羨ましいですというと、蓮司は少し暗い表情で 「 怖い部分もあるけどな・・・」と答えます。 麻衣も気づき、蓮司の友人が海にのまれた原因を尋ねます。 大きな台風が来た時に沿岸に住んでいて、 不用意に海に近づき 高波にのまれたと蓮司。 無神経に聞いてしまってと麻衣は謝りますが、 蓮司はむしろ 怖い面も あるという事を伝えたいのだと言います。 「津波でも大きな被害があり、海沿いの家や工場は破壊され、死者もたくさん出た。 」 「漁船も流出したり、陸地に乗り上げたりして使い物にならなくなった。 」 復旧作業にとてつもなく時間がかかり、復興事業はいまだに続いています。 怖いので、自分だったら引っ越ししてしまうと麻衣は言います。 いつまた来るかわからないから…。 しかし蓮司は、 「確かに怖いし、次何かあったら今度は自分が 死ぬかもしれないけれど、もしかしたら逆に誰かを 救えるかもしれない」 と言います。 麻衣は、蓮司のことをすごいと思うと同時に、 自分も頑張ろうと思うのでした。 二人で事務所に向かいます。 貴恵の命日 その頃貴恵は授業中。 父は仕事中に10月のカレンダーを見て考えていました。 もうこんな頃か…今年は…どうするべきだろうな… 貴恵は目が覚めると出かけることにしました。 このくらいの気温が一番好きで、 こういう穏やかな朝にホットケーキを作って、 溶けたバターの匂いにつられて二人が早起きしてきて、 珈琲を飲みながら二人が食べてる姿を 見るのが好きだったことを思い出していました。 道でばったり、麻衣と夫に出会います。 「花を持っている夫に誰かのお祝い?予定があったら言っておいて」 と言います。 夫は覚えてないかと貴恵に尋ね、今日はお前の命日なんだと告げました。 妻、小学生になるの最新話25話や最新刊を無料で読む方法って? 以上が妻、小学生になるのネタバレでした! ここまで読んでいただければ、ある程度の内容はわかったかと思いますが、 やっぱり文字だけではなく、 絵も一緒に見た方が絶対におもしろいですよね。 そこでおすすめなのが U-NEXTです。 妻、小学生になるの最新話25話の感想と考察 もしなくなってしまった妻が、小学生の姿で戻ってきたら・・・ という設定のお話です。 娘の麻衣は、小学生の姿の母貴恵の今をとても心配しています。 噂では両親が離婚していて、母親が少し危ない人ではないか・・・。 娘に心配かけまいと、貴恵は必死に言い訳をするのです。 それぞれの家庭にそれぞれの事情が・・・。 小学生の姿の貴恵がその言葉を言うと、さらに 重く感じてしまいます。 それに何故か今の貴恵は両親が離婚した時のことを思い出せません。 父親のことも、離婚する前の母親のことも…。 前世の記憶が戻ったことと何か関係があるのでしょうか。 それとも新島家の方が居心地がよくて、 現実逃避のようになっているのでしょうか。 自分の命日を知ってしまった貴恵に何かが起きてしまうのでしょうか。 まとめ ここまで妻、小学生になるの最新話25話のネタバレや感想、考察をご紹介してきましたが、 いかがだったでしょうか? 少し前までは漫画を無料で読める漫画村などサイトがありましたが、 今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなっています。 それよりも今はウイルスなどの心配もない 安全な U-NEXTの無料キャンペーンがありますので、 ぜひ活用してタダで妻、小学生になるの最新話や最新刊を読んでみてください。

次の

妻、小学生になる。【第47話】のネタバレ!万理華の真実を打ち明けられた千嘉の反応は?|漫画市民

妻 小学校 に なる ネタバレ

『妻、小学生になる。 』はこんな漫画 あらすじ 新島圭介は10年前に事故で最愛の妻を亡くしてから失意のどん底を彷徨っています。 娘の麻衣も圭介と同じように母親の死から立ち直れていませんでした。 そんな中、急に家へやって来た小学生の女の子が自分は圭介の妻で舞の母親である新島貴恵だと名乗ります。 輪廻転生した貴恵は10歳になったとき、前世の記憶が甦り2人の元を訪れました。 こうして圭介は小学生の姿をした妻と新たな人生を歩み始めることになったのです。 魂の輪廻転生と究極の家族愛を表現していく 『妻、小学生になる。 』! 今回はハートフルでコミカルなヒューマンドラマの魅力について、ネタバレを含みながらご紹介していきます。 家族の愛情を感動しながらお楽しみください。 『妻、小学生になる。 』の魅力紹介(ネタバレ含む) 前編 ある日の夕方、新島圭介が肩を落としながら自宅へ向かっています。 娘と一緒に食べるため買ったコンビニ弁当を持ちながら帰宅しました。 「それじゃとりあえず今の家庭の方に帰るわ、まーったく私がいなくなってこんなスカスカな生活してたとはね・・・ただ本当は見ることができなかったはずのあなたと麻衣の成長を今後も見られることが正直めちゃくちゃ嬉しいわ」 こうして嵐のように貴恵は去っていきました。 果たしてここから始まっていく新たな家族の形はどのように進行していくのでしょうか?!? 妻が生まれ変わった姿で現れるというファンタジーのような設定が素敵だと思いました。 さらに小学生の姿をしながら説教する貴恵の姿がとても可愛らしいですね。 ユーモアを交えながら家族の新たな形を描いていく 『妻、小学生になる。 』! 笑って泣ける読み応えのあるストーリーになっています。 それでは貴恵の登場によって変化を見せ始める圭介と麻衣の姿に注目しながら続きをご覧ください。 後編 貴恵が帰った後、圭介と麻衣は思わず大笑いしてしまいました。 「何げないやりとりだけで笑みがこぼれる、この日常を絶対に大切にしていこうと思った」 ここから圭介と麻衣、そして小学生になった貴恵にはどのような奇跡が待ち受けているのでしょうか!? 『妻、小学生になる。 』を読んだ感想 貴恵の言葉が1つ1つ重たい意味を持っているため、生きていくうえでとても参考になる漫画だと思いました。 厳しいセリフの多い貴恵なのですが、その裏側にある愛情を圭介と麻衣が理解しているところも素敵ですね。 理想の家族愛を描きながら笑いと涙を誘ってくれる 『妻、小学生になる。 』! ヒューマンドラマとファンタジー漫画の良いところをミックスさせたレベルの高い作品になっています。 漫画を読んで感動したい人はこの物語を読んでおいてください。 電子書籍を無料で読んでみませんか? 電子書籍は試し読み以外では無料での購読は不可能です。

次の

そして父になるネタバレ結末はどっちを選択?原作実話の壮絶な運命に涙が止まらない

妻 小学校 に なる ネタバレ

漫画「妻、小学生になる」ネタバレ 下を向きながら歩く陰キャサラリーマン・圭介。 仕事を終えて自宅に戻る。 娘と一緒にコンビニ弁当を夕食として食べていく。 父親と娘の間に会話はない。 そんな時、インターホンが鳴り響く。 圭介が玄関を開けると目の前に立っていたのは、ふてぶてしく腕を組んだ小学生の女子だったのだ。 彼女は自分の事を新島貴恵(にいじまたかえ)、あんたの妻であり麻衣の母親だと説明していく。 状況が把握できない圭介。 取り敢えず部屋に招くと経緯を説明されていく。 目の前にいる小学生の話を聞く事で紛うことなき貴恵である確信を持っていく圭介と娘の麻衣。 どうやら貴恵は10年の時を経て別の夫婦の子供として輪廻転生をしてきた模様。 ここから小学生になった妻・貴恵と圭介や麻衣との人間ドラマが繰り広げられていく。 ちなみに貴恵が帰った後、圭介と麻衣は顔を合わせながら久しぶりの笑顔を見せていく。 感動の愛情弁当に泣ける! 翌日から早速、圭介に変化が現れていく。 無口な陰キャサラリーマンだが部下に自分から声をかけるといった珍しい行動を取っていく。 部下もビックリである。 そして仕事へ出掛ける前に小学生化した貴恵は圭介の為に弁当を持ってきていた。 昼休み、公園で貴恵の作った弁当を開けて、思い出に浸りながら…そして涙を見せながら弁当にガッツイていく。 その感想は『美味すぎる…』である。 最序盤の感動シーンで涙腺が緩んでしまった(笑) その日の夕方。 圭介の帰宅を待ち伏せしていた貴恵。 そんな彼女に抱きついて自身の未来予想図を叫んでいく圭介。 しかし、そんな圭介に喝を入れていく貴恵。 私がいなくても明るく進んでいける姿勢と未来を見せろと圭介を一喝。 自宅に帰ると麻衣にも変化が訪れていた。 在宅ワークをしていたが就活の為にスーツを新調していた。 圭介も珍しくコンビニ弁当ではなく麻衣と共に夕飯を共に作っていく。 鈍感主人公…部下の好意にまったく気づかない…!? 小学生になってしまったが転生してきた妻とのやり取りを楽しんでいく圭介。 そんな中、別の角度から恋愛フラグが立っていく。 圭介と同じ会社で部下である守屋好美といった女性だ。 彼女は元気のない圭介をずっと社内で見ていた。 近寄りがたかった存在であった圭介だが貴恵の転生と共に性格も前向きとなり、社内でも元気が見れた事から好美は圭介にアタックを開始していくのだ。 そんな中、好美は圭介の待受に設定されている小学生の子供を見てしまう。 最初は娘だと勘違いするが、情報収集している内に待ち受けの少女は娘でない事が判明。 さらに圭介と小学生になった貴恵が遭遇している現場に遭遇して二人の関係を解き明かそうとしていく。 この辺りは貴恵が機転を利かせて上手く立ち回るのだが、鈍感な圭介と違って好美の気持ちを察した貴恵は複雑な心境を覚えていく事へ。 ちなみに圭介は貴恵の気持ちにこれっぽちも気づいていないので今後、圭介・貴恵・好美の関係がどう変化をしていくのか大きな見所である。 妻、小学生に告白される…!? 見た目は小学生、中身は大人といった名探偵コナンのような設定の貴恵。 当然、普段は小学校に通っている。 そこで貴恵に好意を抱く小学生男子が現れる。 タケルである。 授業中のふと瞬間に隣の席の貴恵を見て、その横顔に一目惚れをしていくのだ。 その後、タケルは曇りない眼でズンズン貴恵にアプローチをしていき、仕舞いには告白までしてしまう。 その後、タケルのサッカーの試合観戦を麻衣と一緒に行く貴恵。 タケルの気持ちを知った麻衣は小学生化した母親とタケルの恋を応援するかのような言葉をかけていく。 圭介と好美の恋愛フラグだけでなく、貴恵とタケルといった小学生同士の恋愛フラグもここで立つのだ。 問題は山積み…!? 麻衣とサッカーの試合観戦後、自宅に帰っていく貴恵。 中身は貴恵であるが、とある夫婦の子供である。 その自宅のリビングは荒れに荒れており、不穏な空気が漂っている。 そして帰ってきた貴恵に背後から母親が接近。 どうも家庭事情ありありな雰囲気を醸し出して1巻は幕引きとなります。 漫画「妻、小学生になる」感想 最強愛妻家と小学生妻の人間ドラマを描いていく作品。 読む前はどうなんだろう〜オモロイかなぁ〜なんて思っていたが杞憂だった。 蓋を開けてみると非常に面白い。 家庭事情が垣間見えたり、それぞれに恋愛フラグが立っていたり…。 様々な問題を解決しながら夫婦の愛情を確かめ合って、最後は両者ともに巣立っていくんだろうなぁ〜と明るい未来予想図が描ける作品。 貴恵が転生した夫婦の母親は毒親といった印象なので、正反対な貴恵が小学生の体でどう切り抜けていくのか非常に次が楽しみ。 と言うか執筆時点では既に3巻まで配信中。 問題山積みな状況の中でも暖かい人間模様がグッとくるお勧め漫画。

次の