いしだあゆみブログ。 いしだあゆみ激やせは病気?可愛かった若い頃に何故二重整形?

「アワー・コネクション」 〜 いしだあゆみ&ティン・パン・アレイ・ファミリー

いしだあゆみブログ

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• by かなめ... 0 29. 虹 1970 南田洋子 37. 9 30. 信子とおばあちゃん 1969 大谷直子 37. 8 青春家族 1988 いしだ あゆみ 清水美砂... 武蔵野舟木組... というコーナーがあって、その写真を撮っているスタジオの副調整室に入って、興味津々で覗いたものだった。 笑 ラブラブショーでの思い出は、黒沢年男さんと いしだ あゆみさんの時で... html 2. シネマ係長の秘密基地... とともに逞しく戦中、戦後を生き抜いていく・・・。 監督:近藤明男 原作:西村滋 【キャスト】 吉井一肇、早織、遠藤憲一、高橋惠子、 林隆三、 いしだ あゆみ、山田吾一... html 3. エニアックのブログ... Alexandrosの「ワタリドリ」Mr. Childrenの「HANABI」井上陽水奥田民生の「ありがとう」井上陽水安全地帯の「夏の終わりのハーモニー」 かかりすぎていたのにかからなくなった。 いしだ あゆみの「ブルーライト... html 4. 「余所 ヨソ 事でない」ブログ日記... OVakc 元歌は歌 謡曲。 それは次のユーチューブ曲である。 youtube. hatenablog. キネマ画報... のシリーズ第29作目です。 マドンナは いしだ あゆみさん。 葵祭でにぎわう京都で寅次郎が鼻緒を直してあげた老人はなんと人間国宝の陶芸家加納作次郎だった。 作次郎の家には夫に先立た... html 6. ~宇野昌磨選手とフィギュアスケート~... 女子フィギュア界の草分け的存在は、その後はインストラクターとしても活躍し、多くの五輪選手を指導。 福原美和、上野 現姓平松 純子、石田 現姓岡本 治子 女優 いしだ あゆみの実姉 の... html 7. 青空のメモ帳... 中で寅さんが女性といい仲になる チャンスの回が「寅次郎あじさいの恋」です。 そこの女性の部屋に寅さんが泊まることになり 夜寝てたら、 いしだ あゆみが求めて迫っ... goo. シネマ係長の秘密基地... 佐藤英明 脚本 :君塚良一、佐藤英明 協力 :フジオプロ 主題歌 :ユニコーン「ぶたぶた」 【キャスト】 浅野忠信 堀北真希 阿部力 木村多江 いしだ あゆみ 佐藤浩市... html 9. シネマ係長の秘密基地... html 10. いやー映画ニュースって本当にいいものですね... 司郎 【特技監督】中野昭慶 【原作】小松左京 【脚本】橋本忍 【撮影】村井博、木村大作 【音楽】佐藤勝 【出演】藤岡弘、、 いしだ あゆみ、小林桂樹、... livedoor. html.

次の

いしだあゆみ & Tin Pan Alley: ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ

いしだあゆみブログ

プ ロ フ ィ ー ル ! いしだ あゆみ 本名 石田 良子(いしだ よしこ) 生年月日 1948年3月26日 出身地 長崎県佐世保市 職業 歌手・アイドル・女優 事務所 イザワオフィス 配偶者 萩原健一 (1980年ー1984年) 姉はフィギュアスケートグルノーブルオリンピック代表の石田治子、 妹は歌手の石田ゆり、 義弟は小説家のなかにし礼。 私の一番古い記憶では、「 7人の孫」という テレビ番組でした。 原案は源氏鶏太。 森繁久彌 扮する明治生まれの祖父を中心に、大正生まれの父母、 七人の孫の織りなす大家族ホームドラマです。 子供のころ、毎週楽しみに観ていた記憶があります。 つぎに思い出すのは、「 ブルーライト横浜」という曲で 歌手としてヒットされたことです その頃は、歌番組が沢山あって、毎日のように テレビに出て 歌ってらっしゃる姿を思い出します 「 ブルーライト横浜」のヒットで、NHK紅白にも出演されてますよね! 目 を 二 重 に 整 形 ! 今では、当たり前になってますが、この頃は 整形手術なんて 芸能人でもやってない時代でした。 そんな時、目を二重にされたのが、センセーショナルでした 私は「 そんな事しなくても、充分可愛いのに」って思った記憶があります ブルーライト横浜を、歌ってらっしゃる 動画をみたら この時はもう 二重にされてますね?! この頃から、次々に色んなかたが、整形をし始めてるように 思います。 す ご ー く 痩 せ て る ! 歳をとったら、誰でも 美貌は衰えるのは 当たり前ですが、いしださんは 激やせされてるので すっかりおばあちゃんって感じですよね?! 病気で痩せてらっしゃるんでしょうか? そんな話はないですよね? いつだったか、「 徹子の部屋」にゲスト出演されて 「着物にはまってます」って素敵なお着物を着ての出演を観た時、 着物より 激やせのほうに目が行ってしまいました。 すっかり痩せて、二重にした目も痛々しい感じでした。 若い頃二重にする勇気があったんだから 今、自然体じゃなくて、コラーゲン収入とか、したらいいのにって 思ってしまいました。 ごめんなさいm(— —)m ご病気でなければ、痩せてても 元気に活躍されるほうが 良いのかもしれませんね? 美容整形で若返って、やりすぎて ひどい顔になってる人より 年老いた顔を、ちゃんと見せてる方が、素晴らしいんですよね?! 私も、おばあちゃん顔になる事を、恐れない事にします! いしだあゆみさん、頑張って下さい!• 最近の投稿• 最近のコメント• アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

「アワー・コネクション」 〜 いしだあゆみ&ティン・パン・アレイ・ファミリー

いしだあゆみブログ

本格的に夏の暑さが来る前の夏の初めのこの季節に、このアルバムはなかなかにフィットする。 ジャズでは無い、ロックでも無い。 日本の歌謡ポップスである。 しかし、普通の歌謡ポップスでは無い。 なんとバックバンドが、ティン・パン・アレイ。 ティン・パン・アレイ(以降ティンパンと略す)とは、細野晴臣、鈴木茂、林立夫、松任谷正隆(後に佐藤博が参加)からなる音楽ユニット(当初は「キャラメル・ママ」)。 この日本のソフトロックの伝説バンド、ティンパンをバックに、なんと、1960年代後半から1970年代前半、一世を風靡した歌謡界の歌姫である「いしだあゆみ」がメイン・ボーカルを担当しているのだ。 1977年のリリース。 このアルバムの内容が凄くて、まず、全曲を本作のプロデューサーである橋本淳が作詞、そして、作曲は細野晴臣と荻田光雄。 この作曲担当の二人の名前を見ただけで「凄い」。 演奏はティンパン。 しかし、参加したのは細野晴臣、鈴木茂、林立夫のみ。 松任谷正隆は不参加なので、代わりにキーボードは矢野顕子、羽田健太郎、岡田徹、佐藤博が分担して担当(うへ〜)。 コーラスには山下達郎と吉田美奈子と、このバックバンドの面子を見ただけで「凄い凄い」。 で、改めてパーソネルをまとめると、いしだあゆみ vo , 細野晴臣 b,g , 鈴木茂 g , 林立夫 ds , 矢野顕子 key , 岡田徹 key , 佐藤博 key , 羽田健太郎 key , ake H. Concepcion horn , 浜口茂外也 per , 吉川忠英 g , 吉田美奈子, 山下達郎 chorus。 1970年代後半、ニューミュージックの始めの時代、錚々たるメンバー。 いしだあゆみがボーカルを担当しているので、ボーカルから感じる音のテイストは、あくまで「歌謡ポップス」。 1970年代を席巻した歌謡ポップスのテイストそのものである。 バックのティンパンは、いしだあゆみに迎合することなく、徹頭徹尾、ソフトロックをガンガンやっているのだが、そこはさすが「いしだあゆみ」。 バックの疾走するソフトロック集団に感化されることなく、自らの歌謡ポップスのボーカルを貫き通していて立派。 といって、思いっきり歌謡曲している訳では無く、今の耳で聴き、表現すると、上質の「ラウンジ・ミュージック」という表現が一番しっくりくるのではないだろうか。 僕はこの解釈に賛同する。 比較的ゆったりとした曲調の心地良い音。 そう、ボサノバの雰囲気に通じる、良い意味での「ゆるさ」がこの 『アワー・コネクション』というアルバムに蔓延している。 いしだあゆみのボーカルは、アストラッド・ジルベルトのボサノバ・ボーカルの様な、アンニュイで漂う様な、それでいてしっかりと丸く芯の入った、語りかける様な優しいボーカル。 冒頭の「私自身」などは、のっけからいきなりアンニュイな「ポエトリー・リーディング」で始まります。 バックのティンパンは今の耳にも十分に耐える密度の高いソフト・ロックなバッキングを繰り広げており、いしだあゆみのボーカルと相まった、元祖Jポップな音世界が凄く魅力的。 今の耳で聴いても、ほとんど古さを感じさせない、上質のラウンジ・ミュージック。 アンニュイで漂う様な、それでいてしっかりと丸く芯の入った、このアルバムの音世界は、本格的に夏の暑さが来る前の夏の初めのこの季節に合う。 ライトなボサノバ・ボーカルを聴くような雰囲気が、良い意味で「緩くて」とても心地良いのだ。 震災から3年3ヶ月。 決して忘れない。 まだ3年3ヶ月。 常に関与し続ける。 がんばろう東北、がんばろう関東。 自分の出来ることから復興に協力し続ける。 名称「松和のマスター」でつぶやいております。 この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。 これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。 この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。 これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。 AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。 一言でいうと「大人向けのロック」。 ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。 これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。

次の