ストーリー ハイライト。 【インスタグラム】ストーリーのハイライトに既読(足跡)は付かない?

インスタストーリーのハイライトとは?追加や編集方法など使い方まとめ|インスタグラム使い方

ストーリー ハイライト

インスタグラムの人気機能の一つ「ストーリー」の投稿後に表示される「ハイライト」機能とは何か?を解説しつつ、追加などのやり方についてまとめてみた。 関連 シェアする• ハイライトとは? 通常、インスタグラムのストーリーは投稿してから24時間後には他のユーザーには表示されなくなる仕様となっているが、ハイライトは自分のプロフィール画面にそのストーリーの投稿を常に表示させることができる機能だ。 ハイライトは、例えば、犬に関連したストーリーのグループ、猫に関連したグループの投稿のようにグループに分けて投稿することができ、プロフィール画面を見に来た人には、自分がどんな事に興味があるのかなどを示すことができる。 ストーリーからハイライトに追加 ハイライトへの追加方法だが2つあり、一つ目はストーリーの投稿からの方法だ。 まずはホーム画面の カメラアイコンをタップ。 ストーリーの投稿の詳細については省略するが、ストーリーを投稿アップロードが完了すると画面右下に ハイライトというアイコンが表示されるので、それをタップする。 後は、 ハイライトの名前を入力して 追加をタップすればハイライトが追加される。 ストーリーの使い方は詳細こちら。 プロフィールからハイライトに追加 プロフィールから追加する方法を見てみよう。 すると投稿したストーリーの一覧が表示されるので、 追加したいストーリーをタップする。 ちなみに、複数のストーリーを選択した場合、並び替えはできず、時系列に動画が再生される。 終わったら右上の 次へをタップする。 ハイライトの名前を入力したら、 カバーを編集してみよう。 カバー画像は、ストーリーからのサムネイル画像かライブラリから選択できる。 また、カバー画像はドラッグして移動したり、枠に合わせて拡大縮小ができる。 終わったら 完了をタップする。 後は右上の追加をタップすれば 完了だ。 ハイライトの削除・追加・除外 ハイライトの削除、及び追加・除外について見てみよう。 プロフィール画面にアクセスしたら、削除、または編集したい ハイライトを長押しする。 するとメニューが表示され、ハイライトそのものを丸ごと削除したい場合は、「ハイライトを削除」を選択する。 ここでは、 ハイライトを編集を選択してストーリーの追加・除外を見てみよう。 するとハイライトに追加したストーリーの一覧が表示されるので、除外したいストーリーをタップして除外する。 なお、カバー画像やハイライトのタイトルもここで編集が可能だ。 ストーリーを更に追加したい場合は、 アーカイブのタブを選択し、追加したいストーリーをタップして 完了で追加できる。 足跡をつけずに見るには? ハイライトもストーリー同様に他のユーザーのハイライトを見に行くと足跡が付いてしまうが、24時間経つと閲覧者リスト、つまり足跡が投稿者であっても見れなくなるので、足跡をつけずに見るには投稿後24時間経過したものを観に行けばよい。 あるいは、複数アカウントを作って見に行くというのも手だ。 複数アカウントの作成については、こちらを。

次の

【インスタストーリー】ストーリーに「アーカイブ」と「ハイライト」機能が追加!ストーリーの保存とシェアが簡単に

ストーリー ハイライト

インスタストーリーの「ハイライト」とは? ストーリーは通常、投稿から24時間経つとインスタグラム上から削除されます。 しかし、ハイライト機能を活用すれば、ストーリーをプロフィール上に表示させ続けられます。 インスタグラムのプロフィール画面上に丸枠で表示されているのが、ハイライトです。 自己紹介のすぐ下と目立つ位置にあり、タップすれば再生できます(非公開アカウントの場合はフォロワーのみ)。 投稿したストーリーをハイライトすれば、削除しない限りここに表示され続けます。 これぞというお気に入りやいつもより反響があったストーリー投稿を選んで載せておくのに適しているといえるでしょう。 2 ハイライトのカバー写真・タイトルを決める 左:[カバーを編集]からカバー写真の設定をおこなう 右:タイトルを入力する プロフィール画面上に表示されるハイライトのカバー写真とタイトルを設定します。 タイトルには最大15文字まで入力が可能です。 よければ右上の[追加]をタップしてください。 ちなみにカバー写真とタイトルは後から変更できます。 3 丸枠をタップで再生 作成したハイライトがプロフィール画面に追加されました。 投稿から24時間経過したストーリーでも削除されずに残るようになりました。 丸枠内をタップするとストーリーが再生されます。 ハイライトはプロフィール同様、誰でも見ることができますが、非公開アカウントに設定している場合はフォロワーのみへの公開となります。 しています。 投稿したストーリーから直接作成・追加する方法 投稿してから24時間以内であれば、ストーリーの再生画面からハイライトを作成・追加することもできます。 フィード画面上部のストーリーズトレイから自分のストーリーズを開きます。 ハイライトに追加したいストーリー投稿が表示されたら、右下の[ハイライト]をタップし、[+新規]を選択してください。 なお、ここで既存の別のハイライトを選ぶと、そのハイライトに内包された状態(同じタイトルとカバー写真)でハイライトに追加されます。 次の画面で、新規ハイライトのタイトルを入力し[追加する]をタップします。 ここではカバー写真の編集はできないため、作成が完了後に設定する必要があります。 しています。 「ハイライトに追加されました」と表示されたら完了です。 [プロフィール上で見る]をタップして、追加できているか確認するといいでしょう。 プロフィール画面の紹介文の直下に作られたハイライトをタップすると再生できます。 ハイライトを編集する 既存のハイライトに写真・動画を追加して複数の写真や動画が再生されるハイライトを作ったり、カバー写真やタイトルを変えたりといった編集が可能です。 また、ハイライトの削除も簡単におこなえます。 ハイライトに写真・動画を追加する 既存のハイライトに写真や動画(別のストーリー)を追加するには、当該ハイライトを長押しして[ハイライトを編集]を選択後、アーカイブタブから追加したいストーリー(写真・動画)にチェックを入れます。 最後に完了をタップすると、既存のハイライトに写真や動画が加わって、順番に再生されるハイライトが作成されます。 投稿してから24時間以内のストーリーの場合は、再生画面の[ハイライト]をタップ後に既存の別のハイライトを選ぶと、そのハイライトに内包された状態(同じタイトルとカバー写真)で追加されます。 ハイライトを丸ごと削除する 当該ハイライトを長押しし、[ハイライトを削除]を選択。 さらに削除するをタップします。 以上で完了です。 ハイライトから写真や動画を個別に削除する 複数の写真や動画を含んだハイライトの中から、個別にストーリーを選んで削除したい場合は、まず当該ハイライトを長押しして[ハイライトを編集]を選択します。 不要な写真・動画のチェックを外した状態で[完了]すればOKです。 カバー写真・タイトルの変更方法 タイトルとカバー写真を変えるには、当該ハイライトを長押しして[ハイライトを編集]を選択。 ここで[カバーを編集]を選ぶとカバー写真を、「名前」を選ぶとタイトルを変更できます。 カバーやタイトルを変更したら、最後に[完了]をタップしてください。 ハイライトをシェアする方法 作成したハイライトは、他のユーザーにダイレクトメッセージ(DM)経由で送ったり、リンクをコピーして他アプリ等でシェアしたりできます。 ここでは、DMでの送信方法を紹介します。 プロフィール画面で、送りたいハイライトを長押ししたら[宛先を指定して送信]をタップします。 送信したい相手のアカウントにチェックを付け、[送信](個別に送信)をタップすればダイレクトを介してシェアできます。 当該ハイライトに追加されている個々のストーリーのいずれかをシェアする場合は、方法が異なります。 ハイライトを再生し、シェアしたいストーリーに切り替わったら右下のメニューボタン[ ]から[宛先を指定して送信]をタップします。 宛先を選び、[送信]をタップすればOKです。 ハイライト全体ではなく、選択した1つのストーリーが送信されます。 appllio. com ハイライトにまとめたストーリーを保存(ダウンロード)する方法 ハイライト丸ごと一式を保存(ダウンロード)することはできませんが、ストーリー1つずつであれば端末に保存できます。 自分のストーリーならばインスタグラムから簡単にダウンロード保存できる一方で、他人のハイライトに追加されているストーリーを保存する機能はインスタグラムには備わっておらず、サードパーティのアプリを利用して保存することになります。 自分のストーリーを端末に保存する プロフィール画面のメニューボタン[ ]から[アーカイブ]をタップし、ストーリーアーカイブから保存したいストーリーを選びます。 当該ストーリーが再生されたら、右下の[その他]から[動画を保存]を選択すれば、端末へのストーリー保存が完了です。 利用にはInstagramアカウントでログインする必要があります。 セキュリティ上のリスクは残りますが、面倒な操作がなく、ダウンロードボタンのタップだけで簡単に投稿の保存ができて便利です。 ログインが完了すると、いつも見ているインスタとよく似たホーム画面が表示されます。 画面上部のストーリーズトレイをタップするか、検索ボタンからユーザーを探してタップすると、相手のプロフィールページが表示されます。 真ん中あたりにあるストーリーズ一覧の中から保存したいものをタップします。 ストーリーは、上の段が24時間以内に投稿されたもの、下の段がハイライトです。 ハイライトをタップすると、当該ハイライトにまとめてあるストーリーの一覧が表示されるので、そこから保存したいストーリーを1つ選びます。 ストーリーの下部に付けられた保存アイコン(下向き矢印)を選択すれば、端末への保存が完了します。 ハイライトを閲覧すると足跡が残るおそれ 投稿後24時間が経過したストーリーには既読(足跡)が付きません。 そのため、ハイライトに追加されたストーリーが投稿後24時間経過したものであれば、閲覧しても相手にバレないといえます。 とはいえ、投稿後24時間が経過すれば、ユーザーネームなどは閲覧者リスト上で表示されなくなります。 つまり、ストーリーハイライトにうっかり付けてしまった"足跡"であっても、遅くとも24時間以内に消えるというわけです。

次の

インスタのハイライトの足跡(閲覧)が消えた!詳細と対処法を徹底解説

ストーリー ハイライト

インスタグラムストーリーは投稿してから24時間が経過すると自動的に消えてしまいます。 24時間で消えるからこそ気軽に毎日投稿している人も多いでしょうが、逆に残しておきたいストーリーだってあったりもしますよね。 インスタではそういったニーズに応えるための機能としてストーリーハイライト機能があります。 ストーリーハイライトは2017年12月に導入された機能で、ストーリーを24時間以降も残す事ができプロフィール画面からいつでも見返す事ができる機能です。 しかも過去に投稿した好きなストーリーを組み合わせて新しい一つのストーリーを作るといった事もできるのでハイライトによってストーリーの楽しみ方が大きく広がっています。 ハイライトの基本はアーカイブ保存したインスタストーリーをハイライトとして追加するといった使い方です。 ハイライト追加自体は特に難しい事はないと思いますが、カバー画像の設定や編集方法なども見ていくと少しわかりづらい点もあるかと思います。 このページではハイライト機能の使い方や仕組み、そして気になる疑問などをまとめて詳しく解説していきます。 これでハイライトで再生されるストーリーの組み合わせを変更する事ができます。 この組み合わせ変更はいくらでも自由に追加削除できるようになってます。 自分の好きなストーリーだけをどんどん追加していく事もできるのでオリジナルの楽しいストーリーを作っていくという使い方もできそうですね。 また、上記の方法でハイライトに別のストーリーを追加するとプロフィール上に表示されているハイライトの順番が変わります。 プロフィール画面に表示されているハイライトの順番を入れ替えたい時などにもこの仕組みは使えそうですね。 ハイライトの上限を調べていたのですが、インスタグラムのニュースには以下のように表記されていました。 ・ハイライトはプロフィールにいくつでも作成できる他、ハイライトのアイコンを長押しすると、いつでも編集・削除できます。 参照: 上記の内容を見る限りではプロフィール画面に表示できるハイライトの上限は特に設定されていないようです。 数が増えてくるといづれ上限が設定されるかもしれませんが、とりあえずは気にせずに追加していても大丈夫そうですね。 ・ストーリーをアーカイブ保存していない ・インスタグラムアプリのバージョンが古い ・インスタグラムで不具合が発生している これらの原因によってハイライトが使えないというケースがありえます。 ハイライトはストーリーをアーカイブ保存していないと使用する事ができません。 アーカイブに保存されたストーリーを再生した時にだけ『ハイライト』アイコンがストーリー内で表示されるようになっています。 もしハイライトアイコンが表示されない場合にはアーカイブ保存されていない可能性があるので一度設定を確認してみましょう。 設定後から保存できるようになります。 ちなみに、ストーリーのアーカイブ保存設定は以下の方法で確認と設定ができます。 過去のストーリーを自由に組み合わせられるストーリーハイライトは非常に人気の機能です。 ストーリーを保存していつでも見れるアーカイブ機能と併せてハイライトを活用していきたいですね。 ハイライトの使い方次第ではオシャレなプロフィールを作る事もできそうです。 余裕がある方はハイライトのカバー画像にもこだわってみると良さそう。 それだけで印象も変わりそうです。 また、他人のハイライトを見る時には足跡が残るという点は覚えておきましょうね。 特に見たことが相手にバレたくないという方は注意です。 ちなみに、インスタストーリーの基本的な使い方や楽しみ方は以下の記事を参考にして下さい。 関連リンク•

次の