カゲロウ 歌詞。 ЯeaL

カゲロウ

カゲロウ 歌詞

8月15日 はちがつじゅうごにちの 午後12時半 ごごじゅうにじはんくらいのこと 天気 てんきが 良 いい 病気 びょうきになりそうなほど 眩 まぶしい 日差 ひざしの 中 なか することも 無 ないから 君 きみと 駄弁 だべっていた 「でもまぁ 夏 なつは 嫌 きらいかな」 猫 ねこを 撫 なでながら 君 きみはふてぶてしくつぶやいた あぁ、 逃 にげ 出 だした 猫 ねこの 後 あとを 追 おいかけて 飛 とび 込 こんでしまったのは 赤 あかに 変 かわった 信号機 しんごうき バッと 通 とおったトラックが 君 きみを 轢 ひきずって 鳴 なき 叫 さけぶ 血飛沫 ちしぶきの 色 いろ、 君 きみの 香 かおりと 混 まざり 合 あってむせ 返 かえった 嘘 うそみたいな 陽炎 かげろうが「 嘘 うそじゃないぞ」って 嗤 わらってる 夏 なつの 水色 みずいろ、かき 回 まわすような 蝉 せみの 音 ねに 全 すべて 眩 くらんだ 目 めを 覚 さました 時計 とけいの 針 はりが 鳴 なり 響 ひびくベッドで 今 いまは 何時 なんじ? 8月14日 はちがつじゅうよっかの 午前12時過 ごぜんじゅうにじすぎ 位 くらいを 指 さす やけに 煩 うるさい 蝉 せみの 声覚 こえおぼえていた でもさぁ、 少 すこし 不思議 ふしぎだな。 同 おなじ 公園 こうえんで 昨日見 きのうみた 夢 ゆめを 思 おもい 出 だした 「もう 今日 きょうは 帰 かえろうか」 道 みちに 抜 ぬけた 時 とき 周 まわりの 人 ひとは 皆上 みなうえを 見上 みあげ 口 くちを 開 あけていた 落下 らっかしてきた 鉄柱 てっちゅうが 君 きみを 貫 つらぬいて 突 つき 刺 ささる 劈 つんざく 悲鳴 ひめいと 風鈴 ふうりんの 音 おとが 木々 きぎの 隙間 すきまで 空廻 からまわり ワザとらしい 陽炎 かげろうが「 夢 ゆめじゃないぞ」って 嗤 わらってる 眩 くらむ 視界 しかいに 君 きみの 横顔 よこがお、 笑 わらっているような 気 きがした 何度世界 なんどせかいが 眩 くらんでも 陽炎 かげろうが 嗤 わらって 奪 うばい 去 さる。 繰 くり 返 かえして 何十年 なんじゅうねん。 もうとっくに 気 きが 付 ついていたろ。 こんなよくある 話 はなしなら 結末 けつまつはきっと 1 ひとつだけ。 繰 くり 返 かえした 夏 なつの 日 ひの 向 むこう。 バッと 押 おしのけ 飛 とび 込 こんだ、 瞬間 しゅんかんトラックにぶち 当 あたる 血飛沫 ちしぶきの 色 いろ、 君 きみの 瞳 ひとみと 軋 きしむ 体 からだに 乱反射 らんはんしゃして 文句 もんくありげな 陽炎 かげろうに「ざまぁみろよ」って 笑 わらったら 実 じつによく 在 ある 夏 なつの 日 ひのこと。 そんな 何 なにかがここで 終 おわった。 目 めを 覚 さました 8月14日 はちがつじゅうよっかのベッドの 上 うえ 少女 しょうじょはただ 「またダメだったよ」と 一人猫 ひとりねこを 抱 だきかかえてた 8月15日 hachigatsujuugonichi の no 午後12時半 gogojuunijihan くらいのこと kurainokoto 天気 tenki が ga 良 i い i 病気 byouki になりそうなほど ninarisounahodo 眩 mabu しい shii 日差 hiza しの shino 中 naka することも surukotomo 無 na いから ikara 君 kimi と to 駄弁 dabe っていた tteita 「 でもまぁ demomaa 夏 natsu は ha 嫌 kira いかな ikana」 猫 neko を wo 撫 na でながら denagara 君 kimi はふてぶてしくつぶやいた hafutebuteshikutsubuyaita あぁ aa、 逃 ni げ ge 出 da した shita 猫 neko の no 後 ato を wo 追 o いかけて ikakete 飛 to び bi 込 ko んでしまったのは ndeshimattanoha 赤 aka に ni 変 ka わった watta 信号機 shingouki バッ baxtu と to 通 too った tta トラック torakku が ga 君 kimi を wo 轢 hi きずって kizutte 鳴 na き ki 叫 sake ぶ bu 血飛沫 chishibuki の no 色 iro、 君 kimi の no 香 kao りと rito 混 ma ざり zari 合 a ってむせ ttemuse 返 kae った tta 嘘 uso みたいな mitaina 陽炎 kagerou が ga「 嘘 uso じゃないぞ janaizo」 って tte 嗤 wara ってる tteru 夏 natsu の no 水色 mizuiro、 かき kaki 回 mawa すような suyouna 蝉 semi の no 音 ne に ni 全 sube て te 眩 kura んだ nda 目 me を wo 覚 sa ました mashita 時計 tokei の no 針 hari が ga 鳴 na り ri 響 hibi く ku ベッド beddo で de 今 ima は ha 何時 nanji? 8月14日 hachigatsujuuyokka の no 午前12時過 gozenjuunijisu ぎ gi 位 kurai を wo 指 sa す su やけに yakeni 煩 urusa い i 蝉 semi の no 声覚 koeobo えていた eteita でもさぁ demosaa、 少 suko し shi 不思議 fushigi だな dana。 同 ona じ ji 公園 kouen で de 昨日見 kinoumi た ta 夢 yume を wo 思 omo い i 出 da した shita 「 もう mou 今日 kyou は ha 帰 kae ろうか rouka」 道 michi に ni 抜 nu けた keta 時 toki 周 mawa りの rino 人 hito は ha 皆上 minaue を wo 見上 mia げ ge 口 kuchi を wo 開 a けていた keteita 落下 rakka してきた shitekita 鉄柱 tetchuu が ga 君 kimi を wo 貫 tsuranu いて ite 突 tsu き ki 刺 sa さる saru 劈 tsunza く ku 悲鳴 himei と to 風鈴 fuurin の no 音 oto が ga 木々 kigi の no 隙間 sukima で de 空廻 karamawa り ri ワザ waza とらしい torashii 陽炎 kagerou が ga「 夢 yume じゃないぞ janaizo」 って tte 嗤 wara ってる tteru 眩 kura む mu 視界 shikai に ni 君 kimi の no 横顔 yokogao、 笑 wara っているような tteiruyouna 気 ki がした gashita 何度世界 nandosekai が ga 眩 kura んでも ndemo 陽炎 kagerou が ga 嗤 wara って tte 奪 uba い i 去 sa る ru。 繰 ku り ri 返 kae して shite 何十年 nanjuunen。 もうとっくに moutokkuni 気 ki が ga 付 tsu いていたろ iteitaro。 こんなよくある konnayokuaru 話 hanashi なら nara 結末 ketsumatsu はきっと hakitto 1 hito つだけ tsudake。 繰 ku り ri 返 kae した shita 夏 natsu の no 日 hi の no 向 mu こう kou。 バッ baxtu と to 押 o しのけ shinoke 飛 to び bi 込 ko んだ nda、 瞬間 syunkan トラック torakku にぶち nibuchi 当 a たる taru 血飛沫 chishibuki の no 色 iro、 君 kimi の no 瞳 hitomi と to 軋 kishi む mu 体 karada に ni 乱反射 ranhansya して shite 文句 monku ありげな arigena 陽炎 kagerou に ni「 ざまぁみろよ zamaamiroyo」 って tte 笑 wara ったら ttara 実 jitsu によく niyoku 在 a る ru 夏 natsu の no 日 hi のこと nokoto。 そんな sonna 何 nani かがここで kagakokode 終 o わった watta。 目 me を wo 覚 sa ました mashita 8月14日 hachigatsujuuyokka の no ベッド beddo の no 上 ue 少女 syoujo はただ hatada 「 また mata ダメ dame だったよ dattayo」 と to 一人猫 hitorineko を wo 抱 da きかかえてた kikakaeteta.

次の

カゲロウ (ЯeaLの曲)

カゲロウ 歌詞

カテゴリ• 炎天夏揺らぐアスファルトの陽炎みたいに アバウトな夢をひとつ ポケットに入れ快晴を歩く 今日も 入道雲の様に堂々と 街の喧騒に勝る セミの声にも勝るのは 俺達の歌だと信じて 今日まで辿り着いた 青々と広がる海をステージに 涼しげに吹き抜ける そよ風を観客に 夏が始まる 俺が掻き鳴らすメロディが 耳を澄ませばほら LaLaLa 鼓膜を揺らしてKnock サイダー飲み干し会場見渡せばもう満天のライト 天の川の中で歌ってるみたいで たまんねぇなって。 揺れる向日葵と 指される後指 「あいつらじゃ無理」って 眩しい日差しにポツリ差す影 「俺達じゃ無理かも」って 誰かが言った「俺なら出来る」 「俺達なら出来る」と それを信じてここまで歩いて来た 俺らは一つ一つの星じゃなくて 一つの大きな星座だと 教えてくれたのが 俺らのアルタイル また掻き鳴らすメロディが また耳を澄ませばほら LaLaLa 鼓膜を揺らしてくKnock サイダー飲み干し会場見渡せばもう満天のライト 天の川の中で歌ってるみたいで たまんねぇなって。 紫陽花を踊らす季節や銀の雨雲なんて越えて 夏の黄色い日射の元へまたステージを求め 照り付ける真っ赤な太陽も巻き込んで全て包み込むのは 何処までも続く雲ひとつない晴れ渡る青空 あの夏カットバシた思い出も あの夏空に上がったHANABIも 全てポケットの中にしまって 昔入れた夢を今取り出し歌う 俺らが掻き鳴らすメロディが 耳を澄ませばほら LaLaLa 鼓膜を揺らしてくKnock サイダー飲み干し会場見渡せばもう満天のライト 天の川の中で歌ってるみたいで たまんねぇなって。 はじめに 『カゲロウ』とは2019年8月31日にネット上で公開された楽曲です。 同年8月26日にレぺゼン地球のメンバーDJふぉいさんが、自身ツイッターにて今 作『カゲロウ』MVの予告映像を公開していました。 その日からファンの期待感は高まりフル公開された今まさに興奮状態です。 その状態は分かり易い仕方で数字に表れ、動画再生回数は公開から1週間で 100 万を超える驚異的人気となりました。 今作のMV内容を少しご紹介したいと思います。 MVはレぺゼン地球メンバーをアニメ化し、今年の夏とこれまでの歩みを振り返 る内容になっていました。 映画さながらの画力と音楽のクオリティーの高さに思わず息を飲みました。 動画コメント欄でも「今年は格段といい夏でした」とメンバーも認めるほど充実 した夏を過ごせたようですね。 同時に充実感を得るには多くの辛酸を舐めてきたことも歌詞と映像から知ること ができます。 彼らの喜びの笑顔と流した涙の両面を今作から十分に観察することができると思 います。 曲調はどのような仕上がりになっているのでしょうか。 夏の爽快感と快活さをイメージさせる明るくポップなテイストでした。 目標を持ったり何かにチャレンジしたくなるような曲進行に感じましたね。 それではさっそく気になる歌詞を考察していくことにしましょう。 タイトル『カゲロウ』とは 『カゲロウ』とは 「陽炎」と表記し「 天気の良い日に地面から炎のような揺らめ きが立ち上る現象」です。 最も強い印象として 「現れては消える儚いもの」というものがあります。 今作の歌詞では『カゲロウ』を 「アバウトな夢」と結び付けています。 レぺゼン地球が活動当初描いていた夢を指すのでしょう。 アバウトですから 「詳細まで決めていない大体こんな感じという夢」を示唆して います。 それは目指しては諦めかける、掴みかけるが離れていくようなもどかしい夢だっ たのだと考えられます。 カゲロウのような不安定な夢を彼らは諦めずに掴もうとしました。 そしていま現在ではその夢をメンバー全員で掴んでいますね。 そうした壮大なスケールの物語と複雑に絡み合った感情がタイトルには込められ ているのだと筆者は考えました。 『カゲロウ』歌詞の意味 ポケットサイズのアバウトな夢 炎天夏揺らぐアスファルトの陽炎みたいに アバウトな夢をひとつ ポケットに入れ快晴を歩く 今日も 入道雲の様に堂々と 茹だるような熱い夏に情熱を燃やす男たちがいました。 レぺゼン地球のメンバーはある 「夢」があったのです。 それは「アバウト」であり 「ポケット」にしまえる程 の小さな夢でした。 「ポケット」に入れる物はすぐにではなく大抵 「その うち使って表に出る物」が多いのではないでしょうか。 彼らの夢もいますぐ形となって現れるものではなく、 機会が訪れた時に周囲の人の目に留まるものでした。 その機会を今か今かと待ちわびる彼らがいました。 彼らは堂々と日々を過ごし自分たちの人生を満喫します。 自分の心には夢を諦めない志が芽生えているからです。 夏の風物詩 街の喧騒に勝る セミの声にも勝るのは 俺達の歌だと信じて 今日まで辿り着いた 青々と広がる海をステージに 涼しげに吹き抜ける そよ風を観客に 夏が始まる 俺が掻き鳴らすメロディが 耳を澄ませばほら LaLaLa 鼓膜を揺らしてKnock サイダー飲み干し会場見渡せばもう満天のライト 天の川の中で歌ってるみたいで たまんねぇなって。 レぺゼン地球のメンバーたちは自身にみなぎっていました。 この部分の歌詞で彼らの夢の正体が 「音楽活動」であることが 明らかになっています。 彼らは誰の歌でもない 「俺達の歌」を武器に前進していきます。 自分たちの歌は街の喧騒にも負けない、さらには夏の知らせを 告げる蝉の声より印象付けるものがあると豪語しています。 まるで自分たちの歌が夏の風物詩だと言わんばかりに自信があ ったのです。 「青々と広がる海をステージに 涼しげに吹き抜ける そよ風を観客に 夏が始まる」というフレーズから、活動開始 時は人気も知名度も今よりありません。 上記歌詞は観客が一人もいなくても彼らが歌っていたことを示 唆しています。 本格的な音楽活動が開始されたのは2015年8月28日だと思われます。 当時はDJ社長、DJふぉいさん、DJ銀太さんの3人でしたね。 2016年3月に1stシングル「5454」を公開してから大々的に自分たち の歌が知られるようになりました。 遂に「俺達の歌」のお披露目が開始されたわけです。 会場を見渡せばライトがたくさんあり、それはまるで天の川でした。 自分たちを包むその光に魅了された彼らは音楽の世界にますます引 き込まれていったことでしょう。 夏が来ればレぺゼン地球が来て歌う、そんな状態を切望していました。 しかしすべてが順調だったわけではないことを続く歌詞は示しています。 「後指」とは「後ろ指」のことで「陰で悪口を言う人」を意味する言葉 です。 音楽で人気になり人々に勇気や感銘を与えようとする志に「あいつらじゃ 無理」と水を差す人たちがいます。 周囲の言葉はダイレクトにメンバーたちに影響を与えたようです。 「俺達じゃ無理かも」 あれだけ夏の日差しのように輝いていた彼らに 少しばかりの影が差しました。 少しの影、不安や恐怖は時間の経過と共に大きくなっていきました。 そのうち彼らの自信は嘘みたいに揺れ動くのでした。 「俺なら出来る」 その言葉に呼応するかのように他のメンバーも続きます。 「俺なら出来る」 そして全員がある一つの共通理解に達していきます。 「俺達なら出来る」と。 「それを信じてここまで歩いて来た」ことを再認識して 最初の確信を全員で取り戻しました。 スランプ時には当初の頃を冷静に黙想するという大切な 教訓がここに示されています。 失いかけた自信と夢を取り戻したメンバーは、ポケット にしまっていた夢をもう一度描き出します。 あの夏、思いがけない仕方で打ち上げた花火のような夢 「アバウトで不安定な夢」を胸に歌い出します。 現状、様々な出来事が起因してレぺゼン地球はドームで のライブを断念しています。 しかし彼らは自分たちの夢を諦めません。 ピンチをチャンスに変える力が彼らには確かにあるのです。。 まとめ いかがだったでしょうか。 レぺゼン地球の夢に対する情熱と活動の歩みを追うことが できました。 涙を飲んで夢を諦めかけた時には仲間の支えが助けになり ました。 互いを励まし鼓舞していくことが、夢を諦めない上でとて も重要なことだと再認識させられましたね。 炎上問題があった時には筆者も少し動揺しましたが、彼ら のことなのでなんとかするだろうと楽観視していた部分も 正直ありました(笑) 個人的に何度も笑わせて頂いていますので、これからもど うぞ力強く活動して下さい。 レぺゼン地球の今後の活動と次回作に期待し注目していき たいと思います。

次の

カゲロウプロジェクト (かげろうぷろじぇくと)とは【ピクシブ百科事典】

カゲロウ 歌詞

私の解釈はこうです。 登場するのは少年と少女。 陽炎はあくまで歌詞上の表現であり、とくに関係はなし。 『目を覚ました8月14日のベッドの上 少女はただ 「またダメだったよ」と一人猫を抱きかかえてた』以外の部分はすべて少年視点です。 まず『8月15日の午後12時半』とありますが、これは恐らく8月15日の午後0時半(正午過ぎ)のことです。 午後12時半という表記は適切ではありません。 作者のミスでしょうか。 『病気になりそうなほど眩しい日差しの中』という歌詞からも昼だということがわかります。 『あぁ、逃げ出した猫の後を ~ 君を轢きずって鳴き叫ぶ』より、 少女が猫を追いかけ、トラックに轢かれ亡くなりました。 『かき回すような蝉の音に全て眩んだ』からわかるように、 少年は、目の前で起きた事故のショックにより、気を失ってしまいます。 『目を覚ました時計の針が ~ 8月14日の午前12時過ぎ位を指す』から、 事故のショックで気を失った少年が目を覚ましますが、時計を見ると8月14日午前12時過ぎでした。 事故が起きたのは8月15日の午後12時半、 このことから、少年はタイムリープしたことがわかります。 ちなみにここでの『8月14日の午前12時過ぎ』は、8月15日の午前0時過ぎのことだと思われます。 午前0時過ぎという表記も恐らく誤りです。 つまり少年は約12時間、時間をさかのぼったことになります。 『やけに煩い蝉の声覚えていた』は、 少年が気を失う前に聞いた 『かき回すような蝉の音』のことでしょう。 8月15日の午前0時過ぎに目覚めてから、再び午後0時半に、少年は公園で少女と駄弁ります。 『でもさぁ、少し不思議だな。 同じ公園で昨日見た夢を思い出した』とあるように、 少年は、少女が猫を追いかけて、トラックに轢かれたのを夢だと思っています。 しかしそれを思い出した少年は、夢と同じことが起きてはいけないと思い、 『もう今日は帰ろうか』と言い、少女がトラックに轢かれて亡くなる未来を回避しました。 しかし、『落下してきた鉄柱が君を貫いて突き刺さる』で、 トラックによる死を回避しても、別の事故により、少女は亡くなります。 『眩む視界に君の横顔』より、 ここでも少年は気を失い、8月15日の午前0時過ぎにタイムリープしたと思われます。 『何度世界が眩んでも陽炎が嗤って ~ 繰り返した夏の日の向こう。 恐らく、鉄柱による少女の死を回避しても、別の出来事で少女は亡くなるのでしょう。 しかし少年はあることを思いつきました。 それは少女をかばって代わりに自分が死ぬということ。 そうすればこのタイムリープによる繰り返しは終わるのではないか、そう考えたのです。 『バッと押しのけ飛び込んだ、瞬間トラックにぶち当たる』で、 それを実行しています。 トラックに轢かれそうになる少女を押しのけ、 代わりに自分がトラックに轢かれます。 『文句ありげな陽炎に「ざまぁみろよ」って ~ そんな何かがここで終わった。 』から、 これにより、タイムリープによる繰り返しは終わったと思われました。 しかし話は続きます。 『目を覚ました8月14日のベッドの上 ~ 「またダメだったよ」と一人猫を抱きかかえてた』から、 今度は、少年にかばわれた少女がタイムリープをしています。 『またダメだったよ』とあるように、これが初めてではないようです。 実は少女も、少年を助けるために、何度もタイムループをしていたのです。 少年は、自分が死ねば、タイムループは終わり、少女が助かると思っています。 少女も、自分が死ねば、タイムループは終わり、少年が助かると思っています。 つまりこれは、無限ループです。 ちなみにタイムリープした人物のみが、タイムリープ以前の記憶を引き継げます。 ここまでわかって、もう一度歌詞を見直すと、いろいろとわかることがあります。 『でもまぁ夏は嫌いかな』という少女の発言は、 何度もタイムリープをして、少年が死を見ていることによると思われます。 『眩む視界に君の横顔、笑っているような気がした』で、 少女が笑っていたのは、これでタイムループが終わり少年が助かるという安心によるものでしょう。 この歌詞の解釈はいろいろあります。 どれが正しいというものはありません。 繰り返して何十年。 もうとっくに気が付いていたろ。 >少年と少女は14日と15日をループしているだけだが、 実際は何十年とループしていた。 気がついていたろ、と少女に言う少年。 こんなよくある話なら結末はきっと1つだけ。 繰り返した夏の日の向こう。 >結末は、ループを狂わせること。 何度も繰り返された夏の日の向こうへ向かうために少年は決心する。 バッと押しのけ飛び込んだ、瞬間トラックにぶち当たる >ここで飛びこんだのは少年。 本当は少女が死ぬべきであった15日に、少年が少女を押しのけトラックにぶち当たる。 血飛沫の色、君の瞳と軋む体に乱反射して 文句ありげな陽炎に「ざまぁみろよ」って笑ったら >少年の血飛沫、それを見て驚く少女(君の瞳) 軋む体を放り、陽炎に「ざまぁみろよ」と笑う 陽炎はループを狂わされたので文句ありげ 実によく在る夏の日のこと。 そんな何かがここで終わった。 >二人にとって14・15日に死ぬのは当たり前、よくあることとなっていたが、 そんなループがここで終わった(気がした)。 目を覚ました8月14日のベッドの上 少女はただ 「またダメだったよ」と一人猫を抱きかかえてた >だがしかし、実はループは終わらなかった。 15日に少年が死んだものの、やはり8月14日のベッドの上で少女は目覚めた。 これは私の勝手な解釈です。 色々な解釈があるということの参考になればと。 この曲はある少年と少女の話。 (季節は夏で8月14日と15日) そして少年は少女がトラックにひかれてしまい、死んでしまうと一日の始まりに戻ってしまう(ループする)ことに気がつく。 それならば少女がトラックにひかれる前に公園から帰ってしまえばいいと思い少年は「もう今日は帰ろうか」と言って帰ろうとするが公園から出ようとしたその時、少女の上に電柱が落下してきて少女の体に突き刺さり少女は薄くほほ笑みながら死んでしまう。 こうして振り出しに戻ってしまった少年は考えた。 少女を守って自分が死ねばこのループは終わるのではないか。 そして少女をかばい自分がトラックにはねられてしまう。 こうしてループは終わったかのように見えた。 しかしまた8月14日に戻ってしまう。 実は少女も少年が死んでしまうと一日の始まりに戻ってしまうのだ!(少女もループしている) こうして、またループし続ける日々が続いていく。 という話。 ちなみにこのループを仕組んだのは陽炎だと思う。 そして陽炎は最初少女がなでていた猫の可能性もあるんじゃないか?だって猫死んでないし。 そして、ここ重要!少女の方がループにつながったのが早かったことが1番に表されている。 少女が言った言葉、「でもまぁ夏は嫌いかな」はループし続けるので嫌いになったと考えることができます。 それと、少女がほほ笑みながら電柱につらぬかれて死ぬところ。 あそこの場面で少女の横顔が笑っていたのは、少年とやったのと同じように、少女もまた少年をかばって死んでみたからだろう。 私がこの歌詞から探れたのはここまでだ。 これが決して合っている証拠はどこにもない。 みなさんも歌詞を聞いていろいろ想像してみるのも楽しいだろう。 登場人物・・・少年、少女 主人公は少年。 >8月15日の午後12時半くらいのこと 天気が良い 病気になりそうなほど眩しい日差しの中 することも無いから君と駄弁っていた 8月15日の昼過ぎ、少女と少年は公園で二人他愛もない話をしている。 >あぁ、逃げ出した猫の後を追いかけて 飛び込んでしまったのは赤に変わった信号機 バッと通ったトラックが君を轢きずって鳴き叫ぶ 猫を追いかけてトラックに轢かれ少女は死亡・・・ と思われたが・・・ >目を覚ました時計の針が鳴り響くベッドで 今は何時? 8月14日の午前12時過ぎ位を指す やけに煩い蝉の声覚えていた 日付はまだ14日の昼過ぎ。 さっきのは夢かと、少年は目を覚ます。 だがこの時点で、少年はうるさい蝉の音に少し既視感を覚えていた。 >でもさぁ、少し不思議だな。 同じ公園で昨日見た夢を思い出した 「もう今日は帰ろうか」 その後少年は少女と公園で二人で話していたが、夢で見た光景と同じな事に不安と違和感を覚え、今日はもう帰ろうと少女を連れ出す。 >道に抜けた時 落下してきた鉄柱が君を貫いて突き刺さる 劈く悲鳴と風鈴の音が木々の隙間で空廻り だが結末は同じ。 また少女は違う方法で死んでしまった。 >何度世界が眩んでも陽炎が嗤って奪い去る。 目の前が眩んでまた同じ日にち・・・以下ループ > 繰り返して何十年。 もうとっくに気が付いていたろ。 >こんなよくある話なら結末はきっと1つだけ。 繰り返した夏の日の向こう。 同じ日付、同じ結末を繰り返して何十年・・・ 少女が死ぬ運命は変わらない。 ずっと同じ日にちを繰り返す。 ここで少年は少女の代わりに自分が死ねば全て終わると決意を固める(もともと考えはあったが実行する勇気がなかった) >バッと押しのけ飛び込んだ、瞬間トラックにぶち当たる 血飛沫の色、君の瞳と軋む体に乱反射して 文句ありげな陽炎に「ざまぁみろよ」って笑ったら 実によく在る夏の日のこと。 そんな何かがここで終わった。 少女の身代わりになった少年はこれで無限のループから解放されると・・・満足げに笑った。 >目を覚ました8月14日のベッドの上 少女はただ 「またダメだったよ」と一人猫を抱きかかえてた しかしループは終わらない。 ループしていたのは少女も同じだった。 それどころか先にループしていたのは少女の方で、最初の方で少女が呟いた >「でもまぁ夏は嫌いかな」 や、 >落下してきた鉄柱が君を貫いて突き刺さる 眩む視界に君の横顔、笑っているような気がした に繋がる。 ここで少女の横顔が笑っていたのは、少年とやったのと同じように、少女もまた少年をかばって死んでみたからではないでしょうか。 こちらでよろしいでしょうか? 『カゲロウデイズ』 作詞:じん(自然の敵P) 作曲:じん(自然の敵P) 編曲:じん(自然の敵P) 唄:初音ミクAppend 8月15日の午後12時半くらいのこと 天気が良い 病気になりそうなほど眩(まぶ)しい日差しの中 することも無いから君と駄弁(だべ)っていた 「でもまぁ夏は嫌いかな」猫を撫でながら 君はふてぶてしくつぶやいた あぁ、逃げ出した猫の後を追いかけて 飛び込んでしまったのは赤に変わった信号機 バッと通ったトラックが君を轢(ひ)きずって鳴き叫ぶ 血飛沫(ちしぶき)の色、君の香りと混ざり合ってむせ返った 嘘みたいな陽炎(かげろう)が「嘘じゃないぞ」って嗤(わら)ってる 夏の水色、かき回すような蝉の音に全て眩(くら)んだ 目を覚ました時計の針が鳴り響くベッドで 今は何時? 8月14日の午前12時過ぎ位を指す やけに煩(うるさ)い蝉の声覚えていた でもさぁ、少し不思議だな。 同じ公園で昨日見た夢を思い出した 「もう今日は帰ろうか」道に抜けた時 周りの人は皆上を見上げ口を開けていた 落下してきた鉄柱が君を貫いて突き刺さる 劈(つんざ)く悲鳴と風鈴の音が木々の隙間で空廻り ワザとらしい陽炎(かげろう)が「夢じゃないぞ」って嗤(わら)ってる 眩(くら)む視界に君の横顔、笑っているような気がした 何度世界が眩(くら)んでも陽炎(かげろう)が嗤(わら)って奪い去る。 繰り返して何十年。 もうとっくに気が付いていたろ。 こんなよくある話なら結末はきっと1つだけ。 繰り返した夏の日の向こう。 バッと押しのけ飛び込んだ、瞬間トラックにぶち当たる 血飛沫(ちしぶき)の色、君の瞳と軋(きし)む体に乱反射して 文句ありげな陽炎(かげろう)に「ざまぁみろよ」って笑ったら 実によく在る夏の日のこと。 そんな何かがここで終わった。 目を覚ました8月14日のベッドの上 少女はただ 「またダメだったよ」と一人猫を抱きかかえてた 初音ミクwikiより.

次の